ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1202] 糾弾掲示板のありようについて
日時: 2011/10/06 21:27
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さんのスレッドで、糾弾掲示板のありようについて問答があります。
私たち投稿者は、それぞれの思いで、何とか、より大切な認識を広めようと頑張っているのですが、期待するほどネットの恩恵があるとは思ってないのが実情です。

それで、つい阿修羅のような巨大サイトを思うのですが、阿修羅掲示板は、いろいろな情報が集まることにかけては貴重なサイトでありますが、正論を吐く記事は非常に少なく、数名の方が一生懸命に書き込んでいますが、多くは注目を集めず、500〜1000のアクセスで数日後には誰も見ない状況(スレッド数が膨大なので)へ落ち込んで行きます。

阿修羅掲示板で1万以上のアクセス(時には1日であります)を集まる記事は、ニュース性の高いものばかりなのです。
スレッドの表題も、それを計算したものか、著名なブロガー、評論家の名前を添付することでなければ多くの方の注目を集めません。

ですので、糾弾サイトへのアクセスは、阿修羅とは比べものにならないとしても、日が経てば、結局は注目のスレッドへのサクセスは、数千、数万にも上がっています。

このようなところに糾弾サイトの利点があります。
ただし、せっかくの糾弾サイトが、もっと多くの影響力が発揮出来るようには考えなければなりません。

また個人のブログを見ていますと、立派な意見を書き続けている方が沢山います。
ですが、やはり知名度の悲しさ、その意見が埋もれています。
出来ましたら、糾弾サイトが中心になって、そういうブログと連携し、相乗効果で互いの意見が拡散するように図りたいものです。

ネットでのこういった啓蒙は、現在では、まだまだ体制が整っていませんが、何時かは社会を考える上で多くの方がアクセスしてくれる習慣がつくくらいにしたいと思います。

最も、管理人さんが、それまで元気でいていただけるかも問題ですが、ここで結果が得られなくても、そういう方向性は示したいものですね。

それから、常連の皆様に希望いたします。
随分と長く続くスレッドがあり、それはそれで好ましいのですが、その中で話されている話題を、後で検索したり、引用しようと思いますと、探すのが大変難儀です。

せっかくのすばらしい意見が、何時でも取り出せるように、もう少しスレッドを増やしていただければ、ROM専のかたも助かると思います。

そのうちに、スレッドの分類整理のことも必要にはなってくるでしょうが。
最後に、以前から言っていますが、まとまった意見を「私の主張欄」に掲載していただくことを勧めます。
今は不十分な「私の主張欄」こそ、1000を超える意見で多くの人の期待に対応できるものと考えています。

現在は、あまり人も訪れず閑散としているようです。
一度、管理人さんに伺おうと思っていたのですが、各意見後毎に今までのアクセスの集計はどれくらいになっているのでしょう。


メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

糾弾掲示板のありようについて 管理の指針 ( No.9 )
日時: 2019/03/11 11:04
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:q5ygaWx2

「日本の政治改革」トップページより

一体、日本人は自国をどの様に捉えているのだろうか。
自民党政権下で現在まで続く税金の無駄遣い、
異常なまでの官僚による国民支配。

改革され無くてはならない憲法や選挙制度。

信用できないマスコミに支配されている日本。

この先どの様に進むのか皆目見当が付かないが、
日本人の気概の無さには落胆するばかりだ。

日本人はもっと自国の事を知るべきだし、
もっと文句を言うべきだと常々感じている。


「当サイト、立ち上げの趣旨」

糾弾サイトに関して

サイトの製作者であり、管理人はヨーロッパ在住で、すでに60才を超えた、暇を持て余しているおっさんです。 過去に、現職の政治家や官僚、マスコミ関係者、評論家等に会い、直接話す機会が度々ありましたが、その度に怒り心頭に達するくらい、彼らには問題意識が欠如していると感じました。 

日本で生活をしている皆様は、あまり気付かないかと思われますが、ニュースなどを見ていますと、先進国では珍しいくらいの言論統制がなされているような気がします。 いや、同根のマスコミが自主的に報道しないのかも知れません。

政治家や官僚、財界人が金に物を言わせ、名誉毀損、プライバシーの侵害等々で言論弾圧に近い損害賠償訴訟が多く、本来自由であるべき言論を著しく侵害してると感じます。 週刊誌でも訴えられる事が頻繁に起きています。

一般庶民はそれに対抗する手段も、金銭的な裏付けもなく、異常に高額な弁護士費用も馬鹿にならないため、言いたい事も言えず、黙るしかないのが現状です。

そのような事情をかんがみ、直接日本の官憲からの干渉を受けずに、自由闊達な意見交換の場を提供しようと思い、このサイトを立ちあげました。

掲示板や投稿欄に、誹謗、中傷は困りますが、基本的に何でも言いたい事を書いていただいて結構です。 このサイトでは問題が起こった時には、その文章を削除することはあっても、投稿者の情報は決して明かしません。
糾弾サイトのデータ、文章について

糾弾では皆様からの投稿を受け付けています。

掲示板以外に各欄での皆様からの投稿を受け付けています。 当サイトの趣旨に沿った内容でしたら、テーマは何でも構いませんが、投稿内容は具体的で、多くの皆様が共感し、興味を持つようなテーマが望ましいと思います。

投稿方法はメールで受け付けます。 こちらのメールをご利用ください。 文章の長さに制限はありません。 投稿者自身に直接意見、賛同メールが届くようにすることも出来ます。

メールアドレスが無料のホットメール等の場合は、固有のメールアドレスが無い事情をご連絡ください。 内容によっては掲載できない場合もあります。

内容確認後、掲載させて頂きます。 投稿文は趣旨を変えずに、行変え、ふりがな等を変更する事があります。 また、削除訂正が必要な場合は、投稿者に連絡後、変更する場合もあります。
本名や所在を公表しないわけ

このサイトには政治関係者や各官庁からのアクセスが多くあることは分っています。 本気で調べれば、居住地や内容から私を特定することは容易ですが、自分から公表する気にはなれません。 ばれたら白状はしますが、それまでは静かに書きたいことを書くつもりです。

安楽庵 拝 記 2006年元旦月

(以上)

最近、掲示板上で、またまた悶着が起きています。
管理人も言っている様に意見はどのような内容でもかまいません。

ただし当サイトの趣旨にあったものが望ましいとも言われています。
基本は、日本の政治問題を考えることです。

>掲示板や投稿欄に、誹謗、中傷は困りますが・・

と断っておられますように、どこかのサイトのように投稿者同士が喧嘩腰にやったり、ストーカー行為をすること、また不真面目な内容の投稿は困るとしています。

上記の趣旨の下に私は掲示板の流れの管理を任されています。
なぜか、問題は私に絡むことで発生する場合が多いですが、度が過ぎて掲示板が醜くなると、注意をした上で聞き入れられなければ排除しています。

誹謗中傷ばかりではなく、はじめから引っ掛け記事、読者を愚弄する目的の記事などもあり、これも排除しています。

この様な中で、私の強権をを横暴だと罵る声も聞かれます。
管理人さんも問われている言論の自由とは、他人の迷惑も考えず、すき放題やれるということではありません。

個人の権利、自由と言っても、無条件で受け入れられるものではありません。
ネットというバーチャルな世界で、ルールというものが無いように思っている輩がいます。

日常生活においては、法律ではなくとも、守るべきルールを無視すれば反撃を受けることを知っているので節度を持って言動します。
それがネットの世界となると、幼児のような我侭を平気で行います。

良い年をして、それなりに経験豊かな御仁が、まさかと思うテタラク。

糾弾掲示板では、そのような方に紙面を提供するようなことはしません。

メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存