ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[666] ワークシェアリングを全面的に取り入れるべきでは
日時: 2010/06/26 16:55
名前: miharubann
参照: http://www.scn.tv/user/ameni

閉塞状態脱出には、ワークシェアリングが決め手ではないのか。

オランダがワークシェアリングで大不況(失業率12%)を乗り切り、裕福な国民生活を
取り戻したので有名です。
オランダはもともとが裕福な国民であったが、突然天然ガスが出て、バブル経済となり
人件費も高騰し、輸出競争力に陰りが出てきた時にバブルが崩壊(ガスの値下がり)が
起きた。輸出競争力は一気に落ち失業者が大勢出た。福祉なども後退した。
オランダ人は元々助け合い精神が旺盛な国民で(国土を水害から守るための組織的な運動
があった)ワークシェアリングの考えが出てきた。
人件費を下げるために時短を行い、失業者を出さないようにした。
労働者は時短のために余暇が出来、ボランチィアや研修やいろんな活動が出来、新しい産業
が出来、消費も上向いて、国民所得も上がり、昔以上の福祉国家ができた。
このワークシェアリングの同意を得るには、企業の労使や公務員の合意が欠かせなかった。

日本のバブルが崩壊した時も、このワークシェアリングが直ぐに適用すべきであった。
バブルの時に人件費は高騰していた。
バブルが弾けて、輸出競争力が無くなっていた。
日本の組合や公務員は右肩上がりの経済成長しか想定しておらず、発想の転換が出来なかった。
大企業はリストラを「人減らし」と考えて人員削減や工場の海外移転を選択した。

ワークシェアリングに一番ブレーキを掛けたのが、マスコミではないのか。
ボーナス時には、紙面に何故か一流企業のボーナスだけが載る。
人減らしのリストラ企業を持ち上げる。
勝ち組負け組みなどとほざく。
マスコミが一番の既得権者で発想の転換をしたくなかったのだ。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: ワークシェアリングを全面的に取り入れるべきでは ( No.4 )
日時: 2011/04/22 14:53
名前: ameni34 ID:hd0XtMHw

久し振りに書き込みいたします。

東電が社員の年俸の20%カットと要員削減を組合に持ちかけているらしい。
浮いた費用を復旧費用にまわすとのこと。

これは間違っている。
要員削減なしに年俸30%カットが正しい道ではないのか。
余剰の要因はボランティアで災害復興に当たるべきである。
そうすれば、国民も30%カットに納得するし、従業員も首切りの恐れなしに仕事が出来
復興に役立ち被災者も納得できよう。

問題はマスコミである。
勝ち組、負け組みの論理を弄んできた輩どもである。
平均給与やボーナスの高低でしか価値を計れない輩である。

日本国は既に崩壊しているのである。
財政は破綻して、行政肥大で税金は全て行政機構の人件費に使われていて、まともな人は
皆気が付いているのである。
しかし、皆見ないふりをしている。
マスコミはいい加減目を覚まして、東電の正しい道を指摘したらどうなのだ。

東電の次には、電力関連の団体・公務員の給与30%カット、やがて全公務員関連団体の職員
の給与30%カット(要員は当面減らさないでボランティア活動をする)
民間もワークシアリングが正しい道と解るであろう。
(民間では既にワークシアを進めているところが結構あるようだ)

公務員・公共事業とマスコミの既得権者の意識が低い。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存