ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2217] 多神教(インド)の世界 その1
日時: 2015/02/06 17:02
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:IBHprFOI

ついでに、イスラム世界とアングロサクソン流(社会)とは、の姉妹編として多神教(インド)の世界にも触れておきます。


下記のサイトの助けをかりて古代インドへ向かいます。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/lecture/ancient_muslim_india.htm

インドはヨーロッパと同じくらいの面積があります。「ヨーロッパ人」が、たくさんの民族を含んでいるように、「インド人」も決して一つの民族ではありません。北インドに住むアーリヤ人は、ヨーロッパ系の民族で、南インドに住むドラヴィダ人とは、顔付きがまったく違います。19世紀にインドを植民地支配したイギリス人は、アーリヤ人の言葉とヨーロッパの言葉がよく似ていることから、ヨーロッパ人とアーリヤ人は同じ祖先を持つインド=ヨーロッパ語族だという仮説を立てました。そして、南ロシアからインドにやってきたアーリヤ人がインドに文明をもたらしたのだ、と考えました。

ですから、ハラッパーやモエンジョ=ダロでアーリヤ人の侵入以前のインダス文明の遺跡が見つかったとき、これがどの民族が残したものなのかが大問題になりました。ドラヴィダ人説が有力ですが、はっきりした証拠がありません。出土した印章(ハンコ)には文字が刻まれていますが、単語ばかりで文法がわからず、解読できないからです。最近発見されたドーラヴィーラ遺跡からは、都市の周囲を囲む巨大な貯水池と、インダス文字で書かれた都市の入り口の看板?が見つかっています。


インダス文明滅亡の原因はわかりません。おそらく、何か大きな気候変動によるもので、同じ原因でアーリヤ人の移動がはじまったと考えるべきしょう。カイバル峠からパンジャーブ地方(パキスタン北部)に入り、遊牧生活をしていたアーリヤ人の生活については、聖典『リグ=ヴェーダ』で知ることができます。ヴェーダとは神々への賛歌のことですね。彼らは自然を神々として崇拝し、ヴェーダを唱えて神々を祭る祭司階級をバラモン、この自然崇拝の多神教をバラモン教といいます。同じような多神教(オリンポス12神)を信仰したギリシア人が、専門の祭司階級を持たなかったのとは対照的です。インドの過酷な自然へのおそれが、自然をコントロールするバラモンの権威を高めたのでしょう。

バラモンの下には、貴族(クシャトリヤ)・平民(ヴァイシャ)・奴隷(シュードラ)がいました。先住民が奴隷とされたのはギリシア人と同じです。この四つの身分を種姓しゅせい(ヴァルナ)といい、のちに細分化されて、いまも残るインド独特の身分制度(ジャーティー、またはカースト制度)となりました。起源前1000年ころ、鉄器の伝来とともに、ガンジス川流域に入ったアーリヤ人は、森を切り開いて農業をはじめます。紀元前1000年っていうのは…

たとえばオリエントでは、ダヴィデ王・ソロモン王の時代、ギリシアではドーリア人が侵入した後の暗黒時代、中国では周が殷を滅ぼした頃のことです。超先進地帯のオリエントは別として、ギリシア・インド・中国の古代史は、ほぼ同時進行で展開していきます。まず、鉄器による開墾がすすみ、領土争いから都市国家の間の戦争となり、新しい思想が生まれてくるのです。中国の春秋戦国時代にあたるのが、インドの十六王国時代です。戦乱の日々が繰り返され、人々にとって恐ろしいのは自然ではなく人間となったのです。バラモンに代わってクシャトリヤ、ヴァイシャが台頭し、自然へのおそれに代わって、人間とは何か、人間としていかに生きるかが驍ラきしょう。カイバル峠からパンジャーブ地方(パキスタン北部)に入り、遊牧生活をしていたアーリヤ人の生活については、聖典『リグ=ヴェーダ』で知ることができます。ヴェーダとは神々への賛歌のことですね。彼らは自然を神々として崇拝し、ヴェーダを唱えて神々を祭る祭司階級をバラモン、この自然崇拝の多神教をバラモン教といいます。同じような多神教(オリンポス12神)を信仰したギリシア人が、専門の祭司階級を持たなかったのとは対照的です。インドの過酷な自然へのおそれが、自然をコントロールするバラモンの権威を高めたのでしょう。

バラモンの下には、貴族(クシャトリヤ)・平民(ヴァイシャ)・奴隷(シュードラ)がいました。先住民が奴隷とされたのはギリシア人と同じです。この四つの身分を種姓しゅせい(ヴァルナ)といい、のちに細分化されて、いまも残るインド独特の身分制度(ジャーティー、またはカースト制度)となりました。起源前1000年ころ、鉄器の伝来とともに、ガンジス川流域に入ったアーリヤ人は、森を切り開いて農業をはじめます。紀元前1000年っていうのは…

たとえばオリエントでは、ダヴィデ王・ソロモン王の時代、ギリシアではドーリア人が侵入した後の暗黒時代、中国では周が殷を滅ぼした頃のことです。超先進地帯のオリエントは別として、ギリシア・インド・中国の古代史は、ほぼ同時進行で展開していきます。まず、鉄器による開墾がすすみ、領土争いから都市国家の間の戦争となり、新しい思想が生まれてくるのです。中国の春秋戦国時代にあたるのが、インドの十六王国時代です。戦乱の日々が繰り返され、人々にとって恐ろしいのは自然ではなく人間となったのです。バラモンに代わってクシャトリヤ、ヴァイシャが台頭し、自然へのおそれに代わって、人間とは何か、人間としていかに生きるかが問われるようになりました。ちょうどギリシア哲学や中国の諸子百家が生まれた頃に、仏教などのインド哲学が生まれたのです。

仏教の源流となったのは、ウパニシャッド哲学です。バラモン教の聖典ヴェーダの理論書である『ウパニシャッド』はこう説きます。肉体は衰え、やがて土に戻るが、魂であるアートマン(我が)は不滅である。死とは魂が肉体を脱ぎ捨てることにすぎない。魂は再び肉体を得る。あなたは、生まれてくる前に別の人生を送っていたし、死んだ後にも別の人生がある。魂は、何百、何千と人生を繰り返し、そのたびに肉体という衣服を着たり脱いだりしているだけのことだ。永遠に生と死とを繰り返すことを輪廻転生りんねてんしょうといい、これでは魂の平安は得られない。輪廻の悪循環を断ち切って、宇宙の中心にある魂のふるさとであるブラフマン(梵ぼん)に回帰して、一切の苦しみから解放されること(解脱げだつ)を目指すべきである。ブラフマンとアートマンとは一体であること(梵我一如ぼんがいちじょ)を知れ、と。

インドの古代社会を訪れる前に、インドの宗教のことに触れておきましょう。

◎日本の仏教は、インドの仏教と、どうつながるんですか?

マウリヤ朝までの仏教を上座部じょうざぶ仏教と呼びます。ブッダのように家族を捨て、財産を捨て、名前を捨て、頭を丸めて寺に入り、ひたすら自己の解脱のために修行を続けるのです。このような修行者(出家者)は上座部と呼ばれて、社会生活を営む在家ざいけの信者とは区別され、尊敬されました。スリランカから、ビルマやタイに広まったのはこの上座部仏教です。タイの男性は今でも、一生に一度は頭を剃り、3か月くらい寺で修行する習慣があります。在家信者のまま救ってもらおうとする中国や日本の仏教(大乗仏教)とはまったく違います。

クシャーナ朝の時代、在家の信者も救済するという大乗だいじょう仏教が生まれます。万人救済の「大きな乗り物」という意味です。自分たちは日々の生活に追われ、家族を捨てることもできない。修行者にはなれないから、ブッダや、ブッダの弟子となった修行者たちを神(菩薩ぼさつ)として崇拝し、救済してもらおうというわけです。ナーガールジュナは『中論』を著し、大乗仏教を理論化しました。また、崇拝するには偶像が必要になるので、仏像(ブッダや菩薩の像)が作られるようになりました。クシャーナ朝の都プルシャプラがあるガンダーラ地方からは、おびただしい数の仏像が発掘されています。ガンダーラ美術と呼ばれるそれらの仏像は、同じ時代のローマ帝国でさかんに作られた神々の像とよく似ており、ともにヘレニズム文化の影響下にあったことがわかります。

この大乗仏教は,シルクロードを経て西域から中国へ伝わり、仏図澄ぶっとちょう・鳩摩羅什くまらじゅうが、五胡十六国時代の中国で布教します。ですから、中国・朝鮮・日本に伝わった仏教は、すべて大乗仏教です。なお、大乗仏教の側では上座部仏教のことを小乗仏教(小さな乗り物)と呼んでいます。ちょっとばかにした言い方ですね。使わないほうがいいでしょう。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

多神教(インド)の世界 その3 ( No.2 )
日時: 2015/02/06 17:08
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:IBHprFOI

少しだけストーリーを追ってみて、その世界の様子を見たいと思います。

ラーマ、森へ追放される

 コーサラ国のダシャラタ王が引退して、ラーマが王位を継ごうとした時のことです。異母弟バラタの母が悪い侍女にそそのかされて陰謀をはたらきます。その陰謀のために、気の進まない弟バラタが王位につき、ラーマは14年間、森に追放されることになってしまいました。

 ラーマは一人で森に行こうとします。しかし、シーターは「森にお連れくださいませ。さもなくば毒を仰ぐか火に入るかでございます」と嘆願します。妃シーターのことばを聞いたラーマは、シーターを連れていく決心をしました。さらにラーマを慕っていた弟ラクシュマナ(双子の一人)も一緒に行くことを願います。ラーマはシーター、ラクシュマナとともに森の中へと入っていきます。森の生活は厳しいながらも、三人は力を合わせて生きていきます。

魔王ラーヴァナ

 ラーマは、魔王ラーヴァナを退治するためにこの世に現れたヴィシュヌ神の化身でした。魔王ラーヴァナは、ランカー島(今のスリランカ)にいました。魔王にはシュールパナカーという妹がいます。ある時、その妹がラーマたちのいる森に遊びに来ました。魔王の妹はラーマに恋をします。そして、ラーマを誘惑しようとするのですが、ふられてしまいます。魔王の妹は、開き直ってラーマの妃シーターに襲いかかるのですが、逆にラーマ兄弟に耳と鼻を切り落とされてしまうのです。この話を聞いた魔王ラーヴァナは、シーターを奪い取ることを決心します。魔王ラーヴァナは、魔法師を強引に説き伏せてシーター誘拐計画を実行するのです。

金色の鹿

 魔王に説き伏せられた魔法師は、金色の鹿に化けてシーターの前にあらわれます。シーターはこの金色の鹿に魅了されてしまいます。そして、ラーマにその鹿を捕らえて欲しいと強くねだるのです。ラーマはシーターのために逃げ去る金色の鹿を追いかけていきます。遠くまで追いかけた末、ついにラーマは金色の鹿を射止めました。すると、鹿は魔法師の本性を現しました。そして、ラーマの声を真似て「ああシーター!ああラクシュマナー!」と叫びながら死んでいきました。

 遠くから聞こえるその声を聞いたシーターは、弟ラクシュマナにラーマを助けに行って欲しいと懇願します。弟ラクシュマナは、シーターを守っておくようにというラーマの命令との間で激しく葛藤します。しかし、「ラーマをうしなうならば、私は火にも入り…、いかにしても命を絶つ。他の男に身をまかせることなどあろうか」というシーターことばにおされて、弟ラクシュマナはシーターをおいてラーマの方へ向かうのでした。
 魔王ラーヴァナは、計画通り、一人になったシーターを捕らえてランカー島に連れ去ってしまうのです。

猿の王スグリーヴァ

 ラーマ兄弟は、必死になってシーターを探します。その捜索中に、キシュキンダー(南インドのマイソール)の森で、シーター誘拐を目撃していた猿の王スグリーヴァとその重臣たちにであいます。猿たちは、シーターが残していった装身具と肩掛けを保管していました。
 この猿の王スグリーヴァは、猿の国の王位を兄に奪われていました。兄が戦いで死んだと誤解して王位についていたスグリーヴァのもとに、生きていた兄が遠征から帰ってきたのです。兄は弟から王位を取り返すだけでなく、弟の妻ターラーまで奪い取ったのでした。
 その話を聞いたラーマは、妃シーターを失っている自らの身の上から、強く猿の王スグリーヴァに同情します。そして、王位奪還の戦いを助ける約束をします。一方、スグリーヴァは、兄を倒して王位に復したのち、猿王国の軍団でシーターを探し出す約束をするのです。

猿の王位争い

 スグリーヴァは兄に戦いを挑みました。激しい一騎打ちの末、スグリーヴァが倒されかけた時、ラーマは影から弓を放って兄を倒します。スグリーヴァはラーマの助けにより勝ちました。敗れて死に瀕した兄は、ラーマの攻撃を「ルール違反の罪深い攻撃」であったと非難します。ラーマは、弟の妻ターラーを掠奪した兄の罪に対する処罰を与えたのだと言ってこれに答えました。

 兄は亡くなります。兄の妃になっていたターラーは、同じ弓で自分も殺して欲しいとラーマに懇願します。しかし、ラーマはターラーを殺しませんでした。そして、倒された兄は、一人で火葬されたのです。


快楽に耽る猿たち

 兄を倒したスグリーヴァは猿の王に復帰します。戴冠式が行われました。その後、宴会が延々と続き、王スグリーヴァ、再び妃となったターラーをはじめ、猿たちは快楽に耽る日々を過ごしてしまうのです。王スグリーヴァは、シーター捜索の約束をなかなか実行しません。

 その猿たちの都へ、ラーマの弟ラクシュマナがやってきます。ラクシュマナは快楽に耽る猿たちの様子を見て怒りに燃え上がるのです。怒るラクシュマナに対し、猿王の妃ターラーは答えます。「私はラーマがなにゆえに立腹しておられるのかということも、遅延の原因も知っております。私はまた、現在いかなることがなされるべきかも知っております。私は、肉の欲望の力にさえ無知ではありません。

…王は、色情におぼれながらつねに私のかたわらで過ごし、恥を知る心も忘れてしまいました。…しかし、王はすでに兵を召集するよう命をくだしております。…」さらに続くおだやかなターラーの思慮深いことばによって、ラーマの弟ラクシュマナは心をなごませるのでした。ターラーは、友情を大切にしなければならないことを忘れていませんでした。ターラーは、酒と快楽の中にありながらも自己を見失っていなかったのです。兄王の葬儀の時に、殉死するというターラーをラーマが殺さなかったからこそ、このようなターラーがあったのだと思います。

 そして、剛勇な猿たちが集結するのでした。

猿王の重臣ハヌマーンの大活躍

 猿王の重臣ハヌマーンはシーター捜索のため、集結した猿の軍勢をひきつれてランカー島に向かいました。そしてついにシーターを見つけだしました。シーターは魔王ラーヴァナのいうことをすべて拒否して、監禁されていたのです。

 ハヌマーンたちは満身創痍になって戦います。が、ハヌマーンは捕らえられてしまい、しっぽに油を注がれて火をつけられてしまいます。しかし、シーターの祈りが火の神アグニに通じます。ハヌマーンは火の熱さを感じませんでした。逆にその火でランカー島に火を放ち、島は火の海となるのです。ハヌマーンはシーターの所在を知らせにラーマの元へと帰るのです。
 知らせを聞いたラーマはランカー島へ行き、魔王ラーヴァナを壮絶な戦いの末に倒しました。

ラーマの疑いと怒り

 そして、ラーマはついにシーターと再会します。しかし、彼は
「余が戦争を完遂したのは、おんみのためではなかった。…いま余は、夷狄の家に長く滞留したことについて、おんみの徳性を疑うものである。余の前に立つおんみを、余は見るに耐えないのである。…いずこへと好むところへおもむくがよいであろう。」
とシーターの純潔を疑うとともに、シーターに怒りをぶつけるのです。
炎の中のシーター

 ラーマに疑われたシーターは、

「誓って申しますが、私は潔白であります。…ラーヴァナは私の意識がないとき、私の肢体に触れたかもしれませんが、それは私の罪でしょうか。…葬送の火を私のためにおつくり下さい。…この非難を受けては、生きる心はありません。…私は身を焔に投じます。」
と言います。ラーマの弟ラクシュマナは葬送の火を準備しました。シーターはラーマのまわりを一度あるき、火に近づき、火神アグニに呼びかけました。

「もし私のラーマへの愛がまったく純潔でありますならば、私をこの火焔より守らせたまえ」
 シーターは火を一巡し、その火に身を投じました。すると、その炎の中から火神アグニがシーターを膝に置いてあらわれました。シーターは真紅の衣裳をまとい黒髪をなびかせ、燦然とあらわれたのです。火はシーターを焼きませんでした。

 こうして、ラーマはシーターを再び迎えることになるのです。ラーマはシーターとともにコーサラ国の都アヨーディヤーに凱旋します。弟バラタは、父王ダシャラタの死後、ラーマのサンダルを玉座に置いて帰りを待っていました。ラーマは弟バラタの差し出すサンダルをはいて玉座にのぼりました。
 こうして壮大な『ラーマーヤナ』の物語は終わるのです。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存