糾弾トップ 糾弾掲示板 何でもデータ 気まぐれ日記 この欄のトップ 前ページに戻る
宗教について考える 糾弾 コラムのページ

宗教について考える事 と 般若心経

糾弾 コラムのページ
Page View Counter Since 2010 Feb 14        
 教育基本法は、教育法令の根本ともいうべき法律です。 昭和22年の制定から現在に至るまで、一度も改正されていません。 と言うことは、どうでもよい法律のひとつなのですが、最近の小中学校の教育は危機的な状況に直面しているため、子供による犯罪を減らし、愛する心、敬う心、豊かな人間関係をはぐくむために改正が必要なのだそうです。私にお祈りしても、あなたの人格は変わりません

 しかし、こうなると教育基本法改正よりも、宗教をもっと見直し、利用すべきかもしれない。 法律で人間関係を豊かに出来るとは誰も思っていないでしょう。 宗教と言ってもひとつの宗教に限る必要は無く、色々な宗教の摘み食いで構わない。 教育上ふさわしい部分だけ抽出して羅列しただけでも十分でしょう。 それをいわゆる道徳として復活させたらよいわけです。

 一般的な日本人には、あまり宗教に対する基本的な概念がないので、宗教について真剣に考える習慣がありません。 だからと言って無視しているわけでもありません。 正月の神社、仏閣への参拝者を見ると、これほど熱心な国民は外国でもそれ程見かけません。 ですから、まったく宗教には縁が無いわけではないわけです。

 結婚式と葬式の時しか利用されない宗教をもっと見直して、利用したらよいと思う。 これこそ人間の道、人や物を大切にし、人生如何に生きるべきか、と言うのは宗教の専売のようなものです。 偶像崇拝はいけません、祈る宗教ではなく、今必要とされているのは、考える宗教なのです。  

 どうも宗教は身勝手に利用されるばかりで、本来の姿を見失ってきてます。 入学試験に受かりますように、よい恋愛相手が見つかりますように、商売繁盛でお金が儲かりますように、試合に勝てますように等々、お願いばかりでどうにも何か違うような気がします。

 カトリックの聖書などはカタカナ名前が沢山出てきてどうにもなじめません。 とても退屈します。 いっそ身近にある般若心経ではどうでしょうか。 なんとも難しい漢字が沢山並んでいてなじみがある割りに意味など理解されていませんが、この辺が突破口かもしれません。

 宗教に寛容な宗教などありません。 神様、仏様にお願いすると言う不思議さ。
 宗教とは勧誘されて信じ始めるものではありません。 折伏と言うのは創価学会の専売です。
 宗教は恋愛と似ている。 一度のめりこむとその全てが最高に見えてしまう。
 宗教とは本来矛盾だらけの哲学なのです。 矛盾を追求せず、そのまま理解しましょう。
 宗教は法律などよりもはるかに強力的に人を正しい方向に向かわせることが出来る。

 今一度宗教を見直そうではありませんか。

般若心経
天台宗・真言宗・臨済宗・曹洞宗などで読まれるお経です
  ぶっせつ ま か はんにゃは ら  み た しんぎょう
 仏説摩訶般若波羅蜜多心経

かん  じ  ざい  ぼ  さつ    ぎょう じん はん  にゃ  は  ら  みっ  た  じ   しょう けん  ご  うん  かい  くう

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 
 ど  いっ  さい  く  やく    しゃ  り  し      しき  ふ  い  くう      くう  ふ  い  しき      しき  そく  ぜ  くう
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 
 くう そく ぜ  しき     じゅ  そう ぎょう しき  やく  ぶ  にょ  ぜ      しゃ  り  し      ぜ  しょ ほう  くう そう
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 
 ふ  しょう ふ  めつ    ふ  く   ふ じょう     ふ  ぞう  ふ  げん    ぜ  こ  くう ちゅう
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 
 む  しき    む  じゅ そう ぎょう しき   む  げん  に  び  ぜっ  しん  い     む  しき しょう こう  み  そく  ほう
無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 
 む  げん かい   ない  し   む  い  しき  かい   む   む みょう やく     む  む みょう じん
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 
 ない  し  む  ろう  し   やく  む  ろう  し  じん     む  く しゅう めつ どう     む  ち  やく  む  とく
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 
 い   む  しょ とく  こ     ぼ  だい さつ  た     え  はん  にゃ は  ら  みっ  た  こ
以無所得故 菩提薩gaiji2.gif (297 バイト) 依般若波羅蜜多故 
 しん  む  けい  げ  む  けい  げ  こ      む  う  く  ふ     おん  り  いっ  さい てん  どう  む  そう
心無gaiji1.gif (264 バイト)礙 無gaiji1.gif (264 バイト)礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 
 くう ぎょう ね  はん   さん  ぜ  しょ  ぶつ    え  はん  にゃ  は  ら  みっ  た   こ
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 
 とく あの  く  た   ら  さん みゃく さん  ぼ  だい   こ  ち  はん  にゃ     は  ら  みっ  た
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若 波羅蜜多 
 ぜ  だい  じん しゅ   ぜ  だい みょう しゅ    ぜ  む  じょう しゅ   ぜ  む  とう どう  しゅ
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 
 のう  じょ いっ  さい  く     しん  じつ  ふ  こ     こ  せつ  はん  にゃ  は  ら  みっ  た  しゅ
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 
 そく  せつ  しゅ わっ   ぎゃ  てい   ぎゃ てい    は  ら  ぎゃ てい    は  ら  そう ぎゃ てい
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 
 ぼ  じ   そ  わ  か    はん  にゃ しん ぎょう
菩提薩婆訶 般若心経 


般若心経とは

 おそらく、多くのお経の中で最も有名なのが般若心経でしょう。日本で一般的に知られている般若心経は、西遊記の三蔵法師のモデルである玄奘三蔵の翻訳によるもので、これは、全600巻という膨大な量の「大般若経」から、エッセンスだけを抜き出してまとめた、いわばダイジェスト版のようなものです。般若心経の「心」の字はそれを表しています。

 正しくは「般若波羅蜜多心経」と言い、原語のサンスクリット語で分解すれば、「般若=プラジュニャー(最高の智慧)」・「波羅ム=ハラム(彼岸=悟り)」・「イ多=イター(渡る)」ですから、「彼岸へ渡るための智慧」となります。これに「心=フリダヤ(核心)」が加わって、「プラジュニャーパーラミターフリダヤスートラ」(スートラ=経=教え)つまり、「悟りをひらくための智慧を説いた教え、その核心」という意味になります。

 般若心経を解説した本があります。 お勧めは「般若心経講義」、筆者「高神覚昇」角川書店 角川文庫。 現在では数多くの解説書がありますが、この本が類を抜いて秀でています。

おしまい


追記

安倍晋三首相が「最重要課題」に位置づけた教育改革関連三法が成立した。 2007年06月21日  山陰中央新報社 論説

 三法は、学校教育の目標などを定めた学校教育法、国と地方のかかわりを規定した地方教育行政法、新たに免許更新制を盛り込んだ教員免許法で、いずれも公教育の骨格部分を規定するものだ。

 今改正ではそれぞれ、教育への国の関与に大きな道を開いた。しかし、国が関与を強めれば教育がよくなるというものではない。学校現場の事情を飛び越えて国が権限を振りかざすようなことになれば、現場の活力がそがれることになる。

 法案審議そのものが、参院選の目玉づくりという政治的意図を優先したものだった。法改正と課題解決がどう結び付くのかという肝心の議論が置き去りにされ、危うい改革との印象を免れない。

 学校教育法の改正では、改正教育基本法を受けて目標に「規範意識」「伝統と文化の尊重」「国を愛する態度」などの理念が新たに盛り込まれた。「歴史について正しい理解に導き」「生活を明るく豊かにする音楽」との表現もある。

 だが、何が「国を愛する態度」なのか、何が歴史の「正しい理解」であり、「明るく豊かにする」音楽なのか。教科書検定などを通して国の解釈を押しつけるようなことでは、伸びやかな発想は学校現場から消えてしまう。

 中央教育審議会の山崎正和会長は「わが国の歴史はかくかくしかじかであると国家が決めるべきではない」と学校での歴史教育は不必要との考え方を示している。思想自由の時代に、国が一定の見方や価値判断を押しつけるようなやり方はそぐわない。

 安倍首相は国に対する愛情などをひいて「損得を超える価値もあることを教える必要がある」としているが、政治家個人の思いを公教育に持ち込むのは慎むべきだ。

 学校評価についても「文部科学大臣の定めるところにより評価を行う」との条文が盛り込まれている。全国一律の物差しで学校評価となれば、地域の特性や学校の創意工夫が骨抜きとなる事態は避けられない。

 地方教育行政法改正では、文部科学相に教育委員会に対する「是正要求」「是正指示」ができる権限を与えている。発動要件として「教育委員会の法令違反や怠り」を前提にしているが、怠りかどうかについては文科相の判断一つということになる。

 教員免許法改正も、教員の質確保が狙いというが、三十時間の一律の講習でどれだけ実効が挙がるのか疑問だ。

 国の権限は格段に強くなる。だが政治が変われば教育が変わるようなことでは公教育など成り立たない。少子化や地域崩壊、貧困家庭の増加…。格差社会が広がる中で困難を抱える子どもが増え、学校現場の悩みは深まる一方だ。国が権限を振りかざし、現場が委縮してしまうことになれば、学校の課題解決などかえって遠くなる。

 教育の成果が出るのは何十年も先となる。三法成立を参院選に向けた安倍内閣の実績だと誇示したところで、教育の成果とは無縁のものだ。政治という短期的な尺度で未来を準備する教育を語ることに、そもそも無理がある。

気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

医者と医療のこと

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

性教育はいつからはじめるのだろう

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

エールフランス

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

肺がん死とタバコは無関係

妾から連想した思い出

食べる話

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は一般常識の明文化

アメリカと戦争

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

JRの事故のマンション

靖国神社

50才になったら

天職と言う事

犬派、猫派

音響技術の進歩

一握の砂

eDonkey のセットアップ

emule.htmのセットアップ

ジェットストリーム

ナレーション集

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

映画 CASABLANCA

歴史に残る名作映画ベスト250

荒城の月

不思議な算数

おかしな図形

JR宝塚線の事故

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

記者クラブを廃止

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。