ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3357] 40年前の日本の政治<大平正芳を語る
日時: 2020/07/11 13:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3SQDi4bg

EUなど経済統合、格差の増大でギスギスしてきた至上主義経済社会。
思えば、半世紀前、どのような状況で、どのように現在に至ったかを検証してみたい。
大平正芳は。1978〜1980年にかけて大平内閣を組織していました。



「大平正芳の時代認識」

1993年10月00日
著者 公文俊平 より引用。

を紹介しながら検証したいと思います。
上記サイトの文章は一部省略しています。


一九七八年一二月七日、第六八代内閣総理大臣に就任した大平正芳は、翌年の一月二五日、第八七回国会で行った最初の施政方針演説の冒頭で、「まず私の時代認識と政治姿勢について申し上げます」とのべて、 "文化の時代の到来" と "地球社会の時代" を、その "時代認識" の二本の柱とした。総理大臣の就任最初の施政方針演説で、 "時代認識" という言葉がもちいられたのは、この時をもって嚆矢とする。 

もともと、 "時代認識" という言葉は、それほど古くからあった言葉ではない。長年、宏池会のライターとして活躍してきた福島正光氏によれば、この言葉は、戦前広くもちいられていた "時局認識" という言葉の戦後版だという。戦後、それがいわば装いを新たにした形でジャーナリズムの一部でもちいられはじめていたものを、宏池会の政策文書などの中に次第にとりいれていったのだそうだ。しかし、この言葉は、いまだに広辞苑にも収録されていないし、私の調べたかぎりでの和英辞典にも見あたらない。その意味では、まだ日本語として完全に熟しているとはいえないのかもしれないが、次第に一般に普及するようになってきていることも事実である。

(中略)

より最近の例としては、「日本の政治を代表してきた自民、社会両党にそうしたグローバルな時代認識があるだろうか」(九二年七月) 、「社会党が田辺氏の辞任を契機に、時代認識をもって政権政党に脱皮することを願っている」(九二年一二月) 、「このような時に、経団連会長は相も変わらず自民党に資金提供をすると言っている。時代認識の欠如もはなはだしい。」(九三年六月) 、「地球規模の "環境冷戦" が始まったという時代認識に立ち、共生への道を探る」(九三年七月) 、「おれはもう七十八歳だよ。この年の人間を引っ張り出そうなんて、時代認識が間違ってる」(九三年七月) 、「連立与党が将来、どのようになるのか、政党政治への時代認識を河野氏がただした」(九三年八月) 、「首相発言といえば、所信表明演説で "侵略行為" と強調した戦争への反省も、非常に好意的に受け取られていることが分かった。時代認識にも国民の共感がある」(九三年九月) 、など多くのものがあり、この言葉が次第に日常用語として定着しつつあることを伺わせる。施政方針演説については、「時代認識や国際情勢から始めて、次第に内政問題へ話を移していくという施政方針演説の常道」(九三年一月) といわれるまでになってきている。 

これらの用例からみると、この "時代認識" (あるいは "時局認識" ) という言葉は、日本人が通有している世界観を端的にあらわしている "文化語" とでもいうべき言葉であることがわかる。すなわち、日本的世界観の特質のひとつは、外の世界が、ある大きな流れ−− "世界の大勢" −−にのってうごいているという信念をもっているところにある。しかも、この流れ自体は、黒潮が流れをかえるように、時に変化することがあって、それが "新時代" をもたらすのだが、われわれ日本人には、この時代の流れそのものをかえることはなかなかできない。われわれにできるのは、むしろ、その流れの方向や性質、とりわけそれらの変化を、なるべく速やかかつ的確に認識した上で−−つまり、正しい "時代認識" をもった上で−−それにあわせて自分自身のあり方や行動を変革することなのである。したがって、われわれの常に心がけるべきことは "変化への対応" (第二臨調がかかげた行政改革の第一理念)である。

これが、ルース・ベネディクトが『菊と刀』でしめした日本分析以来有名になった、日本人の、 "状況対応型倫理" 原則にほかならない。いいかえれば、この意味での "時代認識" の通有こそが、日本人を合意と行動にみちびく大前提なのである。そうだとすれば、日本の偉大な政治家の条件は、時代の変化に対する鋭敏な感覚をもち、他の人々にさきがけて、新しい時代認識とそれが含意する新しい対応行動を提示し、人々を説得できることだといってよかろう。他方、およそ日本の政治家たるものが最低限度もたなければならない資質は、すでに世間で広く通有されているものからかけはなれた、 "古い" 時代認識にいつまでもしがみついていないで、適当な時期に、新しい時代認識に乗りかえる機敏さと柔軟性をもっていることであろう。吉田茂は、戦後におけるこの意味での偉大な政治家の典型であった。

そして、後に検討するように、大平正芳もまた、その時代認識の新しさと的確さの両面において、日本の偉大な政治家の一人に数えられる条件をみたしている。しかも大平は、その施政方針演説を、みずからの時代認識をまず明示してみせることろから始めることによって、そのスタイルを後々の施政方針演説の "常道" にする先例を作ったという意味でも、注目に値する政治家だといわなければならない。  



著者は、ルース・ベネディクトが『菊と刀』を紹介して「日本の政治家の時代認識とは"状況対応型倫理" 原則にほかならない」と喝破している。

勿論、時代認識とは現実の把握がしっかりとできることが条件である。また的確に時代の要請を認識できてこそ、それに立脚する将来の指針を得ることが出来るのである。

明治維新以来、池田内閣までは欧米に追いつけ追い越せが明確な目標であり、各内閣は時代認識にも施政方針でも妥当な線を容易に保持することが出来ていた。
ベネディクトの状況対応型文化と揶揄されながらでも。

ここでは、大平正芳における時代認識と最後に現代の政治家の時代認識について検証することにする。


続く。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 40年前の日本の政治<大平正芳を語る ( No.4 )
日時: 2020/07/11 15:53
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3SQDi4bg

>以上が、この章の冒頭でのべた第87国会での施政方針演説に盛り込まれた大平の「時代認識」が確立するまでの経緯である。ここで、あらためて、その時代認識の第一項「文化の時代の到来」の前半部分を読んでみよう。  

戦後三十余年、我が国は、経済的豊かさを求めて、脇目もふらず邁進し、顕著な成果を収めてまいりました。それは、欧米諸国を手本とする明治以降百余年にわたる近代化の精華でもありました。今日、我々が享受している自由や平等、進歩や繁栄は、その間における国民のたゆまざる努力の結晶にほかなりません。しかしながら、我々は、この過程で自然と人間との調和、自由と責任の均衡、深く精神の内面に根ざした生きがい等に必ずしも十分な配慮を加えてきたとは申せません。今や、国民の間にこれらに対する反省がとみに高まってまいりました。 

この事実は、もとより急速な経済の成長のもたらした都市化や近代合理主義に基づく物質文明自体が限界にきたことを示すものであると思います。いわば、近代化の時代から近代を超える時代に、経済中心の時代から文化重視の時代に至ったものとみるべきであります。(『回想録』資料編、p.284)    
                                  ちなみに、大平が施政方針演説の準備のために秘書官に手渡した自筆のメモは、1)今日の時代をどうみるか、2)今日の国際情勢をどうみるか、のふたつの部分からなっていたが、その前半には次のような文字が連ねられていた。(『回想録』伝記編、p.491)

一、今日の時代をどうみるか、その中にあって政治の役割をどう設定するか。その文脈の中で経済、文化、教育に関する政策を展開する。

1 脱経済。経済軽視ではない。
2 確信なき時代−−展望、創造が大切。
3 文化重視−−生きがい、生活の充実感。
4 脱イデオロギー−−既成観念から政治を解放する。
    
このふたつの資料をあわせて読むと、一九七〇年代の初頭に、大平がその到来にいちはやく気づいた "転換期" 、すなわち、欧米先進国への "キャッチ・アップ" を達成した日本が歩み入ろうとしていた "転換期" の内容は、「近代化の時代から近代を超える時代」への文明の転換期だったことを、大平が自覚するにいたったことがわかる。それは、同時に、「経済中心の時代から文化重視の時代」への転換だとも理解されたのである。 

大平のこのような時代認識がいかに先駆的なものであったか、あるいは逆に日本が、彼の時代認識とそこから引き出される課題に応えることにいかに立ち遅れてしまったかは、たとえば、次のような言葉からも明らかである。これは経済学者の正村公宏が、一九九四年の初頭に書いているものだが、その内容は、まさに大平が一九七〇年代に育んでいった時代認識そのものだといってよいだろう。        

日本は大きな転換の時代を迎えている。...開国と明治維新以来の「追い付き型」の「近代化」の全過程が終わろうとしている。日本は、今のところ非ヨーロッパ文化圏では唯一の「先進国」であり「二十世紀産業文明の最後の成功者」であるが、いまや二十世紀産業文明の克服こそが人類史の課題になりつつある。 

日本の政府と国民にとって、「経済」よりも「社会」を、そして「成長」よりも「成熟」と「安定」を、優先目標としなければならない時代が到来している。それは社会の存続の保証を優先するということであり、地球規模の資源および環境の保全と人類の生存の保証を優先するということでもある。(「社会の成熟・安定を優先に」、日本経済新聞、経済教室、1994年 1月 5日号)  


以上で終わります。
この文章は、その後著者のまとめで終わっています。

文中で大平も指摘していましたが、大量の商品を手にし、老若男女を問わず全ての情報を手に入れることが出来る現代社会は、最早以前のような生活規範、倫理道徳では制御できないものがあります。

一方で経済のグローバル化で生活手段を奪われる多くの人たちを作っています。
近代文明の理念では対応できないところまで来ているのです。

目先の財政、金融の問題を解決することも必要ですが、大きな視点にたち、時代を認識しあるべき将来の姿を指し示すのが政治ではないでしょうか。

そういう時代認識を40年近い過去に、すでに喝破していた大平正芳のような政治家を持っていたことを誇りとしなければなりません。

文明史的ともいえる大きな転換は非常に困難を伴います。
ですが、我々は、まずそのことを認識し、時代の挑戦に立ち向かわねばなりません。

それは決して我々一代の問題ではありません。
また、それは一つや二つの政策の問題でもありません。
逆に言えば、一つ一つの政策において、大きな展望が必要なのです。

そういう大きな課題の前に、先駆者でなければならない現代の政治家の情けないこと・・・言葉もありません。

また、大平もそうでしたが、我が国ではこういう人物を目先の利害だけで、いとも簡単に葬り去ってきました。
私は、小沢に大平ほどの理念があるとは思いません。
ですが、我が国をどうにかしたいと言う執念は、大平に勝るものがあります。

現代の衆愚は、またまた英雄を消し去ろうとしています。
大平のときと同じように、仲間の政治屋もぐるになって。

御長読ありがとうございました。

完。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存