ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[314] 宗教とは何か
日時: 2009/10/30 11:44
名前: 天橋立の愚痴人間

「アメリカ研究<ピューリタニズム」スレッドでの返信ですが、宗教論として別のスレッドの方がよいと思いましたので立上げました。


「宗教とは何か」と言う問いに下記のような説明がある。

世界には日常の経験によっては証明不可能な秩序が存在し、人間は神あるいは法則とい
う象徴を媒介としてこれを理解し、その秩序を根拠として人間の生活の目標とそれを取り巻
く状況の意味と価値が普遍的、永続的に説明できるという信念の体系をいう。この信念は、
生き生きした実在感をもって体験として受け取られ、合理的には解決できない問題から生
じる知的、情的な緊張を解消し、人間に生きがい、幸福を与える役割を果たすものとして期
待されている。また、信念を同じくする人々が、教会、教団とよばれる共同体を形成する。


ただし、これは宗教の外見上(教団の存在)の概念については理解できるが、宗教そのものについての説明には乏しい。
概略すぎて申し訳けないが、歴史的に宗教のことを追ってみよう。

(呪術の段階)

宗教は最初、アニミズムやシャーマニズムと言う形で、生産の為の自然崇拝から始った。やがてそれが一神教とか多神教の形で神という概念を創り出した。
この段階では、個人及び生計を共にする小集団がその不安に対応するために宗教活動を行うのが中心であり、そのうち指導者が長老とか呪術者という形で出てくる。

(古代宗教の段階)

その後社会が発達し、人間の生活単位が部族から民族へ、さらに国家と広がるに従い宗教のあり方(宗教によせる気持)も複雑化し大規模となり、部族神、国家神の形をとることになる。
古代エジプト王国などは、その究極の形である。
此処では王は宗教上の最高権威でもあり、宗教は個人及び生計を共にする小集団の宗教的願いを包括しながらも統治の為の要素も宗教活動の中に入ってくる。
この時代の国家は純粋な宗教国家と言える。

続く
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

私の宗教観 ( No.53 )
日時: 2018/10/22 21:18
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BEJWm4C6

このスレッドを綴りながら、私自身の宗教に対する想いを述べます。

私が若いころ(大学生のころ)はキリスト教の教えが新鮮に移り、日本中に散会する教会や牧師、神父の存在と共に好意を持っていたものです。

しかしながら思想書などを読み漁る内に、キリスト教の教義に鼻じらむものを感じてきました。
何故、それほどイエスに拘らねばならないか!
同時にアングロサクソンで書いたように、キリスト教圏では我欲の強い人間が野放しにのさばり、それを非難する想いが全くないと言う事です。

それに引き替え、仏教の教えは、釈迦の悟りは示唆するが、結局は自分自身で努力しなさいと言うもので、自由な精神が保たれます。
死後の世界観も恣意的に納得できるもので、死後の世界をイエスに委ねたりしません。

と、言う訳で老年に至るほどに仏教に好意を抱くようになりました。
と言っても、熱心な信仰を持っている訳でもなく、実際は葬式仏教の域を出ません。

しかしながら仏教の世界観とそれに並ぶ儒教的、倫理、道徳の思想は神道思想にもつながり、日本人の心のバックボーンとして相応しいものと思っております。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存