糾弾トップ 糾弾掲示板 何でもデータ 気まぐれ日記 この欄のトップ 前ページに戻る
法律は一般社会常識 糾弾 コラムのページ

法律、とは一般常識社会常識を明文化しただけのはず

糾弾 コラムのページ
Page View Counter Since 2010 Feb 14
日本には不出来で無意味な法律、条例が沢山あります。 法律ではありませんが、携帯電話をかける場所も決められており、便利なものだけに使用できる所が限定されると、かえって不便を感じる事でしょう。地下鉄などで使用できるようにしておきながら、使用させないと言うところも理解できません。

常識の無い国民ですから何でも法律で決めないと二進も三進も(にっちもさっちも)行かなくなるのでしょうか。 道路交通法などはその際たるものですが、外国人が日本で運転をする場合、3年くらいは交通法規を勉強しないと安心して運転できないと言います。 事故が起きると現場検証をしなくてはなりません。 この法律は保険会社を助けるために無理やり作られた法律で、時間と労力の無駄だけでなく、交通渋滞の元凶にもなっている。 

とにかく日本では常識では考えられない出来事が毎日のように繰り返されています。 清廉潔癖であるべく政治家による汚いお金の事件、警察による犯罪、教師が生徒に痴漢行為、銀行の帳簿改変、公務員の税金私的流用、一体何を信じたらよいか判らなくなる様なありさまです。

ですから、細かく親切に法律を作らなくてはいけなくなってしまうのです。 国会が終盤近くなるとHNKのニュースで連日、本日成立した法律、と言うのを列挙します。 簡単に読み上げるだけで5分くらいはかかるくらい、多くの法律が一日で成立しています。 一般常識では判断できないような、何の意味があるのか分からない様な法律の大量生産です。

何時、何処でその法律の討議があったのか、見当がつきません。 作成したのは各省の官僚なのですが、成立のために起立している政治家はその法律の意味を理解しているのでしょうか。 否と言わざるをえません。 

つまり、各省の官僚が自分達に都合のよい法律を作り、国会では何の討議もせず、手も加えず、そのまま成立しているのです。 大変なのは司法、行政に携わる人々でしょう。 コロコロ変わる法律を理解し、記憶しなければなりません。 これらの法律は常識では考えられないような不出来なものの多く、理解しがたい理不尽な事でも法文化されてゆきます。 何と恐ろしい事でしょう。

小中学校の校舎を建て替えるにあたって市が見積もりを取ったところ、教室の天井を 2m70cm にするとかなり安くなる事が分かりました。 しかし、100年位前に出来た法律で校舎の天井は 3m以上にしなくてはならない、と決まっているために天井を低くする事が出来ない。 国土交通省も文部省も絶対に許可できない、と言っている。 何でこんな馬鹿げた法律があるのだろうか。

バスも電車もない過疎地で、老人の買い物や病院通いの送迎を、無料でする場合は自由だが、いくらかでもお金を取るとタクシー業法違反となると言う。 老人は多少のお金で済む事なら その方がはるかに便利で自由に出歩く事が出来 歓迎されているのに、国土交通省は絶対に許可できないと言う。 何でもボランティアに頼ろうとする国のエゴが剥き出しになっている。

老人の手間になる洗濯物を市が有料で洗濯してあげよう、と意気込んでいたところ、厚生労働省がクリーニング業法違反だと言う。 老人たちは厚手の物や上着などの洗濯は出来ないので大変に困ってた。 そんな状況を見かねての事だが、やはり許可できないと言う。 

どれもが金儲けを企(もくろ)んですることではなく、いかに無駄を省き、皆の生活を自由で便利にしようと言う物だが、法律先進国の日本では何重にも壁があり、スムースに物事が運ばない。 ここには一般常識の入る余地などなく、官僚の独壇場なのです。

一体日本人は法律や条令が好きなのでしょうか。 国会だけでなく県や市でも独自の条例を作ります。 なんでも法律、条例にしないと安心して生活できないからでしょうか。 とても不思議な現象です。

おしまい


追記
学校の天井高の規制撤廃 建築基準法施行令を改正(朝日2005年11月01日)
 小中高校の教室の天井の高さを「3メートル以上」としてきた規制が撤廃された。今後は、地方自治体など学校設置者の裁量で2.1メートルまで低くできるようになる。政府が1日の閣議で建築基準法施行令の改正を決めた。

 低い天井は換気に支障が出るおそれがあるとして、同施行令では50年から規制されていた。だが、埼玉県草加市が昨年、「天井を低くできれば建設費を抑えられる」と撤廃を求めたことなどから、文部科学省の検討結果を受けて、国土交通省が政令改正に踏み切った。


コラムのページ

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

医者と医療のこと

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

性教育はいつからはじめるのだろう

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

エールフランス

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

肺がん死とタバコは無関係

妾から連想した思い出

食べる話

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は一般常識の明文化

アメリカと戦争

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

JRの事故のマンション

靖国神社

50才になったら

天職と言う事

犬派、猫派

音響技術の進歩

一握の砂

eDonkey のセットアップ

emule.htmのセットアップ

ジェットストリーム

ナレーション集

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

映画 CASABLANCA

歴史に残る名作映画ベスト250

荒城の月

不思議な算数

おかしな図形

JR宝塚線の事故

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

記者クラブを廃止

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。