ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1181] 北朝鮮拉致問題 解決の「定義」議論・・・玄葉の正体
日時: 2011/09/06 04:18
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:OqRzEPCk

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110905-00000101-mai-pol

玄葉光一郎外相は5日、毎日新聞などの取材に対し、北朝鮮による拉致問題について「何をもって解決とするかという定義は大事な問題で、きちんと省内で検討したい」と述べた。北朝鮮に求める解決の内容を明確にしたい意向とみられるが、具体的な内容については「自分自身の考えはあるが、まだ議論していないのでここ(まで)にとどめたい」と言及を避けた。

 日本政府は拉致被害者として17人を認定しており、「すべての被害者の一刻も早い帰国を実現する」との立場。外相周辺は「従来の政府の立場の範囲内で、問題の最終解決に資する定義を検討する趣旨だ」としている。【犬飼直幸】

(引用終わり)

このような内容を臆面なく言ってのける玄葉の頭の中に泥を詰め込んでぐしゃぐしゃにしてやりたい。

>「何をもって解決とするかという定義は大事な問題で、きちんと省内で検討したい」と述べた。

現在判明している人たちだけでなく、一説には100名を超える人が犠牲になっていると言う。
その人たち全てを救出し、今まで解決出来なかった国家を詫び、北朝鮮の責任を追及する。

これ以外の何を考えるというのか。

新外相就任仕立てで、北挑戦と交渉する前から、譲歩の姿勢を見せる馬鹿がいるとは、これだけで日本は敗北である。

>日本政府は拉致被害者として17人を認定しており・・・

その17人の人数を見直すというつもりで行ったのであろうが、何人を想定して議論するというのか、クソッタレ。

どの道、北朝鮮は隠せるものは隠し続けるであろう。
そうであれば、我が国は全国の警察を使い行方不明者で北朝鮮の拉致と考えられる僅かでも根拠があれば、全てを北朝鮮の拉致を想定し人数を発表することである。

玄葉、お前は、その何を相談するというのか。
新外相であるなら、己が上記のようなことを考えているなら相談ではなく言明であろう。

ヘタレ外務省と相談するとは、その分だけ被害者を切り捨てると言っていることと同じ。
こうした能無し、臆病ものを外相にした民主党の考えであろう。

何につけても、民主党の馬鹿共は、行動を起こす前から破綻している売国奴である。
賢しらな口舌の徒、二枚舌、臆病を隠した偽善者、裏切り者・・・

こういう点では、あの自民党の方が、善悪を余程理解しやすい。
これほどレベルの低い、クソッタレ共を政権につけたことを悔やまないばかりか、60%の支持を与えている世論の不甲斐なさよ。

それも欺瞞とと言う意味で民主党の責任である。
一方で、今まで日本をこの様にしてきた自民党を許す気持ちはさらさらないが、民主党も徹底的に糾弾しないと、自民党とは違った意味で我が国を破滅させることになる。

こんな民主党政権が10年も続いてみよ、日本はどのようになるかを思い、政治を云々すべし。
その瑕疵を、我々は小沢一人に任せてみているつもりであるか。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 北朝鮮拉致問題 解決の「定義」議論・・・玄葉の正体 ( No.6 )
日時: 2011/09/09 20:37
名前: 馬鹿者の ID:F6gsh3tI

天橋立の愚痴人間 殿、

貴台の投稿を色々拝見してきたが、この“大和魂”と言う文言には少なからず抵抗を覚える、ご貴殿は兎も角、我等戦中教育を受けてきた者にとっては、何かこう胡散臭いファシズム的な臭気が感じられ、この言葉に連動して“鬼畜米英、撃ちてし止まん”とか“一億一心火の玉だ”と言う国民を戦争遂行に駆り立てる、やたら悲壮感溢れる標語が思い出され、沈鬱な気分にさせられる。

同じ言うならせめて“大和心”と言うて貰えまいか? “大和心”は、国学者・本居宣長が歌に読んだ「敷島の 大和心を 人問わば 朝日に映える 山桜花」の“大和心”で、ご貴殿は是を申されて居るのでは? と推察いたします。

枝葉末節の事にかかずらわって四の五の申し上げるは、誠に僭越でありますが、是なら抵抗感少なく腹の内へ収まるのですが此の儀如何に?
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存