糾弾トップ 糾弾掲示板 マルチアンケート 何でもデータ 気まぐれ日記 私の主張 (投稿欄) この欄のトップ 前ページに戻る
記者クラブの廃止 糾弾の趣旨と提言

報道を歪めている温床、記者クラブの廃止

けんけんごうごう-発言が多くてやかましい国会の事
Page View Counter Since 2010 Feb 14  
 報道は公平で、客観的な意見でなくてはならない、と言われる。  昨今のジャーナリストは政治と国民の間に立つような”公平”であり、国民の側に立っていない。 客観的報道というのは、政治が間違った方向に向かっている時に、「国民の理解を得られないでしょう。」、と程度の低い記事になる。 明らかに国民の不利になるような法案が審議されているのなら、はっきりと反対を表明するのがジャーナリズムだ。

 報道はジャーナリストの良心であり、信念である。 昨今のジャーナリストは政治家には媚び諂い(こびへつらい)、番記者などは付いて回って、政治家のおこぼれをもらう事しか脳が無い。 悲しいかな、政治と報道が同じ線上に存在しているのだ。 本来、報道で重要なのは真実を伝え、ジャーナリストはその良心、信念からの意見を述べる事が使命なのだが。

 ジャーナリズムの本来の義務や責任を阻害しているのは、政治家であり、官庁であり、検察、警察等々の公の機関である。 国会や、官庁、検察、警察、県庁、市役所等に全国で800有余ある記者クラブとの癒着は傍から見ていると滑稽そのものだ。

 それぞれの機関に常駐する記者たちは、つまり公の機関に飼われている報道各社は、そのスペースの家賃も払わず、電気、冷暖房、清掃、ガス、水道、下水道の管理経費、更にはクラブ職員の給与も、その大半が税金で賄われている。 明らかに税金の不法支出と言わなければならない。

 また、記者クラブが主催する記者会見には、クラブ以外の記者が参加する事ができない、排他的な面も存在する。 クラブ記者と各機関の担当者と癒着は目にあまるものがあり、営利企業である報道機関に対する便宜供与はあきらかだ。 つまり、新聞社、通信社、放送局は各機関の飼い犬のようなものである。 公正なニュース、批判記事などとはかけ離れた癒着記事が横行する温床なのだ。 全ての記者クラブなど早急に廃止しなくてはならない。

 ある大臣が外遊にでた。 同行する記者は国会報道を許されている自民党の息のかかった16社、読売、HNK、朝日、など総勢20人くらいの報道陣。 それらが皆、政治部の部長クラスと言う、かなりレベル的には高い、と思われている記者たちだ。 驚いた事に、空港からのハイヤーが全て現地に駐在している企業、大使館の負担だった事だ。

 滞在中、ホテル代は個人が負担するものの、移動の際のハイヤーや高級レストランの食事代、その他の全ての費用は現地駐在の会社や大使館の負担で、揚句の果てには大臣の奥さんが買い物に出かけた際、大臣から、「君たちも奥さんにプレゼントしてやれ。」、の一声で、皆が高価なハンドバックを買い漁っている姿はミスボラシイかぎりの光景だ。

 その買い物の総額は1千万円位したのだが、それを大使館が、〝立て替えた″事も不思議だった。 それが後に鈴木宗男のスキャンダルから発覚した、外務省の機密費に関する報道で、理解出来た。 大臣になるとその程度の支出は全て旅行経費の中で処理されてしまう。 問題なのは報道各社と政治家の癒着構造と、依存体質にある。

 自民党にとって見れば総理の「記者懇談会」と言う名の超高級晩餐会に出席を許されているトップVIPなのだ。 「永田クラブ」の接待に年間数億円単位の接待費が使われている。 「永田クラブ」所属の16社は首相の海外旅行に国の政府専用機に同乗することが出来、訪問地の経費は全て政府もちだ。 つまり、国民の税金でマスコミを養ってやっている事になる。

 偉そうな事を言っている大新聞社や放送局が美味い汁にありついているのだから、外務省の機密費の徹底的な解明と調査を目論んでいた田中真紀子はまさに孤軍奮闘だった訳だ。 外務省だけでなく、政治家、報道各社の誰もが伏せてほしい、知られたくない、公にしたくない事柄なので、真紀子外務大臣降ろしは、全くの援護射撃など無い状態での退陣でした。

 放送局など哀れなもので、5年ごとに総務省に放送免許の更新を申請しなくてはならない事になっている。 これだけでも放送局は政権党に関するいかなるスキャンダルも報道できない仕組みになっている事がわかる。 昨今の規制緩和の要求の中で、日本民間放送連盟が期間延長を願い出ているが、権力に直接結びつく生殺与奪の権限を手放そうとしてない。

 報道機関は記者会見などで発表された事柄をそのまま記事にするだけなのだ。 それは子供の使いで、ジャーナリストの仕事ではない、馬鹿でも出来る事だ。 つまり、日本のジャーナリストは自らその使命を放棄し、自尊心など無くしてしまった、単なるメッセンジャーボーイなのです。

 報道各社のもう一方の歪んだ癒着は、利益追求体質だ。 スポンサーと言う生命線によって左右される会社としての利益追求構造は、スポンサーに対しては絶対服従、報道部よりも営業部のほうがはるかに強い。 大スポンサーが不祥事を起こし、それを記事にする時には、営業から圧力がかかり、この圧力によって多くの企業の不祥事が記事にならない事は周知の事実だ。

 さらに、定期購読という排他的な流通制度による宅配制度があるため、安定した収入源があり、真剣に記事など書く必要性が無い。 適当に紙面さえ埋めれば、波風の立つような記事など書く必然性も、意欲も無いのだ。

 残念ながら、日本にジャーナリストと言う職業など無く、育たなかった。 そこにあるのは新聞社や放送局に勤める単なるサラリーマンであり、政財官界の妾だったのです。

おしまい 2004年記

国境なき記者団が公表した報道における自由度 2004年世界ランキング抜粋
順位 国  名
1 Denmark
1 Finland
1 Iceland
1 Ireland
1 Netherlands
1 Norway
1 Slovakia
1 Switzerland
9 New Zealand
10 Latvia
11 Germany
11 Sweden
17 Austria
18 Canada
18 France
22 Belgium
順位 国  名
22 United States of America
25 Portugal
26 South Africa
26 United Kingdom
33 Greece
34 Hong-Kong
34 Israel
39 Italy
39 Spain
41 Australia
42 Chile
42 Japan
48 South Korea
60 Taiwan
66 Brazil
79 Argentina
順位 国  名
96 Mexico
109 Cambodia
111 Philippines
117 Indonesia
120 India
122 Malaysia
123 Peru
128 Egypt
140 Russia
147 Singapore
148 Iraq
158 Iran
161 Vietnam
162 China
166 Cuba
167 North Korea
In Japan (42nd), the media is diverse and powerful, but the system of kisha clubs still deprives foreign and freelance journalists of access to a lot of news.   詳しくはこちらでご覧下さい

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

国民の声・掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

許されざる検察の怠慢

諸悪の根源 記者クラブ

都内の記者クラブ

全国の記者クラブ

年間8億円 国会記者会館

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る

気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

音響技術の進歩

eDonkey のセットアップ

ジェットストリーム

映画 CASABLANCA

荒城の月

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は通常一般の明文化

アメリカと戦争

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

エールフランス

JRの事故のマンション

靖国神社

一握の砂

妾から連想した思い出

食べる話

何でもデータ

糾弾掲示板

糾弾トップ

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。


このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。