ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1150] ドイツ
日時: 2011/07/20 01:21
名前: 手塚 青山 ID:ltf8M/yg


 【ベルリン=三好範英】ドイツ政府がサウジアラビアへの戦車輸出を承認したことをきっかけに、武器輸出の是非を巡る議論が起きている。


 米露に次ぐ世界第3位の武器輸出国のドイツは、紛争地や人権問題を抱える国への武器輸出を禁じる原則を定めているが、経済的利益を優先し原則が揺らいでいる、との指摘も出ている。

 シュピーゲル誌(7月4日号)によると、首相と主要閣僚で構成する「安全保障会議」は7月初めまでに、戦車レオパルト2の最新型200両をサウジへ輸出することを承認した。輸出総額は17億ユーロ(約2000億円)という。

 この報道を受け、野党は国内に人権問題を抱えるサウジへの戦車輸出は、「武器輸出の原則」(2000年制定)に抵触すると批判の声を上げた。野党は8日には連邦議会で、輸出承認の撤回を求める動議を提出した。否決されたが、与党内にもサウジ反体制運動への弾圧に戦車が使われる恐れを指摘し、輸出に反対する意見が出た。


これ どうなっちゃているんかね?  日独ともに 敗戦国、しかし ドイツは しっかりした
軍事大国、また 軍事産業も ちゃっかり輸出で儲け、経済に寄与!  やはり 自前の憲法を
もつ ドイツと 後生大事に アメリカ様の作って下さった Made in U.S.A. の憲法を
未だ アメリカ万歳等と云って 踏襲している なでしこ ジャパン の違いかな...?
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: ドイツ ( No.1 )
日時: 2011/07/21 17:13
名前: 反戦主義者 ID:hWAH2yyQ

要するに、白人の国家は有色人国家を劣等国としか見ていないのです。

自らの行為によって、他国の人民が如何なろうと知った事ではないのです。フランスだって「ルワンダの大虐殺」に加担していましたし、カナダだって南米諸国の政権を誑し込んで、彼の地の資源を収奪する為に現地人を追い払って、アマゾンの自然破壊を行って涼しい顔をしています。

端的に言って、大航海時代以後のヨーロッパ諸国の富は、総てアジア、アフリカ、新大陸、から略奪した物で、時代が変わって植民地から撤退しなければ成らなくなり、今はショボンとして居ますが、それでも尚その富を食い繋いで居れるほど彼らの収奪は激しかったのです。

英国は持ち前の狡賢さで、大きな顔をして世界を歩いていますが、スペイン、ポルトガル、等は“ラティン民族”享楽主義が災いして、収奪した富を使い果たし、今や見る影も有りません。

ドイツ政権も、自国民の為には原発から果敢に縁を切る行動を取っても、ゼニ儲けの為には、其れによってどちら側であっても人間が殺傷される事など如何でも良いのです。

やはり、アングロ・サクソンと同系のゲルマンの冷酷非情さは、よく似た物なのです。

日本の政治家は、常にこの事を念頭に於いて白人と付き合わねばならないのに、一生懸命に尻尾を振ってポチを演じている姿に、心底情けなくなります。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存