糾弾トップ 糾弾掲示板 何でもデータ 気まぐれ日記 この欄のトップ 前ページに戻る
アメリカの言論統制 糾弾 コラムのページ

アメリカの言論統制

糾弾 コラムのページ
Page View Counter Since 2010 Feb 14
ペンタゴン爆破直後 爆弾と言うよりは可燃性の高い物が燃えている一般的にアメリカは自由で民主的な国家、と思われている。 これは大変な間違いで、新聞、テレビ等のメディアは国家主義的な発想で統制されている。 それを証明したのが2001年9月11日のツインタワーと同時刻に攻撃された、と言われている、国防省ペンタゴンへの件である。

下が翌日の航空写真だが、発表された自爆したボーイング757の残骸が、無い。 つまりでっち上げの嘘のニュースが世界を駆け巡り、定説化してしまった。 何かが爆発したのだろうが、自爆トラックか、仕掛けられた爆弾だろうか。

しかし、ブッシュは何故このような偽情報を発表し、メディアはなぜ徹底的に追求しないのか、不思議な現象だ。 しかし、そうなると、その時飛んでいた事になっていたAA-77便は何処に行ってしまったのだろう。 いや、本当に飛んでいたのだろうか。
ペンタゴンの爆破された部分 飛行機の幅よりはるかに狭い
ペンタゴンへの航空機テロに関してはセキュリティー上と言う事で、国防総省本部の関係者たちで、直接テロに巻き込まれた人々から個人的体験を収集することは、禁止されている。 そのため、ほとんどと言って良いほど情報がない。 嘘の情報なので、真実が露見しては困ると言うのが本音のようだ。

ツインタワーでも2日後には死者7000人以上といいかげんな事を言っていた。 しかし、死体が飛行機とともに焼却されてしまったので、本当の死者数は不明であるものの、一年後に公表された死者数は計2829人。 しかもこの中には、航空機AA-11便とUA-157便の乗員、乗客計175人、救助に向かった消防士や警察官ら453人が含まれてる。

ニュースが捏造された意味は分からない。 ブッシュが望んでいたイラク攻撃のために利用されたのかもしれない。 真実は、ビン・ラディン、アルカイダ犯行説だろうが、これも闇の中で、分からない事が多い。

アメリカのメディアにとって選挙のたびに何億ドルと言う宣伝費が転がり込む、大統領候補は最良のお客様なのです。 怒らせて他社に差をつけられる事は避けたい、という営業マインドが働いているのでしょうか。
2機目の飛行機が衝突した直後のワールドトレードセンター
○△◇◆●▲○△◇◆●▲○△◇◆●▲

アメリカにとって忘れたい日、2001年9月11日、歴史上初めてアメリカ本土が見えない敵に攻撃され、多数の死者を出した事実は、アメリカ人にとってよい教訓になったのではないだろうか。 

いまだに広島、長崎への原爆投下は正しい選択だった、と思い込んでいる無知な人々に、一般市民が巻き込まれ、死んでいく悲劇が少しは実感できたのではないだろうか。

広島、長崎だけでなく、ベトナムやイラクでの戦争で市民、子供の殺戮に慣れているアメリカ人でも、自国民の死に対して悲しむ事を学べば、他人の悲しみも多少は理解できるのではないでしょうか。 そんな意味でアメリカにとっては大きな犠牲を払ったとは言え、とても良い教訓になった、と言えるのではないでしょうか。 

ブッシュにとっては、とてもよい知らせで、当日授業参観先で、アメリカが攻撃されています(Card tells Bush: "America is under attack.")、と耳打ちされた後、5分間もそのまま授業をのんびりと参観していた事実は、嬉しさをかみしめていたのではないだろうか。 撮影されたビデオからの抜粋です。 最初が1分後、1分45秒、4分35秒後の写真です。 えひめ丸撃墜時の、森無能首相を思わせる出来事です。

馬鹿面 1分後の写真です 馬鹿面 1分45秒後の写真です 馬鹿面 4分35秒後の写真です
ソースはhttp://www.thememoryhole.org/new.htmです。 アメリカの官僚や政治家が恐れる、暴露サイトです。

BUSHは思わず笑いがこみ上げる、これでイラクが公然と攻撃出来、長年のパパの恨みが晴らせる、そんな事を考えていたのではないだろうか。 この写真ではアメリカが攻撃されている最中とはとても思えないくつろいだ表情です。

これは正真正銘の馬鹿か、それとも何もかも予定どおりに出来そうだという安堵感からか、とても穏やかに見える。 軍事産業から多額の選挙資金を出してもらっているので、これでお返しが出来る、と言う事かもしれない。

こんな事情ですので、同日に起こったペンタゴンも航空機でのテロ攻撃としてしまったのではないだろうか。 アメリカのメディアにしろ、政治家にしろなぜ明確にしないのか不可解な事だ。

おしまい

911事件の謎

気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

医者と医療のこと

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

性教育はいつからはじめるのだろう

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

エールフランス

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

肺がん死とタバコは無関係

妾から連想した思い出

食べる話

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は一般常識の明文化

アメリカと戦争

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

JRの事故のマンション

靖国神社

50才になったら

天職と言う事

犬派、猫派

音響技術の進歩

一握の砂

eDonkey のセットアップ

emule.htmのセットアップ

ジェットストリーム

ナレーション集

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

映画 CASABLANCA

歴史に残る名作映画ベスト250

荒城の月

不思議な算数

おかしな図形

JR宝塚線の事故

糾弾の趣旨と提言  

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

記者クラブを廃止

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。