糾弾トップ 糾弾掲示板 マルチアンケート 何でもデータ 気まぐれ日記 私の主張 (投稿欄) この欄のトップ 前ページに戻る
天職 糾弾 コラムのページ

天職と言う事

糾弾 コラムのページ
Page View Counter Since 2010 Feb 14
天職と言う言葉がある。 その人にまさに相応(ふさわ)しい職業と言う事だが、それを英語ではA Mission とか A Callingと言います。  両方とも宗教的な意味合いのある言葉で、神から派遣されたとか、神に呼ばれて、とかの意味合いがあります。 天職の天もやはり神の声のような意味合いがあるのでしょう。

職業を選ぶには妥協と忍耐と適応が必要だと思われますが、自分に向いた、本心から好きな職業についている人は幸せだと思う。 多くの人々が自分の希望とは違う職業に就いているのではないだろうか、と想像してしまいます。

特に幸せな人々とは、通常 『ゲーム』 の類である、碁、将棋、野球、サッカー、ゴルフ、テニス等々で自分の好きな分野で活躍している人々です。 多くの人が一応は出来る事ですので、これで生活していこうと言うからには、普通の人より何倍もの努力が必要な事は言うまでもありませんが、どんなに努力しても、どんなに苦労しても、それでも幸せだと思います。

小中学校で将来何になりたいか、と言う様な作文は誰でも書かされたと思います。 社会を知らない子供に、将来の事を聞くのだからかなり無謀な質問と言える。 本来、学校の授業は子供が将来何になりたいか、などと言うことは全く関係ないのです。

逆に子供の方から、あなたは幾つの時に今の職業につく事を決めたのですか、と聞かれた大人は何と答えるのでしょうか。 子供の時代から将来なにをするか、何の職業で生活するのか、夢はないのか等々うるさすぎるような気がします。

社会に出て何かの職業に就く事がきまると、自分が想像していた事と違うことに気がつきます。 会社などでは厳しく教育され、挨拶の仕方から言葉使いまで細かく注意されます。 そんなことどうでもいいじゃん、と思っていてもうるさく何度も注意され言葉使いを変えさせられます。 こんな事には耐えられない、と思うのは入社して3ヶ月くらいからです。 

いやだと思っていた職業でも、続けて行くうちになんとなく愛着を感じてきて、その仕事が好きになっていく、ということも有ります。 人間の順応性は高いものがあります。 その職業に対する興味、習熟度、友人関係、環境などに適応できれば、仮に最初の希望とは違っていても、その職業に親しんでいけるものだと思います。 普通はそんな状態で何十年も最初選んだ仕事を続けている人が多いものです。

嫌だ、と思うような職業についてしまっていても、その仕事を継続していくうちに他の世界が見えてくるかもしれません。 社会に出て働く、と言う事が最初のステップで、色々と社会の仕組みや他の職種を知るうちに、自分のしたいことが見つかるかもしれません。 また、友人知人の範囲が広がり、色々な考え方、見方が学べるのも仕事を続ける事でのメリットです。

以前NHKの番組で、デパートに就職した人が酒のセクションに配属され、販売のため、酒や焼酎の蔵を訪ねて、その作り方を見ているうちに、これこそ自分がしたかった事だということに気がつき、デパートを辞め、九州の焼酎の蔵に弟子入りした、と言うのを見ました。 自分では気がつかなかった事が、見ているうちに興味がわいてくる、ということなんでしょう。 

偶然に見つけた職業が自分にぴったり、と言う事はまれでしょうが、ありえない事ではありません。 運が良かったと言われますが、実際の社会はこの”運”と言うものに支配されています。 実力は二の次で、実は運で左右されるのです。 

誰もが自分の将来の職業選択にあたっては、将来の夢、生き方や信念、価値観、得意な事柄、好きな科目、経験、趣味、などいろいろな角度から、自分について考え、進路を決めてゆく。 希望通りにの職業がにつける者は少なく、努力が報われない場合も多い。 

おしまい


仕事を楽しくしたいなら自分よりも環境を変える
20代-40代の働いている人1,000人に、「働くこと」に関する意識調査を実施。
順位 働くことを楽しくするために、どうしましたか?




転職した
異動、出向した
上司が変わった、上司が引退した
人間関係が変わった、よくなった

気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

医者と医療のこと

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

性教育はいつからはじめるのだろう

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

エールフランス

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

妾から連想した思い出

食べる話

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は一般常識の明文化

アメリカと戦争

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

JRの事故のマンション

靖国神社

50才になったら

天職と言う事

音響技術の進歩

一握の砂

eDonkey のセットアップ

emule.htmのセットアップ

ジェットストリーム

ナレーション集

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

映画 CASABLANCA

歴史に残る名作映画ベスト250

荒城の月

不思議な算数

おかしな図形

JR宝塚線の事故

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

記者クラブを廃止

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。