ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(6) ( No.819 )
日時: 2010/08/02 23:05
名前: 満天下有人 ID:I.v3gczc

・・・話を戻して、1914年にFRB創設のためにジョージア州・ジキル島に集まったロスチャイルド代理人の面々が、FRB株主を決め、内訳は前回紹介した通り全てロスチャイルド各銀行なのだが、全米に12の連邦準備銀行を設け、その中心をNY連銀に置く・・・FRB株主が全部私的銀行であり、かつNY連銀の株主も、当時のNYタイムスが批判的に暴露記事にした通り次項で紹介するが、30%がロスチャイルド関係の私的銀行であり、かつ金融政策はすべてNY連銀が決定する仕組みが創られた・・・

・・・歴代米財務長官が、ゴールドマンサックスとNY連銀総裁とのタスキがけ人事になっていることは、私的銀行が株主であるFRBと財務省の呉越同舟の創設時の構造を顕しているものであろう・・・近年ではクリントン政権ではルービン、ブッシュ政権ではポールソン財務長官、二人ともゴールドマンサックスのCEOであり、現在のガイトナー財務長官はNY連銀総裁から今回横すべりしている・・・FRB前議長グリーンスパンも含めて全員ドイツ、東欧系ユダヤ人である・・・

中央銀行と財務省の人事、そんなこと、日本でも同じではないか、大蔵省と日銀によるたすきがけ人事でもやっていることではないかと思われる向きは、中央銀行の株主が根本的に違う所に注意する必要がある・・・日銀株主は55%が大蔵省であり、45%は民間になっているが、どちらも議決権がない・・・

FRBはリンカーンが暗殺されたように、政府が立ち入る隙がなく、これは株主が全部私的銀行であって、そして政府財務長官もそこの出身であるから当然であり、また、私的銀行が株主であるNY連銀総裁が財務長官になるのだから、政府は1株も持ち得ない構造になっている・・・ここがFRBと日銀の根本的な違いであることを把握しておかねばならない・・・

・・・で、それの何が問題なのだと言われるなら、要するに歴史的経緯からもわかるように、米国の通貨及び軍事戦略にせよそれは、「政府」としての国際政治行為ではなく、ロスチャイルドを基点とする大金融資本によってなされているということである・・・大統領も誰にするかは、米最大勢力のADL・ユダヤ人名誉棄損防止同盟とあいまって決定される・・・

FRB政策を実際に仕切るNY連銀の発行株式数20万株の主要株主構成は次のとおりである、3行で30%保有・・・

ナショナルシテイバンク 3万株(シテイバンクはロックフエラーと、ロスチャイルドが代理人としてアメリカに派遣したジェイコブ・シフのクーンレープ商会の共同所有銀行)

フアーストナショナルバンク1.5万株(オーナーはJPモルガン)

ナショナルバンクオブコマース2.1万株(オーナーはモルガンギャランテイ)

註:モルガン財閥はもともと清教徒として新大陸に渡ってきた純粋WASPの二代目ジョージ・ピーボデイがアメリカで毛皮商を始め、小金で銀行業も兼業するのだが、当時アメリカ各州のすさまじい鉄道起業を見て、鉄道公債を欧州に売り込むためにピーボデイはロンドンにモルガン商会を設立・・・

マサセッチュ州の公債をロンドンにはめ込んだのだが、州は償還期限が到来しても財政悪化により償還できずにピーボデイは、矢面に立たされてしまう・・・この時ロンドンで救いの手を出したのが、エドワードグレンフエルという人物である・・・彼の父はロスチャイルドの策略で英イングランド銀行の総裁になり、グレンフエル一族はロスチャイルドと一身同体の関係になっていた・・・

そのグレンフエルがピーボデイを救う条件で経営に参画、1910年にモルガンはモルガン・グレンフエルに改組される・・・実質はロスチャイルドでありしたがって上記NY連銀株の保有者モルガンは実質ロスチャイルドという関係にあった・・・晩年ピーボデイが引退するとき、彼の全資産に占める自己名義のものは10数%しかなかった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存