ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1167] 誰にでも判る経済論<ど素人の経済論>
日時: 2011/08/14 16:04
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:GRqrD9so

誰にでも判る経済論<ど素人の経済論>

昔、昔、その昔。
原始的な狩猟採集の時代には、経済と言う領域は生まれていなかった。
人々は、動物と同じように必要に応じて食料を確保していただけであり、ただ、その食料が豊富にある場所、採りやすい場所の取り合いはあったであろう。

農耕が始まると人々は生産力を上げることが豊かさを維持し蓄えが出来ることを身に付けた。
同時に、直接採取しないでも、欲しいものを交換によって手に入れることが出来ることが解かってきた。
これが経済の始まりである。
そこで交換の為に余分のものの捕獲、生産をすることになる。
生活手段の分業、これが経済の始原であった。
人々が誰でも欲しがる貴重なものを手に入れたものは、多くの他の物資と交換できた。
貴重でなくても、生活の必需品を大量に生産することで豊かになれることが解かった。
やがて人々は経済によって富者となれることに気がついた。

そうすると人間の群れの中の統率のありようも変わってきた。
それまでは、狩猟、採集の能力に優れたもの、他部族との戦いに強いもの、呪術師など部族を牽引していたのであるが、そこへ富者の発言力が高まることになる。

やがて、自分だけで多くのものを作らなくても、作っている人間を支配下に置くことで自分が豊かになれることに気がついた。
救い様のない人間の性は、他部族への侵略も含めて、豊かさを求めて血眼の争いを起こし、その中から王なるものが出現するようになる。

王は少なくとも自分の国の国民が生産するものは全て自分のものと思っていた。
これが封建国家で、その後何千年と続いたものである。

経済の話しに戻して、王権が確立するようになると物々交換の市場も広範囲が対象となり、搾取すべき王の豊かさも物資で保管することが困難となってきた。
そこで登場したのが貨幣である。
最古の貨幣は紀元前1600年のころの中国の殷王朝で使われたタカラガイだと言われている。

単なる貝に物資同質の信用を付加することは、まさしく現代に通じる信用取引の始まりである。
その信用の根拠は、丸ごと王権であり、逆に言えば王だけが信用する勝手なものであった。
それでも貨幣経済は、民衆にとっても便利なものでたちまち世界へ広がった。
後先になるが、物資が豊富になるに連れて商業と言う分野が発達したが、商人は、貨幣の信用をなくしては安心して活動が出来ない。
こうして中世までの商業は、交易を中心に発達してきた。
この頃になると、経済は王権から独立しており、王権をも脅かす存在になっている。
また、物々交換に変わる存在であった貨幣は、富者をより富者とするための機能も発揮して、富の蓄積が大きな目標となってきている。

産業革命が始まり、急激に多種多様の物資が大量に生産されることになり、貨幣経済の存在は一般大衆にとっても不可欠のものとなった。
マルクスではないが、今まで物々交換に変わる手段として考えられてきた貨幣が、労働の対価と言う認識に変わってきた。
この頃から金本位制は採用されたことも、貨幣の価値の国家による担保として頷ける。
そうして、ここ200年の人類の歴史は、貨幣制度による、物資の流動性、利便性により飛躍的に発達してきた。

現在、デリバティブ取引などで、架空の貨幣が存在し、その規模は数京円と言う天文学的数で、とても物資の対価や労働の対価では計算できないものとなっている。
これは、貨幣の対価を物資以外のものへ基準を移したこの時代に端を発した傾向である。
最初は金本位制が商業の分野の金融業を著しく発展させ、貨幣経済の運用に自信をつけることにより、最終的には金本位制の衣も脱ぎすてて不換紙幣制度へ進んだ結果である。

物資の対価としての貨幣でなく、労働の対価としての貨幣でない現在の貨幣制度がもたらす不安定は、株価や為替が1日で乱高下する現実となって現れている。

現代の貨幣制度は一体何のためにあるのであろう。
現代の経済理論は何のためにあるのであろう。

物々交換の仲介としても、その貨幣の不安定さは古代のそれよりもましているではないか。
労働の対価としても同じで、インフレ、デフレの様は、本当に正しく労働の対価を現しているのであろうか。
貨幣経済が富の集積に偏った影響を与えていることまでは、昔からのものでもあり容認しよう。

だが、実態経済を破壊するような貨幣制度を何故存在させているかは理解できない。
新自由主義だ、否だ、と言うより前に、根本的な貨幣のあり方を検証しなければならないのではないか。
原発と同じような、人類では制御できない架空の世界で遊んでいるような現代経済学の怠慢を糾弾する。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 誰にでも判る経済論<ど素人の経済論> ( No.1 )
日時: 2011/08/14 18:36
名前: 満天下有人 ID:JM2Xcdns

・・・天橋立さん、経済の仕組みが何故歪んでしまったか、基本原則の流れを実に分かり易く纏められました、どうしてそうなったのか、人間の欲望なるものをいち早く見抜き、そこに支配権を被せる天才が先に存在したと言うことでもありましょう・・・

・・・しかし乍ら、大衆もやっとそこに気が付き始めたやに見える昨今、その気付きがすこしづつでも世の仕組みを変える契機になることを願うばかりです・・・

単純に考えても経済は、働く無数の生活者の、明日の生活の再生産にならない限り、成り立つはずがありません・・・それが紙幣供給がふんだんにあればうまく行くとして、そこに特化したのが全世紀末からのマネタリストたちの思い上がりだった・・・

・・・随分以前から主張しております経済対価に対する基準と言いますか、倫理とも言える概念が失われてしまい、生じた現象に対してだけ、ああだこうだのと言う金融中心の分析流行り、正に経済学の怠慢としか言いようがありません・・・

投資への乗数効果の計算も然ることながら、その効果ばかりが言われて、効果の再分配論なぞ、ついぞ聞いたこともありません・・・経済価値の創出は誰が担っているかの軸がすっぽり抜け落ちて、効果の計算だけに目が行ってしまい、それがノーベル賞を貰う(笑)・・・

・・・いち早く通貨が持つシニョレッジに目を付けて王権が確立された、今やそれが大金融資本と通貨当局の権力に置き換えられたと言えます・・・何故そんな通貨制度が存続しているのか・・・融通無碍なる通貨の魔力を手放したくない権力者達による、極めて政治的な闘争が成せる業でしょう・・・

・・・新天地米国における紙幣発行金融と政治の闘いが歴史的に証明している所です・・・タチが悪いのが、それが紙ならぬ神への信仰が土台になっているのですから、手に負えません(笑)・・・

・・・米ドル札に必ず印刷されている In God we trust のGodの文字が消えて、People の文字に変わらない限り・・・どんどん糾弾して下さい・・・。

メンテ
Re: 誰にでも判る経済論<ど素人の経済論> ( No.2 )
日時: 2011/08/14 22:52
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:GRqrD9so

資本主義経済体制と言うが、それは100年前のそれとは全く異なった原理によって動いていることを誰も認めようとはしない。

経済の専門家といわれる人間は、古典派経済学だ、新古典主義だ、ケインズだ新自由主義だと、経済の現状に当てはめて解説を繰り返すのみ。
それも原理の継続が、いかにも続いているように社会を誑かしている。

需要と供給、生産と消費の関係は、地域、国家を単位として循環してないのにそれを見ようとしない。

奴等の関心はマクロ経済の領域に限られている。
物々交換から始まった経済であるが、あわれ、自分の生産物を、自分の労働力を貨幣に交換できないでいる多くの民が途方にくれていることを無視して、消費の向上を図るなどと、全く無責任極まる冷酷な態度で応じている。

グローバル化市場主義で庶民から生活の手段を取り上げおいて、何が経済だ、株価だ為替だ。
100年まえ、我々の殆どが恩恵に浴すことができた経済社会は何処へ行ったのだ。
我々を豊かに導いた経済の道を何時から誤ったのだ。

それに変わる価値に変換することも出来ない、数京円と言う貨幣は何のために存在するのだ。
このことを検証すること無しに、現代経済論を論じても滅びの道をひた走るのみである。

株を保有しているものにとっては、そうではないが、今日も生活とは無関係な株価の饗宴は続いている。
それが経済の救世主であるように。

メンテ
Re: 誰にでも判る経済論<ど素人の経済論> ( No.3 )
日時: 2011/08/15 00:06
名前: グッキー ID:oHyDmcFk

天橋立の愚痴人間さん

人間の社会なんて100年前もそんなに変わりませんよ。

100年前と言うと、第一次世界大戦くらいかな。
戦争特需で好景気を謳歌していた。

だいたい戦争、天変地異などが無ければ、社会はモノが余っている。
需要が増えると供給余力が活性化し好景気になる。
第一次世界大戦、朝鮮戦争と、よそ様で戦争をしてくれ、需要が増えると好景気になる。
バブルでも需要が増えると好景気になる。

でも人間は需要を増やそうと考えない。人間の性とでもいうべきものですかね。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存