糾弾トップ 糾弾掲示板 マルチアンケート 何でもデータ 気まぐれ日記 私の主張 (投稿欄) この欄のトップ 前ページに戻る
警察改革、警察の不正 糾弾の趣旨と提言

警察の不正を糾弾する

あくぎゃくむどう=道理にはずれた ひどい悪事を行うこと。 道徳にそむく行為。
Page View Counter Since 2010 Feb 14  
 警察不祥事はバレてしまった分だけで、年間700件から800件程度が内部告発等で表に出てきてるが、内部で隠蔽されている事件はその数よりもはるかに多い。 そして不祥事を起こした警察官が裁判でどれほどの刑を受けているかというと、90%以上が執行猶予になっている。 つまり、普通一般の犯罪者よりははるかに軽減されている。 

たとえそれが覚せい剤の犯罪、婦女暴行、窃盗等々、普通の犯罪者だったら実刑は確実と言う事件でも、警察官は執行猶予となる。 執行猶予となった元警察官がどこに再就職したかというと、全部といっていいくらい警察関係の天下り法人に行っている。 また、退職金の出ない懲戒免職は少なく、ほとんど、事件が報道される前に依頼退職している。

金がすべてという拝金主義が警察そのものを堕落させ、日本をおかしくしている。 法の番人と言う職業であり、自ら法に対して厳格でなければならないにもかかわらず、平気で法を犯す。 警察官は自分達は権力を背景にした特権階級だと勘違いしている。 こんな組織はおかしいと言わざるを得ない。

警察官不祥事、天下り先の確保、20%を切った犯罪検挙率の低下。 これらはすべて根底で繋がり、いまの警察の本質を浮き彫りにしている。 これでは法を守り、犯罪を取り締まる組織とは、とても言えない。 不祥事のたびに繰り返されるおわびと、信頼回復への決意が、そらぞらしく聞こえる。 信頼回復はさらに遠ざかるばかりだ。

これだけ広範に警察官のモラルが低下した背景にはいろんな社会的な変化の影響があると思う。 警察に裏金が存在し、その旨味には警察幹部しかあずかれないという構図。 こういうものが次第次第に警察官の正義感を蝕んでいるような気がする。

交通行政は警察のカネ儲けの温床だ。 年間約1万人以上が交通事故で亡くなっているという現実、警察は交通安全のためとして、天下り団体に莫大なカネを流し込んでいる。 信号機、標識の増設、免許停止に追い込み、色々な手口で交通安全協会にお金が落ちる仕組み。

毎年 1000万件を超えて行われ続ける交通取り締まり。 その背景には莫大な警察利権がある。 現実は、多くの取り締まりは交通安全には関係なくノルマ達成のために行われている。 年間900億円もの金が反則金として徴収され、交通安全対策特別交付金として都道府県、市町村に分配され、天下り先の会社である信号機や標識などの製作会社や、交通安全施設の設置、管理の団体にばらまかれる。 全国で19万機ある信号機は田舎の通行量の少ない所にも設置され、増え続けている。

警察と交通安全協会の癒着は激しくなる一方だ。 ここ10年ほどの道路交通法の改正を見ても、交通安全協会にカネが落ちるシステムを法律的に裏付けていっている。 警察の裏ガネ作りが難しくなっていくなか、交通安全協会などの天下り団体を潤わせ、そこで作られた裏ガネを警察に流し込み、幹部が私腹を肥やすというシステムがさらに強化される。

全国約 7400万人のドライバーが警察の天下り団体である交通安全協会を潤すために、3年もしくは5年毎に煩雑な運転免許証更新を義務づけられ、600億円もの収入を得ている。 警察が主張しているような安全運転のためと言うのは タテマエ で ホンネ はお金のためなのだ。 更新手数料等は国民の財産権を侵害する不等な悪法である。 
集めた金は一度国庫に収められた後、還元され、ほとんどが裏金となって、警察官僚の使い放題の金庫と言う状態だ。  警察と言う名の泥棒たち。

毎年、長者番付けにはパチンコ関連会社のオーナーが名を連ねる。 玉の売上、年30兆円のパチンコ産業は日本に賭博を定着させて急成長し、莫大な富を蓄積した。 パチンコ業界の巨額の脱税が毎年指摘されている。 賭博業界は金の動きを外部から追跡するのが極めて困難であるために、業界全体の脱税額は気の遠くなるような金額にのぼると見られている。

そのパチンコ産業の企業、団体のポストは、警察官僚の天下り先として確保されている。 全国各管区警察局長ごとに天下りの縄張りが決められており、すでに税務署も手を出せないような強固な組織が確立されてしまっている。 パチンコは歴然と賭博性を持った企業へと変貌した。 監督官庁である警察がこの動きを後押し、ますます天下り先を増やし、肥大化している。

警備会社も天下り先だ。 警察が指定する警備会社の場合、イベント等の許可は簡単に出るが、そうでない場合は色々と難癖をつけ、出さない。 この癒着が須磨で起きたような大惨事の起きるもとになっている。

日本では警察官は正義の味方、法の番人ではなく、法を利用して金儲けをする悪の権化と化している。 ヤクザが時代と共に衰退していくなか、警察が国家権力を背景に、同じような組織力でヤクザと同じ事をしている。 日本は危険極まりない方向へと進んでいる。

おしまい


警察官になるための資質 殺人天国日本 警察から金を取り上げよう 都道府県警捜査費
下記は外部リンク、別ページで表示されます。 2009年5月現在
警察の犯罪・不祥事・疑惑の30年史
昨今の警察官の不祥事
警察官の不祥事・・組織 犯罪集団の日本の警察
不祥事的日常-警察官の犯罪白書オンライン

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

国民の声・掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

許されざる検察の怠慢

諸悪の根源 記者クラブ

都内の記者クラブ

全国の記者クラブ

年間8億円 国会記者会館

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る

気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

音響技術の進歩

eDonkey のセットアップ

ジェットストリーム

映画 CASABLANCA

荒城の月

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は通常一般の明文化

アメリカと戦争

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

エールフランス

JRの事故のマンション

靖国神社

一握の砂

妾から連想した思い出

食べる話

何でもデータ

糾弾掲示板

糾弾トップ

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。