糾弾トップ 糾弾掲示板 マルチアンケート 何でもデータ 気まぐれ日記 私の主張 (投稿欄) この欄のトップ 前ページに戻る
選挙制度改革 糾弾の趣旨と提言

なぜ必要か 選挙制度改革

やおちょう=馴れ合いで正悪の判断をするいんちきの事
Page View Counter Since 2010 Feb 14  
何事に関しても不調な場合、その原因を見つけ出さなければならない。 不調の原因をを修正、修理する事で問題を解決する事が出来る、と言う事は誰もが知っている。 今政治がおかしいと思う国民は多く、ではどこに問題があるのか、どこを修正すれば本来の政治体系に持っていけるのか、そんな所から考えていかなければならない。

いったい国会議員とはどんな職業でしょうか。 一般的に思われているのは、旅行に招待してくれる人、裏門入学の世話をしてくれる人、道路や橋、ダムを作ってくれる人、銀行や農家、漁民にお金をばらまく人、献金の多い企業や事業者に都合の良い条例を作ってくれる人、交通違反をもみ消してくれる人、出来の悪い子弟の就職先を見つけてくれる人、農地を宅地に化けさせる人、役に立たない土地を高額で県や市に売りつけてくれる人、外国視察旅行の際、大量のポルノ誌を買い込み、プレゼントしてくれる人とか、とても便利で役に立つ人と思われているが、本当は間違いです。 大変な間違いです。 とんでもない勘違いをしています。 国民全員が間違ってます。

この様な政治形態を利益誘導型と言うが、政府、自民党によって歪められた政治がもたらしたものは国の存亡を左右するまでに肥大化した財政赤字であり、歪められた特権や地方自治体の疲弊、さらには国民の生命をもおざなりにした福祉、医療体制の不備、年金制度の崩壊、貧富の格差増大と留まる所を知らない。 

本当は、国会議員は法律を作る職業なのです。 日本の国会議員は法律に詳しい専門の勉強をしてきた、弁護士資格を持った、司法関係での経験の有る者が1割にも満たない非常に特殊な珍しい国なのです。 では誰が法律を作っているのでしょうか。 9割の法律は各省庁の官僚が作るのです。 各省の役人が作った法律をほとんど何の検討も加えず、議員はそれをほとんど追認する習わしになっている。 反対者がいても、強行採決という馬鹿でも出来るやり方で作られているのです。

たとえば、日本では各省庁が潤うための納税に関する法律が50以上もあるが、先進国では数個しかなく、とても簡素化されていて分かりやすく、その上に公平な税制が施行されている。 それに反して日本の税制は企業からの献金や農村、漁民と言う票田とのかねあいで著しく歪められている。 そのような法律は知識も能力も無く国会議員になった人たちによって作られているのです。

選挙制度も立法府ですから国会で作られます。 つまり、泥棒や強盗が「刑法」を作り、犯罪に対する罰を軽減するのと同じように、自分達の「職業」を脅かすような法律、改革は決して行いません。 我々が大きな声で叫んでも、何も変わりません。 ではどのような対抗手段があるのでしょうか。 それは選挙です。 彼らが一番恐れているのは選挙なのです。 

選挙の時には候補者は思い切った嘘を平気でつきます。 それが本当にどこまで出来るのか、どこまでやったのかと言う調査は殆ど行われない。 全て75日で忘れ去られる。
自民党の2003年の総選挙の時の公約です。 時間の無駄ですが、興味のある方は Asahi.com で詳しくご覧下さい。 

自分達の国をより住みやすく、公平で、安定した理にかなった方向に少しでも向かうよう、真剣に選ばなくてはならない。 選んだ一票を生かすために、選挙制度を変えるしかなく、人心を一新する事から始まりる。 現在での既存の政治家はすべからく金を追い求め、国民不在の状態だ。 

理想的な選挙は選挙制度先進国のヨーロッパ形式をそのまま模倣してそのまま導入する事が出来ます。 各地域を州制区分します。 東北州、北陸信越州、北関東州、南関東州、東京、東海州、近畿州、四国州、中国州、九州沖縄州と10地域にわけ、各州に有権者数で割った議員数を割り当てます。 表はこちらでご覧下さい。 定数は現在の半数に減らし200から250位にします。

各政党が作る順位を記した名簿で、選挙では被選挙人を無記名にし、政党のみを選ぶようにする比例代表選挙では日本の害悪となっている世襲議員を排除出来、今まで埋もれていた優秀な政治家を選ぶ事が出来る。 早急に無能無策でやる気の無い税金泥棒を排除しなくてはならない。

わずか150日しかない国会の会期中に居眠りしたり、女の話に夢中になっている無知蒙昧(注1)な議員達にはお別れして、日本の将来を真剣に考え、国会で討議する、討議出来る能力の有る智勇兼備、才色兼備(注2)な200人位の議員が適当数で、480人とはいかにも多すぎる。
おしまい

(注1) 無知蒙昧 (むちもうまい)=国会議員の事。知恵が無く、愚かな事。知識、道理に暗く、何も知らない事。無知は無智とも書く。 
(注2) 
智勇兼備 (ちゆうけんび)=国会議員に無いもの。知恵と勇気をあわせもっている事。 「才色兼備」は女性に使われる。
選挙制度改革 その2 選挙制度改革 その3

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

国民の声・掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

許されざる検察の怠慢

諸悪の根源 記者クラブ

都内の記者クラブ

全国の記者クラブ

年間8億円 国会記者会館

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る

気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

音響技術の進歩

eDonkey のセットアップ

ジェットストリーム

映画 CASABLANCA

荒城の月

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は通常一般の明文化

アメリカと戦争

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

エールフランス

JRの事故のマンション

靖国神社

一握の砂

妾から連想した思い出

食べる話

何でもデータ

糾弾掲示板

糾弾トップ

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。