ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[995] プルトニウム飛散の張本人空き管を倒閣できない税金泥政治家たち
日時: 2011/03/23 17:37
名前: 政治は年寄りがやれ

他のスレッドも驚愕しているがあまりにひどい。

一体マスコミはなにをしているのか。

基本に帰るべきだ。
1.今なにが起きている。
2.これから起きる最悪の事態とはなにか
3.そのためにはなにをすべきか


こう考えれば、今、やることは水をかけることではないはずだ。

だれもこれから捨てる原発の管制室に電灯がつくの
 を見たいとも思わないはずだ。
そんなものは電気会社が自己弁護のためにやらせている
 作業にしかすぎない。自分たちは悪くない。津波が悪い。
何百万人もの人間を危険にさらして、一体何を考えているのか

捨てるものにはさっさとふたをして捨てるのである。
電気がとおれば動いたはずだ、あるいは動くということを
証明して一体なんになる。

現場で水につかって作業しろというのは死ねというに等しい。

なんのためにそんなひどい作業をさせるのだ。
そんな作業を命じるのが東電なら東電社長が
その作業を命じたのが内閣なら枝野か空き管が

まずその作業をやってみせるべきだ。
ひどすぎる。
人間のやることではない。

他に方法がない場合には他の多くの人の命を守るため
本人が率先して決死隊を志願した場合に許されることである。

しかし今はそうではないはずだ。

廃炉を前提に直接、鉛と土砂で封じ込める方法があるはずだ。

それが取れないなら、なぜそれが取れないかをきちんと
説明すべきである。

宇都宮の水道水から基準値を上回る放射性物質が出たり、
首都圏の野菜からでたり、被害は加速度的に拡大している。

関係者はもう当事者能力を失っているとしか思えない。

戦争をしていて軍隊が支離滅裂な行動をおこなっているときは
どんな国家でも内閣は総辞職して
きちんとした指導力のもとに
戦時内閣を組織する。

今がそのときではないか。
毎日1000トンの水をかけているということは
毎日1000トンの汚染水をつくっているということである。
あと何日かすれば霞ヶ浦一杯の放射能池が日本につくったことに
なるだろう。

あまりにひどい。人命無視。ひどすぎる。

(i怒りのあまり最新の内容を先頭にし、タイトル
をかえました)
 旧タイトルは「特攻隊の考案は正気だったか。政治ショーより一刻も早く廃炉に!」
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ビルの屋上には鉛が沢山ある。しばらく鉄にかえ供出しようではないか。 ( No.1 )
日時: 2011/03/24 05:03
名前: 政治は年寄りがやれ

昨日は地表7センチの農土を採取して放射能物質の汚染を確認した。


インターネットでみるとCNNの天気予報は
福島原発の放射能がカリフォルニアを直撃すると
大騒ぎしている。
「メイドイン・ジャパン」と嘲笑的に
「日本政府は絶対安全といっているがね」
と皮肉に結ぶ。

トヨタに続くフクシマはメイドインジャパンの
ブラックユーモアだ。

毎日でも書く

空き管は無策がすぎる。

もし備蓄に十分な鉛がないなら
産業界や家庭に供出を求めるべきである。

屋根や病院の壁、ビルの耐震重心など
毎年何十万トンとほとんどそのままの形
でつかわれている。
(しかし関東や東海、関西のビルは
供出しないで欲しいが不要なものもあるだろう)

おせっかいだが、鉛を政府が買い上げ
今事故が起きている天然の炉にクレーンで
投げ込めばよいのだ。

鉛害は砂を混ぜれば十分なことは
チェルノブイリで経験済みである。

いま事故は1箇所に6現場がある。

どれかひとつの現場を選ぶ。
さしあたっては暴走を始めると怖く
鉛と砂の投入が簡単そうなのは燃料プールである。
作業面が大きく開いている。

鉛と砂をまぜてどかどか投入すればよい。
固まれば、いつの日か何十年かたって、切り出して
運搬する。鉛と砂ならやわらかく切り出しやすい。
地中深く埋め直すことが可能であろう。

ここで経験をつめば、炉心の処理に取り組む。
常識的には放射線に耐える薄い鉛板をつくり
人が作業しやすい箱基地を一歩づつ進めて
最後はロボットを使って鉛のペレットを
炉心に向って放り込む。
方法は誰が考えてもそれしかないだろう。

廃炉に解体しか考えていなかったことが
信じられない。マスコミもあまりに情けない。

いまのままでは技術立国日本の名折れだ。

フクシマ原発はいつのまにかメイドインジャパン
にされている。

メイドインジャパンは放射能水蒸気である。
これは空き管枝野がつくってアメリカに輸出している。
日本の農地には放射能水蒸気はいあらない。


カリフォルニアから苦情が来たら
日本政府が安全といっているのではなく

「アメリカ政府紹介の医者がそう言いに来た」
とCNNに電話したほうがいい。
メンテ
おめでたき日本人。買いだめでないはずの24万本。怖いのはプルトニウム。 ( No.2 )
日時: 2011/03/24 11:58
名前: 政治は年寄りがやれ ID:ewE1v8c.

一夜明けるとラジオはいっせいに
安全宣言と風評被害の弊害を流し始めている

こうなればマスコミで人気のひとたち
の思うがままである。

利口なものは黙ってしまう・

さて一線にいないので単なる疑問を表明しておく

その一
 水道の汚染が発表されたとたん24万本の
 ペットボトルがなぜさっとでてlきたのか?
 水は風評被害で買い占められていたのではなかったか
 被災地に送る水がないとき、かくしていたのか

 新聞もテレビもないのでわからないが、今日あたり
 その辺の事情はたっぷり解説してあるだろう。

その二
 原子力発電でもっとっも危険な存在はプルトニウム
 ウラン崩壊の過程でプルトニウムが発生する・
 インターネットで見る限り、ニュースにこの
 最大の主役が登場することがない。
 ヨウ素やセシウムと同時に飛散しているはずの
 プルトニウム。なぜマスコミはこの飛散を
 追わないのだろうか。

非国民という名のもとに
家族をまもる買いだめもできなくなる



大本営発表がつづき、
バケツリレーがつづき
大政翼賛会ができ
非国民狩りが始まり
戦争協力のマスコミが気違い
のように毎日の安全宣言をする

あまりに学習しない日本
外国の植民地になるのは当然の結果だ
メンテ
どうしても分からない。いまなぜ鉛を投入しない。すぐ廃炉に出来ない理由があるのか。 ( No.3 )
日時: 2011/03/25 08:04
名前: 政治は年寄りがやれ ID:VN.sanHo


(これはこのスレッドの最初に提稿したものです。あまりにひどいので
 現在先頭にある部分を急ぎ呼んでいただきたく、順番をいれかえました。
 すみません。もうしません)

 わたる世間は鬼ばかり
という言葉があるが
本当に日本は鬼しかいない.
薄汚い政治家の政治ショーのことだ。

1.原子力の専門家を内閣の偉い役につけるという。
 冗談ではない。
 今、内閣に必要なのは人の専門家である。
 人の正しい道を選ぶべきことを空き管に教え諭す人間である。

2.信じられないが
  今の菅内閣は全員正気ではない。というより狂っている。

  人間の健康より、原子炉を確保しようとしているからだ。

3.いまどき原子力の専門家として現れる人物は
  国民が最初に戦犯として裁判にかけなければならない人物である。
  今の問題を解決できるほどの見識をもっているなら
  なぜこの事故が起きないように身をもって行動しなかったのか。

4.犯行現場に殺人犯が検察官としてあらわれ
  目撃者の証言を封じるようなものである。



いま放射能をまき散らしている原子炉群がある。
通常は鉛と土砂で埋め込み、放射能が外に出るのを防ぐ。
鉛は核エネルギを吸収し、核分裂を終息に導く。

5.水をかければ、煙と水蒸気はますます上がり
  消火のあいだも放射能をまきちらす
  国民の健康も国土も放射能汚染にまみれる
  それがわかっていて今日も水をまいている。
  

6.9000人の犠牲者を出したチェルノブイリ事故
  さえ10日で封じ込めた。鉛と土砂で埋めた。
  福島事故は今日で13日目である。まだ水をかけている。一説に40日間水をまくと伝えられている。日本の農村が徹底的に放射能まみれになるまで
水をまき散らすようにきっとだれかにいわれたのだろう。遠くからきてにこやかに笑顔をサービスしている。

7.外国人はさっさと日本や東京を逃げ出した。
  山の手線に乗ってもあれだけいた外人の姿派皆無である。
  某国民が9・11のビルにはひとりもいなかった
  という噂を連想させるほど手際がいい。

8.空き管は外国人に命令されたとおもいこんでいるのではないか。今日もまだ、地獄のふたをあけて、決死隊を突入させ水をかけている。
  国土や人や水が放射能で汚染されるのを上空から見たがっている

9.完全に狂っているとしかいいようがない。たとえ6基あっても最終的に
  全部、鉛と土砂で埋める解決策しかないのだ。
  たとえ1基か2基のこったところで、隣接に放射能汚染された
  建築物があれば、操業再開を認めるわけにはいかない。
  防護服を着ながらの操業など、認められるわけがない。
  チェルノブイリさえ数十年と立ち入りが禁止されていた。

10.東電がもう帰りたい、といった伝えられたときが専門家としての
  廃炉の判断だったのだろう。

11.そこからあとが空き管のしたごころである。
  日本の農地を数十年使い物にならないようにする。
  日本の水を数十年のめないようにする。

12.それを確認するまでじっくり地獄の釜のふたをあけ
  水をかけ続ける。

あえていう。空き菅はきちがいである。止めないマスコミは
放射能よりなお害悪である。

あえて別スレッドを立てさせていただいた。
メンテ
1年間で3千万個の原子核が壊れる福島、安全というNHKは国民の敵 ( No.4 )
日時: 2011/03/29 05:26
名前: 政治は年寄りがやれ ID:pjI91K.U


夕刊フジによると、地震初日、空き管がパフォーマンスで
福島原発に視察にいき、それに人手をとられて初期対応の
30分、続く半日を空白にした。応接に追われ、指示遅れが、
大事故に連鎖していったという。

昨日、ついにプルトニウムが飛散しているのを認めた。
ヨウ素より一緒に飛んでいるプルトニウムが問題だったのだ。

半減期は2万4000年、
全部消えるまで4万8000年
人間がつくった悪魔の放射能物質プルトニウム
ついに福島の土壌に舞い降りた。
渡部、玄葉、空き管、枝野が権力欲のために日本をほろぼしたのだ。



新聞によると福島のプルトニウムの合計は0.8ベクテル。
約1秒間に1個の原子核が壊れるのを1ベクテルという。
福島で計測した地点では、これから4万8000年間
1秒間に1個づつ、原子核がこわれエネルギーと放射能を
出していくのだ。
一体この地点でどのくらい原子が壊れるか計算式でだしておこう
1個×60秒×60分×24時間×365日×48000日
私の電卓では1年分を計算下ところで、ケタ数が満杯になった。
 1年で3153万6000個 この4万8000倍の原子核
がくずれる。

そのプルトニウムが福島のあちこちに降り注いでいる。

「健康に影響がない」
「環境に存在すると同じ程度」
 枝野とNHKに教えてやらねばならない。

 原子核が崩壊するというのはこの世にあるものが
 変わる、あるいは消えるということである。

 大胆な言い方をすれば
 福島のこの地点では1年間で3153万個でできた物質が消えていくのである
 (本当はエネルギーと放射線を出して次の物質になるのだが)
 これが健康に影響しないとはは驚きである。
 
 江戸時代には人質という制度があった。
 健康に影響ないと発表、書くたびに
 妻や子供、親、兄弟を福島においてくるといい。
 NHKのこの記事をかいた記者は自分の書いた記事が
 人間として正しい記事だったか、権力のご機嫌をとる
 国民を踏み台にして自分が出世するための悪魔に魂を売る
 きじであったか、妻や子供たちの判定書をもらってくるがいい。

 問題意識がないから
 だれかが行動をおこすだろうと無責任だから
 権力者に対抗する意地もな区、使命感もないから
 マスコミはただ出世ばかりを考えてちょうちん記事ばかりを書く
 だからだれも事故原発に荒療治をしようとしない。
 
 核実験は1回の爆発でおわる。
 福島は毎日、毎日、プルトニウムを吹き上げている。
 御用学者もテレビに出たいから毎日安全だと発言する


 政治家に関していえば
 空き管は、裁判にかけ、一生というか、
 4万8000年つぐないをさせるべきである。

 墓碑銘には4万8000年、地球を汚した男。
 史上最低の能力しかなかった政治家とすればよい。

 しかし、私は墓碑銘を他にも用意している。
 神は4万8000年前、民主主義をためすために
 世界中でもっとも馬鹿な男を首相にした。
 このものたちは勇気も決断力も、知性もなく、、
 自分より馬鹿な男もクビにできない国会議員
 という名の税金以外は盗めない史上最低の泥棒
 であった。



これから毎日春雨のシーズンである。
毎日風は、規則的に昼間は陸に向かい、夜は海に向かい
風が吹く。

あと数十日もすれば、風下のサンフランシスコとロスは
狂気のように怒り、
福島に怒りの矛先を向けてくるにちがいない

機能していない国家、
暗愚の首相 空き管
そして何世代にもわたり払い続けなければならない賠償金を
突きつけられる。
空き管と自民党が理想とする日本の米国隷従の日である。

旧タイトル
作業員を汚染水に入れるとは狂気!すぐ廃炉で犠牲者を増やすな
は本日より変更しました。

メンテ
Re: プルトニウム飛散の張本人空き管を倒閣できない税金泥政治家たち ( No.5 )
日時: 2011/03/29 07:13
名前: 北の国から ID:oiat1Wr2

 政治は年寄りがやれさん、連日お疲れさまです。
今日も、東電がフランス政府に(いよいよ)救援を要請した(内容はまたも秘密)と報道されていました。大変なことになっているようです。
 さっき、平井憲夫氏の「原発がどんなものか知ってほしい」を読みました。原発を権限持って検査に来る公務員が、実は少し前までハマチの養殖の指導をしていた人や、米のつくりかたを教えていた、とんでもない素人、と現場の人しかわからない文章です。
メンテ
Re: プルトニウム飛散の張本人空き管を倒閣できない税金泥政治家たち ( No.6 )
日時: 2011/03/29 07:20
名前: 北の国から ID:oiat1Wr2

 また、著名な個体物理学の北大の故宮原将平教授は「金属疲労のメカニズムはまだ解明されておらず、したがって原発のような数多くの金属を使用する設備は、よほどの精密な点検をしない限り必ず故障すると考えるべき」とのべていました。
メンテ
Re: プルトニウム飛散の張本人空き管を倒閣できない税金泥政治家たち ( No.7 )
日時: 2011/03/29 07:22
名前: 北の国から ID:oiat1Wr2

 政治は年寄りがやれさん、原発を閉鎖、破棄する方法は、何をみてば良いのでしょうか。
メンテ
日本の独自技術で放射能飛散防止を!水槽と石棺、巨大テントで十分では? ( No.8 )
日時: 2011/04/01 05:24
名前: 政治は年寄りがやれ ID:unykIEF6

北の国さま
 ばたばたしていてすみません。
 いずれご報告することがあるかもしれませんが
 この非常事態で世の中で起きていることは
 まさに官僚主義そのもの。
  人命より、官僚の権限いのちです。
 
 これもすべて空き管があけた官僚天国という
 パンドラの箱のせいです。

 情けないかぎりです。
 赤ちゃんや子供たちが可哀相です。

 さてご質問ですが
民間のアイデイア募集に応募する
 つもりで考えるとわたしなら
こんな作戦をたてます。

最大の目標は、放射能を一切外にもらさないです。

 単純です。
 核物質を捕まえるため大掛かり集塵装置をつくることです。
 放射性物質は重いしかし空中に浮遊するという点を利用します。

 1.皆が言っている原子炉は石棺にします。

 2.ただし石棺には地下に煙突をつけ、一定方向に流れる
   空気の通り道をのこしておきます。

 3.空気の通り道には水槽を設置し、空気は何回も水槽をくぐらせる

 4.水槽を水蒸気のでない低温に保持すれば
   ほとんど完全に放射性物質は除去できるものと思います。

 5.汚水は、周辺から掘削した砂土とコンクリと鉛をまぜて
   固形化して地中に埋めていくしかないと思います。

 6.念のため、石棺は太陽テントの
   ような大型テントで外側から覆い、中から外へ圧力を
   かけて空気を2重に水槽経由で逃がし、浄化をはかる。

 7.石棺の内圧は、外より低くするが、これは石棺の外から
   水槽部屋の空気を抜いて送風すれば、外側のテントも
   膨らむことになる。

 8.石棺をかぶせる前に、原発本体には
   ヘリコプターや飛行機、気球などを使って
   鉛と砂、コンクリートの入った粉末を上から
   落とし、その上から水をかけて固まらせる。
   その際、空気の通り道をつくるため、多少発熱
   はするが消石灰をまぜておく炭酸ガスを発生させる
   なども考えられる。

 9.炭酸ガスがつかえないときは
   コンクリートと鉛で分厚いハネカムブロックを
   つくり、順次、このハネカムの各部屋に鉛を
   溶かし込んでいく。これにより鉛がとけてしま
   野を防ぐことができる。

 10.いずれにしても活火山を生き埋めにするのですから
    常に空気の通り道を確保して順次鉛とコンクリート
    で冷やしていくのだと思います。
 
 地下については、チェルノブイリでも鉛対策を強化した
 ようですが、幸い最近は偵察衛星もありますから
 ボーリングの穴を使って斜めあるいは立て杭を
 作ってメッシュに鉛を敷き詰めて
 行けばよいのではないでしょうか。

 核分裂はひとつの原子核が二つに分かれて、中性子を
 2個ないし3個出し、その中性子が別の核燃料に
 ぶち当たって熱とまた中性子を2−3個だすという
 完全燃焼の循環です。

 だから単純にいえば、福島原発に格納されている
 核燃料の2倍から3倍のなまりがあれば完全に
 事故は収束できる計算となります。

 ただその場合は、核燃料を鉛が完全にハネカムの
 ように取り囲んでいることが条件となります。
 それでも貯蔵されている核燃料の10倍も
 あれば解決するにちがいない。

 現在の政府のやり方は全国の農地を
 傷つけるやりかただ。

 鉛を集めている形跡もないことから
 政府は真剣に解決策を模索しているとは
 おもえない。
メンテ
アメリカ原子力規制委議事録にみる「水」の論拠。水はアメリカの命令だったのか?1564 ( No.9 )
日時: 2012/02/27 13:43
名前: 政治は年寄りがやれ ID:mLC2mDQk

 浅薄とのご批判は承知のうえで
 先頭に表示するのはこれが最後とします。

 今回の福島原発の終息策、なぜ水なのか。
 水しかなかったのか。
 その一角が理解できるような、理解できないような記事
 を本日見つけました。

 歴史の検証のために
 2012年2月23日付 朝日新聞朝刊7面にのった記事の抜粋を
 無断ですが,引用させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  見出し「3月16日「必要なのは水、水、水だ」
  米原子力規制委が議事録公開
  4号機プール「空」と推定

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 本文
  米原子力規制委員会(NRC)は21日、東京電力
  福島第一原発の事故が起きた昨年3月11日から10日間
  の対応について、会議や電話での職員らのやり取りを
  公開した。(中略)
   3千ページを超える公開文書によると、NRC関係者
  は昨年3月16日の時点で、4号機の使用済み燃料プールの
  壁が爆発でなくなったと推定。水が失われて大量の放射性
  物質が放出される事態を懸念している。

  関係者の一部は来日して東電本店での会議に参加。会議
  では水の代わりにプールに砂を入れる意見が出たというが
  「明らかに必要なのは水、水、水だ」と感じたと報告した。
   
  (中略)その後、1−3号機では実際に炉心溶融が起きたと
   みられることがわかった一方、4号機燃料プールに
  大きな損傷はなく、水はなくならなかったことを東電が
  確認している。(以下略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  アメリカがなによりも4号機プールを危険視
  していたのは当然である。

  時間的に余裕がある現在、
  この記事はきわめて重要な内容をふくんでいる。
  だれも疑問に思わず、解説記事すらないのが
  情けない。
  
  
  まず第1に「明らかに必要なのは水、水、水だ」
  と感じたのは、だれなのか。

  第2に必要なのは水と「感じた」というのは
  本当に「感じた」と報告書に報告しているのか。
  「水でなければ解決できない」と強い論理を
  もって、水をかけたのではなく、水が必要と
  感じたと、単に来日した担当者は印象を述べた
  だけなのか。

  第3にプールに砂を入れると主張したのは誰
  なのか、日本サイドなのか米サイドなのか。
  
  第4水と砂は出てきても、鉛を利用する議論
  はなぜなかったのか。
 
  東電や当時の管内閣がなぜ水冷以外の方法を
  とろうとしなかったのは、いまだになぞである。
  水冷方式が将来に大きな課題を抱え込むことは
  だれでも予想できた。

 アメリカは、本当に水が必要と「感じた」だけなのか
 水でなければダメだと主張したのか、いずれ明らか
 にしなければならない、問題なのではないだろうか。

 
 
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存