糾弾トップ 糾弾掲示板 マルチアンケート 何でもデータ 気まぐれ日記 私の主張 (投稿欄) この欄のトップ 前ページに戻る
 糾弾の趣旨と提言

警察から金を取り上げよう

Page View Counter Since 2010 Feb 14  
警察に泥棒や痴漢が捕まると、必ず余罪を追及します。 一度だけの犯罪者は少なく、ほとんどが常習犯だからです。 そして、遅かれ早かれ、何度も繰り返された犯罪を自白する事になります。 さて、その警察官の不正はどうなのでしょう。 それらの犯罪者と同様、何度も同じ手口で税金の不正支出を繰り返します。 下記の表はここ2年間の恥ずかしい記録ですが、ここに無い都道府県ではどのように隠しているのでしょうか。 余罪は必ずあります。 しかし、この組織はヤクザよりも口が堅い。
警察の不正支出分で露見したほんの一部の金額です。 全国規模で考えると膨大な金額がいまだに隠されたまま、不正に使用されています。 警察を徹底的に締め上げ、白状させ、返還させなくてはなりません。
2005年2月28日 福岡県 県警  不正支出  1億9353万1723円返還
2005年2月18日 北海道 道警  不正支出 国費分  6億5081万6059円返還
2004年12月28日  北海道 道警  不正支出 道費分  2億5608万9857円返還
2004年11月 岩手県 県警  不正支出 約30万円返還
2004年10月6日  静岡県 県警  不正支出 13,110,000円返還
2004年7月30日  福岡県 県警  不正支出 3,909,236円返還
2004年6月30日 静岡県 県警  不正支出 10,267,010円返還
この他にも、愛媛、滋賀、仙台、島根、青森でも発覚してます。 その他にも多くの都道府県でオンブズマンによって調べられていますが、警察では会計の書類が破棄されたり、隠されたりして必死に露見しないようにするなど、信じられない事態が起こっている。

警察による公金つまり税金の不正使用は驚く事に警察庁主導で過去数十年間行われている。 その総額は不明だが概算で年間およそ300億円、30年間で9千億円が不正に使用された。 警察庁はブロック毎に2ヶ月に一回研修会なる会合を開き、偽造領収書の記入方法、裏帳簿の書き方、現金の保管、そして万が一露見した場合は末端が責任を取り、決して上部に迷惑を掛けないよう、との指導をしていた。 そのため全ての警察署で同じ書式で同じように架空の領収書を作成していた。 ほとんどの警察署長や本部長の豪邸は横領した公金で建てられている。 全ての都道府県、市町村の警察署でごく日常的に繰り返されている、組織的な犯罪なのです。

警察のみならず、検察庁でも同様の犯罪が繰り返されています。 つまり、日本の司法にたずさわる官憲は、税金で飲み食いし、パーテーを繰り返し、旅行をし、そして豪邸を買っている、と言う事なのです。 そして、それがあたりまえなのです。 これほど腐敗した原因は、支出をチェックする機関が無いからなのです。 警察官は悪い事をしない、と言う馬鹿げた神話があったからなのです。 これほどの犯罪を繰り返しても、返還すれば、何の罪にもならない、と言う解決法は、もはや司法として役に立たない事を意味してます。
公金横領の主犯 だが無罪放免 警察は痴漢以外は全て無罪。
一体こいつは今何処の要職で再度悪事を働いているか。
嘘つきは警察官の始まりと言います。
 子供たちにはこんな大人にはなっていけない、
と教えなくてはなりません。
警察とはその様な組織で何が悪いでしょうか。
一生懸命働いているのだから多少の事は大目に見ましょう。


国家公安委員会、という組織があります。 2005年2月現在の委員長は、村田吉隆(60歳)自民党、委員は5人で、荻野直紀(70歳)読売新聞社論説委員長、安崎暁(68歳)(財)日中経済協会副会長、 川口和子(63歳)上智大学外国語学部教授、大森政輔(67歳)弁護士、早稲田大学法学部客員教授、佐藤行雄(65歳) 駐オランダ大使、駐オーストラリア大使、という面々です。 

曰く、 「 国民の良識を代表する者が警察を管理することにより、警察行政の民主的管理と政治的中立性の確保を図ろうとするものです。 任務を達成するため、警察制度の企画立案や予算、国の公安に関係する事案、警察官の教育、警察行政に関する調整などの事務について、警察庁を管理しています。」

この6人の耄碌(もうろく)した爺さん、婆さんが全国の警察官を管理していると言うのです。 時々集まってお茶飲みながら雑談するだけで、年間の給与は 2660万円、とても美味しい役職なのです。 真剣に警察行政について話をしているとは到底思えない。 まさに名誉職、表向きだけでまったく形骸化していると言わざるを得ません。 その他に各都道府県にも公安委員会があり、同様に各地の有力なお年寄りを集めて、会が運営されています。 

「 国家公安委員会と都道府県の公安委員会は、いずれも国民を代表する機関として、それぞれ、警察庁、都道府県警察を管理しており、常に相互の緊密な連絡を保ちながら 、国と地方との意思疎通を図り、警察の仕事が滞りなく行なわれるように努めています。」 というが、まったく無駄な組織だと言わざるを得ない。 機能していない事は上記の不正支出問題はこの人たちによって発覚したのではなく、各地のオンブズマンが苦労して見つけ出したものなのです。

こんな無駄な何の役にも立たない組織は早々に解散し、不要な税金を節約しなくてはならない。 簡単な解決法は、警察から金を取り上げるしかありません。 なぜ警察に金が必要なのでしょう。 色々と詭弁を使っているようですが、本来の目的のために使われたのは全予算の1~2%にも満たない額で、ほぼ99%が不正に使われているのです。

最近では夫は警察官ですとか、父は警察官です、というと泥棒と同列に見られ、恥ずかしくてとても言えないそうです。 まさに泥棒とやっている事が同じなのだから、やむをえない事でしょう。 警察官が恥ずべき職業になってしまった。 日本では三権の全て、司法、立法、行政が金まみれ、皆で税金を食い物にし、太っている。 
日本にはどんな未来があるのだろうか。

追記
2004年度
警察庁の当初予算 2598億円
都道府県警察予算計 3兆4692億円

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

国民の声・掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

許されざる検察の怠慢

諸悪の根源 記者クラブ

都内の記者クラブ

全国の記者クラブ

年間8億円 国会記者会館

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る

気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

音響技術の進歩

eDonkey のセットアップ

ジェットストリーム

映画 CASABLANCA

荒城の月

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は通常一般の明文化

アメリカと戦争

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

エールフランス

JRの事故のマンション

靖国神社

一握の砂

妾から連想した思い出

食べる話

何でもデータ

糾弾掲示板

糾弾トップ

前ページに戻る


下記は全て別ページで表示されます。
国家公安委員会委員 北海道公安委員会
青森公安委員会 岩手県公安委員会
宮城公安委員会 秋田公安委員会
山形県公安委員会 福島公安委員会
東京公安委員会 神奈川県公安委員会
埼玉公安委員会 千葉公安委員会
茨城県公安委員会 茨城県公安委員会
群馬県公安委員会 山梨県公安委員会
新潟公安委員会 長野公安委員会
富山公安委員会 石川公安委員会
福井公安委員会 愛知県公安委員会
岐阜公安委員会 静岡公安委員会
三重県公安委員会 大阪公安委員会
兵庫公安委員会 京都公安委員会
滋賀県公安委員会 奈良公安委員会
和歌山公安委員会 鳥取公安委員会
島根公安委員会 岡山公安委員会
広島県公安委員会 山口公安委員会
徳島公安委員会 香川公安委員会
愛媛公安委員会 高知公安委員会
福岡県公安委員会 佐賀公安委員会
長崎公安委員会 熊本公安委員会
大分公安委員会 宮崎県公安委員会
鹿児島公安委員会 沖縄公安委員会
警察官になるための資質
殺人天国日本
警察から金を取り上げよう
都道府県警捜査費
下記は外部リンク、別ページで表示されます。
2009年5月現在
警察の犯罪・不祥事・疑惑の30年史昨今の警察官の不祥事
警察官の不祥事・・組織 犯罪集団の日本の警察不祥事的日常-警察官の犯罪白書オンライン



糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。