ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[666] ワークシェアリングを全面的に取り入れるべきでは
日時: 2010/06/26 16:55
名前: miharubann
参照: http://www.scn.tv/user/ameni

閉塞状態脱出には、ワークシェアリングが決め手ではないのか。

オランダがワークシェアリングで大不況(失業率12%)を乗り切り、裕福な国民生活を
取り戻したので有名です。
オランダはもともとが裕福な国民であったが、突然天然ガスが出て、バブル経済となり
人件費も高騰し、輸出競争力に陰りが出てきた時にバブルが崩壊(ガスの値下がり)が
起きた。輸出競争力は一気に落ち失業者が大勢出た。福祉なども後退した。
オランダ人は元々助け合い精神が旺盛な国民で(国土を水害から守るための組織的な運動
があった)ワークシェアリングの考えが出てきた。
人件費を下げるために時短を行い、失業者を出さないようにした。
労働者は時短のために余暇が出来、ボランチィアや研修やいろんな活動が出来、新しい産業
が出来、消費も上向いて、国民所得も上がり、昔以上の福祉国家ができた。
このワークシェアリングの同意を得るには、企業の労使や公務員の合意が欠かせなかった。

日本のバブルが崩壊した時も、このワークシェアリングが直ぐに適用すべきであった。
バブルの時に人件費は高騰していた。
バブルが弾けて、輸出競争力が無くなっていた。
日本の組合や公務員は右肩上がりの経済成長しか想定しておらず、発想の転換が出来なかった。
大企業はリストラを「人減らし」と考えて人員削減や工場の海外移転を選択した。

ワークシェアリングに一番ブレーキを掛けたのが、マスコミではないのか。
ボーナス時には、紙面に何故か一流企業のボーナスだけが載る。
人減らしのリストラ企業を持ち上げる。
勝ち組負け組みなどとほざく。
マスコミが一番の既得権者で発想の転換をしたくなかったのだ。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ワークシェアリングを推進する政党はどこだ! ( No.2 )
日時: 2010/06/29 18:17
名前: miharubann
参照: http://www.scn.tv/user/ameni


ワークシアリングの実例が日経新聞(6月28日)に出ていたので紹介したい。
ソフト販売のアシストという会社で、社長のビル・トッテン氏(68才、06に日本帰化)
が1972年に日本で設立。
考え方は「会社は株主より社員のためにある」の考えで週末に農業をする従業員に助成して、
給料減に備えて自給自足の備えを整えている。
社長自らも卒先して週末は自宅で農業をしている。
また柔軟な勤務体制も次々の導入している。
週1日の在宅勤務や自由な勤務体制。
「給料が減っても豊かになる方法はある」のトッテン流のワークシェアリングは社員に余裕を
生み、家庭を大切にし、会社帰属意識を高めているそうだ。

私はアメリカ式の経営(ユダヤ商法)は大きな問題があると考えている。
近江商人の三方良し(売り手よし、買い手良し、世間良し)を参考に四方良し(地球環境よし)
が良いのではと考えています。

アメリカ式の経営に毒されている経営者。(首切りによるリストラに励む経営者)
資本家と労働者と言った固定観念に毒された組合。(失業よりも賃上げを叫ぶ組合幹部)
これらは己の既得権を守るために従来の建前を前面に出して局部の最適化を狙い、全体を
見ようとしない金の亡者達である。
勿論、もっと悪いのが、官僚・公務員、マスコミではあるが。

国民は自分の目先のことではなく、全体の利益を考えバランス感覚を磨くべきである。
時間は残されていない。
ワークシャアリングを推進する政党に今度の選挙では応援したい。
外国人に優しいのでなく、日本人の隣人に優しくあってほしい。
既得権者は身を削って欲しいものですね。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存