ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1178] 祝、松下税軽塾、どじょう内閣。これで日本は無税だ。
日時: 2011/08/30 21:08
名前: 政治は年寄りがやれ

つくづくと空き管は馬鹿な男である。
代表戦終了後、小沢派を重用するのは
憲政の常道なのに、こどものけんかのような
報復人事をした。

政権が長続きしなかったのは当然として
迷惑したのは国民である。
城をのっとった山賊集団のような山分け政治
を展開して、あちこちで恥をかいた。あげくは
日本政治史に残る暗愚の総理として名を残した。

輿石幹事長は名人事である。
さきの参議院選挙で、薄氷のような勝利を収めた
陰には、蓮方以下、主流派の人気者の集中的てこ入れ
があった。輿石氏は主流派に恩義を感じている
はずである。
日本人の年寄りは、私を含め義理と人情を欠いた
ことはない。これが日本の強さなのだ。
輿石氏は、せっかく幹事長に抜擢されたのだか、
思う存分、金も地位も、仕事も小沢派に割り振る
がいい。
かれらはこの2年間、きわめてつらいときを耐えて来た。
彼らに金と地位と仕事を割り振ってやらなければ
干された選挙区では消えていくだけである。
主流派は、大馬鹿首相のもとでさんざん花見酒を
やってきたのだから、今回は全員1回休みとこころ
得るべきなのだ。

前原政調会長もいい。
かれの代表戦演説は、人々の心をうった。大臣に登用
しなかったのは、松下政経塾1期生の親心である。
はっきりいって、海江田候補が代表戦に敗退した
最大の理由は、前原演説で浮動票を奪われたためだ。
あまりにも海江田演説はお粗末であった。その意味で
日本は完全に劇場型政治となっている。

また前原政調会長は天橋立先輩が評価されていたように
デフレ下で増税はすべきでない、との初心を忘れては
いけない。

ひねくれ者の元交通警備員の私でも、人をおだてること
は知っている。
新首相も、新政調会長も松下政経塾ではないか。
松下政経塾とは本当にすごい。しかも3回生が1回生
の先輩を補佐する。すごいぞ!しっかりやれ。

ところで卒業生にいうのもなんだが、松下政経塾とは
なにかご存じであろうか。
裸電球のソケットで戦後日本の復興をささえた松下電器
の創業者、松下幸之助が自らの悲願のためにつくった
政治家養成塾である。
その悲願とは
「日本を無税国家にする」
というものだ。

なにも本でよんだり、噂できいたものではない。
まだ若かった私は、車椅子で演説する講演会で
ノートをとりながら、松下翁の演説をきいたから
間違いはない。
そのとき日本の名だたる企業の経営者や学者が出席
していた。経団連ホールであった。
「無税国家はすぐできる」という松下翁の話に、はっきり
いって出席者たちは「いよいよもうろくしたか」と
みんなうんざりしたような、なんともいえない表情であった。

私が思うに、頭にきて松下翁は、ならば実現してみせる
と松下政経塾をつくったのである。

松下翁は、今日この日、天国で祝杯を挙げているだろう。
なにせ1回生が総理、3回生が政調会長である。
明日になれば、輿石幹事長の助言で財務相に2回生
を抜擢しているに違いない。

いやなにも松下政経塾閥といわれるのではないか、と
気にすることはない。
なにしろ松下塾生そろって、「日本を無税」にしてくれる
のだから。国民も大歓迎である。

まさか、復興で増税、年金で増税、など自民党や公明党
のような弱いものいじめをするようなことはないだろう。

天国にいって松下翁に顔を合わせられないようなことは
しないだろう。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

岡田前幹事長よマスコミに手柄話で猟官を探るようでは政治家として下だ。 ( No.8 )
日時: 2011/09/01 19:57
名前: 政治は年寄りがやれ ID:tQj3TyRI

惻隠の情というのがある

私の知識に間違いがなければ
勝ったことを恥ずかしいとおもう気持ちだ
勝って兜の緒を締めよ、ともちがう。
勝たせていただきましたが、何か私は
悪いことをしましたでしょうか。
とでもいおう。

さてせっかくの大将が見事に演じているのに
担いでいる主流派が旧態依然ではどっちらけだ。

その筆頭、岡田前幹事長。
夕刊紙の署名入りコラムで
「野田氏に声をかけたのは私だ」
と、マスコミをつかってご褒美一番のものほしい
とやった。

あれほど主流派は一回休むべしといっているのに
情けないほどさもしい。
直接話したことはないが
かれが若いころは、風呂屋のえんとつのような
雰囲気があり、目はギラギラしていたが
いやしいところは微塵もなかった
さもしい主流派とつきあっていると
品性はすっかり変わってしまうものらしい

本来は1回やすむべき。
万一、起用するなら
経済省出身ということで、
仇敵財務省つぶしの特命。
増税しか、頭にない、陰謀好きの
財務省に送り込むには、
なかなかの配役かとおもっていた

しかし、マスコミをつかってごほうび
ほしい では話がぜんぜんちがう。
まして出馬を口説いた人間がえらい
なら、野田候補に投票したひとたちは
いったいどれくらいえらいか、はかりしれない

ここでとうぼえしても、しょせんしかたがないが
野田首相、聞こえるなら聴いて見よ

「中途半端の人事は、一番いけない」
「小沢派救済にうごいたなら、徹底的に救済せよ」
「そうすれば党内の半分の支持は鉄板である」
「残りの主流派は、主流派というだけで十分
 役職も権限も不要である」
「もし論功行賞にはいったら、人間の欲には
 限りがなく、感謝されることはない」

インターネットをみると、野田首相の基盤の
弱さが露呈というニュースも見える
人事は意見をきいてはいけない。混乱するだけで
ある。野田首相の基盤は、民主党の領袖として
かってないほど強い。自分の考えで人事を断行
すればよいのだ

主流派は、名誉を得ようとしないのはもったいない
ことである。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存