ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1457] 証拠物群に基づく再審請求申立
日時: 2012/06/10 09:43:54
名前: 遂犯無罪 ID:1339289035

2012年6月11日

東京高等裁判所刑事部 御中

再 審 請 求 書


1 請 求 の 趣 旨
請求人に係る、平成8年(う)1401号事件(名誉毀損被告事件)につき、1996年12月11日、東京高等裁判所第9刑事部が言い渡した有罪判決に対し、以下の理由により再審の請求をする。


2 請 求 の 理 由
刑事訴訟法 第435条 再審の請求は、以下の場合において、有罪の言渡をした確定判決に対して、その言渡を受けた者の利益のために、これをすることができる。

■ 証拠となった証言・証拠書類などが、虚偽であったり偽造・変造されたものであったことが証明されたとき。                                         
告訴人・園田洋子を提訴した平成22年(ワ)932号事件被告尋問に於いて、刑事判決書の証拠標目に記された園田洋子員面調書は二通ではなく、一通であると証言した。                                          

■ 有罪判決を受けた者の利益となる、新たな証拠が発見されたとき。

一審判決事由である「妄想に基づく犯行」 これに対して絶対的控訴事由となる、虚偽告訴人・園田義明の本人署名・捺印がある”園田の同意書”が、照会請求から発覚、この弾劾証拠の提出を、佐藤文哉裁判長は裁判外で握り潰す違憲訴訟指揮をした。


■ 証拠書類の作成に関与した司法官憲が、その事件について職務上の罪を犯したことが確定判決によって証明されたとき。  取調検事・高橋は、須崎スミエ検事面前調書の本人署名・指印を偽造する職務犯罪をしており、平成24年(ワ)491号事件の答弁書でこれを認める擬制自白している。


3 結語

満期出獄して虚偽告訴人の共同不法行為を提訴、両者は反論も反訴せず被告尋問では偽証を繰り返した、しかし全面棄却は証拠の評価を回避した政治的判決であった。
確定判決を得られない虚偽告訴事件だが、偽造検事面前調書の実行犯検事・高橋は答弁書で偽造署名・指印を認める擬制自白をした。

虚偽告訴に基づく捜査報告書・員面調書・検事面前調書、そして公判調書・判決原本の不正、請求人は非判決で有罪認定がされる非常上告事案と思料している。
これらの確たる”証拠物”群と確かな理論から、早急に再審開始決定を要求する。以上
http://suihanmuzai.com/120611.jpg.html

↓交付する判決書は原本と一字一句同じ謄本と決まられているが、交付されたのは書記官の要約判決書である判決抄本、つまり判決原本が存在しない偽装刑事裁判の証左。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.1 )
日時: 2012/06/13 03:58:57
名前: 遂犯無罪

被告検事は答弁書で「認否はしない」・・法的効果は,弁論の全趣旨からみて争っているものと認められない限り,自白とみなされます(民訴法159条)

これで勝ったと思うのはどうも早計のようだ、ある裁判官ブログ主さんは・ttp://blogs.yahoo.co.jp/judge_nori
「反論がないのに尋問することはないし,答弁書があって擬制自白があることもありません。
相手の反論を見て,自分の言い分を認めたという読み方をしたところに,問題の出発点があるのかもしれません」

判決書など法曹が書く文体は難しく場合に拠っては詭弁に近いが、この意味するところ私には理解できない。
しかしである、この裁判は怪しいのだけは確かである。
それはこれだ!  ttp://suihanmuzai.com/120308.jpg.html
メンテ
Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.2 )
日時: 2012/06/13 10:42:42
名前: 八百長


八百長裁判の筋書きはシンプルです
高橋検事の答弁書から読み取れることは、高橋と裁判所が昭和30年の判例を盾に逃
げ切りを企んでいるということ。
その答弁書は、”再審訴訟を経て国家賠償請求をしなさい”と言っています。
ところが再審請求をしても裁判所は頬被りをして、訴状を放置するでしょう。
これがこの国の出来レース裁判の筋書きなのです。
メンテ
イカサマ裁判所の筋書きはシンプルさ。 ( No.3 )
日時: 2012/06/13 10:24:45
名前: 八百長

高橋の答弁書から読み取れるのは、高橋と裁判所が昭和30年の判例を盾に逃
げ切りを企んでいることは確かだろう。
その答弁書は、”再審訴訟を経て国家賠償請求をしなさい”と言っています。
ところが再審請求をしても裁判所は頬被りをして、訴状を放置することは明らか。
これがこの国の出来レースの筋書きなのです。
メンテ
Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.4 )
日時: 2012/06/13 12:34:36
名前: 遂犯無罪

被告高橋の主張はいわゆる検察官無答責であり慰謝料は国から貰え。
訴状にもこうした「訴え自体が失当」とする反論に対して、違法(不法行為)行為をした公務員の個人責任の追及を述べているが、これに反論もなく弁論自体がされない。

不法行為とは、故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害することにより生じた損害について賠償する責任を負う。
一般不法行為に基づく損害賠償において、故意や過失は原告に立証責任があり、これを証拠と法に基づき訴状で訴えた、それに対して被告高橋は「認否はしない」これは沈黙を意味する。

出所後に誣告者を提訴した民事でも二人の被告は「刑事裁判の虚偽申告は不法行為に該当しない」即時棄却の主張をした。
これは法曹でも奇異な答弁とみえて代理弁護士から戸惑いの連絡があった、しかし裁判所は最終的にこの論旨を踏襲した判決をして、その後の別訴でもこれを引用している。
つまり刑事無罪の確定判決を得てから損害賠償をせよ・・こんな法理はなく、実際に刑事事件の有罪判決が民事裁判では無罪を意味する賠償認定がされている。
但しこの場合は何れもマスコミや支援組織の背景がある、我が事件は非判決で有罪認定されるという裁判抜きの投獄であり、再審請求自体が矛盾する、従って検事総長に拠る非常上告案件である。

そういえば高橋訴訟の二回期で裁判長に向かい「被告高橋の擬制自白は成立したか」と訊ねてたところ戸惑った様子を見せた。
何れにしても高橋は偽造検事調書を認めたのであり、この事実を以ってこれからも続く千日手裁判で、今は高裁1件、地裁2件、そして最近にアクセル検索が多い、跡部敏夫元検事を就業先の川越公証人役場を送達先として提訴、そして二ヶ月の北海道野営暮らしで不在とします。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存