ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2326] 北朝鮮拉致事件のターニングポイントは・・・
日時: 2015/12/01 13:48
名前: 伍代和歌 ID:cpqMhlXM

拉致事件のターニングポイントは・・・
投稿者:南京家応仁 投稿日:2015年 7月 5日(日)10時54分34秒 返信・引用

盗んだ金を返せ!!
盗んだ物を返せ!!ならば、例え何年かかろうが、最後の手段(武力)を使うことなく税金(公人達の話し合い時間)を使い遊ぶこともよかろうが、
しかし拉致事件とは人様の人生がかかっている、その貴重な時間こそが被害者の皆さんたちの人生なんです。

誰が罪のない人様の人生を奪う事が出来ようか!

国家と国家のトップリーダーたちが拉致の現実を認めあい、ならばその瞬間から遅くとも一年以内に全面解決しなくて如何いたす。
何故出来ない・・・それはトップリーダーたちの何かがあったからでしょう。



まるで幼稚園児の遠足じゃあるまいし、おにぎり持参の小泉訪朝のことを今さら検証しても仕方なし、ここでは交渉の中身を検証しませんか?

検証NO1

巷で申される(某女史も申されたという)5人を日本国に返そうが2週間でかの国に返すと言う約束があった・・・
もしもこの様な事を日本国のトップリーダー(小泉)がOKしていたならば、これはもう国民に対する裏切りであろうが、しかしかの国の拉致を証明するためのOKならば見事な策略(応仁は当時この様に読みましたがね)である、しかし、その後の対応は如何に・・・

さあ、皆さん方も続いて、なんなりとご意見を宜しく。


かの国で如何なる交渉をされたのかは知る由もないですが、しかし主権を侵された事案に対して、日本に帰って2週間で5人を返しますと約束をされたという事は、多分返さなければ日本へは帰らさないということであったからであろうが、この様な理不尽な要求を日本国のトップが飲まれたという事は、トピにも書き込みましたように、かの国の拉致を立証するためのものであったと推測するのが当然であろうが、はたして小泉はこの様な事まで考えた策略であったのだろうか?

まあ、それはそうと5人が日本国の土を踏むことができた、これは小泉の実績には変わりがなかろうが、しかしここからの対応が問題であろう。


拉致犯罪者の国と約束をすること自体がおかしなものだが、しかし、その約束を反故にする以上は、小泉もそれなりの腹をくくっていたことだろうが、それがわかっていたかどうかであろう。

約束を反故にするという事は、すなわち小泉のかの国に対する裏切りである、理屈は抜きで裏切られればそのしわ寄せは当然かの国で苦しむ邦人達に矢が向けられることは当然でしょう。

それにより粛清という恐ろしい事態も当然考えなくてはいけないことであろうが、小泉は其の事が分かっていたのであろうか?

若しも分かっていたならば、当然日本国からの次の一手は武力行使は当たり前の決断であった事だが小泉は行動を起こさず、というよりも多分ビビったのであろう?皆様がたは如何に御考えになるかな?

返さない方に力を入れられたという、安倍&中山女史。
その様な国家間の約束を交わしていたのであったならば、5人を返すのが道理と申されたらしい福田、しかしあれからもう何年になろうか、未だ解決できていないという事は小泉の決断した行動は失敗であったと申しても過言ではなかろう。


かの国のトップをなぜ応仁が「ドンさん」と、さんを付けるようになったか?
それは拉致を男らしく認め謝りましたからです。
しかし、ドンと言うフレーズで多少は失礼ながら貶しているということです。
言うならば、まな板の鯉になるような重みのある白状をされた事に対する男としての潔さをちょっとだけではありますが称えたということです。

しかし、其のまな板の鯉を素早く料理をする事が出来ない、お子様ランチチーム(当時に応仁が度々と使ったフレーズです)が、運悪く日本チームのレギュラーメンバーとなっていた事が拉致被害者の皆さん方の最大の運の悪さとなっているんじゃありませぬか?
もしもこの時のトップリーダーが鳩山の祖父さんや田中角栄のような御方であったならば如何いたしたことやら?


安倍&中山女史にお聞きしたい!

我が国のトップリーダー小泉が、かの国のドンさんとで理不尽な約束を交わされて5人が日本国の土を踏まれましたが、もちろんですが2週間の約束をご存知でした事でしょうが、如何なるその後のシュミレーションをお持ちの上で小泉&ドンさんとの約束を反故にしようが返すべきではなし、とのご意見をトップリーダー(小泉)にされたのでしょうか?まさかこれから先の戦略もなく小泉にご意見をされたわけでもなかろう。

ここでまあ〜、誰もが理解出来る当り前のことですが、ドンさん国の戦略も念のために振り返りましょう!

応仁はかの国に拉致をされている正確な人数は存じてはおりませんが、20人とも30人あるいは100人以上もいるんじゃないかと巷では言われておりますが・・・ではなぜドンさんはその中の5人を返したのでしょうか?

それは日本に返してもドンさん国にあまりダメージのない人々ではなかったのではありませんか?
もしもかの国で悲惨な目に合い続けている人々ならば、到底そうは簡単には返す事はない事でしょう?
あの当時にこの様な点は誰もが推測できたのではありませんか?
だから返す事が出来たのではありませんか?

しかし、国家の拉致プロジェクトならば果たしてその何パーセントのお方が帰るからだけでの決断が正しかったのであろうか?
さあ、安倍&中山女史、かの国のドンさんと小泉の約束を反故にまでして5人を返さずと小泉に進言された、そのあとの救出シュミレーションを是非そろそろ国民に話していただきたいものである。
まさか、その後の救出対応策も考えることなく、いわゆる「返しちゃダメ」だけで小泉に決断を迫ったわけではないでしょう?

あの当時は拉致をされた殆どの被害者達は生きていた(病死%事故死は別に)筈です。
なぜならば人間とは苦労して(拉致をして)手に入れたものは余程の事がない限りは大事(殺しはしない)?にするものです。

これは品物でも同じ、拾ったものやたやすく手に入った物は、いわゆる粗末に扱いますが、苦労して手に入れたものや、愛しい人からの贈り物等々は安い高いに関係なく大事にするように・・・

では、なぜ日本政府はこの人間としての基本的な心が読めなかったのでしょうか?

若しも5人を返さなければ、生きていたであろう被害者たちにかの国のドンさんの腹いせが飛ぶことを・・・安倍&中山女史、そして決断した小泉、ならば何故その後に即武力を使わなかった、使わないという事はかの国で苦しみ続けていたであろう被害者たちに危害が及ぶことすら考え付かなかったというのですか?或いは5人だけでも助ければいわゆる人気が出るとでも・・・

貴殿達は、かの国のドンさんが戦争を仕掛けたこと(拉致をしたこと)を認め謝った後に、理不尽な約束をかわし、その約束(5人を返す)を小泉が破ったという事は、売られた戦争は例え謝られようが戦争を買ったという事ではありませんか?
すなわち強硬手段に日本政府が切り替えたという事では有りませんか?
この様な基本的な事も分からず「返したら駄目」と安倍&中山女史が小泉に進言し、小泉も決断したというのですか?これではお子様ランチチームどころか泣くだけの赤ちゃんチームではありませんか?

もう一度言いましょう、
何故、かの国のドンさんが白状した時に、小泉はその心を読めなかったのですか?
もしもこの時に小泉が人の心を読める長けた人間としての対応が出来ていたならば、拉致は当の昔(当時に)に解決できていた事でしょうが・・・まあ、これが最大のポイントであった事は確かでしょうが、今から何を申しても遅いですがね!



メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

南京家様のスレッドの続きです。 ( No.5 )
日時: 2015/12/07 09:31
名前: 伍代和歌 ID:v3hPSwiA

結果が悪かろうが努力をしたのが褒められるのは子供の時代(成績)だけ
社会人になればその評価は結果のみ
まして政治家には当たり前のこと!

小泉・安倍・中山女史の拉致に対する決断(5人を返すな)は評価できますか?
出来ると申されるお方たちはそれはそうで宜しいでしょうが、しかし拉致被害者は5人だけではありません・・・・・

応仁はじめとする多分一部のお方たちでしょうね、5人を返さないという事は武力行使を小泉が決断したとあの時に思ったお方たちは・・・大多数の皆さんたちは単に5人のお帰りのみに対して喜んでいた事でしょうね、きっと?

しかし、その決断により、もしもかの国で苦しむ邦人たちがドンさんの怒りによって粛清されたならば、貴方はそれでも喜びましたでしょうか?
一国のトップリーダーの決断により国民の人生が変わるようではいけませんが、しかしそれが現実なのです、それだけトップリーダーには重みがあるのですぞ。

では如何に負け戦を勝つか!

先ずは3人(小泉・安倍・中山女史)が日本国民に謝ること、そしてかの国のドンさんにも約束を反故にしたことを謝る、そして政界から引退をしてスカッと禊をすなわちけじめをつける。
そして、自公政権を野党に渡す事が一番いいのですが、政治とは拉致だけではありませんから、そうもいかず、ただラッキーな事はちょうど今、5人を返す約束を反故にする事に対して反対の立場を御取りになった福ちゃんがトップリーダーになっている事だ、この際福ちゃんに頑張っていただく事が一番でしょう。
そしていわゆる「心対心」のドンさんとの交渉により拉致の全面解決をされることが一番でしょうね?
もちろんですが何人が生き残っているかはわかりませんが、如何なる悲惨な事態があったであろうが日本政府が懐深く受け止め、そしてブッタギル国の保障をドンさんに与えればドンさんも素直に応じることであろう?

まあ、応仁はブッタギル国の大統領選挙の1か月前の総攻撃を楽しみにしておりますが、世界情勢もあっという間に変動に見舞われ、ヨーロッパ地区危機が起き、ブッタギル大統領も黄色い猿たち(我々アジア人)の争いにちょっかいを出す暇もなくなったようだし、やはり後は福ちゃん独特の良いずるさでドンさんと酒でも酌み交わしていただきたいものである、いかがですかな福ちゃん総理、貴殿ならば必ず出来よう!

政治家の使命とは・・・

当たり前のことですが、小泉はじめ政治家の皆さんたちは、いわゆるボランティアでなさっているわけではなくお金儲けで仕事をされているわけです・・・すなわちプロです。

例えば総理大臣になれば、その年棒もうん千万円、しかも他に自由に使えるお金が10億円?以上、これが内閣機密費と言う打ち出の小槌なのです。
この金を狙う腹黒ネズミ達が官邸にうごめいているのでしょうね、きっと?

このお金を使った場合は領収書は要らない?らしいですから、例え総理大臣が愛しいお方や身内に小遣いとして多少お使いになろうが分からない事でしょうね・・・わかりますよね皆さん方も・・・

だから未解決の事案事件(ここでは拉致)があれば、その事案事件が解決しない限りその政治家を称えるようではいけないということ、称えるのは解決した後にする事がいわゆる筋であるのではありませんか?

すなわち政治家に対するその仕事の対価は十分に国民から与えられているということ、お分かりですよね、特に小泉&安部応援団の皆さん方?

だからこれ程にその責務が大なのですが、どうしたわけか拉致の解決ができない小泉それに続いた安倍を称え続けたお方たち・・・何故、称え続ける暇があるならば尻をたたかなかったのですか?
ここが応仁にはどうしても理解できませんでしたね?

すなわち、今までの拉致支援のやり方が・・・ね!


ターゲットは拉致の全面解決!
ならば、かの国に対して一生懸命にコンタクトを取ろうとしている政治家の皆さんたちに、やれ利権を狙っているんだ、なんだかんだと貶すのは御法度ではありませぬか?
如何なる手をお使いになろうが何もしない政治家よりも良いじゃありませんか?

武力行使がダメならば、ならば日本の国家予算をすべて使おうが、かの国で苦しむ邦人達の生還に頑張る政治家を応援すべきであろう・・・山崎&加藤達はYKKのよしみでお子様ランチの小泉の尻拭いをされている、ゆうならば御苦労な役割で助っ人しているお方たち、故に小泉&安部応援団が両人達を貶す事は筋が通りませんでしょうね?

応仁はこの様に思いますがいかがかな?


政治家の使命 その2!

何の為に公の仕事(政治家含め)があるか・・・それは「国民を守り永遠に豊かな子孫を残すため」とは応仁がいつも申す事ではありますが、はたして近年の公人達にはそれが分かっているのであろうか?

日本国が、戦後60年余りの間、平和国家で過ごせた最大のポイントは、はて、何 でしょう?
いろんな答えがあることでしょうが、まあ、一番多いお答えは多分、一に米国、二に 米国、三、四なくて五に米国」と成るんじゃないでしょうか?
応仁もそうだと思います。
すなわち日米安保条約が大きな役割を果たして来た事でしょうね・・・この時のトップリーダーがご存じのように岸総理、すなわち安倍の母方の御祖父さんです。
この時に、戦後最大のデモが起きた事は子供たちも学んでいる事でしょうが、国会に迫る多くの人間たちを顧みることなく、日本国の未来を考えて自身の信念を通した岸総理・・・これこそがいわゆるプロの決断と言うことです。(この件に絡んで?お尻だったか?足にだったかにドスを刺された・・・さぞ身内のお方には心痛された事でしょう)

日本国の未来を考えず、その場その場の良い悪い(5人の返す返さない)でぎゃあぎゃあ騒ぐ国民たちがいようが、日本の未来(全拉致被害者の未来)を考えて、プロとしての決断を下す、それが政治家の使命である・・・その為に国民が多大な税金を使い、日本国の進路をゆだねて政治家を雇っているんじゃありませんか、その政治家たちがプロとしての仕事をせずに世論ばかり気にして、いい加減な仕事をしようとするから拉致一つ解決できないのではありませんか?

ついでに平和日本の其の2のポイントは・・・
「戦争で生き残った、悟りを開いた全国民の御陰」 と言うのは如何でしょうか?
現在でも、外交問題でトラブルがあっても、生きるか死ぬかの戦争のこ とを思えば、小さな問題、小さな問題と悟りを開いた大きな心で対処が出来ているよ うに、また、以前はもっともっと屈辱的な問題も多かった事でしょうが、悟りを開いた国民 の御陰で、平和が続いたのだと思います。
だから、戦争を知らない国民の比率が多く なれば成るほど、国の考えが変わって行く・・・その為にも私たちが冷静に何事につけても考えなければいけないということです。

特にプロの政治家たちはね!


小泉万歳と叫び続けたお方たち
皆さん方はそんなにお金持ちですか?

日本国でのお金持ちと言われるお方たちは精々1%弱有れば良い方ではありませんか?
残りの99%以上のお方たちはいわゆる貧乏人ではありませんか、もちろんですが応仁も貧乏人仲間ですが・・・

では何故貧乏人たちを苦しめる経済制裁ばかりを叫ぶのですか、と言う事は叫んでいるお方たちはお金持ちの皆さんたちですかね?

5人が帰り小泉&安部万歳と叫んでいる間に、いわゆるどさくさにまぎれて貧乏人達を苦しめる、逆に申せばお金持ちを助けるいろんな法案を国会で通し、その中でも特に若者たちの雇用を苦しめる規制緩和により、働く若者たちを苦しめ続ける数々、これ全て小泉万歳と叫んだ皆さんたちの貢献?ででもあるんですぞ。

もうこれ以上応仁から言わなくともいい加減に目をさましましょう、拉致事件を小泉達に利用され続けられた事をね!

拉致支援のリーダーの皆さん方
まさか内閣機密費が貴方達の手に渡っていたなんて言う事はないでしょうね
ならば何故いまだかつて日本政府を攻撃しようとしないのですか?
かの国で苦しむ邦人達、そして年老いた御家族達のことを思えば、何年も同じ戦いをなぜされるのですか?何故ですか?

応仁は何時もこの点が歯がゆいです!

マスコミの功罪!

5人が羽田でタラップを降りてくる
中山女史がまるでファッションショーの主役の如くの雰囲気で夫婦のお方と手をつなぎ一番に・・・そして次のご夫婦が・・・しかし3番目のお方は一人でさみしそうな雰囲気で・・・曽我さんだ

このとき応仁はテレビを見ながら「何故、中山女史は曽我さんと一緒に降りてこないのだ」と立腹したものだ。
ここに拉致を政治利用しようとした小泉の原点があるのではありませぬか?

そしてその後は、これでもかと言わんばかりの5人を利用したテレビを使った政治利用が続くが、しかし残りの被害者たちの消息はおろか全くの進展がなし、これでは残された邦人たちや身をちぎられるような長年の歳月を重ねる年老いた御家族達はあまりにも哀れではありませんか。

マスコミを利用する其の極め付きは郵政選挙!!

ウイークデーの昼間に集まるお方とはそうは簡単には集まらないが、しかし鶴の一声で右向け右で動く団体がおれば容易いものだ、それをマスコミが大々的に茶の間に放映すれば、お菓子を食べながらテレビに向かう奥方たちに限らず、誰だってその創られた人気に騙されることであろう?

何故マスコミは創られたショーと分かりながら容易く電波に乗せるのだろうか?そこにもきっと何かが動いていることだろうね、きっと!

如何なる手段を使おうが救出することです。
武力が駄目なら金を使え
金が駄目なら知恵を使え
知恵が駄目なら心を使え
心が駄目なら・・・


マスコミの功罪 その2!

応仁の経験から申しますが・・・
パートの奥さん方に働いていただいた時の感想なのですが、某宗教を信心しているお方達は真面目で良く働きそしてよく気が付く奥さん方が多かったように思います、すなわち良い社員でしたね。

では、なぜ信仰心の厚いお方かと分かったかと申せば、それは線香の香りをお持ちになられるからです。多分会社へ出勤される前にも線香を毎日捧げているのでしょうね?きっと。

また、応仁が早朝の愛犬の散歩で出会う、新聞を自転車で配られている奥さん方も、毎朝の挨拶は穏やかで地域住民の鏡でしょう。

社会人として真面目で社会に貢献される信仰心のあつい皆さんたちは、素晴らしい・・・しかし、この素晴らしい信仰も政治という分野で右向け右に悪用されることはいかがなものでしょうか?
応仁の子供のころ母親が「選挙とは、お父さんやお母さんの言うこと、すなわち第三者の指示に従ってやるのではなく、あなた自身の判断で投票するものです」等々を聞かされたものです。
一票は誰もにも公平に与えられている選挙、この素晴らしいシステムを奪い取り壊すようではいけません。

ましてその後押しをマスコミが担ぐようでは如何いたしますか?

応仁の若かりし頃の遊びですが、乙女を口説く最良の方法は?
それは自分で自分を褒めるような事を相手に話そうが其の効き目はそんなに効くものでもなし、しかし第三者から嘘でもいいからひきつけるような口コミをして頂ければ結構効くもの、お分かりですよね?

ちょうど小泉郵政選挙の様なものです。
右向け右を立会演説会にわんさと集め、その状況をマスコミで如何にも支持者が多いが如くに流す・・・それを見ればやはり騙されますでしょう?

この様に権力者とはあの手この手と国民を騙す企てをしてくるものです。
しかしその企てに乗るようではいけません、この様な点を肝に据えて今までの拉致支援活動をもう一度振り返り、これからはますます強烈な支援活動をやらなければ、何年たっても同じですぞ、やる以上は相手の急所を攻撃する支援活動をしなくては意味はありません、相手とは日本のそしてかの国のトップリーダーのことですぞ!


福ちゃんがなぜ突然逃げたか?

それは「拉致問題は私が解決します」と言った手前動きようがなくなった福ちゃんと応仁が、トピ(1)で指摘をした中山女史との相違点やこれから起きるであろう中山女史への責任の追及等にいや気がさしたからでしょうね、きっと。

だから「ぼくちゃんも安倍僕ちゃんに続いて逃げちゃおう〜」となったのでしょうね!


以上が
応仁が2008年に
ミクシィーコミュに書き込んだものです。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存