糾弾トップ 糾弾掲示板 マルチアンケート 何でもデータ 気まぐれ日記 私の主張 (投稿欄) この欄のトップ 前ページに戻る
泥棒に追い銭の政党助成金の廃止 糾弾の趣旨と提言

泥棒に追い銭、政党助成金の即時撤廃

どろぼうにおいぜに=税金泥棒の国会議員にさらにお金を投げつけるること。
Page View Counter Since 2010 Feb 14  
 新聞、テレビ等の報道で野党に対する風当たりが強く、与党自民党に対してはそれほど詳しくは報道されないのはおよそ公平ではなく、片手落ちの感がある。 一般的には報道もされず、問題にもなっていない《政党助成金》がその元凶だと言う見方で調べてみた。 結論から先に述べると、政党助成金からマスコミに流れる金額は選挙のあるときなど全体の30%《約100億円》にも上る。 当然最大与党の自民党の宣伝費は他党の比ではない。

 今に限らず、国民の金にまつわる政治不信は、元はと言えば自民党の金権政治が発端なのだ。 リクルート事件、佐川急便事件、共和汚職事件、これらの汚職事件を受けて自民党はそれまでのように各企業からの献金が受けにくくなり、政治家家業が儲からなくなりつつあった。

 度重なる汚職事件、この政治不信を利用し、国民を欺き成立させたのが『政党助成金』と言う悪法です。 悪知恵の働く政治家が作り出したのは1994年、自民党の総裁で唯一首相になれなかった河野洋平が言った『国民だまし』の方便は、「コーヒー一杯分の政治」。 国民に政治資金を出させ、企業、団体からの献金をなくす、と言うものだった。 コーヒー一杯分とは250円と言う金額で、政党助成金は、掛ける日本国の全人口と言うことだ。

 そして1995年から5年後には企業団体献金は廃止の約束だった。 1995年からの5年間は政党助成金と企業献金の2重取り状態が続いた。 政治家が濡れ手に粟の大儲けをした時代だ。 政治の浄化には何の役にも立たないばかりか、ますます政治が儲かる商売として定着した。 自民党は98年に、152億円もの政党助成金を受け取る一方、74億8千万円もの企業・団体献金を集めている。

 企業からの献金と、国民の税金から300億円以上が政治家の懐に流れ込むシステムを作り出した。 政党本位、政策本位の政治を行う、と言う国民にとって「これで政治家と企業の癒着」はなくなる、と思わせるような台詞が氾濫した。 しかし、すべて嘘だった。 ついでに、この時、同じ議会で、衆議院の選挙区で落選した議員でも継続して議員を続けられるようにするための法律、小選挙区比例代表並立制、と言う悪法も成立した。 小選挙区で落選しても比例区で当選させるという、まことにもって政治家に都合の良い選挙制度が取り入れらた。

 1999年の政治資金規正法改正で、2000年1月1日から政治家個人への企業・団体献金が禁止された。 確かに政治家個人への献金は禁止されたが、抜け道はしっかりと作った。 政党本部への献金は許されることになったのです。 つまり、迂回献金が行われる温床は確保したのです。

 自民党の場合、党の小選挙区支部長を衆院議員が兼ねており、政党支部に対する企業献金も、事実上、政治家個人への献金の受け皿として使われている。 そのため政治家個人への資金管理団体への献金と合わせると、同党の国会議員は二つの「財布」を持つことになる。 しかも政党支部は、資金管理団体と違って、いくつも設立できる。 政治家個人の資金管理団体への企業・団体献金が禁止されても、政党支部を増やしていくことによって、そこに企業献金の受け皿が生まれる。

 税金で賄われる政党交付金が、選挙で買収の資金になっていた。 2003年12月29日、公選法違反の疑いで逮捕された衆院議員・新井正則容疑者(48)の選挙違反事件は、政治家の金に対するモラルの低さを改めて示した。

 政党交付金の使い道はどうにでもなる、との意識は政党関係者の間には根強い。 支出に関して厳しいチェックもなく、まさに 「氷山の一角」 が露呈したと言える。  新井議員の事件は、政党交付金が違法に使われた典型だ。 経理上のつじつまさえ合えば、なんでもできるのが交付金の実態だ。

 政党交付金は、「政党の政治活動の健全な発展」を目的としているが、具体的な使途は制限がなく、政党、政治家個人の裁量に任せられている。 選挙管理委員会などが収支報告を厳格にチェックすることもない。

 政党交付金は、所属国会議員が5人以上いる政党か、国会議員が1人以上いて直近の国政選挙(前回衆院選と過去2回の参院選)で2%以上の得票があった政党が受け取れる。 各党の配分額は、1月1日現在の所属議員数などを基準に算定されるが、選挙後に見直される。

政党交付金は政党助成金とも言う。 1995年の開始以来その総額は4400億円にもなる。 ちりも積もれば山となるのたとえのように、莫大な税金が悪徳政治家の手に渡っている。 このような法律は早急になくさなければならない。



政党交付金リスト 政党交付金リスト エクセル12KB

おしまい

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

国民の声・掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

許されざる検察の怠慢

諸悪の根源 記者クラブ

都内の記者クラブ

全国の記者クラブ

年間8億円 国会記者会館

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る

気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

音響技術の進歩

eDonkey のセットアップ

ジェットストリーム

映画 CASABLANCA

荒城の月

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は通常一般の明文化

アメリカと戦争

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

エールフランス

JRの事故のマンション

靖国神社

一握の砂

妾から連想した思い出

食べる話

何でもデータ

糾弾掲示板

糾弾トップ

前ページに戻る

2009年3月10日全面書き換え

糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。