糾弾トップ 糾弾掲示板 何でもデータ 気まぐれ日記 この欄のトップ 前ページに戻る
鯨は殺していけない理由 糾弾 コラムのページ

鯨は殺していけない理由と人間は殺していいと言う理由

糾弾 コラムのページ
Page View Counter Since 2010 Feb 14
日本の文明開化の発端となった黒船ペリーによる開国要求の主なる理由は捕鯨船への必要物資の供給でした。 欧米では鯨肉を食する習慣は、ノルウエーやアイスランドなどの一部の国を除いてありません。 以前、鯨油は灯油の原料として利用されていました。 アメリカでは1859年に国内で石油が発見されるまでは、鯨油の灯油ランプが必需品で、鯨は乱獲され、石油発見後も捕鯨は続けられました。

19世紀後半にはアメリカを中心とする欧米列強の捕鯨船が、千島沖、日本近海へ進出し捕獲するようになりました。 ぺリーの下田港、函館港の開港要求の理由はそのためでした。 このため日本近海の鯨は激減し、日本の捕鯨は不振となり、多くの捕鯨業が廃業においこまれていきました。ソースは くじらの博物館 です。 リンクしています

日本では弥生時代から鯨を捕獲していた事は、発掘された道具や武器からわかっています。 鯨は捨てるところがない、といわれるほど利用の途が広く、骨にいたるまでほとんど全てを利用していました。

牛、豚を食する習慣のなかった時代、鯨肉は動物性たんぱく質の重要な供給源でもありました。

1937年に国際捕鯨取締協定なる条約ができ、この年の会議で国際捕鯨委員会(IWC)が設立されます。 鯨資源の保存と言う観点から、鯨の乱獲を防ぐ話し合いがもたれます。

その後、徐々に捕鯨に関する規制は強化されていきます。 日本以外で捕鯨をするソ連、ノルウェー、ペルーはIWCから脱退し、IWCの決議に拘束されることなく捕鯨を続けていますが、日本は1988年から商業捕鯨を中止しています。

捕鯨を禁止する理由は、知能が高い哺乳類だから、不思議な通信段をもっているから、揚句の果てには神聖な動物などと言い出す始末です。 人間が鯨を食することはごく自然な行為です。 問題なのは、アメリカが油の取れない肉の部分をを捨ててしまっていたように、恵みを粗末に扱うことです。 食物連鎖はそれぞれの生き物の命の犠牲の上に成り立った貴重な循環なのです。

その上、鯨は大きいものですと一日に30トンもの魚を食べます。 鯨が増える事で人間が食する魚が不足する事態も容易に想像でき、近い将来、気がついた時には大海が鯨の天下になってしまうかもしれません。 世界の年間漁業生産量が約一億トンであるのに対し、クジラが1年間に食べる魚の量は3億トンから4億トンに達します。

水産庁の日本鯨類研究所によると、ミンククジラは南極海だけで76万頭生息、マッコウクジラも200万頭台に回復しつつあると言う。 ミンククジラは今後100年間、毎年2千頭づつ捕っても総数は減らないそうです。

捕鯨禁止に関して特にヒステリーとも思えるくらい反対しているのがニュージーランドとオーストラリアだが、これらの諸国は19世紀での先祖の乱獲をどのように位置付けているのでしょうか。 過去の歴史は問題ではないのでしょうか。 それに、オーストラリアでの原住民の殺戮の歴史は、凄まじいものがあります。 

イギリスからの移民が始まる前には、原住民アボリジニの人口は30万強であったと言わてれる。 しかし、大陸の各地で、原住民は土地を奪われ、更に、殺戮や強制移住などで、人口が激減し、今日、生き残ったのは、わずか1割程度だ。 その原住民が多く住んでいる地域は、白人には住みにくい環境である大陸中央部、砂漠地帯、あるいは乾燥地であり、北部は熱帯だ。

イギリスによるオーストラリア領有が始まったのは18世紀。 当時のイギリスではアメリカの独立によって、それまでのように囚人を送り込めなくなったため、監獄は囚人であふれかえっていました。 そこでオーストラリアに囚人を送ることになり、1788年1月28日に第一回目の囚人移民船団がシドニーに到着した。 この日は現在の建国記念日となっています。

ニュージーランドはもともとイギリスの捕鯨基地として栄えた。 そして、土地を奪い取るために原住民であるマオリ族を絶滅寸前まで殺戮したのは、そのイギリス人たちだった。 

元々多くの犯罪者がイギリスから移住して、出来た国々だから、その血に流れる性格は凶暴なのかもしれません。 散々人間を殺戮した歴史を持つ、こんな人たちに鯨を殺してはいけない、などと言われても何の説得力も無い。

おしまい


気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

医者と医療のこと

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

性教育はいつからはじめるのだろう

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

エールフランス

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

肺がん死とタバコは無関係

妾から連想した思い出

食べる話

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は一般常識の明文化

アメリカと戦争

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

JRの事故のマンション

靖国神社

50才になったら

天職と言う事

犬派、猫派

音響技術の進歩

一握の砂

eDonkey のセットアップ

emule.htmのセットアップ

ジェットストリーム

ナレーション集

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

映画 CASABLANCA

歴史に残る名作映画ベスト250

荒城の月

不思議な算数

おかしな図形

JR宝塚線の事故

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

記者クラブを廃止

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。