ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[845] 世にも不思議な物語
日時: 2010/11/04 21:13
名前: 満天下有人 ID:HrvZ8vqY

・・・オムニバス形式の、世にも奇妙なフイクションをタモリがアンカーになって話を繋ぐTVドラマに、世にも奇妙な物語というのが御座居ます・・・

フイクションではないのに、昨今の現実の国の有り様は、実に奇妙な光景が、絶えることもなく次から次へと現れて、世にも奇妙な物語と銘打って現象を見たい所で御座いますが、この題目、何やら著作権問題が起こっておりまして、同じ用語を使いますとお縄になるとか、少し言葉を変えて「世にも不思議な物語」とでも言い換えねばなりません・・・

・・・いつぞや観たTVドラマ「世にも奇妙な物語」で語られた「厭な扉」、実に面白く含蓄あるお話で、おいおい現実に絡めてお話しさせて頂くとしまして、民主党政権になってから、特に菅政権になってから内政に外交に、他では検審会問題のように、当たり前の疑問をぶつけても幽霊のように反応が無い、そもそもがフイクションで決議された風情もあるのに、それが現実の場において人の行動を拘束してしまう・・・、この国の世は、足無し幽霊が差配しているのかとさへ思えて来るので御座居ます・・・

・・・この小沢先生の問題にせよ、既に司法と対峙する形になっているにも関わらず、何やら国会でも説明せよと、これも不思議な話では御座居ませぬか・・・
説明せよと言う側こそ、自ら説明せねばならぬことを多々、お抱えになっているはずなのに、そして別に重大視するほどの問題でもなくちゃんと説明もされているのに、何を説明せよと言うのか、ギャアギャアうるさいことで御座居ます・・・山ほどある大事な問題は放り出しておきながら、些細なことで騒ぎまくる、実に不思議で奇妙なお話ではあります・・・

・・・かの民主党代表選でも、熱狂を呼び起こしたかにも見えた各地での小沢演説・・・結果はサポーター票とか言う、何やら幽霊紛いの選挙で、幽霊の所在を民主党に問い質す町方の手紙も、郵便局は確かに届けたと申しているにも関わらず、選挙本部は受け取っていないと言う・・・終わって後なお、幽霊のようなお話が続いているので御座居ます・・・

・・・本予算どころか補正予算の財源につきましても特会とやらを洗い出しながら、最初のお話約16兆円のお金が出て来ると言いながら、オカネがこれまた幽霊のようになって、どうやら足が生えてどこかへ飛んで行ったようなスズメの涙ほどのお金しか出て来ない・・・

出て来ないが、来年度からの基礎控除廃止に伴い、3歳未満の子供が居るご家庭では大変だろうということで、子供手当の増額が決められる・・・高齢者とて同じ状況なのに、高齢者健保医療費自己負担率は増やすと、脅しをかけて来る・・・ははあ、将来の税負担者は育成し、死に行く者は知らんというお話ですな、これは・・・

・・・外に向かっては対中国問題、これも実に不思議なお話が続いておりますね・・・菅が温さんに会えるかどうか、ジックリ話し合いが出来るかどうかに一喜一憂し、一喜一憂するなら最初から外交座標軸をお決めになってからモノ申せば良いところ、いや中国ケシカランと軸をお決めになってやったことなのに、今になって相手に会えるかどうかと、一喜一憂し、挙句に中国の所為で会えないのだ言い出す・・・マスコミ論調は、外交に座標軸を持てとのご説教・・・

この説教は正しいのかも知れませんね・・・何故なら彼らの論調は、最初から中国ケシカランで一致、つまりそれを座標軸にしてやれということでしたから、つまり中国とケンカせいと言っている訳ですから、そして政権与党も当初はその線で外交し中国船長まで逮捕していたのですから、それはドンパチ覚悟の撃ちてし止まんの精神を捨てるなということであり、焼け野原再現も覚悟の上・・・枝野様など相手が悪いと言い続けておられるから、国がどうなろうとも知ったこっちゃない・・・後先を考えておられないのですね・・・

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

仮免許卒業、本免許運転第一号は・・(1) ( No.63 )
日時: 2010/12/16 10:25
名前: 満天下有人 ID:hDn9wNps

・・・法人税減税5%か・・・

野田バカは財務省の指図で3%減税(これなら企業優遇税制廃止で何とか財源確保できる財務省官僚の思惑範囲内)、恐れ多くも国家戦略大将である玄葉隊長は、財源などに構わず5%減税主張(菅の意向を受けて経団連の歓心を損なうことはない)・・・

悩んだと見せかける二人は菅直人に出番を与えて、シナリオ通り首相の決済を仰ぎ、菅は決断の気概を見せつけるが如く、5%減税の政治決断・・・いかにも苦心惨憺の形跡を見せるために玄葉と野田に違う案を出させて、首相決済の場面を作らせたのはシナリオ通り・・・

・・・しかしまあ、いくら観念論者とは言え、「成長戦略に沿っての決断だ、経済界は国内への投資や雇用の拡大、給与を増やしデフレ脱却を図る」とのご宣託・・・

生徒会学芸会のセリフとしては何を言おうと子供が言っていることで看過もしよう、しかし一国の生命財産の舵取りを行う者が、現実も顧みず、こんなセリフを堂々と言わせるようでは、ほんとに国民はナメられたものである・・・ナメられ続きは当然である・・・世論が当分は菅首相でもいいと言っている以上は、ナメられる土壌を提供しているのだから・・・

・・・そして菅側近たちは、続いて年明けに首相は、消費税引き上げで堂々勝負に出るとまで、ほざく有り様である・・・菅自身も逃げていたのでは支持率はますます下がるだけとハラを固めた様子で、それが仮免卒業、本免許で政権運転するとの言葉になって出て来たのであろう・・・

成長路線、雇用増大、国際競争力・・・その為に企業減税、消費税増税を言う、言葉なら学芸会だから何と言おうと勝手、しかし菅が吐くこの言葉と現実の乖離はいかばかりか、国民の生活構造への深い洞察も無く、頑な子供が意地になっているだけである・・・

税制改革は、財政構造の改革、それ以上に昨今の経済構造の変化を睨み、その変化に追従するだけでなく、それを超える哲学の下で行われるべき大計あってのもの、それもなく無能な者たちが財務官僚の挑発に乗って踊らされているだけではないのか・・・あちこちから飛び出して来る基礎控除の廃止、相続税増税、配偶者控除の廃止etc.・・・帳簿上のツラ合わせに過ぎない話ばかりで、そして成長路線の為にと言うだけ、成長するなら何で消費税増税せにゃならん・・・

・・・少子高齢化は既に顕著な現象であろうに、団塊世代が退職し生産人口は逆転の状況に近づいているのに、お前さんが言う成長って何なのだ・・・過去の亡霊である成長なんぞとっくに無い、無いからこそ、無い物の上に立ってどうすべきかを施策するのが、政治政策というものではないのか、小沢を排除すれば全てが成長するとでも、思っているのか・・・

・・・こんな政権に税制をいじらせるのは、危険である・・・。
メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.64 )
日時: 2010/12/16 12:45
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Vts6O9hw

雇用、雇用と叫んでおれば雇用が創出し

反小沢、反小沢を通せば支持率が回復すると思い

今度は成長、成長ですか。

節分の豆まきをやっているようなもので、

それを信じるとなると

最早 カルト の世界です。

菅内閣の責任よりも

菅を操る官僚の責任を問うたほうが

話しが早いようですね。
メンテ
税は財務官僚の手のひらにある・・・ ( No.65 )
日時: 2010/12/16 17:00
名前: 満天下有人 ID:hDn9wNps

・・・自民党時代から税は、政府税調を牛耳ることで財務官僚の手中にありますね・・・

政治が人気取りのために減税を言い出すと官僚は、必ず財源を求め、所謂増減税一体という形を求める・・・

今回は菅が財務大臣をやった時に既に、手籠めにされたようで、法人税減税を言い出した途端に消費税増税ををかませた・・・年明けから本気で消費税増税をやると言ってますが、ただやるというだけで、消費税特有の逆進性をどうするのか、何も示さずに増税だけを言う・・・

・・・どうせ財務官僚の言いなりになるのでしょうが、ならば政治主導などと言わなければ良いのに、とにかく恰好付けが好きなキザなおっさんではありますな・・・。

メンテ
イラク派遣自衛隊員35人死亡 ( No.66 )
日時: 2010/12/16 18:21
名前: 遂犯無罪 ID:jbcb73gY

旧聞ニュース「イラク派遣自衛隊員35人死亡」

イラク派遣自衛隊は一人の犠牲者もなく任務を終えた事はおそらく日本人の誰もが信じていることであるが、と訝りつつも「イラク派遣自衛隊員死亡」とネット検索してみたら意外な事実が判明した。

即ち2007(平成19)年11月13日、衆議院議員 照屋寛徳氏(社民党)のイラク帰還自衛隊員の自殺に関する質問に対して、当時の福田康夫首相は以下のように回答している。

「2007年10月末現在で、派遣された隊員のうち在職中に死亡した隊員は35人(陸上自衛隊14人、海上自衛隊20人、航空自衛隊1人)、そのうち死因が自殺の者は16人(陸上自衛隊7人、海上自衛隊8人、航空自衛隊1人)、病死の者は7人(陸上自衛隊1人、海上自衛隊6人、航空自衛隊0人)、死因が事故又は不明の者は12人(陸上自衛隊が6人、海上自衛隊が6人、航空自衛隊が0人)である」。

しかし、「派遣と死亡の因果関係は一概には申し上げられない」と説明を拒否。また、お尋ねの「退職した後に、精神疾患になった者や、自殺した隊員の数」については、把握していない」としている。

数字は派遣が開始された2002年からの積算で、関連質問した大門実紀史参議院議員(共産)への防衛省の回答によると、「各年度の死者数は02年度2人、03年度3人、04年度4人、05年度8人、06年度10人、今年07年は10月末現在で8人である」。

×    ×    ×

即ち一人の犠牲者も出さなかったはずの自衛隊員が、イラク派遣後6年間で35人もの隊員が死亡していた事実を政府が公認したのである。

病死7人(20%)というのも若くて壮健な自衛隊員の割には多すぎる感じだが、半数近くが自殺で16人(45・7%)、又事故・不明が12人(34・3%)というのは尋常ではない。

しかも、この事実を報道したのはどうやら産経新聞の当日夕刊の小記事のみで、他の大新聞やNHKなど各テレビが無視を決め込むとなれば国民は知りようもない。

こんな重大な事実をマスメディアが隠蔽するとは、おそらく政府に報道自粛を要請されたのであろうが、これでは戦前の大本営発表とまったく同じではないか。

勿論、このニュースを扱ったブログは多数ある、例えば「論談・目安箱」では事故・不明者12人について説明がないのは不可解として、イラクのレジスタンス・レポートサイトの記事を引用して追求している。
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Iraqi_resistance_index.html

<2005年7月8日、イラク ・ レジスタンス勢力は自衛隊員の基地を強力なロケット弾と迫撃砲弾で1時間15分砲撃し、施設内にサイレンが鳴り響き、濃い煙がたちのぼるとともに、基地内ではいくつもの二次爆発が発生した。「人道支援イラク日本合同司令部」で通訳として働く基地内の情報筋は、この砲撃は日本占領兵にも死傷者を出したが、犠牲者のはっきりした数字を示すことができないと語った。恐らく、この攻撃で自衛隊員に死傷者が出たのだろう。この時の死者が死因が事故又は不明の者12名に含まれている可能性は高い。もし、そうであれば死因は不明ではなく、砲撃による死亡である>としている。

又<参議院で多数を占める民主党は何故、政府の嘘を追求しないのだろうか?太平洋戦争時、大本営は敗戦の事実を国民に隠蔽し、結果として敗戦の損害を大きくした。首相が議員及び国民に公然と嘘を付き、マスコミが真実を隠蔽する国に将来は無い>と糾弾している。

http://blogs.yahoo.co.jp/xx029918/815370.html
メンテ
裏ゴト師たちがやったイラク戦・・・ ( No.67 )
日時: 2010/12/16 19:17
名前: 満天下有人 ID:hDn9wNps

・・・大量破壊兵器の存在をデッチあげての、あの無駄な戦争・・・

CIAも国家安全保障局に振り回されて、あのビルに生物兵器があると言われて海兵隊特殊部隊が攻め込んでも、古い電気メーカーの残骸で何も無し・・・何もないのにあると言う場所を海兵隊ではグリーンゾーンと呼称・・・

あの戦争は仕掛けられた時点から、アメリカ一部の謀略戦争と言われ、識る人は知っていたのに、小泉気違いがのめり込んでしまいました・・・

・・・自衛隊基地が砲撃された時、ほんの数分、TVで基地の映像を観、砲撃された個所も見ましたがほんの一日数分だけで、後は何の報道も無し・・・

自衛隊35名中自殺16名、不明12名・・・アメリカのノーベル経済学賞受賞ステイグリッツの「戦争と経済」では、色んなデーターが細かく書かれておりますが、帰還兵26万3千人中、10万人が精神異常に侵されている・・・この中でひどいPTSDが抜けきれず自殺予備軍が5万人を占めると言っております・・・

自衛隊員は数こそ少ないが、数の問題ではなく、戦争に参加した以上、前後の状況は詳細に調査し公開されてしかるべきもの、それが旧態已然たる大本営が如き対処は、もっての他・・・憲法9条などあってもなくても同じような国の有様ですから、大本営的遺伝子が脈々と続いてもおかしくない・・・

・・・あの戦争はアメリカの戦争であり、協力出来ないと、シーフアー駐日米大使に面と向かって言ったのは、小沢一郎以外に知りません・・・それを同じ日本人が潰そうとする、狂っています。
メンテ
仮免許卒業、本免許運転第一号は・・(2) ( No.68 )
日時: 2010/12/17 21:28
名前: 満天下有人 ID:NIHwJd.k

・・・いよいよ二枚舌使いを本格化させるであろう・・・

・・・法人税減税についての菅直人の言葉、成長と雇用増加、デフレ脱却のために企業減税を行う・・・これを受けて仙谷は、首相の英断であると宣たまう・・・

中身を見ると増税も一体化されて今後は消費税増税が推進される・・・消費税増税の時は、必ず解散して民意を問うと言っていたのだから、年明け早々に消費税増税に踏み込むということは、年明けたら解散総選挙をやるということだな・・・

・・・しかし???・・・おかしいなあ、支持率例え1%でも辞めないということと、どう整合性を取ったら良いのか、とにかく月替わり発言のこのおっさん、訳が分からんな、どういう育ち方したのだろうか・・・

税制改正だけを捉えて見ても、一体何をしようとしているのか、財政再建のために官僚機構も変えると言いながら、逆に官僚に抱き付き、行革大臣なのに蓮舫は、政府広報で有意義な仕事をされている公益法人の皆様、とまで言いだしていた・・・

こんなミソもクソも一緒くたにした、アクセルとブレーキを同時に踏むような税制改革で、成長・雇用増、デフレ脱却など出来るのか、お得意の二枚舌でまた騙すのであろう・・・

実質5千億円程度の企業減税で成長、雇用増加、デフレ脱却できるなら、鬼も笑う前に風邪を引いてしまうであろう・・・と言うより、この政権特有のミソもクソも一緒くたにする能ナシ政策が、税制にも如実に表れた・・・

・・・当然である、官僚に抱き着かないと政権維持が出来ない情けない内閣であり、税理論も国家戦略理念も何もないのだから、アクセルもブレーキも彼らにとっては同じことなのであろう・・・財政再建ならそれはそれで徹底すれば良い、だが、官僚機構は温存してデフレの恩恵は官僚だけが享受して来た(成長もストップ・税収減なのに、官僚組織だけは所得面でも維持されているのだから、デフレを享受できる、しかも財政再建からも除外されている)・・・

・・・表面税率、実質実効税率の比較は省略して法人税そのものは、平成10年に35%から30%に減税された、その間の国民経済の推移はどうであったか・・・

平成10年 GDP503兆円 雇用者報酬274兆円 企業利益88兆円
平成21年 GDP474兆円 雇用者報酬251兆円 企業利益 ?

金融資本のバカさ加減に振り回された面はあったにせよ、いや振り回されたが故に法人税減税でこの状態であった、この間に老年者控除、定率減税、配偶者特別控除が廃止され、平成14年から18年までの4年間で所得税増税は約4兆円、企業減税は約1.5兆円・・・昨年までを加算すると恐らくこの数字を倍にすれば良いだろう・・・

雇用者報酬、つまり給与がこれだけ減って更に増税、これでデフレにならない方がおかしい・・・役人どもの国民税から貰う所得は減らずにデフレなら、彼らの実質所得は増加しているのに、たったの1%の減給で、首相は企業減税でデフレを脱却すると抜かしおる・・・。
メンテ
仮免許卒業、本免許運転第一号は・・(3) ( No.69 )
日時: 2010/12/18 11:31
名前: 満天下有人 ID:Gz8PPGnY

・・・「強い経済、強い財政、強い社会保障」・・・これ誰の言葉だったか、菅政権の政策言葉である・・・

基本は全て国民にあるとしてそれを分かりやすく標語にしたのは、小沢が代表であった時の「国民生活第一」であった・・・菅政権とて菅のそれまでの思想傾向からして、正にそれを実行に入るかなと思いきや、実際はアメリカ新自由主義的なものへの里帰りみたいなもので、上記政策言葉は単に、北欧のスエーデンあたりの政策をまねた「言葉だけの」ものであった、そこには総合理念などカケラもなく、やっていることは小沢理念の排除だけである・・・

・・・二枚舌以外の何物も感じられない・・・

・・・話を戻して法人税減税に関わる纏め言葉・成長、雇用、デフレ脱却の為に、にせよ、既に国民もまた学芸会パフオーマンスを始めやがったと、思う向きが増えていることとは思うにせよ、国民は本気でこんな頼りない菅一派のインチキ政治にストップをかけねばならない・・・

・・・テーマは違うが、今回の菅の沖縄訪問、沖縄よ基地問題はあきらめてくれと言いに行ったようなもの、鳩山訪沖の時と違って現地では、激しい批判デモも起こっていない、それは沖縄県民の「もうやるせない」という言葉に凝縮されているように、あきれ果てて腰が抜けてしまったのであろう、国政全般に亘る国民にも同じ思いがあってパフオーマンス政治としか映っていないのかも知れない・・・

・・・細かいことは言いたくもないが、企業減税は零細企業には慈雨になるにせよ、大きな構造面では何の足しにもならない、傷口ふさぎに過ぎない・・・零細企業には別の処方箋で対処すべきで、今回の企業減税には何も大きな視点はない・・・

企業減税を成長の面から考慮した所で、菅政権に尻を突かれて日銀が取った金融政策にせよ、何が成長の核なのかボヤケた政策に乗っただけの緩和策であったから、新規事業なら審査を緩めるとして、そもそもがバラマキのような金融政策では、成長の突っ張りにもならない・・・先月は成長の為として新規事業への融資を倍増し1兆円まで融資枠を増やした・・・

・・・一体日銀に新規事業の審査能力があるのであろうか、これで零細企業も「救済」されるなら別にケチをつける気など毛頭ない、それを「成長」の為にというから混乱してしまう、菅政権の言葉使いと全く同じである・・・ならば町衆は成長するからと申請し、あのバブル崩壊の時と同じように後は野となれ山となれで、恐らくこの1兆円と言う資金は焦げ付き、再び不良債権の山となって帰るであろう・・・成長のためにとする企業減税と同じ発想である・・・戦略も無いのに、国家戦略室などと大袈裟なものを作る政権らしい誘導にしか過ぎない・・・。
メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.70 )
日時: 2010/12/18 12:20
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:gCqohFpA

美しい日本、改革を止めるな、成長!

内容も提示せずにワンフレーズで国民の関心を引くだけの政治の姿勢と、それに拍手喝采を送る衆愚の民。

もう、政治ゴッコ、デモゴッコを取り越して国家ゴッコを1億国民がやっているようなものですね。
前にも言いましたが、最近の市民デモも完全にデモゴッコです。

その成長の中身ですが、
レアメタルなどを使った最新技術に基づく産業。
クリーンエネルギーに関係する産業。
老人介護に関する産業のことを想定しているのでしょうが、

前2項は経済の指数として成長しても雇用が広がるものでなく、生活の拠り所を失った国民が頼るところは介護の分野よりありません。
介護の分野を延ばそうと思えば、介護保険料などをより多く徴収しなくてはならないことはすでに現実化しています。
この分野の成長は、タコが自分の足を食らうようなものでいずれ破綻することは目に見えています。

また、現在まともな職業に就けない2000〜3000万人を救済するのにあまりにも小規模すぎる構想です。

何故、衣食住に関する根幹の産業の復活がテーマに入ってこないのでしょう。
この分野は、何も集約化をして世界と渡り合う必要はないはずです。

最も、輸入により安価な生活用品を手に入れることが出来る生活は、我々自身恩恵を受けており、これを容易に否定することは出来ないとしても、公共投資により、一定の雇用の確保は可能なはずです。

経済のグローバル化の行き着く先のことは、随分と前から話題になっていますが、何故、未だにその対応策が検討もされないのでしょうか。

世界中の主な国家の政治が、巨大資本の熾烈な競争の枠組みの中に浸ったまま、足元のことを見ようとしてないからです。

アングロサクソンという言葉を使うのは大変検証が必要であることがわかりました。
それでもアングロサクソンと言う言葉で、今の風潮を現している批評家もいるようです。
ここ200年の近代文明をリードしてきた、アングロサクソン、ないしアングロサクソン流というのは何でしょうか。
アングロサクソンを操るユダヤ資本の存在と共に、何時の間にやら空気のように自然と身についた考え方を見直さねばならないのではないでしょうか。

それなくして言う成長は、自民党50年の歴史と同じ取り繕い、先送りの政治であると思います。


メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.71 )
日時: 2010/12/18 15:20
名前: 満天下有人

・・・<何故、衣食住に関する根幹の産業の復活がテーマに入ってこないのでしょう。
この分野は、何も集約化をして世界と渡り合う必要はないはずです。>・・・

最近デフレについての論文などを読み漁っていたところ、こんなのがありました・・・通常企業にとっての付加価値は、雇用者報酬つまり人件費を差し引いた残りを指しているのだが、成長をもたらす付加価値とは、人件費の比率が大きくて企業にとっての付加価値があまり大きくならないものである・・・

・・・その眼で各産業を見ると、通常は自動車産業がトップ、次にエレクロトニクス、住宅が来て最後に飲食などのサービス産業が一番付加価値が低いと思われている・・・

しかし実際には人間を沢山雇って、効率化が最も困難なサービスを適用する産業ほど、付加価値率が高い・・・国際競争面から見ても、労働集約型では競争のために自動化が極端に進み、売り上げは一見大きくても付加価値創出面では率が小さくなる・・・

・・・これは橋立さんの指摘と同じです・・・加えて自動車やエレクトロニクス分野では株主が効率化=人件費削減の経営を求め、それによって株主利益を得ようとしますから、成長という面ではマイナスに作用してしまう・・・つまり株主資本主義の下では、一部の人間だけが金融利益を得る方向に走りますから、国家全体としての付加価値創出率は低くなってしまう・・・

・・・企業減税も、株主資本主義ではそれに似た結果をもたらすとしか思えない、これまでがそうであったように・・・派遣労働法など見直しはどうなっているのかな?こんなことを放置しておいて企業減税=成長、雇用増などと言うから、ほんとに腹が立つて来ますね。


メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.72 )
日時: 2010/12/18 17:14
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:gCqohFpA

満天下さんに理論的裏付けをしていただいたようなものです。

後は、これを実践するために、何処までヘリマネが可能かということですが、こういう議論を政治がやらないので、ここでやりましょうか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存