糾弾トップ 糾弾掲示板 マルチアンケート 何でもデータ 気まぐれ日記 私の主張 (投稿欄) この欄のトップ 前ページに戻る
医者の話 糾弾 コラムのページ

患者を治してあげたいと思う医者とお金を儲けたいと思う医者

糾弾 コラムのページ
Page View Counter Since 2010 Feb 14
 日本では医者になろうとすると、とてつもなく高額な出費を覚悟しなければならない。 私立大学の場合、普通の学部の3倍以上の学費のほか、本代や購入しなくてはならない多くの用具、器具など、卒業までにかかる費用は、とても普通の家庭で出せるような金額ではない。

 例えば、慶応大学の場合、2006年度の経済学部で入学金を含めた年間の費用は116万円、医学部は369万円。 医学部の場合この料金の上に寄付金が必要となり、2千万円は用意しておかないと入学はおぼつかない。 以下慈恵医大は360万円と言う事ですので大体表向きは400万円前後というとでしょうか。 この金額以上にいくらの資金が必要なのかは外部からは分からない。

 医者になりたい、と言う希望があつても、余程優秀で国立大学に入学できなこれば、能力や学力、さらに適正があるかないかよりも、経済的に無理、と言うのが現実だ。

 それだけ高額な投資をすれば、元を取りたい、儲けなければならない、と思うのは当然で、こればかりは医者のせいだけにする事は出来ない。 まず、医者になるための費用を国で持つなりして、優秀で素質のある医者を育てる事が必要だ。 お金がなければ医者になれない、というような状況は変えなければならない。

 また、逆に金はあっても人間性に問題があるような医者は「医者」と言う職業を選択すべきでない。 尊大な医者など要らない。 日本では国家試験とは別に、的確な方法での面接は必要だ。

 医者はサービス業であるが、他のサービス業と決定的に違うのは、寺の坊主、葬儀屋と同様、人の不幸を金にしている事だ。 本来なら、偉そうにせず、ひっそりと、目立たぬ様に、喧嘩しないよう、後ろ指さされぬ様にするのが当然だが、昨今の医者はどうにも尊大で困る。 医者は患者の病気を「治してやる」のではなく、「治させていだく」と言う気持ちで接しなくてはならない。 医者にとって患者は大切なお客様だからだ。

 病院や医者に求められるのは安全で安心出来、信頼の置ける高度な技術を持ち、適切な判断力と決断力があり、尚且つ饒舌で親切でなくてはならない。 無口で偉そうにしている医者はそれだけで失格だ。 もう一度言うが病院や医者はサービス業だと言うことを忘れてはならない。

 医学は日進月歩で進歩しており、不治の病と言われていたような難病も次々と治療方法が見つけられたり、治療に必要な新しい器具が開発されてきている。 疾患を持つ患者と向き合い、病気の説明と治癒の方法やその可能性に関しての説明もオープンになりつつある。 しかし、患者や家族が満足出来るまでには至っていない。

 更に進めて、現在行われているような言葉による説明から、きちんとした文章で書かれたMedical Infomation(疾患所見) で医者の所見を説明する文書を作成し、患者に渡せるような方向に進めばさらに良くなる。 医者が自分の判断に自信が無いため、カルテ以外の所見が無いのは患者にとって不公平だ。

 医者自身が持たなければならない信条は、絶対に患者に不利益をもたらしてはならないと言う事だ。 医者を信頼して診断に来た患者が、本来なら助かるのに、誤診や手当ての遅れによって、死んでしまう事のないよう、常日頃から切瑳琢磨され続けなければならない。

 医療は個人プレーではなくチームプレーの方が誤診が起こりにくい。 ベテラン、中堅、新人と言うようなチームでそれぞれの診断所見を話し合い、治療方針を立てるようにすれば誤診は減る。

 医師の怠慢は許されるべきものではなく、自分の知識は患者の問題解決にとって有用でなくてはならない。 しかも終わりの無い知識探求意欲の強い意志がなくてはならない。 常に新しい治療方法を探索し、新薬の効能を調べ、器具の使用法などを覚える事など、終わりのない修練が不可欠だ。

 金儲けのために、開業医が高価な機械を買ったり、設備を整えると言う事はまさに無駄で、診断して検査が必要なら近くの病院を紹介するなど、新たな医療システムを確立させなければならない。

 大きな病院の待合室が病人で埋まっている状況は何とも不思議でならない。 このような診断目的の患者は開業医に任せるべきだ。 大企業の工場では部品を製作する工場と、それを組み立てる工場、管理をする部署等々の分業が普通だが、なぜ病院は分業できないのか。

 更に、日本では医師や弁護士を”先生”と呼ぶ悪しき習慣がある。 このような馬鹿げた呼び名が医師の本来の仕事であるサービス業であると言う感覚を鈍らせており、国会議員と並んで間違った特権階級意識を持たせている。 山田医師、と言うように名前に医師を付けて呼んだらよい。 国会議員をはじめ馬鹿な先生があまりにも多すぎる。

 診断をする医院、検査をするラボラトリー、治療を施す病院、長期入院患者の病院などと分ければ無駄がなくなり合理的だと思うがどうして出来ないのか。 薬だけは分業したが、更に分業を進めるべきだ。 医療システム事態、旧態依然で進歩せず、日本は医療後進国と言わざるを得ない。

日本とアメリカの医者の処分件数(1998年)
  日本 アメリカ
免許剥奪 1725
免許停止 24 1164
医者の数1000人当たり 0.12 5.84







おしまい

気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

医者と医療のこと

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

性教育はいつからはじめるのだろう

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

エールフランス

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

妾から連想した思い出

食べる話

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は一般常識の明文化

アメリカと戦争

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

JRの事故のマンション

靖国神社

50才になったら

天職と言う事

音響技術の進歩

一握の砂

eDonkey のセットアップ

emule.htmのセットアップ

ジェットストリーム

ナレーション集

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

映画 CASABLANCA

歴史に残る名作映画ベスト250

荒城の月

不思議な算数

おかしな図形

JR宝塚線の事故

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

記者クラブを廃止

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。