糾弾トップ 糾弾掲示板 何でもデータ 気まぐれ日記 この欄のトップ 前ページに戻る
医者の話 糾弾 コラムのページ

ジェットストリーム 詩:堀内茂男 ナレーション:城達也 1

糾弾 コラムのページ
Page View Counter Since 2010 Agu 16  
ジェットストリーム 城達也写真集 ナレーション 1 ナレーション 2 ナレーション 3 ナレーション 4 ナレーション 5

ミスター・ロンリー ダウンロード
右クリック、対象を保存
遠い地平線が消えて
深々とした夜の闇に心を休める時
遥か雲海の上を、音もなく流れ去る気流は
たゆみない宇宙の営みを告げています。
満天の星をいただく、果てしない光の海を
ゆたかに流れ行く風に心を開けば
きらめく星座の物語も聞こえてくる
夜の静寂の何と饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えて行った
遥かな地平線も、瞼に浮かんでまいります。
花のかおり ダウンロード
右クリック、対象を保存
空港の建物に、ニース、コート・ダジュール、と書いてあって
空色の海と、白壁のホテルが
美しく生まれついた娘のように光り輝いている。
花の薫りに酔い心地の遊歩道では
渚の玉石の上に
タオル一枚で寝そべっている娘が
日ざしの熱烈な抱擁に身を任せているだろう。
旅人は、もうここを動かない
などと我を忘れてしまいそうだが
更に、山のグラースの町の方へ
花の薫りを辿って行くがいい。
風雪になめされた石壁の間にも
花の薫りがしみついている町があって
そこで、軽やかな心を抱いて、野へ出ることもできる。
さながら、朝露に濡れた花畑で
娘たちとともに、バケツ一杯の花を摘む人のように…。
ギラルデリー・スクエア ダウンロード
右クリック、対象を保存
サンフランシスコの、ギラルデリー・スクエアの前の
歩道の並木の下に立つお前。
自塗りのベニヤ板の、背丈に合わせた箱形のお前。
脇腹にあいた穴ぼこからコインを落とし込むと
顔の前の庇を上げて、下手いラッパをひと吹き。
そして、パタンと庇をおろし
再び黙り込むお前。
ヒューマン・ジュークボックスなんて冗談じやない。
お前はそっくりそのまま、ほかの宇宙から来た詩人なのだろう。
不時着した、お前の小さな宇宙船。
カプセルの中で、さなぎのように不自由なお前が
太陽系の外へ、SOSを送り続けているのが
私には分かるのだよ。
ホテル・サンスーシー ダウンロード
右クリック、対象を保存
グリンデルワルトのホテルが、バカンス客で一杯の頃だ。
小道を上がったホテル・サンスーシーでは
訳けありの娘が一人
二階の小部屋で長逗留しているかもしれない。
幸福な家族連れは
三階の家族部屋を占領して
エクストラのソファーベットは勿論
梯子を上がった屋根裏の子供ベットも目一杯使って
賑やかにやっているだろう。
気の付くマダムが
朝の食堂のほど良いテーブルを、一人旅の娘の為に用意して
それとなく話し掛けなどして
若者達の目を引くように仕向けているだろう。
窓からは
アイガーの厳かな峯が希望のように見えている筈だ。
夜霧のピガール〈夜霧〉 ダウンロード
右クリック、対象を保存
静かに降り続いたパリの雨が
日暮れに上がると、霧になった。
クリッシーの盛り場に
赤や青のネオンがにじみ
歩道や建物の濡れた顔が、薄紅色に上気している。
水銀灯の光をさし入れた街路樹の緑が、本の下道を染め
恋人遠の散歩が、夜霧にひたされている。
びっしりと並んだ駐車の列に、更に割り込もうとする車や
押しのけて出ようとする車のエンジンの音が
盛り場の騒ぎに輪をかけている。
濡れた歩道を七色に染めて
どれだけの人を飲み込んだネオンか。
人いきれで充電し、更に新しいお客を誘い込み
霧の中で妖しい光を放つ、欲望の胸飾りのように見えたが…。
サン・マルコの恋人 ダウンロード
右クリック、対象を保存
ベニスのサンマルコ広場で
夏が海風に吹かれ
広場にテーブルを出したいくつものレストランが
生バンドを揃えて客引きに余念がない。
夏の消息が入り乱れ
寺院のひさしに、どっさり人が登って見ているので
広場の人々は意識過剰になっている。
似顔絵のモデルさながら
レストランのテーブルで気取っているご婦人のところヘ
カメリエーレが、粋な知らせを運んでくる。
行きずりの男女が、まことしやかなゴンドラに乗っていく街のことだ。
夏化粧を塗りかさねて恋のふりをすることなど
何の造作もありはしない。

ジェットストリーム 城達也写真集 ナレーション 1 ナレーション 2 ナレーション 3 ナレーション 4 ナレーション 5

糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。