ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[314] 宗教とは何か
日時: 2009/10/30 11:44
名前: 天橋立の愚痴人間

「アメリカ研究<ピューリタニズム」スレッドでの返信ですが、宗教論として別のスレッドの方がよいと思いましたので立上げました。


「宗教とは何か」と言う問いに下記のような説明がある。

世界には日常の経験によっては証明不可能な秩序が存在し、人間は神あるいは法則とい
う象徴を媒介としてこれを理解し、その秩序を根拠として人間の生活の目標とそれを取り巻
く状況の意味と価値が普遍的、永続的に説明できるという信念の体系をいう。この信念は、
生き生きした実在感をもって体験として受け取られ、合理的には解決できない問題から生
じる知的、情的な緊張を解消し、人間に生きがい、幸福を与える役割を果たすものとして期
待されている。また、信念を同じくする人々が、教会、教団とよばれる共同体を形成する。


ただし、これは宗教の外見上(教団の存在)の概念については理解できるが、宗教そのものについての説明には乏しい。
概略すぎて申し訳けないが、歴史的に宗教のことを追ってみよう。

(呪術の段階)

宗教は最初、アニミズムやシャーマニズムと言う形で、生産の為の自然崇拝から始った。やがてそれが一神教とか多神教の形で神という概念を創り出した。
この段階では、個人及び生計を共にする小集団がその不安に対応するために宗教活動を行うのが中心であり、そのうち指導者が長老とか呪術者という形で出てくる。

(古代宗教の段階)

その後社会が発達し、人間の生活単位が部族から民族へ、さらに国家と広がるに従い宗教のあり方(宗教によせる気持)も複雑化し大規模となり、部族神、国家神の形をとることになる。
古代エジプト王国などは、その究極の形である。
此処では王は宗教上の最高権威でもあり、宗教は個人及び生計を共にする小集団の宗教的願いを包括しながらも統治の為の要素も宗教活動の中に入ってくる。
この時代の国家は純粋な宗教国家と言える。

続く
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

一神教の世界 ( No.50 )
日時: 2018/10/22 17:42
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BEJWm4C6

一神教の基本はある意味きわめて単純明解です。神の教えを絶対なものとして信じ、それに沿った行動を行えばよいのです。その教えも聖書やコーランに明記されていて、実にわかりやすいものです。

具体的には人々は個人的に神と契約していると言う形で存在します。
キリスト教で行う懺悔の儀式も告白もその表れですし、イスラム教徒が行う1日5回の礼拝の儀式などもそうです。

私は映画や動画などでより知りませんが、キリスト教圏の人々は困難に直面したとき、良く「神を信じるか!」と言う設問をします。
概ねは信じるという答えの様ですが、具体的に神の何を信じるかは語られません。
神が奇跡を起こして自分たちが救われるなどと言う事でしょうか。
キリスト教には確かに奇跡の伝承がありますが、宝くじに当たる以上に、万に一つもないその奇跡を期待して信仰している訳でもないでしょう。
それに対してイスラム教徒の間では、困った時の神頼み的な信仰意識ではなく常にアラーの神への服従を誓います。

ですので、イスラム教を突き詰めると、国家の規範よりもアラーの神との契約が優先し、国家の規範の方が従属させられると言えます。結果、宗教国家として現れる事は現在のイランやタリバンの存在で解るでしょう。

まあ、中世のキリスト教も宗教国家を成していましたが、キリスト教とイスラム教の唯一神との契約内容が微妙にことなるので結果が違ってきます。

聖書は以下のような文言がズルズルと続きます。

マタイによる福音書
山上の垂訓

第6章
6:1
自分の義を、見られるために人の前で行わないように、注意しなさい。もし、そうしないと、天にいますあなたがたの父から報いを受けることがないであろう。
6:2
だから、施しをする時には、偽善者たちが人にほめられるため会堂や町の中でするように、自分の前でラッパを吹きならすな。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。
6:3
あなたは施しをする場合、右の手のしていることを左の手に知らせるな。
6:4
それは、あなたのする施しが隠れているためである。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。
6:5
また祈る時には、偽善者たちのようにするな。彼らは人に見せようとして、会堂や大通りのつじに立って祈ることを好む。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。
6:6
あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。
6:7
また、祈る場合、異邦人のように、くどくどと祈るな。彼らは言葉かずが多ければ、聞きいれられるものと思っている。
6:8
だから、彼らのまねをするな。あなたがたの父なる神は、求めない先から、あなたがたに必要なものはご存じなのである。
6:9
だから、あなたがたはこう祈りなさい、
天にいますわれらの父よ、
御名があがめられますように。
6:10
御国がきますように。
みこころが天に行われるとおり、
地にも行われますように。
6:11
わたしたちの日ごとの食物を、
きょうもお与えください。

(終わり)

問題は如何に膨大な文章で示しても人間の行動を包括する事は出来ないのです。
逆に捉えれば、キリスト教を信仰すると言う事は、イエスの教え(聖書)守ると言う事は、聖書に該当しない部分については自由に判断することが出来ると言う事になります。
だから概ねのキリスト教徒はイエスの教えを敬い、また具体的な教えがなかってもイエスの教えの延長でものを考えるでしょう。
ですが、信仰の仕方もいろいろで、イエスの直接の言葉の無い部分は我欲を押し通す人間も出てきます。
具遺的に言えば、中世ヨーロッパの侵略戦争、植民地経営などは、イエスの教えを広く当てはめるとやってはいけないことのはずです。
現代社会においてもユダヤ金融資本の世界経済支配は、決してキリストが望んだ社会ではないでしょう。
ですが彼等はキリストの名において、当然の様に行い反省をしません。
キリスト教は人類全体の規範であると言うよりも個人の生き方の基本であると言う証拠です。
そう言う意味で世界の政治に影響する、ローマ法王の存在など、実に偽善的と言えるでしょう。

イスラム国家の現状を見ても、宗教が政治を掌握する事は認められません。
しかしながら、キリスト教の教えがあれば、キリスト教的世界観の基づいていれば世界が幸せになると言う錯覚は持ってはいけない事と思います。

これも具体的に言えば、西欧、アメリカでは裕福な人間の寄付行為が社会的な善行と認められ推奨され称賛を受けることが人々に受け入れられている事です。
無条件の寄付行為であれば良いのですが、そうした裕福な人たち、企業は強引な金儲けをした結果であり、それを許さない社会の規範作りの方が求められるからです。

もちろん、全ての寄付者が、その様な強欲人間とは言いません。
ですが、アメリカの様な寄付社会を漫然と受け入れている様では本当の社会改革にはなりません。

キリスト教はイスラム教と同じく世界を席巻している宗教です。
しかしながら、そのキリスト教国による世界史は略奪と殺戮の世界史でもあった事も忘れないで置きたいものです。

ここでは一神教社会の有り様を書きましたが、日本、インドの様な多神教社会では、どのような事が言えるのでしょう。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存