ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[889] 天皇制は必要か?
日時: 2011/01/01 12:00
名前: パパママ ID:3GabKqrk メールを送信する

今日の政治腐敗、官僚腐敗を根本から検証した場合、天皇制と言う無駄をどう裁くか?
政治と天皇制が全く無関係では無い事は明らかです。
まずはこの民主主義と謳っているにも関わらず天皇制の有無に関してタブーを打ち破るのが先決ではないだろうか?
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 天皇制は必要か? ( No.81 )
日時: 2016/12/31 12:10
名前: 取越 九郎 ID:WsVr1oWg メールを送信する

 此処は昭和10年代の小学校の講堂。600人の小学生が広くて寒い冬の体育館兼講堂に集められています。

 静けさを突然破る教頭の声。「回れ〜右!斜め左向け〜左!・・・」
この後どんな言葉が続くか分かりかすか?これを知っている人の年齢が分かってしまいますね。

 答えは、「宮城にい拝し奉り〜最敬礼〜」です。

 こんな時代を知らずに天皇制をその頃と同じように戻そうとする石頭や戦後に生まれた<ワカウヨ>には困ったものです。

 天皇制は即刻廃止すべきだと私は考えます。

 その理由の1)は歴史的に見てもその時々の権力者の都合のいいように利用されてきたこと、
特に第二次世界大戦では、天皇を神格化し、忠君愛国の精神で天皇のため命を捧げる事が名誉であると、
子供のころから教育されたのは、今でいえばイスラム教信者が「自爆テロをやってアラーのもとへ・・・」
神は偉大なり、アラーの他に神は無し!「天皇陛下^バンザ〜イ!」と本質的には同じことなのです。

 第2)は、一人の人間として生まれてきただけなのに一般庶民でさえある程度の自由な権利を主張できるのに、
民主主義の*象徴*たる一個人に限り基本的人権の殆どを奪われている事です。

 長い歴史とは言え、天皇制が無ければ日本国は崩れ去ってしまうとか、国家の誇りを失ってしまうとでもいうのでしょうか?
そんなレベルの国民ならどの道真面な社会を構築することはできません。

 むしろそんなごまかしの権威に頼らず、真の民主主義国家を目指す事こそ大切なのではないかと思います。

 最後に古い歌を紹介して終わります。
♪海行かば〜 水漬(みずく)屍〜、山ゆかば〜草蒸す屍〜、大君の〜辺(へ)にこそ死なめ〜顧みはせじ〜!♪
メンテ
Re: 天皇制は必要か? ( No.82 )
日時: 2018/01/14 23:58
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:PU4xqZGI

天皇の生前退位がまじかに迫っています。

このスレッドでは、珍しく多くの意見が出ています。

ですが、皆様の意見は、明治以降の天皇制を目の当たりにし、民主主義と言う既成の概念に即しているものと思います。

その限りでは、それぞれが仰る事は的を得たものでしょう。

しかしながら、若い世代は、明治以降の天皇制の意味は殆ど理解出来てはいないでしょう。

ダイアナ妃の不慮の事故に悲憤した世代もいます。

天皇制という概念だけではなく、現代社会を、何でも合理的に把握できると言う考え方に限界は無いのでしょうか。

天皇制など民主主義の考えからすれば、議論の余地もなく、100%否定するべきでしょう。

ハッキリとした事は言えませんが、何故か、そう言い切れること以外の何かを感じています。

現代の既成概念に捉われることなく、考えることも必要ではないでしょうか。

水や空気の様に信じてきた、資本主義社会も、民主主義の思想も本当に信頼しきれますか。



メンテ
▲天皇制は「近親結婚で害毒」 頭の劣化が最悪だ ▽Re: 天皇制は必要か? ( No.83 )
日時: 2018/01/15 01:52
名前: 「南の島 九州 達磨」 ID:/9jRkUM6 メールを送信する

▲天皇制は「近親結婚で害毒」 頭の劣化が最悪だ ▽天皇制は必要か?

遺伝科学の法則で 近親結婚で 頭・精神・梅毒の伝染で害悪の天皇制ですぞ


1 明治「天皇陛下」の 乱交・近親結婚で 異常者の誕生

2 大正「天皇陛下」は梅毒で 発狂

3 昭和「天皇陛下」は 米国人を 多数殺害させ
   石油を 泥棒させた 戦争犯罪人 頭が発狂の事実

4 東条英機 首相が 昭和「天皇陛下」の命令で
   戦争の責任で 死刑で 処理され
     靖国神社に 遺骨があるのに 参拝もしない
   「近親結婚の結果」の「精神異常者の事実」

5 平成「天皇陛下」は 米国トランプ大統領と お会いしても
   自分の父 昭和「天皇陛下」が

    米国人を 多数殺害させ 石油を 泥棒させた
     戦争犯罪人だった謝罪をしない礼儀知らずの 米国に「失礼な奴」
   「米国に対して 日本人として 恥ずかしい限り」

6 ▲天皇制は必要か? は
   ヤクザ・「暴力団」は 必要かの 理論で 結論は 
   ヤクザ・「暴力団」は 必要か? では無く 害毒です


「糾弾 日本の政治改革」の方は 宇宙的 広い視野で
   社会批判を頼む


「南の島 九州 達磨」
  「事実新見」報道部

   「検事・裁判官・警察官・マスコミ・弁護士
     ・「公務員」・ヤクザ犯罪  追求委員会」









メンテ
Re: 天皇制は必要か? ( No.84 )
日時: 2018/01/16 23:01
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BwiO.L..

日本の天皇が政治的実権を持っていたのは、飛鳥、奈良時代の200年くらいのこと。
平安時代になると、もう藤原氏を中心とした公家政治が始まる。

幸か不幸か解らないが、天皇制自体は、その後、現在まで900年間続き政治的一勢力として存在してきた。
幕末になり天皇はクーデターの名義人として担ぎ出され、形の上では天皇を中心とする国家体制が出来た。

しかしながら、その動きの実態は三条実美などく公家と明治維新を起こした武士たちであった。
その後の明治、大正、昭和の時代国の元首として存在したが、我が国には立憲民主主義による政府が存在し政治の実権が政府にあった事は明らかである。
時の権力者が利用する為だけの形式的な権力を委託されていただけの存在である。

それなのに、政治的に都合の悪い事は天皇のせいとするなどは、軍閥政治をやってきた東條等よりも卑劣な発想であるのではないか。
太平洋戦争を引き起こす端緒となった満州事変は満州軍の暴走である事は言われている。
その満州軍も系統的には総帥権をもつ天皇の部下であるから天皇に大きな責任を問うと言う姿勢であるのか。
北朝鮮の金正恩の様な支配者であれば、それも良いであろうが、同じ様に考えるのか。
金一族は、金日成いらい、1000万人の同胞を殺してきたと言われている。

また天皇家の血筋を言う場合、それこそ自分勝手と言うもの。
近親相姦によって精神的に異常な人間が出る確率は医学的に証明されていること。
封建時代の慣習を受け継ぎ、多くの側室を持っていた明治天皇が性病に冒される可能性は高かったかも知れない。
大正天皇が梅毒であったと言う人がいるが、なるほど、病弱で早世した大正天皇が梅毒であったとしても、それは遺伝性梅毒とも言われている。
いずれにしても、それは政治の問題ではなく個人の疾病の問題。

民主主義の名の下に身分の平等と言う観念の下に、天皇制を否定されることは理解はする。
明治天皇については戦争に負けたことがないので、非難は控えて
戦争に負けた昭和天皇をクソミソにこき下ろす心情は如何に。

時の政権によって担ぎ上げられていた分の責任を問うことには吝かではない。
時の政権と言っても、先の大戦での暴走の被害は甚大であったとしても、明治以来、我が国をここまで創り上げてきた政権を、まったく否定するものでもない。

達磨さん、私から見ると、達磨さんの天皇への評価は少しいただけませんな。
先生! 誰かさんが何をやったよ!と言う様な小学生の言いつけゴッコのようだ。
私が期待したいのは、過去のしがらみに捉われない天皇制の是非なのです。


もう一つ、思う事を書いて置きます。
結果として悲劇を招いたものの、当時の国民は国家=天皇と考え、天皇の為と言う事はすなわち国の為と信じて困難に対処してきた。
先の大戦では命を落とした人も300万人を上回る。
今になって、天皇及び天皇を信じた者が悪いと言う事になっているが、
人生に、確固とした目的が示されない限り、その時代、時代を真剣で生きた人の生き様を間違っていたと指摘するほど現代人も立派な存在でもないでしょう。

メンテ
現在の天皇の親族やその周りの環境について! ( No.85 )
日時: 2018/01/15 17:09
名前: イントゥイッション ID:TOuI7IEQ

それは、グリコ森永事件などの不可解な事件などから考えると、日本中のスーパーへ行くとよく理解できる!

生もの以外の加工食品のほとんどが、森永昭江や日清製粉の正田美智子や山崎パンばかりである!

これは天皇の地位を利用した既得権益で日本の社会は成り上がり者が上で構成されている! 

明治維新も隠蔽され、森永昭江のお友達の遺伝子組み換え食物の株主のロックフェラージュニア夫妻も、日本のスーパーに組み込まれてしまっている!

相反して、皇居には広い農場や牧場があり、天皇関連のテロリストどもだけは、日本中に蔓延した毒を食さなくてもよい環境になっている! それはロックフェラーと同じ環境である!

今はまた、安倍晋三と言う日本の悪魔王を操り人形として 軍需産業で儲けようとしている!

そして次の天皇の妻の皇后雅子は北朝鮮にもたらした窒素で汚染された皇后になる!

次の天皇と皇后のニコニコした裏で、暗い闇が広がっていかなければと願っている! 
メンテ
Re: 天皇制は必要か? ( No.86 )
日時: 2018/01/15 19:05
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MPapfO42

(お話1)

天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。
 
○エボラ熱騒ぎの最大の目的は、ロスチャイルドが西アフリカにあるダイヤモンド原石を独占すること。

で、この「赤十字社」の日本支部である「日本赤十字社」の名誉総裁は皇后陛下で、名誉副総裁は皇太子殿下・妃殿下と秋篠宮妃殿下になっています。

その最大のきっかけは、ベネッセ事件についてその裏側を調べていたとき、実は「ベネッセ」と「日本ユニセフ」と「外務省」と「皇族」と「創価学会」が裏でひとつにつながっているということを知ったことにあります。

○ベネッセ・ユニセフ・外務省・皇室・創価学会との奇妙なつながり。この日本はごく一握りの人間によって支配されている。

皇族である「雅子」様の父は創価学会員で、外務省の大鴻会のメンバーである「小和田恒」。で、この「小和田恒」の妻「小和田優美子」は日本ユニセフの評議員。さらに、その次女である「小和田礼子」は国連ユニセフの駐日事務所副代表。

このように創価学会員である「小和田一族」が「皇族」とつながり、「日本ユニセフ」やら「国連ユニセフ」とつながりがあり、かつ「外務省」とつながりがある。これで何か薄気味の悪いものを感じないわけがありません。

○天皇家が悪魔崇拝に関わっているとしか思えない幾つかの理由。
天皇家がユダヤと深い関わりがある……。というのは、昔からネットでよく囁かれてきたことです。しかし、それは決して眉唾ではありませんでした。これまで何度も書いてきたように、「創価学会」は金融ユダヤの傀儡であり、金融ユダヤのひとつの支部のような団体です。言ってみれば、日本版「フリーメーソン」です。

で、その「創価学会」の一員である人の娘が、皇族と結婚した……。しかも、天皇家の象徴である「菊の御紋」は悪魔崇拝のシンボルであり、さらに悪魔崇拝者であるロスチャイルド家と天皇家の家紋がとてもよく似ている。
 
○宮内庁関係者「寛仁さまと妻・信子さまに夫婦間の衝突も。実はこの麻生太郎。なんと「日本赤十字社」の代表である「近衞忠?」とも親戚でした。で、この系図をよく見てみると、麻生太郎は「皇位継承順位6位」66歳で亡くなった「桂宮宜仁親王」とも親戚。さらには「細川護煕」とも親戚です。

驚くのはまだ早いです。実は麻生太郎は「佐藤栄作」とも「安倍晋三」とも親戚関係にありました。

いいえ。これだけで驚いてはいけません。実は「宮沢喜一」も「鈴木善幸」も「鳩山由紀夫」も「福田康夫」もみんな彼らと血が繋がっているのです。

よく「田布施システム」なんて話がネットでもよく囁かれていますが、その話がデタラメでないことがこれでよく分かります。「田布施システム」の詳細については、以下のリンクをご参照ください。

○日本が朝鮮人に支配されているという証拠。「田布施システム」こそが朝鮮人と金融ユダヤによる日本支配の始まり。

こうして一つにつながった一族が、この日本という世界的経済大国を牛耳っているという現実は、やはり我々日本国民からすれば余り気味のいいものではありません。

特に「安倍晋三」が金融ユダヤの言いなりになって日本の国政を動かしている今、この状態には強い危機感を抱かずにはいられません。この日本の悪魔崇拝一族が、世界の悪魔崇拝一族とがっちりとつながって、我々日本人を食い物にしようとしているのです。

もっとも、この中で大きな勢力が二つに分かれた、三つに分かれた、ということであればまだ理解できます。そういうことなら起こり得るかも知れません。しかし、例えそうだとしても、この中の誰か一人が裏切って、この国のために何か良いことをしてくれる、ということを素直に期待することはできません。

したがって「福田康夫」や「鳩山由紀夫」が中国と強いパイプを持っていて、アメリカと縁を切ろうと画策しているという話を聞いても、私はそれを素直に信じることができません。

何しろ、この一族の中心にいる皇族は、悪魔崇拝と強い関わりがあるのです。しかも、この皇族の経営する「日本赤十字社」は、ロスチャイルドのダイヤモンド利権のためにエボラ騒ぎをねつ造し、アフリカの黒人たちを次々と殺しているのです。この事実が分かった今となっては、もはやこの血族を信用することは不可能に近いものがあります。

世界保健機関(WHO)の要請で、8〜9月に西アフリカ・リベリアでエボラ出血熱の治療にあたった日本赤十字社和歌山医療センターの古宮伸洋医師(40)が和歌山市の同医療センターで記者会見し、「現地では病床が足りておらず、患者を隔離することもできていない。地域のコミュニティーで寝かされている患者から感染が拡大している」と説明した。

現地の人がエボラなど存在していないと言っていることは先日の記事にも書いた通りです。なのに、なぜこの人はこんな嘘をついて、わざわざエボラ・パンデミックを煽るのでしょうか。

とにかく「エボラは嘘」と分かった我々が、この情報をできるだけ日本や世界に広げていくしかないでしょう。

そのために彼らは世界中からタダで「血」を集める「献血」というシステムを作り上げたのでしょうか。ふとそんな嫌な想像をしてしまいました

○現ローマ法王フランシスコに幼児虐待および人身売買のかどで有罪判決。

明治天皇は田布施から現れた「大室虎之祐」ですが、これは建前上、嘘ということになっています。しかし私は、「大室虎之祐」こそ本物の明治天皇だったと考えており、この「大室虎之祐」の弟の孫は橋本龍太郎です。

○大室寅之祐=明治天皇 「大室寅之祐の弟、地家朝平の玄孫」

「彼は大室寅之祐東京明治天皇の弟大室庄吉の娘大室ヨネと橋本卯太郎との間に生れた橋本龍伍の長男だから。」

一応、大室虎之祐は天皇ではないという建前になっているので、天皇の家系図にはきちんと天皇と政財界とのつながりが出てこないのだと思います。

しかし、橋本龍太郎は色々な政財界の大物ときちんと血でつながっています。なので、天皇と政財界はつながっていることになります。


(お話2)

天皇家とロスチャイルドのなれそめは
明治維新が起きた時、天皇家側に味方したのがイギリス、幕府に肩入れしてたのがフランスという事は周知の事実。
この時にイギリス、ロスチャイルドが天皇家と結びついたと言うこと。

●日銀を支配してきたのは誰か?

金貸し分析的には、これまで日銀はロスチャイルドの指導で設立され、ロスチャイルドが支配していると考えてきましたが、前回記事の日銀創設の経緯の分析を踏まえるならば、ロスチャイルドと裏天皇一派がシェアをして支配してきたと見るべきです。

>果たして「日銀」の株主とは誰なのでしょう。
>「日銀」の出資金は1億円です。そのうちの55%は政府が出資していて、残りの45%は個人が出資しているということになっています。
>戦前には天皇がこの日銀株をたくさん持っていました(20万8000株・額面で2080万円分)が、もし天皇が未だにこの日銀株を手放さずに持っているならば、天皇こそがこの世で最大の債権者ということになります。金融ユダヤの遙かに上をいく金貸しということになります。
<今や、世界一の金貸しは天皇?>より引用

>信用資本主義社会で一番大きな利権(権力)を持つ”物は”一体何か?それは、お札の印刷を刷る利権を持つ”者”です。その利権を約20%も天皇家が持っていたとは驚きです。
> 欧はロスチャイルド・米はロックフェラー・日本は天皇家とロスチャイルドが紙幣を刷る利権を持つ者です。

>ロスチャイルドが持っている日銀の株は20%とも40%とも言われていて定かではありませんが、いずれにしても大口株主です。日銀株の割合を見ますと、ロスチャイルドと仲良く日本を支配している事が判ります。
<約20%の日銀株を持つ天皇家>より引用
メンテ
ついでに、天皇家にかかわる裏話し ( No.87 )
日時: 2018/01/17 02:43
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:YHXDDygA

明治天皇は、江戸時代最後の天皇である孝明天皇の子ではない。孝明天皇は、邪魔になったために長州藩によって毒殺され、長州の田布施(たぶせ)、現在の山口県熊毛郡出身の大室寅之祐が明治天皇になったというのは以前から言われていて、私もこの話は知っていた。事実かどうか確信は持てなかったが、話を聞いて、大筋で事実であることが確認できた。

ただ事実と違うのは、孝明天皇は毒殺ではなく、伊藤博文に刀で殺されたということ。

孝明天皇は、40歳くらいのとき、疱瘡にかかった。その年齢で疱瘡にかかるとかなりたいへんな病状になる。が、病状は快方に向かった。

病気が良くなると、孝明天皇は京都郊外にある女の家に出かけた。それを見越してあらかじめ暗殺に都合が良いよう、女の家の場所・作りを整えていた。孝明天皇が厠(かわや)に立ったとき、そこで待ち伏せしていた伊藤博文が床下から天皇の尻に刀を刺し殺害。遺体はきれいに洗われ、孝明天皇は疱瘡で死んだことにされた。

孝明天皇には、睦仁親王(むつひとしんのう)という息子がいた。彼もまた殺害された。そして、長州によって大室寅之祐が睦仁親王と置き換えられ、明治天皇となった。

孝明天皇は毒殺されたという話が「裏の歴史」のようなものを読む人たちの間でされている。しかし、それはそういう話が意図的に流されたためで、実際には伊藤博文に刀で刺され、殺されているという。

大室寅之祐が明治天皇に据えられたのは、彼が後醍醐天皇の末裔で、南朝を継ぐ者だったから。孝明天皇までは、天皇は北朝の血筋であったのだが、明治天皇が大室寅之祐に置き換えられたことで、天皇家は南朝の血筋に移ることになった。

明治天皇が偽者で替え玉であることは、状況証拠からも判断できる。孝明天皇の息子の睦仁親王は、体が虚弱で精神的にも弱かった。しかし、明治天皇は体格が立派で馬に乗るのが大好きだったという。睦仁親王とは、特徴が全く一致しない。

南北朝の争いで南朝が負けた際、光良親皇という南朝の王権を持つ者を長州がかくまい、その血筋は代々受け継がれた。そしてその末裔である大室寅之祐が、明治天皇に即位することになる。

徳川家康は、正統である南朝を復活させることを狙っていた。しかし、寿命がつきこれを断念。南朝の復活は、ひそかに水戸藩に託された。徳川御三家の中でも水戸は特殊は使命を帯びた家だった。

幕末、徳川最後の将軍・徳川慶喜は、水戸藩の出身。彼は明治維新の黒幕といえる存在である。

これによると明治天皇が誰であるか解らなくなるが、女遊びが過ぎて梅毒に罹っていると言う話が浮かび上がる。
明治天皇には正室と5人の側室がいた。正室との間には子供が無く、側室との間には死産1人を含み15人がいた。このうち、10名が夭折している。夭折した子供の内、最年長は2歳と1か月、最年少は死産が1人と1日が1人、後の7人は数か月から1歳数か月と言うものである。成人したのは5人で、うち一人が男子で大正天皇、残る4人は女子であるが4人とも同じ側室から生まれている。

その大正天皇の事であるが、「明治天皇は脳梅毒に罹患したため、大正天皇は障碍者となった。大正天皇に子種はなく、昭和天皇およびその兄弟は大正天皇の子供ではない」というものであった。
昭和天皇については、「大正天皇は子種がなく、代わりに貞明皇后に何人かの男性を当てがって産ませていったという。
だから、 昭和天皇の兄弟は皆、顔が違う」と語られているようです。

※ 明治天皇の父とされている孝明天皇暗殺説は、否定しきれない。
というのは、孝明天皇は強い攘夷論者であり、幕府の考えに同調する人間であった。
孝明天皇の暗殺が起きたのは第二次長州征伐で幕府側が敗れた時期(1867年1月)。当時は薩長同盟も出来ていて35歳と若い孝明天皇の存在は明治維新を起こした薩長にも岩倉などの公家にとっても目の上のたんこぶ状態。
孝明天皇を何とかしないと維新は起こせない。それで明治維新を起こした中枢部が決断して暗殺を謀る事は十分に理解できる。

当時、朝廷とも関係を持っていた徳川慶喜が、その様な情報を知らないはずはない。
慶喜が知っていたとするならば、その時点で徳川幕府の存続は諦めていた事になり、維新政府に対して全面抵抗をしなかったことが理解できる。
徳川慶喜が明治維新の本当の黒幕であると言う説も考えられる。

メンテ
私の天皇制論 ( No.88 )
日時: 2018/01/17 01:19
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:YHXDDygA

天皇制について問えば、90%以上が否定的に答えます。
そのほとんどが明治以降の国の有り様に根拠しています。
確かに、その間、天皇という存在は日本の元首であり、何事も天皇が承認していると言う形でありました。
日本教というものが、あるならば、天皇は、その教祖の立場で存在していました。

天皇を批判するほとんどの人は、日本教という宗教団体が冒した罪、というか、日本教を信じてきたことによる不利益を教祖を恨むことにより解消しようとしているのです。
ですがね、祀り上げられただけで、実際には特に何もしていない教祖よりも、教祖を利用していた廻りの人間、それを選挙で支持してきた人間の身勝手さの責任は問わないのか。

先の大戦のA級戦犯、戦犯とは連合国軍がつけた呼び名であるが、事実、彼らが無謀な戦争を率いていたのではないか。
天皇に文句を言う以上に、国民自身、彼らを詰問すべきではないか。
詰問どころか、彼らを靖国神社にまつり、政府が彼らを礼拝しても、中国、韓国は文句を言っても、国内からは何の反発もない。
国民は自分自身の非を認めたくなく、その代りに一部の人たちは天皇を恨むことで置きかえている。
東條を始め、戦争を遂行してきた政治家を責めないで天皇を責める謂れはない。

私は、実際に日本に悲劇をもたらせた連中を、トコトン糾弾した上で、天皇を非難するならば、それも認めよう。
そればかりか、手短に、天皇と言う生贄を示して溜飲を下げているだけである。
私は、日本国民自身の、そのような身勝手さ、臆病さを非難する。
そんなことで、自らの国づくりなどできはしない。
結局のところ現在の政治が残っているのである。
政府を非難するよりも、国民自身がもっと怒りを持って政治に対処すべきであるが、日本人は常に神頼み、誰かがやってくれる事より考えない。
野党がだらしなければ、野党を否定し、叩き潰せばよいのであるが、臆病ものは、何の政策も打ち出せない、又は実行力のない野党でも共同してくれれば政治が変わると淡い期待にすがるだけである。
それ以上の事はやる気もなく、口先だけは不平を言い、政治を論じているつもりである。

話しが、それたが、天皇制の是非についても、他力本願の姿勢は止めて、純粋に天皇制を見つめていただきたい。
下の文章は、天皇制に関する別のスレッドから転載しています。

さて本来の天皇論ですが、私は従来の天皇論の延長では考えてはいません。
民主主義を基にして考えれば否定するのみです。

その民主主義の行く末の事に思いを馳せた場合に天皇制のことを考えます。
ずっと将来、あらゆる分野のグローバル化がなり、民主主義(個人主義)が行き渡った状態で人間社会の平安が保たれるかと言うことです。

現代社会は、何でもかんでも個人の生き様を重要視してますが、人間の半分くらいは、もともと従属して(共生の概念の中に)生きることに安心感を抱いているものです。

多くの物資を手に入れ、享楽に浸っている、表面上を見ていれば、そのようには見えないでしょうが、元来持っている生への不安感は深いところでなくなってはいません。

将来、民族意識が希薄になり、国家意識が希薄になったときに、人間は何に共生の概念を持つ事になるのでしょう。

民主主義の考え方からすれば不合理なことですが、その不合理が必要でないとは、結論は出せません。
何となれば、民主主義も、ここ200年間の実験の最中なのです。

民族とか国家と関連して天皇制を考えるので戦争のことも想定するのです。
そのずっと将来、人間社会に天皇のような象徴が必要か否かの議論もしなくてはなりませんが、私は全ての(我が国に限れば1億、世界では100億)人間が個の集合の概念だけで平和な社会を維持できるとは思いません。

この世に宗教があるのも、人間の精神の限界があると思っています。
将来の社会で共生の象徴(統治では無い)を考える時に、折角の歴史を不用意に排除する必要はないと思っているのです。

我々は、知らず知らずの内に、合理的精神が万能と思い込んでいるようです。
人間社会の事が論理で割り切れるならば、哲学が本格的に始まった2000年の歴史を見れば、とっくに理想社会となっているでしょう。
理性的に考える事がすべてと勘違いしていてはいけません。

人間と言う存在、人間社会の有り様を、本能で感じ取って見たいものです。
天皇制の是非などは、この領域の話しと思います。
まあね、天皇制を肯定してみても、
営々と象徴でいなければならない、天皇家には迷惑な話と思いますが。
メンテ
太平洋戦争を引き起こしたやつら! ( No.89 )
日時: 2018/01/17 01:54
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:YHXDDygA

・第二次世界大戦前夜のわが国戦争指導者を東北人の面々が占めていたのはむべなるかなである。彼らは見事に大局を観ることができず日本を敗戦に導いた。

■陸軍
板垣征四郎(岩手・盛岡藩)陸軍大臣
東條英機(東京・盛岡藩)総理大臣・陸軍大臣・参謀総長
畑 俊六(福島・会津藩)陸軍大臣
小磯國昭(栃木・新庄藩)総理大臣
石原莞爾(山形・庄内藩)
多田駿(宮城・仙台藩)
今村均(宮城・仙台藩)
※永田鉄山−(長野県)
※田中新一(新潟県)
※服部卓志郎(山形県)
※辻政信−(石川県)

■海軍
米内光政(岩手・盛岡藩)総理大臣・連合艦隊司令長官・海軍大臣
及川古志郎(岩手・盛岡藩)海軍大臣・軍令部総長
山本五十六(新潟・長岡藩)連合艦隊司令長官
南雲忠一(山形・米沢藩)
嶋田繁太郎(東京・幕臣)海軍大臣・軍令部総長
井上成美(宮城・幕臣)

■論客
・大川周明……山形県
・北一輝……新潟県

●終戦時の陸軍首脳
※ポツダム宣言受容派
阿南惟幾(大分県)
梅津美治郎(宮崎県)
※本土決戦派
河辺虎四郎(富山県)
宮崎周一(長野県)
・太平洋戦争の開戦責任者の大部分が東北出身者だったということが余り論じられないのは不思議だ。どうして、日本人は、あの過酷な戦争に導いた軍事官僚を糾弾しないのであろうか。これも不思議だ。


別に太平洋戦争に関連する人物一覧表

(皇族)

朝香宮鳩彦王 - 陸軍大将。終戦時には昭和天皇の名代として支那派遣軍へ赴いた
閑院宮春仁王 - 陸軍少将。終戦時には昭和天皇の名代として南方軍へ赴いた
竹田宮恒徳王 - 陸軍中佐。終戦時には昭和天皇の名代として関東軍へ赴いた
昭和天皇 - 大元帥。
高松宮宣仁親王 - 昭和天皇の弟。海軍大佐。和平を主張したとも、主戦派であったとも言われる
秩父宮雍仁親王 - 昭和天皇の弟。陸軍少将
梨本宮守正王 - 元帥陸軍大将。A級戦犯容疑者として拘置されるが釈放
東久邇宮稔彦王 - 陸軍大将。終戦直後の終戦内閣で内閣総理大臣
伏見宮博恭王 - 元帥海軍大将
三笠宮崇仁親王 - 昭和天皇の弟。陸軍少佐。東條内閣打倒計画を立てるが、過激な内容に躊躇し自ら憲兵隊に通報。未遂に終わった

(政治指導者)

天羽英二 - 外交官。駐伊大使。戦後A級戦犯指名
鮎川義介 - 日産コンツェルン創設者。満州国顧問、内閣顧問を兼務。戦犯容疑者
安倍源基 - 内務官僚。終戦時の内務大臣
阿部信行 - 元陸軍大将。1939年内閣総理大臣。朝鮮総督
有馬頼寧 - 大政翼賛会初代事務局長。A級戦犯容疑者として拘置されるが釈放
池田成彬 - 三井合名理事。第一次近衛内閣大蔵大臣、A級戦犯容疑者として拘置されるが釈放
石射猪太郎 - 外交官。東亜局長、駐ブラジル大使、駐ビルマ大使
大川周明 - 右翼思想家。五・一五事件などに関与。A級戦犯
大島浩 - 元陸軍中将。駐ドイツ大使。A級戦犯
岡田啓介 - 元海軍大将。1934年に内閣総理大臣。重臣として東條内閣倒閣と終戦工作に奔走
緒方竹虎 - 朝日新聞主筆。小磯内閣国務大臣、繆斌工作
賀屋興宣 - 大蔵官僚。東條内閣の大蔵大臣。A級戦犯
岸信介 - 農商務省の官僚。東條内閣の商工大臣
木戸幸一 - 農商務省の官僚。内大臣。東京裁判では「木戸日記」などを証拠として天皇免訴に動いた。A級戦犯
来栖三郎 - 外交官。駐米大使、駐独大使
小磯国昭 - 陸軍大将。東條英機の後継の内閣総理大臣。A級戦犯
後藤文夫 - 革新官僚。大政翼賛会副総裁、東條内閣国務大臣
近衛文麿 - 1937年、1940年、1941年内閣総理大臣。GHQによる逮捕を前に自殺
小日山直登 - 満鉄総裁。鈴木内閣運輸大臣
酒匂秀一 - 外交官。駐ポーランド大使
左近司政三 - 海軍中将。鈴木内閣国務大臣
笹川良一 - 民族主義活動家。A級戦犯容疑者
佐藤尚武 - 外交官。駐ソ連大使
島田叡 - 沖縄戦時の沖縄県知事
重光葵 - 外交官。東條内閣、小磯内閣で外務大臣。連合国への降伏文書調印で日本政府全権
下村宏 - 官僚、政治家。玉音放送の際の内閣情報局総裁
白鳥敏夫 - 外交官。駐イタリア大使。A級戦犯
末次信正 - 海軍大将。大政翼賛会中央協力会議議長、第一次近衛内閣内務大臣
須磨弥吉郎 - 外交官。スペイン公使、東機関開設、A級戦犯容疑者として拘置されるが釈放
鈴木貫太郎 - 元海軍大将。終戦時の内閣総理大臣
高野源進 - 原爆投下時の広島県知事
坪上貞二 - 外交官。駐泰大使
東郷茂徳 - 東條内閣で外務大臣兼拓務大臣。鈴木内閣で外務大臣兼大東亜大臣として終戦工作にあたる。A級戦犯として服役中に死去
東條英機 - 陸軍大将。太平洋戦争開戦時の内閣総理大臣。A級戦犯として法務死
頭山満 - 玄洋社社長。
徳富蘇峰 - 歴史家、評論家。大日本文学報国会会長
豊田貞次郎 - 海軍大将。鈴木内閣軍需相兼運輸通信相
中島知久平 - 中島飛行機社長、第一次近衛内閣鉄道大臣。A級戦犯指定を受けたが解除
中野正剛 - 衆議院議員。東條内閣の打倒を画策するが割腹自殺
野村吉三郎 - 海軍大将。外務大臣、戦前最後の駐米大使
橋本欣五郎 - 元陸軍大佐。衆議院議員。A級戦犯
平沼騏一郎 - 1939年内閣総理大臣。終戦時の枢密院議長。A級戦犯となるが仮釈放
広田弘毅 - 外交官。1936年内閣総理大臣。日独防共協定を締結。A級戦犯として文官として唯一の法務死
藤田尚徳 - 海軍大将。侍従長。
藤原銀次郎 - 王子製紙社長。東條内閣国務大臣、小磯内閣国務大臣
星野直樹 - 大蔵官僚。満州国国務院総務長官、企画院総裁、内閣書記官長など。A級戦犯となるも釈放
細川護貞 - 高松宮の御用掛となり終戦工作の一翼を担う。のちに「細川日記」を発表
松江春次 - 南洋興発社長。
松岡洋右 - 外交官。国際連盟脱退、日独伊三国同盟の締結、日ソ中立条約の締結などに関与。第2次近衛内閣で外務大臣
松嶋鹿夫 - 外交官。日独伊混合専門委員会委員、外務次官
松平恒雄 - 外交官。駐英大使、宮内大臣
村田省蔵 - 貴族院議員。駐比大使、フィリピン占領軍最高顧問。A級戦犯指定
吉田茂 - 外交官。早期終戦を計画する。後に内閣総理大臣
米内光政 - 元海軍大将。1940年内閣総理大臣。終戦時の海軍大臣

(職業軍人)

秋草俊 - 陸軍少将。陸軍中野学校初代校長
浅野節 - 陸軍大尉。ハルビン特務機関麾下浅野部隊長
阿南惟幾 - 陸軍大将。終戦時の陸軍大臣
阿部勝雄 - 海軍中将。軍務局長、日独伊三国軍事同盟軍事専門委員
阿部弘毅 - 海軍中将。第8戦隊司令官など
安藤利吉 - 陸軍大将。台湾軍司令官、第10方面軍司令官、台湾総督
石井秋穂 - 陸軍大佐。陸軍省軍務局高級課員。日米開戦前の政策を起案
石井四郎 - 陸軍軍医中将。関東軍防疫給水部(731部隊)部長
石川信吾 - 海軍少将。軍務局第二課長
伊集院松治 - 海軍少将。「金剛」艦長など
石原莞爾 - 陸軍中将。関東軍作戦主任参謀など。満州事変を主導
井上成美 - 海軍大将。第4艦隊司令長官、米内海軍大臣の海軍次官として早期和平に向けて尽力
猪口敏平 - 海軍少将。戦艦武蔵艦長
今井武夫 - 陸軍少将。桐工作など日中和平工作に奔走
今村均 - 陸軍大将。第8方面軍司令官など
岩淵三次 - 海軍少将。マニラ防衛を主張し市民を巻き添えにした
岩村清一 - 海軍中将。第2南遣艦隊司令長官など
梅津美治郎 - 陸軍大将。終戦時の参謀総長。A級戦犯
江草隆繁 - 海軍少佐。急降下爆撃機隊の指揮官
遠藤喜一 - 海軍中将。第1遣支艦隊司令長官、第9艦隊司令長官など
遠藤三郎 - 陸軍中将。軍需省航空兵器総局長
及川古志郎 - 海軍大将。近衛内閣で海軍大臣。海上護衛総司令部長官、軍令部総長など
大井篤 - 海軍大佐。海上護衛総司令部参謀
大西瀧治郎 - 海軍中将。第1航空艦隊司令長官、軍令部次長など。特攻の生みの親
岡敬純 - 海軍中将。海軍省軍務局長、海軍次官。A級戦犯

梶山静六 - 陸軍航空士官学校56期、大尉。その後法務大臣、官房長官
神重徳 - 海軍大佐。東條英機暗殺計画に加担
川井巌 - 海軍少将。第4艦隊先任参謀など
河辺正三 - 陸軍大将。ビルマ方面軍司令官、航空総軍司令官
河辺虎四郎 - 陸軍中将。参謀次長、停戦予備交渉団長
木梨鷹一 - 海軍中佐。米空母「ワスプ」撃沈など
木村兵太郎 - 陸軍大将。ビルマ方面軍司令官。A級戦犯として法務死
木村昌福 - 海軍中将。第1水雷戦隊司令官など。キスカ島守備隊撤退作戦、多号作戦、礼号作戦を指揮
吉川潔 - 海軍中佐。駆逐艦「大波」艦長など
草鹿任一 - 海軍中将。南東方面艦隊司令長官 兼 第11航空艦隊司令長官

河本大作 - 陸軍大佐。関東軍高級参謀など。張作霖爆殺事件を立案
佐々木登 - 陸軍中将。「南東支隊」支隊長
佐藤賢了 - 陸軍中将。軍務局長、A級戦犯
佐藤幸徳 - 陸軍中将。第31師団長
沢本頼雄 - 海軍大将。開戦時の海軍次官
柴崎恵次 - 陸軍少将。「恐怖のタラワ」
嶋田繁太郎 - 海軍大将。東條内閣の海軍大臣、軍令部総長。A級戦犯
島田豊作 - 陸軍少佐。戦史上稀な戦車夜襲を決行
清水光美 - 海軍中将。第6艦隊司令長官、第1艦隊司令長官
下村定 - 陸軍大将。北支那方面軍司令官。最後の陸軍大臣

醍醐忠重 - 海軍中将。第5潜水戦隊司令官、第6艦隊司令長官など
高木惣吉 - 海軍少将。終戦工作を行い早期終戦に尽力

寺岡謹平 - 海軍中将。第一航空艦隊司令長官など、ダバオ誤報事件
寺内寿一 - 元帥陸軍大将。陸軍大臣、南方軍総司令官
土肥原賢二 - 陸軍大将。奉天特務機関長、第12方面軍司令官など。A級戦犯として法務死
富岡定俊 - 海軍少将。軍令部作戦部長
富永恭次 - 陸軍中将。陸軍次官、第4航空軍司令官
豊田副武 - 海軍大将。連合艦隊司令長官、終戦時の海軍軍令部総長

中川州男 - 陸軍大佐。歩兵第2連隊長、ペリリュー島での激闘
中澤佑 - 海軍中将。軍令部作戦部長
中島親孝 - 海軍中佐。連合艦隊情報参謀
中谷敏男 - 陸軍中佐。第6航空通信連隊長。小松真一著虜人日記に詳しい記述あり
永野修身 - 元帥海軍大将。海軍軍令部総長。A級戦犯
南雲忠一 - 海軍中将。第1航空艦隊司令長官として真珠湾攻撃などを指揮
成松長正 - 陸軍少佐。南方総軍特殊情報部ジャワ島派遣機関長、第8方面軍特殊情報部長代理
西住小次郎 - 陸軍中尉。戦車長。軍神
西尾寿造 - 陸軍大将。支那派遣軍総司令官、東京都長官
仁科関夫 - 海軍中尉。回天発案者
野中五郎 - 海軍少佐。神雷部隊指揮官
野村直邦 - 海軍大将。東條内閣で海軍大臣

など。オトポール事件での功績で戦後、イスラエル建国功労者
百武晴吉 - 陸軍中将。第17軍司令官
藤原彰 - 陸士55期、大尉、大隊長。その後一橋大教授。『南京の日本軍―南京大虐殺とその背景』など
淵田美津雄 - 海軍大佐。真珠湾攻撃隊総隊長
舩坂弘 - 陸軍軍曹。アンガウルの戦いで活躍
本間雅晴 - 陸軍中将。第14軍司令官。「バターン死の行進」の責を問われ法務死

松井石根 - 陸軍大将。上海派遣軍司令官。A級戦犯指定。法務死
南次郎 - 陸軍大将。朝鮮総督他。A級戦犯
水上源蔵 - 陸軍少将。第56歩兵団長
武藤章 - 陸軍中将。陸軍軍務局長、A級戦犯として法務死
森赳 - 陸軍中将。近衛師団長、終戦間際のクーデター計画に反対し殺害される
森下信衛 - 海軍少将。戦艦大和艦長、第2艦隊参謀長など

山下奉文 - 陸軍大将。第14方面軍司令官など。絞首刑
山田乙三 - 陸軍大将。関東軍総司令官
山本五十六 - 海軍大将。連合艦隊司令長官。ブーゲンビル島上空で戦死(海軍甲事件)
山本卓眞 - 陸軍航空士官学校58期、少尉。その後富士通会長
横山勇 - 陸軍中将。西部軍司令官、「九州大学生体解剖事件」の責を問われ禁固刑


※ このなかの

岸信介
緒方竹虎
賀屋興宣
吉田茂
笹川良一

などは戦後第一線に復帰させたではないか。
メンテ
朝鮮人岸信介は、国民を殺したり財産を泥棒するためにロックフェラーと、天皇家を利用した大罪人! ( No.90 )
日時: 2018/01/19 16:27
名前: イントゥイッション ID:JdpSZLIA

>※ このなかの

>岸信介
>緒方竹虎
>賀屋興宣
>吉田茂
>笹川良一

>などは戦後第一線に復帰させたではないか

こいつらは日本人から税金をむさごりとる罪悪朝鮮人! 日本財団や日本会議をつくり、義捐金などとメディアをつかって、国民からお金を詐欺する大泥棒!

そして岸信介は、1960年に国会の前でデモを起こした国民を皆鉄砲で撃て! とその時の防衛大臣に命令した悪魔!

この悪魔朝鮮人の孫が、今日本国民を餓死させるような貧乏に追い込んでいる!!!

日本の高度経済成長は、大罪人の岸信介や安倍晋三頭空っぽクズとはぜんぜん関係ない!

日本の高度成長は、日本の国民の器用さや、肯定的な頭の良さと、仲間意識のおかげである!!!

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存