ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3357] 40年前の日本の政治<大平正芳を語る
日時: 2020/07/11 13:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3SQDi4bg

EUなど経済統合、格差の増大でギスギスしてきた至上主義経済社会。
思えば、半世紀前、どのような状況で、どのように現在に至ったかを検証してみたい。
大平正芳は。1978〜1980年にかけて大平内閣を組織していました。



「大平正芳の時代認識」

1993年10月00日
著者 公文俊平 より引用。

を紹介しながら検証したいと思います。
上記サイトの文章は一部省略しています。


一九七八年一二月七日、第六八代内閣総理大臣に就任した大平正芳は、翌年の一月二五日、第八七回国会で行った最初の施政方針演説の冒頭で、「まず私の時代認識と政治姿勢について申し上げます」とのべて、 "文化の時代の到来" と "地球社会の時代" を、その "時代認識" の二本の柱とした。総理大臣の就任最初の施政方針演説で、 "時代認識" という言葉がもちいられたのは、この時をもって嚆矢とする。 

もともと、 "時代認識" という言葉は、それほど古くからあった言葉ではない。長年、宏池会のライターとして活躍してきた福島正光氏によれば、この言葉は、戦前広くもちいられていた "時局認識" という言葉の戦後版だという。戦後、それがいわば装いを新たにした形でジャーナリズムの一部でもちいられはじめていたものを、宏池会の政策文書などの中に次第にとりいれていったのだそうだ。しかし、この言葉は、いまだに広辞苑にも収録されていないし、私の調べたかぎりでの和英辞典にも見あたらない。その意味では、まだ日本語として完全に熟しているとはいえないのかもしれないが、次第に一般に普及するようになってきていることも事実である。

(中略)

より最近の例としては、「日本の政治を代表してきた自民、社会両党にそうしたグローバルな時代認識があるだろうか」(九二年七月) 、「社会党が田辺氏の辞任を契機に、時代認識をもって政権政党に脱皮することを願っている」(九二年一二月) 、「このような時に、経団連会長は相も変わらず自民党に資金提供をすると言っている。時代認識の欠如もはなはだしい。」(九三年六月) 、「地球規模の "環境冷戦" が始まったという時代認識に立ち、共生への道を探る」(九三年七月) 、「おれはもう七十八歳だよ。この年の人間を引っ張り出そうなんて、時代認識が間違ってる」(九三年七月) 、「連立与党が将来、どのようになるのか、政党政治への時代認識を河野氏がただした」(九三年八月) 、「首相発言といえば、所信表明演説で "侵略行為" と強調した戦争への反省も、非常に好意的に受け取られていることが分かった。時代認識にも国民の共感がある」(九三年九月) 、など多くのものがあり、この言葉が次第に日常用語として定着しつつあることを伺わせる。施政方針演説については、「時代認識や国際情勢から始めて、次第に内政問題へ話を移していくという施政方針演説の常道」(九三年一月) といわれるまでになってきている。 

これらの用例からみると、この "時代認識" (あるいは "時局認識" ) という言葉は、日本人が通有している世界観を端的にあらわしている "文化語" とでもいうべき言葉であることがわかる。すなわち、日本的世界観の特質のひとつは、外の世界が、ある大きな流れ−− "世界の大勢" −−にのってうごいているという信念をもっているところにある。しかも、この流れ自体は、黒潮が流れをかえるように、時に変化することがあって、それが "新時代" をもたらすのだが、われわれ日本人には、この時代の流れそのものをかえることはなかなかできない。われわれにできるのは、むしろ、その流れの方向や性質、とりわけそれらの変化を、なるべく速やかかつ的確に認識した上で−−つまり、正しい "時代認識" をもった上で−−それにあわせて自分自身のあり方や行動を変革することなのである。したがって、われわれの常に心がけるべきことは "変化への対応" (第二臨調がかかげた行政改革の第一理念)である。

これが、ルース・ベネディクトが『菊と刀』でしめした日本分析以来有名になった、日本人の、 "状況対応型倫理" 原則にほかならない。いいかえれば、この意味での "時代認識" の通有こそが、日本人を合意と行動にみちびく大前提なのである。そうだとすれば、日本の偉大な政治家の条件は、時代の変化に対する鋭敏な感覚をもち、他の人々にさきがけて、新しい時代認識とそれが含意する新しい対応行動を提示し、人々を説得できることだといってよかろう。他方、およそ日本の政治家たるものが最低限度もたなければならない資質は、すでに世間で広く通有されているものからかけはなれた、 "古い" 時代認識にいつまでもしがみついていないで、適当な時期に、新しい時代認識に乗りかえる機敏さと柔軟性をもっていることであろう。吉田茂は、戦後におけるこの意味での偉大な政治家の典型であった。

そして、後に検討するように、大平正芳もまた、その時代認識の新しさと的確さの両面において、日本の偉大な政治家の一人に数えられる条件をみたしている。しかも大平は、その施政方針演説を、みずからの時代認識をまず明示してみせることろから始めることによって、そのスタイルを後々の施政方針演説の "常道" にする先例を作ったという意味でも、注目に値する政治家だといわなければならない。  



著者は、ルース・ベネディクトが『菊と刀』を紹介して「日本の政治家の時代認識とは"状況対応型倫理" 原則にほかならない」と喝破している。

勿論、時代認識とは現実の把握がしっかりとできることが条件である。また的確に時代の要請を認識できてこそ、それに立脚する将来の指針を得ることが出来るのである。

明治維新以来、池田内閣までは欧米に追いつけ追い越せが明確な目標であり、各内閣は時代認識にも施政方針でも妥当な線を容易に保持することが出来ていた。
ベネディクトの状況対応型文化と揶揄されながらでも。

ここでは、大平正芳における時代認識と最後に現代の政治家の時代認識について検証することにする。


続く。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 40年前の日本の政治<大平正芳を語る ( No.3 )
日時: 2020/07/11 15:36
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3SQDi4bg

>わが国は、いまや戦後の総決算ともいうべき転機を迎えている。これまでひたすら豊かさを求めて努力してきたが、手にした豊かさの中には必ずしも真の幸福と生きがいは発見されていない。ためらうことなく経済の成長軌道を力走してきたが、まさにその成長の速さの故に、再び安定を指向せざるを得なくなってきた。なりふりかまわず経済の海外進出を試みたが、まさにその進出の激しさの故に外国の嫉視と抵抗を受けるようになってきた。

対米協調を基調として国際政治への参加を避けてきたが、まさにドル体制の弱化の故に、けわしい自主外交に立ち向かわなければならなくなってきた。国をあげて自らの経済復興に専念してきたが、まさにわが国の経済の成長と躍進の故に、国際的インサイダーとして経済の国際化の担い手にならざるを得なくなってきた。

見られるとおり、ここには明らかに、後に "一国繁栄主義" (斎藤精一郎) などとよばれるようになった戦後日本の国家経営理念に対する、いかにも大平らしい反省がある。ここには、通産相当時の大平がみせていた高度経済成長の持続に対する楽観論は、まったくといっていいほど影をひそめ、大平本来の面目が、新しい時代認識の形を借りて、前面にでようとしている。

すなわち、これまでの日本に顕著にみられた経済成長優先主義や対米依存・協調主義、あるいは自国中心主義は、大平の目からすれば、まさに楕円の二つの焦点の一方にすぎなかったのであって、戦後の日本が他方の焦点を見忘れて突進したあまり、遂にバランスを失してしまったことへの咎めがいまや問われているというのが、この演説の背後にある大平の心境であったと思われる。そうだとすれば、豊かさに対する「真の幸福と生きがい」、成長に対する安定、海外進出に対する内需の拡大、対米協調に対する自主外交、国際的アウトサイダーに対する国際的インサイダーといった立場を明瞭に自覚することによって、バランスの回復をはかることこそ、 "戦後の総決算" の内容でなければならない。そこで大平は、そのような認識と反省にもとづいて、この転換期の試練を乗り切るための具体的な方策として、

1 政治家がみずからの姿勢を正すと同時に、政治への直接的参加を認める国民の「政治意識の奔流に道をつける」ことを通じての「政治不信の解消」、

2 戦争と欠乏が必要としてきた階層的、強者優先的な人間関係がもたらした「断絶と相克」に対処すべく、「分別をもった連帯感の横溢した人間」の育成を通じての、またとりわけ若者たちが求めている「自己実現の機会」の獲得という「国民の思いに道をつける」ことを通じての、「人間的な連帯感の回復」、

3 対米関係の改善、中国との国交正常化、南の諸国との経済文化協力の推進を通じての、「自主平和外交の展開」、

4 公共投資を中心とする公害防止、社会資本整備、環境改善を通じての、また、「相互に相補う生産性の高い工業と農業が、また都市と農山村が高次に結合された「田園都市国家の建設」を通じての、「自然と調和したバランスのとれた人間社会」の創出、

の四つを打ち出していたのだった。私は、これらの方策の中で、国民の「政治意識の本流に道をつける」とか、自己実現の機会の獲得という「国民の思いに道をつける」といった表現がもちいられていることを、とくに重視したい。

これらの表現は、大平の視野の中に、政治に参加したり自己を実現したりする欲求と能力をともに備えた、いわば新しいタイプの国民が出現しつつあることへの確固とした認識があったことを証拠だてているからである。また、ここで大平のみてとっていたような、新しいタイプの国民の出現は、いまようやく、誰の目にも明らかになろうとしているからである。


私が特に注目したいのは「田園都市国家の構想」です。
ここに「新しい国のかたち」が秘められています。

田中角栄の「日本列島改造論」にも小沢の「日本改造計画」にもない、明確な指標です。




>四、文化の時代の到来

しかし、先にものべたように、時代の激動の速度と振幅は、大平自身の予想さえはるかに上回るものだった。先の提言が発表されてからほんの二年しかたたない間に、大平の目にうつった日本では、「かつて人々の心を捉えていたバラ色の未来論は、色あせて、鉛色の終末論がこれに代わ」るようになった。同時に、「われわれのよって立つ基本的な社会規範、すなわち自由と民主主義に懐疑の目をむけるものすら現れる」ような状況が生じてしまった。大平は、一九七三年の八月に開かれた宏池会研修会での「新秩序への道標」と題する講演の冒頭で、その間の感慨をこう吐露している。  

二年前の提言において、われわれは事態がきわめて深刻であることを繰り返し強調した。だが、今日に到ってみると、それは、当時われわれが考えていたよりも、はるかに複雑かつ深刻であるように思われる。しかも、ひとりわが国ばかりではなく、先進諸国はいずれもわが国と同じ課題に直面し、同じ苦悶に喘いでいるようだ。 

このことは、戦後形成された世界秩序がこれまで経験したことのない地殻変動に見舞われていることを物語っているように思われる。この地殻変動は、人類史的規模のものであり、その中核は正に文明の基礎をゆさぶるもののようである。(『回想録』資料編、pp.226-227)

その上で大平は、自由と民主主義の本旨をあらためて問いなおし、「平和と自由と生きがいに満ちた社会」という理想を実現するための政策の三つの道標として、

1 人間関係を大切にすること、
2 物を大切にすること、
3 時間を大切にすること、

という、いってみれば人間の原点というか初心に戻るような理念を打ち出した。また、当面の政策課題としては、
われわれは、これまでひたすら歩んできた成長の延長線上にめざす果実があるものと信じ、一日も早くそれに到達しようと努めてきた。だが現在、わが国の経済は、さながらマッハの壁に突入した航空機のように、激しい衝撃や震動に見舞われ、これまでの操縦法では進むことが困難となった。いまは、新たな前進の方法を見出すべきときである。(『回想録』資料編、p.232)                           

という認識のもとに、物価、土地問題、公害問題の三つに対する新しい対策を講じていくべきだと提言した。 

こうして、一九七〇年代の現実は、「これまで快速を誇ってきた日本丸」を「スピードをおとし、警笛を鳴らしながら海難を避けることが精いっぱい」という危機的状況に追いやったのだが、その中でも大平は、「ただ道徳的に危機に対して責任を感ずるに止まらず、進んで歴史の法則に従って勇気をもって行動しなければ」(『回想録』資料編、p.265)ならないという気概を失わなかった。こうして、一九七八年一一月、自民党総裁選への立候補に当たって発表した政見の中で、大平は、自由民主党の同士たちに向かって、  

時代は、急速に変貌しています。

続く。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存