ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1196] 天晴れ!山岡、前田両議員!Uチューブの講演、国会質問は見事!
日時: 2011/09/29 02:49
名前: 政治は年寄りがやれ

原題は

ひねくれ者講座。教えてあげたい。ネットワークビジネスが日本女性の社会進出をつくった

義憤にかられてタイトルをかえることにした。
最初の原稿をコピーして2へ。

管理人さま、この掲示板をご愛用のみなさま
ルール違反をお許しください。

/////////////////////////////////


国会で山岡消費者担当大臣の講演が攻撃されている。
自民党の女性議員がいうのはまだよい。
視野が狭く、社会経験も浅い。
多少の間違いは許される。党にけしかけられた
女子プロレスラーのようなものだ。

しかし、そのあとこの女性議員の尻馬にのって
翌日質問したなんとか党のなんとか議員は、
笑止。滑稽でさえある。

質疑で彼は危機管理の専門家。
警察出身、官邸に5年いた
ともちあげられていた。

「国会で問題になったのでUチューブをみた。
ずらりと山岡議員の講演が並んでいる。
あれはなんだ!」
大見得を切って詰め寄っていた。

官邸5年の危機管理とは、この程度のものか。
だから津波のあと、原発労働者を帰宅させ
外部からの侵入者に対し被災原発を無防備にした。
危機管理担当として官邸に5年も詰めたなら
今回の事故直後の原発警備放棄は、切腹して
国民にお詫びをするべきだった。

私の師匠は言論弾圧で被害者となった横浜事件
の犠牲者だった。
「民主主義はあっけなく崩れるんだよ」と
口をすっぱくして語っていた。

こともあろうに国会で魔女狩りをするなど
許されることではない。今、各党がやろうと
していることは、集団リンチ、魔女狩りである。

 改革派の官僚に仕事を与えなかったり、
すでに常軌を逸している。

私はUチューブを見ないつもりであったが、
気になってアクセスした。
そしてびっくりした。
山岡氏のあのすばらしい講演が批判されるとは。
もし大臣をはずれるようなことがあれば、
私は、もう日本に絶望して人間をやめたい。

「Uチューブにずらりと並んで・・」

こう発言した元警察官僚はインターネットを
理解していない。無知の化けの皮がはがれている。

動画像は円滑に再生するため、
短く区切って目次に並べる。
31分9秒の講演を5部にわけてアップしているだけだ。講演がいくつもアップされているわけはない

たった一つの講演を、いくつもあると言うとは
とんだ食わせ物の官邸詰めの危機管理担当官だ。

魔女狩りの恐るべき内容を明らかにしたい。

国会質問をきくかぎり、
無知のレスラーも徒食官邸詰め氏も
Uチューブで無数の批判があるがごとくいう。

ひねくるものの元交通警備員が、Uチューブの
公表数字から真実を照らそう。

コンピューターは嘘はつかない。

まず最初のデータである。これを1表としよう。
 最初の数字は、分割された動画の録画時間、
 次の数字は一般市民 による再生の回数。
(9月30日深夜までの数字)

第1部 7分12秒 6万5971回 
第2部 7分12秒 1万4244回
第3部 7分48秒 1万2103回
第4部 6分06秒 1万 724回
第5部 2分51秒   9958回

そして次に2表。
国会で「世間は大批判」と称する
各画面表紙に添付しているコメント数を示す。

第1部 3年前4人 2年前19人1年前18人 至現総計 182個
第2部 3年前2人 2年前 3人1年前 1人 至現総計  31個
第3部 3年前1人 2年前 1人1年前 1人 至現総計  24個
第4部 3年前1人 2年前 2人1年前 1人 至現総計  15個
第5部 3年前0  2年前 1人1年前 2人 至現総計  16個

元交通警備員が謹んで元官邸危機管理者殿に
ご進講したい。

1.Uチューブは少なくとも延べ6万5千人が見た。
2.しかしたった31分の動画なのに全部を見たのは9953人である。
3.したがって85%の人は最初の7分しか見なかった。
4.この講演に対し書き込まれたコメントは3年間で総計244個のコメントであった。
5。コメントを書き込んだ人間を年度別に追うと
  3年前は延べ8人、2年前は延べ26人、1年前は延べ23人にすぎない。
6.交通警備員は午前零時現在ですべてのコメントのコピーを出力して保存した。それ以前は変更できない。
  コメントで、山岡議員の講演の発言そのもの
を引用して攻撃しているものは1件もなかった。。

以上から馬鹿でも(無知レスラーともう1名を除き)わかることは、
山岡議員の講演の内容は、非の打ちどころのない
素晴らしい内容であり、あら探しの人たちは途中
でみるのをやめた。

意図的に扇動を画策した。しかし誰ものらなかった。
批判コメントも個人に対する中傷だけである。

これを魔女狩りと言わずしてなんという。

前田議員の映像に至っては悲劇である。

彼は実直に国会において3年間、経産省に
同じ質問をくりかえしたにすぎない。

「ネットワーク従事者は日本に何人いるか」
 経産省の回答は外国の文献を引用するのみ。

 経産省は、ネットワークビジネスを行政の対象として認めようとはしない。無視しているだけである。
 

ネットワークビジネスで最も打撃をうけたのは化粧品業界である。
高い化粧品を、有名なタレントを使い、
ラジオテレビCMを茶の間にたれ流し
女性の消費をあおる。

ネットワークビジネスではテレビCMを使わず
化粧品が口コミで売れていく。
あっという間に業界地図が変わった。

広告会社やマスコミがネットワークビジネスを
目の敵にするのも当然である。

いろんなことがわかる。
国会や消費者モニターがどちらを向いて仕事をしているか。

もちろん講演の内容が立派だといって、
主催者に問題があれば話にならない。
ひねくれものが検証する限り、
Uチューブコメント欄に
消費者の被害を訴えるものは
3年間で1件もなかった。
ひねくれ者元交通警備員からの報告である。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

敵は百千万ありとても、ネットワークビジネスは真の消費者のためビジネス ( No.8 )
日時: 2011/10/03 02:30
名前: 政治は年寄りがやれ ID:Q2wErKTg

ようがす!
多勢に無勢でも不肖、老骨にムチ打って
迎え撃ちましょう。一歩もひきません。

グッキー様、戯言様、そしてスレッドの提起のご様子から
天の橋立様
 
VS、不肖年寄りがやれ (10月3日午前零時現在の情勢)

というとこでしょうか。

そうですかみなさん、テレビ会社、広告会社の不況の
元凶になっているとあちらに味方されるか。

/////////////////////////////////////////////////
 
 ご指摘の点は、いちいち逃げずに論破してみせます。
 当方、返済に追われる身にて金策のため、不定期
 就労しており、返事が数日できないこともありますが
 必ず、反論いたしますので、逃げたと思いにならぬ
 ようお願いします。年寄りのしょんべんのように
 ちょろちょろといのちある限り反論します。

1.本日はまず戯言さまのマルチはマルチという
  ねずみ講批判についての反論

あ)マルチは6段階手数料ビジネスであり、無限連鎖ではない

 これは山岡議員の講演を再生してはじめて知ったのですが
 「マルチは無限という意味ではありません」 
 「マルチはマルチレベルという意味です」

 私は英語はあまり得意ではない。マルチプルとかマルテイファイ
 とかいううと掛け算とか乗数とか、無限に幾何級数的に
 増えていくことを連想していた。
  しかしマルチプルには倍数という意味はあるが
 一般的には多様なと複雑なとか、複合的な
 という意味である。

 もしマルチが山岡議員がいうようにマルチレベルを
 略した言い方であれば日本語では
 「多段階ビジネス」
 多段階から収入が入るビジネス
 を意味している。
 無限連鎖を意味しているのではない。

い)6段階ビジネスが無限連鎖にならないことは
  7人モデルから明らかである。

 戯言様は6段階ビジネスでも無限連鎖できるのではないか
 と考えるでしょう。
 不肖は、数学は苦手なので具体的にしかものを考えられない
 ので、具体例をあげ絶対にそんなことは起きないことを
 説明させていただく。
  簡単だからここに安藤、加藤、多藤、納藤、八藤、真藤
  と7人の人がいたとします。あ行の人は第0段階、か(第1段階)、
  さ(第2段階)、た(第3段階)、な(第4段階)
  は(第5段階)、そして最後のまっとう(真藤)さんは第6段階となります。
  
  安藤さんはよい鍋を発見、加藤さんに販売しました。、
  加藤さんはこれはすごいと佐藤さんに紹介、
   手数料を安藤さんに払いました。
  佐藤さんは本当にすごいと多藤さんに紹介、
   手数料を安藤さん、加藤さんに払いました。
  多藤さんはめちゃすごいと納藤さんに紹介
   手数料を安藤さん、加藤さん、佐藤さんに払いました
  納藤さんはちょうすごいと八藤さんに紹介
   手数料を安藤さん、加藤さん、佐藤さん、多藤さんに払いました
  八藤さんはやばいすごいと真藤さんに紹介
   手数料を安藤さん、加藤さん、佐藤さん、多藤さん、納藤さんに払いました。

  そして真藤さんは・・・売る相手がないからこれでおしまい。
  なぜなら7人の世界で、全員おなじすごい鍋をもうもっているから。

この間、いかに多くの消費者が商品を手にし、相手にこの商品の
優れた点を伝えるために、勉強し、使ってみたことをご理解
いただけるでしょう。商品の良さを知ることは、人間や家庭が
社会で生きている手段をえることです。それにより利益を得ることは
何のやましいことではありません。

学校で勉強した知識をもって、また学校につとめ先生として生計
を立てることとなんの変りもないのです。
 これを批判するのは、企業がもうけすぎと批判したり、
人材を派遣している企業に、派遣先との契約料金を開示
しろと明示している、現在国会でお蔵入り中の社民党が
作成した無茶苦茶な人材派遣法案とまったく同じことです。
人間が生きていくためには、知識や経験を生かし、利益を
あげなければ、家庭も国家も維持できない。
ネットワークビジネスがいけない、など無茶苦茶な論理
なのです。
 

  もし、無理して八藤さんが、安藤さんに2台目の鍋を買ってください
  と頼みにいったらどうでしょうか。
  正解は、そんなことはありえない。なぜなら安藤さんは常に仕入価格
  が八藤さんより安いからです。

商品が動いており、手数料の支払いが定められた段階で打ち切られて 
いるかぎり、無限連鎖などということはビジネスとしてあり得ない
ことがおわかりでしょう。

 7人以上、これに螺藤さん(第7段階)、運藤さん(第8段階)
と順に人が増え、ビジネスモデルがおおきくなっても、参加者に
とって相手にしているのはつねに6段階。無限連鎖はありえない。

 それではより有利な取引条件を求めて、下位の人が一つ飛ばして
上の人に取引を求めてきたときはどうでしょうか。
 これはその事業体のルールのきめかたによるでしょうが、
もしそれが可能なら、長期的に多段階は商品卸元と販売者兼消費者の
ふたつに集約されるだけで、マルチネットワークとはいわず
単なる在来商法となるだけです。

次回はグッキーさまのいう利益率が高いのがいけない
ことに対する反論をします。(所用のため数日後となります。すみません)

メンテ
日本芸能は利益率100%の無限連鎖ネットビジネス。頂点家元は野党議員。どうする? ( No.9 )
日時: 2011/10/05 04:59
名前: 政治は年寄りがやれ ID:YSJMXKnA

遅くなりました
 グッキー様
  大火事の世界経済危機の高度な議論のなかで
  汗顔の至りであります。

  しかし日本でも200万人が従事しているそうで、
  この人たちが山岡議員のいうように
  胸を張ってビジネスをつづけることは重要な問題です。
   200万人といえば、日本の公務員の半数という
 大変な数です。テレビCMや,新聞の広告が減るから
非合法にしろという問題ではありません。

 さて今回、私が反論するのはネットワークビジネスが
 利益率が高いのが、反社会的であるとの批判です。

1.まず最初に問題提起をします。
「ものを動かさない利益率100%のネットワークビジネス
は悪徳商法か。」

 「当然。ねずみ講そのものだ。」   
 「マネーゲーム。恥ずべき商法だ」

 これが普通の回答でしょう。
 しかし、本当にそうでしょうか?

2.もちろん、現代のネットワークビジネスには、
  そんなビジネスはありません。あるとしたら
  それは違法、悪徳ビジネスです。

3.しかし、世の中を、身の回りをよくみてください。
  ものを動かさないで利益率100%、
売り上げの全部を先輩たちが上納金として配分してしまう
  ビジネスはありませんか。

4.日本古来からある伝統芸能、茶道、
華道、日本舞踊、筝曲、長唄等々
  もろもろの日本の家元制度は、
商品を動かさにない
無限ネットワークビジネスではありませんか。

   野党連合にこの家元制度の頂点に鎮座されている
  有力議員がいたように記憶しています。
経歴をみたところ実社会の経験のない弁護士
  出身の女性議員は、山岡議員を問題にするくらい
ですから、家元議員は国会追放を実行されるのでしょうか。
注目に値いします。。

  山岡議員や前田議員は、無限連鎖で生計をたてているわけ
ではない。ネットワークビジネスは正当なビジネスだから、
自信と誇りを持ち、正しいビジネスをするように、
といっているだけなのですから。
   
5.母の実家は落ちぶれていましたが、
  江戸時代から続く学者の一族。
  代々、女は芸事を仕込まれてきました。
  ですから私も子供のころから
  ネットワークのなかで現金が動くのをみてきました。

  安藤さん、加藤さん風にいえば、
  家元とか、宗家とか、名取とか、師範とか
  名称はさまざまですが
  ようするに、日本の伝統芸能は
  一代、二代、三代、四代、五代、
  六代、七代、八代・・・
  と無限につづく構造になっている。
  
  二代がなんらかの資格をとるときは、
  免状代を一代に支払う。
  十代目では免状代は
  一代から九代まで手数料
  が配分される。

  免状代がなまなかの金額ではないことも
  よく知られている通りです。

6。日本の伝統芸能はこうして室町時代より
  数百年にわたり商品を伴わず、資格という
  無限ネットワークビジネスを展開して
  庶民から資金をあつめてきたのです。
   しかもその多くの場合、そのネットワーク
により女性と老人の弱い者の生活
  をまもってきたのです。
   
   無限につづく階層のなかで免状の
  お金さえ払えば、資格にふさわしい生活が
引退するまで約束されていたのです。

   案外、戦後アメリカから入ってきたネットワークビジネス
  は、日本の芸者の生活からヒントを得たビジネスだった
  かもしれません。

7.いずれにしても、商品の伴わない無限のネットワーク
  ビジネスが時の権力から独立して、日本独自の文化を育て
  女性と老人を守ってきたことは明らかです。

8.「いや日本の伝統芸能の資格は、情報や電気と同じ、
   無形というかたちの商品であり
   商品のない無限連鎖ではない」

   こういう反論もあるでしょう。
   もしこの反論を認めるなら、商品の知識、使い方   
   を売るという無商品ネットワークビジネスも
   可能ということになるでしょう。
   ネットワークビジネスは利益率は問題ではなく
   正当なビジネスか悪徳ビジネスかは
   やり方の問題であり、在来ビジネスに正当な
   ビジネスと悪徳ビジネスがあるのと同じである
   ことがお分かりいただけたでしょう。


9.利益率そのものについてもネットワークビジネスは、
商品が良質でなければ、人はみな逃げ出してしまい
組織は長続きしないでしょう。
 日本芸能において、家元に実力がなければたちまち
組織が崩壊してしまうことからも明らかです。
  したがってネットワークビジネスでは組織防衛
  のために品質はきわめて厳しく管理、しかも新しい
  技術を取り入れたり、芸術性の高い商品を取り扱う
  ということになります。
  ネットワークビジネスが、本当に消費者の評価に
  毎日直面している本当に消費者のための厳しい
  ビジネスであることがご理解いただけたでしょう。

以上が利益率に対する年寄りの見解です。
つまりネットワークビジネスは品質が良く
利益率の高い商品を取り扱う、社会の貢献度
の高いビジネスであります。

山岡議員や前田議員は尊敬されることはあっても
貶められるべきではないのです。
メンテ
Re: 天晴れ!山岡、前田両議員!Uチューブの講演、国会質問は見事! ( No.10 )
日時: 2011/10/05 06:34
名前: グッキー ID:kW5ScYuA

やれやれ
政治は年寄りがやれさん

思い込んでいるばかりでなく自分で調べて下さい。
マルチ商法、ねずみ講とはどういうものか。

それがネットワークプラスの商法と本質的な違いは有るのか。
マルチ商法とは手を変え品を変え、マルチ商法で無いように見せかけ、出てくるものです。

家元制度とはあまり好きではありませんが教育の一種です。
S−ビス産業ですから物の売買はありません。
知識を売っているのです。
知識を教えて授業料を取る。知識を得たくて授業料を払うという関係で成り立っています。
メンテ
家元制度とネットビジネスは知識販売は同じ。無限か7代か、空気か商品かのちがい。 ( No.11 )
日時: 2011/10/05 10:31
名前: 政治は年寄りがやれ ID:ryhagtpM


利益率の問題はこれで終わりにします。

1。「マルチやねずみ講」について
  山岡議員がいわれるようにマルチという言葉
  は、「多段階ビジネス、「複合ビジネス」という
  意味です。ビジネスの形態を表現しているものです。
  法律用語ではなく、ビジネスの形態を示すものが
  悪意をもって語られるようになったものです。
   分析的にいえば、そのうち
  売り手と買い手が2段階で終わり、完結するものが
  在来ビジネスです。
   正当なビジネスか悪徳ビジネスかは、それとはまったく
  異なる次元のとらえ方で、ネットワークビジネス
  にも、在来ビジネスにも、正当なビジネスと悪徳
  ビジネスがあると同じように、ネットワークビジネス
  にも正当なビジネスと悪徳ビジネスがあることは
  さきに詳しくご説明したとおりです。

2.ねずみ講は、一般的名称でもあるとともに
  法律用語でもあります。
   ねずみ講を規制する法律の第2条では
   
   この法律において「無限連鎖講」とは、金品
(財産権を表彰する証券又は証書を含む。
 以下この条において同じ。)を出えんする加入者が
 無限に増加するものであるとして、先に加入した者
 が先順位者、以下これに連鎖して段階的に2以上
 の倍率をもつて増加する後続の加入者がそれぞれ
 の段階に応じた後順位者となり、順次先順位者が
 後順位者の出えんする金品から自己の出えんした
 金品の価額又は数量を上回る価額又は数量の金品
 を受領することを内容とする金品の配当組織をいう。

 と規定しています。

 つまり
 @加入者が無限に増える
 A先順位が優位である
 B倍以上の倍率で増える(それぞれが弟子を募集)
 C拠出以上の金品を受領する配当組織
 の定義です。

 この定義では利益率100%、お金だけを扱う
 日本の家元制度が立派なねずみ講であることは
 明らかでしょう。

 それがねずみ講といわれないのは、
 家元制度がこの法律が生まれる昭和62年より
 ずうと以前の数百年前から存在し、日本文化と
 経済に多大な貢献をしているからです。
 日本の法社会はネットワークビジネスを正当な
 ビジネスとしてきちんと存在をみとめており、
 どのビジネスにも存在する正当なビジネスと
 悪徳ビジネスのうち、悪徳ビジネスだけを法規制
 の対象としているのです。

 利益率100%であっても知識、情報が介在すれば
 許される。少なくとも家元制度では許されている。 
 利益率の問題ではないのはご理解いただけたこと
 と思います。
メンテ
Re: 天晴れ!山岡、前田両議員!Uチューブの講演、国会質問は見事! ( No.12 )
日時: 2011/10/05 11:27
名前: グッキー ID:kW5ScYuA

ううう、政治は年寄れがやれさん
言葉が悪いとは思いますが、これは社会人としての基礎的範疇の知識のことですよ。

家元制度とは教育産業の一種、サービス産業ですと言ってるではないですか。
知識、技術を学ぶ対価として月謝を支払っているだけです。
知識、技術を学ぶことに価値があると考えているから成り立っています。
下位の人間に教えて月謝を貰わなければ成らないなどという条件で成り立っていません。

これを学校に見たてましょう。
先生が教えて月謝を貰う。一部の生徒が先生になることは有りますが、大部分の生徒は教えてもらうことで満足します。
それが全員が先生にならなければ成らなく、倍倍で増えていけば、日本中、先生が溢れて破綻します。

ねずみ講とかマルチ商法は下位のものが無限に増えて行かなければ成り立たないものなので、禁止、規制されているのです。

だからネットワークプラスの商法が下位のものが無限に増えていかなければ成り立たない商法か調べる必要が有ります。
それにはバックマージンシステムを調べるのが簡単ですが、通常マルチ商法はバックマージンシステムは、公表すると簡単にマルチ商法だとばれてしまうので公表しません。
対面販売の時、こうすればこのように儲かりますよと説明するのが常です。
メンテ
グッキー様、家元制度では免状が何段階もあり、上るたびに大金が山分けされます ( No.13 )
日時: 2011/10/05 12:04
名前: 政治は年寄りがやれ ID:Jz/INeRQ

グッキーさま
 家元制度では通常の月謝は、2段階ビジネスで
 上の階層に上納されることはありません。

 山分けされるのは、細かく設定された資格を
 ひとつひとつ上がっていくようにビジネスが
 設計されていることです。
  そしてそのひとつひとつをのぼるときに
 上の階層へ上納金が配分されていくのです。
 ひとりの生徒が一生に一度だけ納めるのではなく
 ステップアップするたびに何回も何回も納める
 のです。金額は一回、十数万円から数十万円
 今日の家元制度は、この免状、資格という
 制度の上にに乗っかっています。

 良し悪しはありますが、秀吉と利休にみられる
 ように権力から独立した日本独特な文化を
 維持、育ててきて、日本経済の強さに貢献
 したのは間違いないと思います。
メンテ
Re: 天晴れ!山岡、前田両議員!Uチューブの講演、国会質問は見事! ( No.14 )
日時: 2011/10/05 14:08
名前: グッキー ID:kW5ScYuA

だから家元制度は鼠算的に会員を増やさなければならない正保ではないと言ってるのです。

家元制度がマルチ商法と同じようなものだと言ったのは
政治は年寄りがやれdさんです。

ナチュウラリープラスQ&A
http://np.nbiz.jp/

この会社が出しているHPみたいですが、悪徳マルチ商法ではないとしきりに言い訳していますが、一目で分かる悪徳マルチ商法です。

「また、ナチュラリープラスの商品は、ネットワークビジネスという方法で流通(販売)しているため、商品の愛用者である既存会員が新規会員を勧誘する(新規購買者として入会させる)ことで報酬を得られますが、この報酬分が商品価格に上乗せされている、と考えられます。」

ここにその本質がある↑
報酬がある事によって価格が高くなる。
だから貴方も下位の者を会員にして儲けなさいということです。=ねずみ講
メンテ
家元制度は無限連鎖のネットワークビジネス。それが歴史文化に貢献した。 ( No.15 )
日時: 2011/10/05 15:20
名前: 政治は年寄りがやれ ID:6Fj0RYSE

グッキー様
  個別のビジネスの議論は望むところ
  ですが、あまりこの欄にはふさわしくないような
  気がします。

  まず、一点、家元制度がかたちとして無限連鎖に
  該当していないとの判断は、どうも理解できません。
  家元制度は
   1.知識という情報を販売しており、無形の
     商品である
   2.月謝は知識に対する対価であり、上納金
     ではない
3. 弟子の募集は無限に増えることを前提にしていない

  との主張のようにみえます。

あ)私どもが体をおく実業界においてはビジネスとは
  すべて情報であり、情報のみ、商品と情報のふたつ
  のビジネスの形をかんがえるのがふつうです。
  なにも家元制度のみが情報を売っているのでは
  ありません。また家元制度は無限の弟子募集を前提にしています。
い)具体的にご指摘のグループの
  ホームページを拝見すれば、情報はグルガンなるもの、  
  あるいは水素なるものが健康によいというもの
  であり、きっとこのグループの人たちはこの人たちは
  これらがどう体に良いかを、徹底的に勉強するのでしょう。
  家元制度だから知識が無限連鎖の対象外にならない
  ということではないのです。
   どんな場合でも知識、情報は、社会に極めて有益な
  商品であります。家元制度は、ネットワークビジネスの
  なかのきわめて小さな存在なのです。

もう一度くりかえしますが、
情報や知識を社会の基本としているかぎり
ネットワークビジネスがビジネスの基本となる。
家元制度は無限の連鎖ビジネスである。
マルチレベルビジネスは多段階、現在の法制度
では6代までの収入を対象としたものが認められている
在来ビジネスは売り手と買い手からなる2段階ビジネス
である。

正当なビジネスか悪徳ビジネスかは、
これらのビジネスの全部を対象としてどれにも
存在している。違う次元の基準である。

したがってご指摘のグループを
正当なビジネスか。悪徳ビジネスかを判断する基準は
・収益の対象を6代にかぎっているかどうか
・商品がうそつき、誇大広告、薬事法違反などの
 違法悪徳商品かどうか
の判断となるのではないでしょうか。利益率は
関係ありません。

ネットワークビジネスが悪徳商法でないことは
ご理解いただけたかと思います。


 
メンテ
Re: 天晴れ!山岡、前田両議員!Uチューブの講演、国会質問は見事! ( No.16 )
日時: 2011/10/05 16:58
名前: グッキー ID:kW5ScYuA

政治は年寄れがやれさん

まだねずみ講、マルチ商法の基礎的な知識も分からないですね。
基礎的な知識も無ければ議論のしようもありません。
ひたすらマルチ商法に騙された、おばちゃんたちが言う様なことを言ってるだけです。

まず基礎知識を身に付けましょう。
ねずみ講、マルチ商法の元である、ねずみ講がどういうものか書いておきます。
--------

{ネズミ講(ねずみこう)とは、次のいずれかの意味である。

犯罪である無限連鎖講のこと。(本来はこの意味で使う。)
特商法を守る限りは違法ではない連鎖販売取引や、マルチ商法・マルチまがい商法、及びそれらに類似したものの総称として用いる場合がある。(これらの業態について否定的な意味を含んでいることが多い。)」
ウイキペディアより
ーーーーーー

一人の人間が二人の人間よりお金を貰う。
当然、二人の人間はただでお金をやるわけ無いですよね。

そうすると各二人の人間は、自分の下位に二人の会員を造ってお金を貰おうとする。
(注、人数は多いほど儲かる)
上位の会員と折半すれば、この時点で10万円入り元を取り戻せる。
最上位の人間は40万円儲かる。

そうすると3番目の会員も設けようと自分の下に二人の会員を造ろうとする。
4番目の会員のお金は1,2,3番目の会員で分ける。

これは無限に連鎖しなければみんなが儲かることにはならない。
よって無限連鎖講というのです。(法律で禁止)

これを商品売買を装ってやるのがマルチ商法
(一般の取引にも部分的に影響するので、法律で規制)
メンテ
マルチ商法は多段階ビジネスを示す言葉です。 ( No.17 )
日時: 2011/10/06 03:23
名前: 政治は年寄りがやれ ID:hYeKKz2c

グッキーさま
 
  言葉の定義をしないまま議論するのは
  よくありません。

  連鎖取引 通常ネットワークビジネスと
       よばれているものは法律でさだめ
       られた条件のもとで企業活動して
       おり、正常なものです。

  無限連鎖取引 ねずみ講などがこれにあたり
       法律で禁止されています。しかし
       家元制度のように超法規的に法律
       の規制外にあるものもあります。

  マルチ商法 法律の用語ではなく、一般的に
       連鎖取引のビジネス形態をいいます。
       法律用語ではないため、合法、非合法
       を示している言葉ではありませんが、
       一般的に連鎖取引や無限連鎖取引を
       攻撃するときに使われることが多い
       ため、法律上の言葉と誤解されています。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存