ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2263] 米国は民主主義国家ではない、と米国学者。 もう、世界の常識ですね。日本も北朝鮮に負けない。空しい麻生の弁解。
日時: 2015/04/29 02:31
名前: 青トマト ID:31VHtMYQ メールを送信する

http://jp.sputniknews.com/us/20150428/255464.html

米国のエリート大学の学者が言ってるのですから、学門では良心が生きているとみえます。

米国は人の良さと田舎者の純情で民主主義を失っているのですが、

日本は村的共同体意識が特に男性を縛り付けて、ガンジガラメにして、主張放棄の全体主義を産み出しているわけです。

日本は集団自殺国家です。

米国は詐欺国家です。

違いは大きいですよ。

集団自殺なんてしなくていいですよ。日本人には判断力はある筈だ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

米国は民主主義国家ではない、と米国学者。 ( No.37 )
日時: 2020/09/15 00:34
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:vr5u6f56

民主主義または民主制[民主政]とは、人民が主権を持ち行使する政治。

近代では市民革命により一般化した政治の形態・原理・運動・思想で、民主主義に基づく社会は「市民社会」、「ブルジョア社会」、「近代社会」などという。対義語は君主制、貴族制、神政政治、寡頭制、独裁制、専制、全体主義など。

対義語は君主制、貴族制、神政政治、寡頭制、独裁制、専制、全体主義など。

(引用終わり)

民主主義社会の定義に「ブルジョワ社会」は入っていることに違和感を持つ人もあるでしょう。
そこで「ブルジョア」と言う言葉を検証してみましょう。

ブルジョワジーは、中産階級の事であり、有産階級とも。特に17 - 19世紀においては革命の主体になりうるほどの数と広がりを持つ階層であったが、市民革命における革命の推進主体となった都市における有産の市民階級をさす場合も有る。貴族や農民と区別して使われた。

短くブルジョワともいうが、これは単数形で個人を指す。20世紀の共産主義思想の下で産業資本家を指す言葉に転化し、共産主義者の間では概ね蔑称として用いられたが、この資本家階級という意味では上層ブルジョワジーのみをさしている。

確かに市民革命を起こした中枢は、中産階級としてのブルジョアジーでありました。
しかしながら200年も前の中産階級のあり様と、現代で言う中産階級のあり様とでは少し違ってきています。

まずは、社会的(経済的)な背景として、社会の対立軸は、王権、独裁権者対中産階級+貧民でした。
ところが現代社会には、王権も独裁者もなく、あるのは資本の支配であり、対立するのは市民社会のあり様です。

資本を使う人間を資本家と呼び、富者並びに中産階級の人間も株主と言う形で参加しています。
これでは、対立軸は資本(富者)対中産階級+貧民よ決めつける訳にはならず。
富者+中産階級対中産階級+貧民となります。

要するに、中産階級(ブルジョアジー)を入れると明確な対立軸にはなりません。
このようなところに違和感があるのでしょう。

現代社会の対立軸は、アメリカの1%運動に示される様に、1%の人間がアメリカの富の40%を支配し、上位10%に限ると、75%を支配している。

これは、全く封建国家の王と貴族の支配と同じである。
富者の支配はあらゆる面で浸透し、形の上では民主制と言いながら、暴力による弾圧こそないが、実態は王権国家、独裁国家なのである。

その上に白人優位の人種差別、アメリカンドーリームなどと言う甘い夢を誘うが、実際は国民皆保険制も敷かない弱者切り捨ての社会。
これがアメリカであり、
確かに民主主義国家として皆が憧れ、求めている国家ではない。

それどころか、

対義語の君主制、貴族制国家を当てはめる方が似合っている。

経済のグローバル化が進む我が国でも貧富の格差が広まり、平均年収(年収420万円)以上を中産階級と言うならば、富者+中産階級は人口の1/3となっている。

「ブルジョア社会」を民主主義に基づく社会と言うならば、後の2/3に人々の社会を何と定義すればよい。

私は日本の番外地と言っているが。

アメリカのそれは、データで把握してはいないは、アメリカで民主主義と言える社会は、おそらく1/4以下ではないか。

もっと酷い国家に、北朝鮮はあるが!
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存