ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[314] 宗教とは何か
日時: 2009/10/30 11:44
名前: 天橋立の愚痴人間

「アメリカ研究<ピューリタニズム」スレッドでの返信ですが、宗教論として別のスレッドの方がよいと思いましたので立上げました。


「宗教とは何か」と言う問いに下記のような説明がある。

世界には日常の経験によっては証明不可能な秩序が存在し、人間は神あるいは法則とい
う象徴を媒介としてこれを理解し、その秩序を根拠として人間の生活の目標とそれを取り巻
く状況の意味と価値が普遍的、永続的に説明できるという信念の体系をいう。この信念は、
生き生きした実在感をもって体験として受け取られ、合理的には解決できない問題から生
じる知的、情的な緊張を解消し、人間に生きがい、幸福を与える役割を果たすものとして期
待されている。また、信念を同じくする人々が、教会、教団とよばれる共同体を形成する。


ただし、これは宗教の外見上(教団の存在)の概念については理解できるが、宗教そのものについての説明には乏しい。
概略すぎて申し訳けないが、歴史的に宗教のことを追ってみよう。

(呪術の段階)

宗教は最初、アニミズムやシャーマニズムと言う形で、生産の為の自然崇拝から始った。やがてそれが一神教とか多神教の形で神という概念を創り出した。
この段階では、個人及び生計を共にする小集団がその不安に対応するために宗教活動を行うのが中心であり、そのうち指導者が長老とか呪術者という形で出てくる。

(古代宗教の段階)

その後社会が発達し、人間の生活単位が部族から民族へ、さらに国家と広がるに従い宗教のあり方(宗教によせる気持)も複雑化し大規模となり、部族神、国家神の形をとることになる。
古代エジプト王国などは、その究極の形である。
此処では王は宗教上の最高権威でもあり、宗教は個人及び生計を共にする小集団の宗教的願いを包括しながらも統治の為の要素も宗教活動の中に入ってくる。
この時代の国家は純粋な宗教国家と言える。

続く
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

古代宗教の神々 ( No.48 )
日時: 2018/10/22 16:24
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BEJWm4C6

古代宗教の神々を紹介します。


>エジプトの神

エジプト神話は、特定の開祖が存在しない多神教であり、信仰される神々は、自然現象などを神格化した自然神である。一部、実在した王を神格化した人物神もいると言われるが、断定的な説はない。多くの場合は動物の姿、あるいは動物の頭を持つ人間の姿で表される。

時代が下るにつれて、古い神は他の神に役割を奪われたり、習合して一つの神になったり、神話から姿を消したりすることがあった。例えば、代表的な太陽神であるラーは、後にアメンと習合した。逆に、複数の神々が同じ役割を担うこともあった。例えば世界の創造主としては、後述のようにアトゥム、プタハ、クヌム、オグドアドなど様々な神が信仰された。
エイジプトの神々
アク (Akh):霊魂の相。死後カーとバーの結合により生じる。後期にはカーの分裂によりバーと共に生じると信じられた。
アケル (Aker):地平線の神格化。太陽と2頭の獅子(昨日と明日)に囲まれた盥。
アステン(Asten/Astes)
アテン (Aten/Aton):無数の手を持つ円盤の姿の神。
アトゥム(Atum)
アナト(Anat)
アヌケト(Anuket/Anukis):氾濫するナイル川の女神。名称は「(大地を)抱くもの」に由来。
アヌビス (Anubis)
アピス(Apis)
アポピス(Apophis)
アメミット (Ammit)
アメン(Amen/Ammon)
アメント(Ament):アメンの女性形。鷹頭/駝鳥頭で、しばしば有翼の太母神。
アンクト(Ankt):小アジアの戦女神
アンジェティ(Andjety):アンジェト(Gr. ブーシリス)の主神。死者の統治、再生を司る。
イウサアース(Iusaaset/Saosis(項目 Atum 参照)):アトゥムの影にして妻神。
イウニト(Iunit)
以下多数

>ギリシャの神

ギリシア神話は、以下の三種の物語群に大別できる。

世界の起源(→世界の始まり)
神々の物語(→オリュンポス以前、オリュンポスの世界)
英雄たちの物語(→人間の起源、英雄の誕生、英雄の神話)
第一の「世界の起源」を物語る神話群は、分量的には短く、主に三つの系統が存在する(ヘーシオドスが『神統記』で記したのは、主として、この「世界の起源」に関する物語である)。

第二の「神々の物語」は、世界の起源の神話と、その前半において密接な関連を持ち、後半では、英雄たちの物語と絡み合っている。英雄たちの物語において、人間の運命の背後には神々の様々な思惑があり、活動が行われ、それが英雄たちの物語にギリシア的な奥行きと躍動を与えている。

第三の「英雄たちの物語」は、分量的にはもっとも大きく、いわゆるギリシア神話として知られる物語や逸話は、大部分がこのカテゴリーに入る。この第三のカテゴリーが膨大な分量を持ち、夥しい登場人物から成るのは、日本における神話の系統的記述とも言える『古事記』や、それに並行しつつ歴史時代にまで記録が続く『日本書紀』がそうであるように、古代ギリシアの歴史時代における王族や豪族、名家と呼ばれる人々が、自分たちの家系に権威を与えるため、神々や、その子である「半神」としての英雄や、古代の伝説的英雄を祖先として系図作成を試みたからだとも言える。
ギリシャの12神
ゼウス
ゼウスの妻ヘーラー[2]
ゼウスの娘アテーナー[3]
アポローン
アプロディーテー
アレース
アルテミス
デーメーテール
ヘーパイストス
ヘルメース
ポセイドーン
ヘスティアー

>インドの神

ヒンドゥ教における三大神とは、シヴァ、ビシュヌ、ブラフマーである。それぞれ、シヴァは破壊、ビシュヌは維持、ブラフマーは創造を司るとされている。

三大神が確立されたのはおそらく紀元前後のことだが、このうちブラフマーにたいする信仰は早い時期に衰退し、現在、ヒンドゥ教は大きく、シヴァ派とビシュヌ派に二分されている。

アグニ
インドラ(帝釈天)
アシュヴィン双神
チャンドラ (英語版)
ピシャーチャ
ヤマ(閻魔)
ローカパーラ
デーヴァ
ヴィシュヌ[注釈 2]
クリシュナ(K天)
シヴァ
サラスヴァティー[注釈 3](弁天)
ドゥルガー
クベーラ(毘沙門天)
ハヌマーン(大猿王)
ラークシャサ(羅刹)
ラーヴァナ
インドラジット(メーガナーダ)
ナラクーバラ(哪吒)
ヤクシャ(夜叉)
ハーリティ(鬼子母神)
以下多数

>メソポタミアの神

メソポタミア神話(メソポタミアしんわ)はシュメール人、東方セム語アッカド人、アッシリア人、バビロニア人と後に移住してきたアラム人カルデア人の信仰した宗教であり、彼らの共有し、発展させた神話体系である。

アンシャル

天の神。
キシャルの夫。
新アッシリア時代になると、アッシュールと習合された。

イシュタル
愛と美の女神。戦・豊穣・金星・王権など多くの神性を司る。
シュメール神話のイナンナが変化したものだと考えられる。

イナンナ
金星、愛や美、戦い、豊穣の女神。
イシュタルの原型ともいえる女神。

エンキ
工芸、水、知性、創造を司る神。

シヤマシュ
太陽神。

ナブー
知恵と書記の神。

アヌ(アンとも)

天空や星の神であり、世界の礎を築いた神々の王。
アプスー

地底に存在すると考えられていた淡水の海を擬人化したもの。
あらゆる淡水を司るといわれる。
ティアマトの夫。お気に入り詳細を見る
アッシュール

アッシュール市そのものが神格化された神。
エンリル

ニップールの守護神で風の神。

キシャル

アンシャルの妹(または姉)であり妻。
大地を司るため、地母神とも考えられている。
キングー

ティアマトの息子の一人にして第二の夫。
シン

月神。
ティアマト

原初の海の女神。
あらゆる塩水を司るとされる。
アプスーの妻。お気に入り詳細を見る
ナンム

シュメールにおける、海の女神。
天地を生んだ母、全ての神々を生んだ母なる祖先とされた。
ニンリル
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存