糾弾トップ 糾弾掲示板 何でもデータ 気まぐれ日記 この欄のトップ 前ページに戻る
医者の話 糾弾 コラムのページ

荒城の月

糾弾 コラムのページ
Page View Counter Since 2010 Feb 14
『荒城の月』 (こうじょう・の・つき) は、土井晩翠作詞・瀧廉太郎作曲による歌曲。哀切をおびたメロディーと歌詞が特徴。七五調の歌詞(今様形式)と西洋音楽のメロディが融合した名曲。

(一) 春高楼(かうろう・こうろう)の花の宴(えん) 巡る盃(さかづき)影さして
千代の松が枝(え)分け出(い) でし 昔の光今いづこ

(二) 秋陣営の霜の色 鳴きゆく雁(かり)の数見せて
植うる剣(つるぎ)に照り沿ひし 昔の光今いづこ

(三) 今荒城の夜半(よは・よわ)の月 変わらぬ光誰(た)がためぞ
垣に残るはただ葛(かずら) 松に歌ふ(うとう)はただ嵐

(四) 天上影は変はらねど 栄枯(えいこ)は移る世の姿
映さんとてか今も尚 ああ荒城の夜半の月

意訳

(一) 春には ここにあった城の高い櫓で花見の宴会が行われ、
酒を酌み交わした盃(さかずき)に月の光がさし込んでいたことだろう。
そして、松の古木の間から 月の光がさし込んでいたに違いない。
あの昔の面影はどこへいってしまったのだろうか。


(二) 秋には出陣に備えた陣営に霜が降り、
鳴きながら渡る雁の群れも見えたことだろう。
出陣を前に、立ち並ぶ剣 を月がひややかに照らしたこともあったであろう。
あの昔の光は、今はどこへいってしまったのだろう。


(三) 今、荒れ果てた城跡を真夜中の月が照らしている。
この月は昔とは変わっていないが、誰もいないところに光がさし込んでいる。
石垣には葛(かずら)が生い茂り、松の枝を鳴らす、わびしい風の音だけが聞こえる。

(四) 天上に出ている月の輝きは変わってはいないが、
人の世は興亡をくりかえしている。
こうした世の中の変化を今も写そうとしているのであろうか、
今、真夜中の月の光が荒れ果てた城址をこうこうと照らしている。

 土井晩翠が詞を構想したとされる宮城県仙台市の青葉城址、同じく福島県会津若松市の鶴ヶ城址、そして滝廉太郎が曲を構想したとされる大分県竹田市の岡城址、同じく富山県富山市富山城西側にそれぞれ『荒城の月』の歌碑が設置されています。

 一番の歌詞の『千代の松が枝』の千代はかつては【せんだい】と読み、宮城県の仙台の旧名で現在の仙台の字体は伊達政宗が【仙臺】と書き改めたと言います。 この歌では「長い年月」と言う意味合いと地名を掛けたと思われます。

 二番の『秋陣営の霜の色 鳴きゆく雁(かり)の数見せて』の部分は、天正五年上杉謙信が七尾城攻略の際、落城を目前にして、折からの九月十三夜の名月のもと酒宴を催し、得意満面の感慨を読んだもので原文の題名は『九月十三夜』です。

 やはり二番のこの文の次に来る『植うる剣(つるぎ)に照り沿ひし』の「植うる剣」の意味合いについては諸説あり、他の文学書と違い単なる詩のため推察の域を出ていませんが、上杉謙信の漢詩の続きと言う事を考えますと【城兵が集合して白刃を天に向かって突き上げているさま】と言うが意味合いが適切だろうと思われます。

 戦国時代の東北地方では、城兵が城に集合して白刃を天に向かって突き上げる早朝行事があったといいます。そんな事からも想像できます。

 曲は瀧廉太郎が23歳で亡くなる2年前の1901年(明治34年)に旧制中学校唱歌の懸賞の応募作品としてこの作曲しました。 原曲は無伴奏の歌曲だったものを1917年(大正6年)に山田耕筰がロ短調からニ短調へ移調し、さらにピアノ・パートを補い、旋律にも改変を加えました。 

 そして、東京音楽学校(現東京芸術大学音楽部)が同年に発行した音楽教科書『中学唱歌』に掲載されました。 同校に在学中だった滝廉太郎は、土井晩翠の『荒城の月』のほか、『箱根八里』、『豊太閤』の3つに曲をつけて応募したところ、3曲とも入選となりました。その英才振りがうかがい知れるエピソードです。

 山田版は全8小節からテンポを半分にしたのに伴い16小節に変更し、一番の歌詞でいえば「花の宴」の「え」の音を、原曲より半音下げている。 山田耕筰のピアノ伴奏を用いながら、オリジナルの旋律を歌った例として、カウンターテナーの米良美一(めらよしかず)の録音が挙げられます。

荒城の月のダウンロード (右クリック、対象をファイルに保存)


 大分県では、竹田市の豊後竹田駅において、列車が到着する際の接近メロディとして歌詞付きでこの曲が流れます。 また、岡城の下を走る国道502号の上り車線にはメロディ舗装がなされた区間があり、車が通過すると荒城の月のメロディが聞こえるようになっており、岡城からでもその音を聞くことが出来ます。

 『荒城の月』は、特定の史実・史話に基づいたものではなく、ごく一般的に武家の栄枯盛衰とそれに伴う無常感を描いた詩です。

参考資料

 九月十三夜 - 上杉謙信 - (九がつじゅうさんや - うえすぎ けんしん)

霜滿軍營秋氣淸
数行過雁月三更
越山併得能州景
遮莫家郷憶遠征
霜は軍營に満ちて秋氣清し
數行の過雁月三更
越山併せ得たり能州の景
遮莫家郷の遠征を憶う
しもはぐんえいにみちて しゅうききよし
すうこうのかがん つきさんこう
えつざんあわせえたり のうしゅうのけい
あれかきょうのえんせいをおもう

 軍 營  陣営  軍隊の宿営しているところ
 數行過雁  列をなして飛んでいく雁
 三 更  夜の十二時ごろ
 越 山   越後(今の新潟県)・越中(今の富山県)の山々
 能 州   能登(今の石川県能登半島地方)の国
 遮 莫   ままよ どうであろうともかまわない
 家 郷   ふるさと

 【現代語訳】
 霜は陣営を白く蔽い、秋の気は清清しい。
 空には雁の列が数行渡りゆき、深夜の月が冴えざえと照らしている。
 越後と越中の山々に、今、能登の景色も併せて眺めることができた。
 故郷にいる家族たちが、遠征のこの身を案じていようと、どうでもよいことだ。

天正五年上杉謙信が七尾城攻略の際、落城を目前にして、折からの九月十三夜の名月のもと酒宴を催し、得意満面の感慨を読んだもの。一生の間に作った漢詩はこれだけである。この詩の構造は仄起こり七言絶句の形であって、下平声八庚(こう)韻の清、更、征の字が使われている。

気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

医者と医療のこと

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

性教育はいつからはじめるのだろう

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

エールフランス

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

肺がん死とタバコは無関係

妾から連想した思い出

食べる話

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は一般常識の明文化

アメリカと戦争

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

JRの事故のマンション

靖国神社

50才になったら

天職と言う事

犬派、猫派

音響技術の進歩

一握の砂

eDonkey のセットアップ

emule.htmのセットアップ

ジェットストリーム

ナレーション集

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

映画 CASABLANCA

歴史に残る名作映画ベスト250

荒城の月

不思議な算数

おかしな図形

JR宝塚線の事故

糾弾の趣旨と提言  

糾弾掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

記者クラブを廃止

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。