ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3357] 40年前の日本の政治<大平正芳を語る
日時: 2020/07/11 13:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3SQDi4bg

EUなど経済統合、格差の増大でギスギスしてきた至上主義経済社会。
思えば、半世紀前、どのような状況で、どのように現在に至ったかを検証してみたい。
大平正芳は。1978〜1980年にかけて大平内閣を組織していました。



「大平正芳の時代認識」

1993年10月00日
著者 公文俊平 より引用。

を紹介しながら検証したいと思います。
上記サイトの文章は一部省略しています。


一九七八年一二月七日、第六八代内閣総理大臣に就任した大平正芳は、翌年の一月二五日、第八七回国会で行った最初の施政方針演説の冒頭で、「まず私の時代認識と政治姿勢について申し上げます」とのべて、 "文化の時代の到来" と "地球社会の時代" を、その "時代認識" の二本の柱とした。総理大臣の就任最初の施政方針演説で、 "時代認識" という言葉がもちいられたのは、この時をもって嚆矢とする。 

もともと、 "時代認識" という言葉は、それほど古くからあった言葉ではない。長年、宏池会のライターとして活躍してきた福島正光氏によれば、この言葉は、戦前広くもちいられていた "時局認識" という言葉の戦後版だという。戦後、それがいわば装いを新たにした形でジャーナリズムの一部でもちいられはじめていたものを、宏池会の政策文書などの中に次第にとりいれていったのだそうだ。しかし、この言葉は、いまだに広辞苑にも収録されていないし、私の調べたかぎりでの和英辞典にも見あたらない。その意味では、まだ日本語として完全に熟しているとはいえないのかもしれないが、次第に一般に普及するようになってきていることも事実である。

(中略)

より最近の例としては、「日本の政治を代表してきた自民、社会両党にそうしたグローバルな時代認識があるだろうか」(九二年七月) 、「社会党が田辺氏の辞任を契機に、時代認識をもって政権政党に脱皮することを願っている」(九二年一二月) 、「このような時に、経団連会長は相も変わらず自民党に資金提供をすると言っている。時代認識の欠如もはなはだしい。」(九三年六月) 、「地球規模の "環境冷戦" が始まったという時代認識に立ち、共生への道を探る」(九三年七月) 、「おれはもう七十八歳だよ。この年の人間を引っ張り出そうなんて、時代認識が間違ってる」(九三年七月) 、「連立与党が将来、どのようになるのか、政党政治への時代認識を河野氏がただした」(九三年八月) 、「首相発言といえば、所信表明演説で "侵略行為" と強調した戦争への反省も、非常に好意的に受け取られていることが分かった。時代認識にも国民の共感がある」(九三年九月) 、など多くのものがあり、この言葉が次第に日常用語として定着しつつあることを伺わせる。施政方針演説については、「時代認識や国際情勢から始めて、次第に内政問題へ話を移していくという施政方針演説の常道」(九三年一月) といわれるまでになってきている。 

これらの用例からみると、この "時代認識" (あるいは "時局認識" ) という言葉は、日本人が通有している世界観を端的にあらわしている "文化語" とでもいうべき言葉であることがわかる。すなわち、日本的世界観の特質のひとつは、外の世界が、ある大きな流れ−− "世界の大勢" −−にのってうごいているという信念をもっているところにある。しかも、この流れ自体は、黒潮が流れをかえるように、時に変化することがあって、それが "新時代" をもたらすのだが、われわれ日本人には、この時代の流れそのものをかえることはなかなかできない。われわれにできるのは、むしろ、その流れの方向や性質、とりわけそれらの変化を、なるべく速やかかつ的確に認識した上で−−つまり、正しい "時代認識" をもった上で−−それにあわせて自分自身のあり方や行動を変革することなのである。したがって、われわれの常に心がけるべきことは "変化への対応" (第二臨調がかかげた行政改革の第一理念)である。

これが、ルース・ベネディクトが『菊と刀』でしめした日本分析以来有名になった、日本人の、 "状況対応型倫理" 原則にほかならない。いいかえれば、この意味での "時代認識" の通有こそが、日本人を合意と行動にみちびく大前提なのである。そうだとすれば、日本の偉大な政治家の条件は、時代の変化に対する鋭敏な感覚をもち、他の人々にさきがけて、新しい時代認識とそれが含意する新しい対応行動を提示し、人々を説得できることだといってよかろう。他方、およそ日本の政治家たるものが最低限度もたなければならない資質は、すでに世間で広く通有されているものからかけはなれた、 "古い" 時代認識にいつまでもしがみついていないで、適当な時期に、新しい時代認識に乗りかえる機敏さと柔軟性をもっていることであろう。吉田茂は、戦後におけるこの意味での偉大な政治家の典型であった。

そして、後に検討するように、大平正芳もまた、その時代認識の新しさと的確さの両面において、日本の偉大な政治家の一人に数えられる条件をみたしている。しかも大平は、その施政方針演説を、みずからの時代認識をまず明示してみせることろから始めることによって、そのスタイルを後々の施政方針演説の "常道" にする先例を作ったという意味でも、注目に値する政治家だといわなければならない。  



著者は、ルース・ベネディクトが『菊と刀』を紹介して「日本の政治家の時代認識とは"状況対応型倫理" 原則にほかならない」と喝破している。

勿論、時代認識とは現実の把握がしっかりとできることが条件である。また的確に時代の要請を認識できてこそ、それに立脚する将来の指針を得ることが出来るのである。

明治維新以来、池田内閣までは欧米に追いつけ追い越せが明確な目標であり、各内閣は時代認識にも施政方針でも妥当な線を容易に保持することが出来ていた。
ベネディクトの状況対応型文化と揶揄されながらでも。

ここでは、大平正芳における時代認識と最後に現代の政治家の時代認識について検証することにする。


続く。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 40年前の日本の政治<大平正芳を語る ( No.2 )
日時: 2020/07/11 14:41
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3SQDi4bg

>「二、地球社会の時代 」 

"楕円の哲学" を大平の時代認識の基盤をなす哲学だと位置づけた上で、次に、彼の "時代認識" の内容そのものを、より詳しく見ていくことにしよう。大きな流れとしていえば、大平独自の新しい時代認識は、その基本部分が、一九六〇年代の終わりから一九七〇年代の初めにかけてまず形成された。それは、大平正芳が、日本を指導する政治家としての自覚をもって、みずからの新たな時代認識を他にさきがけて明確に打ちだしはじめた時期と一致している。

ここでは、大平の時代認識を構成する "文化の時代" および "地球社会の時代" という二本の柱のうち、まずその第二のものから見ていくことにする。 

"地球社会の時代" の到来という時代認識の根底にあるのは、われわれは全地球的な "相互依存の時代" に生きているという認識である。大平のこのような認識は、一九六〇年代の初めに早くも形成され、その後も一貫して変わっていない。

"地球社会の時代" の到来という時代認識の根底にあるのは、われわれは全地球的な "相互依存の時代" に生きているという認識である。大平のこのような認識は、一九六〇年代の初めに早くも形成され、その後も一貫して変わっていない。 

すなわち、大平は、一九六三年の九月に池田内閣の外相として、第十八回国連総会でおこなった演説の中で、すでに次のようにのべている。

今日ほど、平和について語られ、平和について論ぜられることの多い時代はなかったと言っても過言ではありません。それは、人類の絶滅をもたらすべき核戦争の脅威が増大したことによって、われわれが、真剣に、平和の問題を考えざるをえなかったからであります。昨年末、キューバをめぐって起った危機が、全世界を恐怖で蔽ったことは、いまだわれわれの記憶に新しいところであります。地球の一角で起ったこの危機は、直ちに全世界、全人類の存亡に連なっていたのであります。誠に、われわれ人類は、今や運命をともにしているといえましょう。このようなことは、世界史上、いまだかつてなかったことであり、現代を特徴づける最も大きな要素の一つであります。

しかし、われわれが運命をともにしているのはこのような消極面においてのみではありません。今日の科学技術の発達が、人間生活のあらゆる分野における交流を促進したことは、誠に驚くべきものがあり、今や、一国民は、他の諸国民と、政治的にも経済的にも、文化的にも固くむすばれているのであります。個人が国家の中で孤立して生活しえないのと同様に、国家も、世界の中で、孤立しては存在しえません。このように、人類は今や、生においても、死においても、互いに深くかかわり合っているのであります。この意味において、われわれ人類は、真にその運命をともにするにいたったのであります。

この演説の中では、後に現代国際政治学のキーワードの一つとなった "相互依存" という言葉自体は、まだもちいられていない。しかし、クーパーの『相互依存の経済学』が出版されたのが一九六八年、コヘインとナイの『権力と相互依存』の出版は一九七七年であったことを考えると、大平がこの演説で、早くも相互依存という事実に着目していたことは、いくら高く評価してもよいだろう。 

大平はまた、同じ講演の中で、今後の日本が「国際的インサイダー」として「名誉ある生存を確保する」必要があることを強調し、そのためには何が最も大切かと自問して、次のように答えている。

われわれは、スマートな国際人になることがむずかしいにしても、少なくとも信頼される国際人にはならなければならないし、またそれは可能であるはずである。それには、まず、「できること」と「できないこと」を明らかにし、口にしたことは、必ず実行するということが必要である。とくにわれわれは、長い歴史を通じて単一の言語と人種を持つ社会を構成し、外部世界と隔絶していただけに、個人や集団相互の関係にはきびしさよりも甘さがあった。この甘さは、外国からみれば、エゴイズムととられたり、背信とうつったりすることが意外に多いことに思いを致すべきである。

さらに、われわれの行動は、独善的なものではなく、国際的にみて理解されるような目的とルールに即ったものでなければならない。日本のために世界があるのではなく、世界のために日本があると考えるべきである。



こうした大平の理念は、PKO問題にしても、環境保全の問題にしても、依然として国際的アウトサイダーの域を出ていないのである。



>三、転換期の到来と戦後の総決算  

次に、大平の時代認識の第一の柱である "文化の時代の到来" の部分に目をもどそう。その出発点にあたるのは、大平が、第二次佐藤内閣の通産相として、一九七〇年の一月に地方銀行の雑誌『五行評論』に発表した論文「新通商産業政策の課題」 (『回想録』、資料編所収 pp.194-201)である。 

大平はこの論文の冒頭で、一九七〇年代の日本は、「大きな転換期を迎え、いわば新たな歴史的段階に進み出ようとしていることが感じられる」とのべている。なぜか。それは、明治以来の日本の国家目標であった「欧米先進国へのキャッチ・アップ」が、いまようやく終わろうとしているからである。すなわち、「日本の国民総生産や工業生産高は自由世界第二位となり、耐久消費財の高い普及度は、豊かな国民生活を支える物質的基盤の充実を示している。また自動車、鉄鋼、石油化学等、製造工業の中核的分野における最新鋭工場は世界的にみても第一級で、良質、安価な製品を豊富に生み出しつつある」からである。 

大平によれば、明治以来の国家目標の達成は、日本にとって、新たな問題をなげかけることになる。

第一に、日本はもはや、「従来のような先進国の知識と技術を学びとることによる模倣的発展」を続けていくことはできない。いまや、「自らの力で新しい領域を切り開き、自力で独自の道を歩む創造的発展への転換のとき」がきたのである。 

第二に、にもかかわらず現在の日本には、そのような転換のための準備がまだできていない。なによりも、新しい国家目標として設定されるべき新しい価値が見出されていない。「永い間の模倣から脱して、日本国民の豊かな活力を引出すための、国民的指針となる新たな創造的価値を、為政者も国民もしっかりとつかみかね、また混迷状態を抜け出せずにいる」のである。一九七〇年代の初頭という時点で、経済的繁栄が依然持続しているにもかかわらず、「近年、少年犯罪の激増や大学紛争、物価高や住宅不足に対する庶民の不満など、...いろいろ深刻な問題が生じている」原因は、まさにこの目標不在の混迷状態にある。 

第三に、そうだとすれば、一九七〇年代の日本の「最大の課題」は、「このような新しい価値を創造し、その実現に向って国民を結集すること」でなければならず、そこに政治家の大きな使命があることになる。 

"追いつき型の近代化" の完了という意味での「明治以来の国家目標」がついに達成されたという大平の時代認識は、まことに的確であったといってよいだろう。そして、模倣の時代の後には創造的発展の時代がこなければならず、新しい発展を実現するためには新しい価値、つまり新しい国家目標の設定とその国民的な受容が必要だという認識は、そこからのほとんど論理的な帰結にほかならない。 

大平は当時通産大臣として政策目標に次のことをあげていた、

1 社会資本の立ち遅れや公害への対処、
2 経済の自由化と国際経済協力の推進、
3 重化学工業に代わる新しい成長産業−−情報産業、海洋開発、原子力産業などがあげられている−−の芽の育成、
4 自前の技術の開発のための政府による思い切った研究開発投資や海外資源の開発、5)政府に依存 しない民間主導型の経済運営の推進、             


時代が40年近く遡るので、現時点では全てを容認できるものではないが。

続く。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存