ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1643] 小沢一郎を総括する
日時: 2012/12/20 10:58:24
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1355968705

衆院選の結果の考察は終えたつもりでしたが、阿修羅掲示板での論調をみて、もう一言述べたくなりました。

阿修羅の記事の殆どは著名ブロガーの記事の転載です。
一般の方が感想を述べるのであれば見過ごしていたかも知れませんが、私が問題とした記事も、その著名なブロガーによるものです。

それによりますと、

小沢が未来の党をつくり合流したことを批難する一方で、その失敗を嘉田代表に押し付けようとしています。
小沢は未来の党を出るべきだ、とか、嘉田代表、飯田代表代行を辞めさせるべきだとか言っています。

そうして、小沢の再起を望んでいます。
小沢のみに、政治改革、日本の改革の芽を期待しています。

私も以前は、小沢は日本の政治家で唯一国家像を持っているものと思って期待していました。
ですが、慎重に小沢を見つめ直せば、小沢に確たる国家像などありませんでした。

小沢を政策的に結果から見ていると、小選挙区制を取り入れたこと、政治資金規正法を成立させたこと、安全保障については国連中心主義であること、行政改革の必要性を言っていることなどです。
行政改革でも、それを地方分権にすり替え、霞ヶ関改革については具体的には何も言ってはいません。

これらは、国家像などと言うものではなく具体的な施策の問題であり、国連中心主義などは国連の実態を無視した素人の発想で、尖閣諸島問題など実際に生じる問題に対処できるものではありません。

民主党が政権を取った直後、小沢は幹事長として民主党が考える国家像を近く発表すると言いながら、結局出てきたのはマニュフェストでした。
あのようなものを、誰が国家像と思いますか。

また小沢は小沢塾を開いて若い議員を養成していたようで、私は、その内容に興味を持ってみていました。
漏れ聞く塾での小沢の言動は、議員としてのありよう、倫理道徳であり、次の選挙に勝ち抜くための姿勢の事でした。

先の衆院選で大勝し新人議員が大量に生まれ、鳩山内閣が、早速彼等を使おうとしたとき、小沢は時期尚早と止めました(このときはかなり豪腕を発揮したようです)。
そうして、それに引き換え新人に言った事が、次の選挙のために地元対策をする事でした。

ある人々は、これを賞賛していたようですが、トンでもなことで、国家国民よりも自分の選挙を優先させる馬鹿な指導でありました。

その後も小沢からは、上記のテーマの他には、財政、社会保障、経済など直接政策に結びつく領域の豊富など聞いた事がありません。

旨く逃げていたのです。
小沢のこのような性格を、分析すれば小沢と言う政治家の底の底が伺われます。

民主党が政権をとる少し前に、自民党との大連立に動きました。
そういえば。小渕内閣の時、小沢率いる自由党は自民党と連立を組んでいました。

常に自民党回帰を図る小沢の姿勢に疑問を持っていたのですが、それはまさしく小沢が描く国家像が自民党のそれに近いものであった証拠です。

そのほかに、小沢は肝心要で逃げだすひ弱さをもっています。
日常、雲隠れすることは耳にしていましたが、それは戦術の問題と思っていました。
最初に大きな疑問を抱いたのは、鳩山内閣で、首相は鳩山で良いとしても国家戦略局とか、政策を実現するための要の要職につかなかった事です。

小沢自身の裁判のことを念頭に置いたものと思いますが、それ以前に、それを承知で民主党を大勝させた国民に対して、それは自分勝手な逃げの姿勢に過ぎません。
裁判は、小沢個人のことであり、小沢の裁判に関心を示さない多くの支持者にとっては裏切りに過ぎません。
また、それは小沢を貶める勢力に、自ら身を捧げるようなものです。

小沢が開き直るとすれば、民主党内閣ができた時が、まさに乾坤一擲のチャンスであったのです。
その後の紆余曲折をへて、菅内閣不信任案決議の折の腰砕けぶりは、今でも憤慨が収まりません。
小沢自身は言質を与えていない理由で自身を正当化していても、それも自分勝手な逃げの姿勢であり、周囲の状況から逃げることはできなかったはず。
仮に責任がなくても、事に際しては責任を被る姿勢と言うものが周囲の人間の信頼を得て大きな組織を引っ張って行くのではありませんか。

結局、小沢はこのようなことを繰り返し、同士になるべき人間に袂を分かたれてきたのではないでしょうか。
私は、さすがにこれで、小沢に対する期待よりも、疑問の方が先行するようになり、小沢批判を展開したものです。

それでも、ようやく「国民の生活が第一の党」を立ち上げ、その基本政策で、国家像らしきものを見て、今一度小沢に期待を賭けていたところ、またもや第一線からトンズラを決め込みました。

その基本政策もおそらくペーパーだけのものであったのでしょう。
そうで、あれば、基本政策も国家像も、もっていない嘉田氏を担ぎ挙げ、国民に周知したばかりの自分の党の名前まで消せた理由も納得できます。

おそらく小沢パッシングを避けたつもりでしょうが、それなら何の為の無罪判決であったか。

小沢を支持してきた人たちが、小沢の無罪判決をどれほど待ってきのかを、元々冤罪であったとしても、無罪判決を持って小沢は反転攻勢してくれることを、どれほど期待していたか、

未来の党の出来事は、何もかも考慮に入れない自分勝手な逃げの姿勢の以外の何ものでもありません。

1国の改革をしようとするようなものが、このように姑息では、とても大業を成す事など無理でしょう。
そんなもので国民を引っ張ることなど出来ないことが如実に証明されました。
小沢自身に対する支持が半減していたことは、支持者が、それを見抜いてしまっていたのです。

選挙期間中は、それでも自民党や民主党を勝たせる訳には行かないので、支援のかたちを取ってはいましたが、小沢には殆ど期待できないことを決定的にさとりました。

最初に戻り、この記事を書きましたのは、そんな小沢に更なる期待をつなごうとする著名ブロガーの、今度はブロガー自身の腰抜けぶりに呆れたからです。

ネットの世界の狭さは、今回の選挙の結果で、嫌と言うほど思い知らされました。
それでも、持論をもって世に問うならば、もう少し客観的に小沢を見るべきではありませんか。
もう、そういう小沢に期待を寄せても、小沢を担いでも変革は得られない、小沢で国民を集約できません。
我々自身は立ち上がらねばならないと、何故、諭す事ができないのでしょう。

ブロガー自身が小沢を出汁にしている方が気楽で手間が省けるからでしょう。
日本のネットの世界で、これくらいの論調が、小さな了見の論調が主流を占めていることも、政治の貧困と同じく寂しいかぎりです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 小沢一郎を総括する ( No.5 )
日時: 2012/12/20 23:39:04
名前: 総括

 
裏金が第一、成り済まして、永久に未来の党。
裏金が第一、乗っ取って、永久に未来の党。
裏金が第一、誤魔化して、永久に未来の党。
相変わらず、朝寇ヤクザの洗脳恐怖政治、もう、懲り懲り。
とにかく、半島由来の拝金夜叉、懲りない、剛腕倍達民族性。

とにかく、連合赤軍、オウム真理教、オザワ王国、統一教会、擬態の変態。
そもそも、重婚悪魔、証拠不十分の無罪、零分の零、完全犯罪の過信犯。
それこそ、カダフィのミイラ、換骨奪胎の本末転倒。
如何せん、裏献金の覚醒剤、黒門金権腐敗症(黒腐病)の母子感染。
なにしろ、倍達朝寇の民族性、環境破壊の外来侵略系、露骨に露呈。

オザワ一郎、選挙用の日本人妻、その第三夫人は、もう、要らない。
オザワ王国、難民朝寇が猟奇冷酷の国家内国家、破廉恥千万。
なにしろ、司法改革の強制起訴もシカトで無罪、得意のロボトミーで、口封じ。
とにかく、覚醒剤、やめて、日本人、帰して。
黒門一家、半島淫売、拝金の本国へ、帰れ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存