ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1818] エジプト情報、謀略情報が露骨に行われる時代に成った
日時: 2013/08/21 05:27
名前: グッキー ID:iJD2RPkM

http://japanese.irib.ir/component/k2/item/38501-%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E3%81%A7%E6%83%85%E5%8B%A2%E4%B8%8D%E5%AE%89%E3%81%8C%E7%B6%99%E7%B6%9A
塀の上に居る兵士が銃を撃っています

エジプトで何が起きているのか、謀略報道が入り荒れ見方が錯綜しています

エジプト、軍の影にかすむ革命
弾圧されるムスリム同胞団、イスラム政治勢力の危機
http://www.diplo.jp/articles13/1308egypte.html
ル・モンド

アメリカの“暗殺部隊大使”エジプトに到着、そして大量殺戮開始
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-12ca.html

エジプト情勢:プーチンは軍支持、オバマは迷っている
http://rockway.blog.shinobi.jp/
ーーーーーーーーーーーー

曰く、モルシ側近が欧米に軍事介入を求めた
曰く、モルシ、シシの最後の会談で、モルシが「そんなことをしたらアメリカが許さない」と言った。
曰く、モルシがシリアに軍を送ろうとし、それに反発した軍がクーデターを起こした。
曰く、経済失政に国民が怒った。政策など行う時間も無かったでしょう。
曰く、エジプト国民は同胞団をテロリストだと言っている。

1300万人のモルシ罷免要求署名
日本で数千万の署名を集めることを考えたら分かるでしょう。
1千数百万人の反政府デモ
日本で数千万人のデモを起こそうと考えたら分かるでしょう。
就任1年の何もしていない大統領にそんなに反対が集まるわけもなし。

ほとんど嘘臭い情報が前々から乱れ飛んでいます。
こんな嘘臭い情報が世界に乱れ飛ぶのはCIA、モサドが関与しているからでしょう。


実際に起きたことは何か
軍、最高裁判所の旧ムバラク勢力が権力を握った。
軍、治安部隊が同胞団を弾圧している。
欧米は口先だけは非難するが容認の構え

世界はもはやインチキ臭い謀略情報を流し、
露骨に謀略を行う時代に成ってしまった。
整合性がおかしいなと思ったら確認してみることです。
出所の怪しいものばかりです
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 戦前に回帰しているようだ ( No.26 )
日時: 2013/09/06 04:41
名前: グッキー

平和ボケもんさん

>拝金主義的「ユダ癌」に侵されたアメリカは、此のままで済むのでしょうかねぇ? 

30年代の恐慌の時はベテラン(退役軍人)がワシントンを目指し行進しました。
政府は戦車まで持ち出してそれを弾圧しました。
弾圧を指揮したのがマッカーサーです。今回も弾圧するでしょう。
国際的連帯が無ければとても立ち向かえないでしょう。

>最終的にマネーが世界を支配するのか? やがて、虐げられている矛盾に堪えかねた階層の暴発が起きるのか、無知な私には判りませんが、何か「歴史の退行」を見せられている様で、薄気味悪く不安な気持ちがして成りません。

21世紀だっていうのに何か戦前に回帰している雰囲気を感じます。
冗談だろ〜と思いたいのですが、時間と共にそれが強くなっています。
1年前、3年前、5年前と思い返して見れば時間の落差を感じます。

マスコミの報道、洗脳というのは怖いものですね。
洗脳されていない者が何が正しいkの事実を見極め声を上げなければいけません
ーーーーーーーーーー

スウェーデンで反米デモ
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/39839-%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%81%A7%E5%8F%8D%E7%B1%B3%E3%83%87%E3%83%A2

世界各地で反米、反戦デモが起きています。
日本では起きないのか? それとも報道されないだけなのか?

それとも寡占化市場に疲弊しすぎて声を上げる気力も無いのか?

みんな屠殺される家畜のように、自分の順番を待っていることしか出来ないのか?
それを打ち破るのは国際的市民の連帯しか無いように思えます。
メンテ
Re: ロシア 「あらゆる攻撃に対抗する」 ( No.27 )
日時: 2013/09/06 06:40
名前: グッキー

ロシア大統領がアメリカのシリア攻撃に再度警告
フォントサイズ フォントサイズの縮小 フォントサイズの拡大 印刷 Add new comment
ロシア大統領がアメリカのシリア攻撃に再度警告
ロシアのプーチン大統領が、国連安保理の許可のないシリアへの軍事介入について警告を発し、「国連安保理の許可がないシリアへの軍事的な措置は、侵略行為とみなされる」と強調しました。


イルナー通信によりますと、プーチン大統領は4日水曜、ロシア人権評議会の会合で、「アメリカ議会がシリア侵略の許可を出す正当性はない。なぜならこの措置はアメリカ議会が決定できる事柄ではないからである」と語りました。
また、「自国を防衛する以外の、安保理の枠内から外れたあらゆる軍事的な措置は、侵略行為である」と述べました。
さらに、アメリカに対し、「ロシア政府はシリアに対するあらゆる攻撃に対抗するための計画を有しているが、これについて語るのは時期尚早である」と語りました。
プーチン大統領はまた、シリア軍事攻撃の合法化に向けたアメリカ議会の努力を指摘し、現状におけるアメリカの措置を受け入れがたいものであるとしました。
さらに、ロシア政府がシリア政府を支援しているというアメリカ政府高官の主張を否定し、「ロシアはシリア問題において、国際法規をのみを守る」と表明しました。
プーチン大統領はまた、シリア政府が化学兵器を使用したとする、アメリカのケリー国務長官の主張を指摘し、「ブッシュ政権時代、パウエル国務長官はイラクに大量破壊兵器が存在すると国際社会を説得したが、結果的にこの主張は根拠のないものであることが明らかになった」と述べています。
ロシアは繰り返しアメリカに対し、国連安保理の同意なしに一方的な攻撃を行なうことについて、警告を発しています。
−−−−−−−−−−−−

「国連安保理の許可がないシリアへの軍事的な措置は、侵略行為とみなされる」

これはアメリカ議会がシリア攻撃を可決すれば、国際法違反を認めたと
いうことです。
政府がそれを実行すれば国際法違反です。

「ロシア政府はシリアに対するあらゆる攻撃に対抗するための計画を有しているが、これについて語るのは時期尚早である」

「あらゆる攻撃に対抗する」とは対空ミサイルなどの兵器を供与するということでしょう。
イランはアメリカとの直接戦闘を避け、義勇兵を送るのではないかと思います。

アメリカは核兵器を持っています。キチガイに刃物です。
もしアメリカがシリアやイランに対して核兵器を使えば、
ロシアはサウジやカタールに対して核兵器を使うことが予想されます。
さすがにアメリカ、ロシアへの核攻撃は世界最終戦争になるので
自制すると思いますが、思いますが(何しろ凶悪政府だから)、、、、、

アメリカ政府、日本政府ははっきりと凶悪政府と認識すべきです。

放射能を国民に被爆させている政府が凶悪政府で無ければ何でしょう。
自作自演で化学兵器を使い、シリア政府が使ったと言って、シリアを
攻撃しようとする政府が凶悪政府でなければなんでしょう。


ロシアはシリアに最新鋭対艦ミサイルを供給してある
http://rockway.blog.shinobi.jp/

て書いてたら、もう最新の対艦ミサイル、対空ミサイルを
供与しているという記事が有った。
メンテ
Re: Paul Craig Roberts ( No.28 )
日時: 2013/09/07 17:29
名前: グッキー ID:5CJ4GziE

戦犯・うそつき集団アメリカ政府は、自らを世界にさらけ出して立っている
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-f0ed.html
オバマの面子を救うためのとんでもない費用
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-6ecd.html

Paul Craig Robertsは毎日のように、このいかさま犯罪を止めようとして
記事を書いている。

でも市民に、この時期、シリア政府が化学兵器なんて使うわけ無いだろー
という常識1本有れば良いことだ。
市民にそういう常識が働かなく成ってしまったのか??
それとも政府の傲慢がそれを押さえ込んでいるのか??
メンテ
Re: エジプト情報、謀略情報が露骨に行われる時代に成った ( No.29 )
日時: 2013/09/07 20:45
名前: 平和ボケもん ID:t4cyjDc.

もう随分前から、世界政治に於けるアメリカの立ち位置又は言辞と言う物は、嘘で固められた物であると言う事が心ある人には十分判って来ているにも拘らず、図々しいアメリカは懲りるKと無く同じことを繰り返して居ます。

抑々建国の時からアメリカと言う国は「暴虐」を常套手段として国を運営して来たのですから、政党が如何交代しようが、大統領が誰に変わろうが、“アメリカ人”すべてのDNA野仲に組み込まれて仕舞って居るのです。

其れは其れで、アメリカの進む道は我々他国の人間がどう止めようも有りませんし、究極の所、またぞろアメリカは世界中の鼻つまみ者に成るのを見るより仕方ないのですが、我々の日本の政治家が何故斯うまでアメリカ従属の政治しか出来ないのか? 幾ら考えても理解出来ないのです。

世界に於けるアメリカと言う国が、「癌」の様な存在であるのと同様、日本における政権政治家と言う者が、「癌」であると思われ、彼ら政治家が狂って居るのか、我々が思慮分別の無い馬鹿なのか、判断が付かないくらい悩ましい物に思えて来ました。

嘘も百遍言うと真実に成る、と言われますが、奴らは将にそれを狙って居るのでしょう。それにしても、己の小さな欲望の為に「何故」「どうして」国を売るのか? どなたでも結構です、解説して呉れますか?
メンテ
Re: 王座から追われた欧米 ( No.30 )
日時: 2013/09/08 20:35
名前: グッキー ID:gb8t.WKQ

王座から追われた欧米

Paul Craig Roberts

2013年9月7日
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-4a8a.html
“過去300年間の進化的発達のヨーロッパ諸国の競争は、全てこの四つの言葉に帰結する。利己性、虐殺、無恥、そして堕落”
 厳復

“欧米文明”のふりをしていた悪魔に、欧米以外の世界が追いつくのに、わずか300年しかかからなかったと言うべきか、あるいは、胸を張って当然のことを言う新たな諸大国の登場が必要だったというべきか。アメリカの悪に対する責任を疑う方々は、オリバー・ストーンとピーター・カズニックによる『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史』をお読み頂きたい。

ネオコンが主張した“新しいアメリカの世紀”は、9月6日、ロシアでのG20会議で突然、終焉した。世界の大半の人々の指導者達が、彼を信じていないこと、そしてもし国連の承認無しにアメリカ政府がシリア攻撃をすれば国際法違反であるとオバマに語ったのだ。

続きはリンクへ
ーーーーーーーーー

Re: Paul Craig Robertsが毎日のように情報をくれる
そして翻訳してくれるこのサイトにも感謝

とうとうアメリカは世界の支持を失った。
G20で「中国、インド、南アフリカ、ブラジル、インドネシアと、アルゼンチンが、国連安全保障理事会の承認無しで軍事侵略を行う指導者は、自らを“違法”とすることを支持し、プーチン側についた。」
多くの国にシリア攻撃は国際法違反、犯罪だと言われたのだ。

多くの国が今までアメリカの傲慢に耐え黙ってきたが、もはや我慢の限界なのだろう。
これはアメリカ支配の終った歴史的瞬間になるだろうか?

金魚の糞、安倍はもう消えて欲しい
アメリカにいくら貢ぐのか?
これから先、どれだけ搾り取られるのだろう?
搾り取るところ、日本しかないもんねww

アメリカは墓穴を掘ったのか?
今までアメリカの国連決議の無い戦争を、違法と声を上げる
国は無かった。
しかしあまりにも強引で嘘が丸見えのシリア攻撃では、
さすがに墓穴を掘ることに成ったのか?
メンテ
Re: バンダル王子を国際指名手配して捕まえたい ( No.31 )
日時: 2013/09/09 13:36
名前: グッキー ID:TfbE4OjQ

イラン・コントラ再来? バンダル王子が率いるサウジとCIAのシリア反体制派支援の極秘共同作戦
http://democracynow.jp/
ウォールストリート・ジャーナル紙が、サウジの米国大使を務めたバンダル・ビン・スルタン・アル=サウード王子が、シリア反乱勢力のてこ入れ計画を指揮していたことについて、新たな詳細を報じました。サウジアラビアと米国、ヨルダン、その他の同盟国の諜報機関による共同作戦で、ヨルダンにある秘密センターでシリア反乱勢力の精鋭分子を訓練し、武器を与えていたとされています。同紙はまた、バンダル王子がシリアの前線近くにある秘密司令センターからパリのエリゼ宮やモスクワのクレムリンを何度もジェット機で行き来し、アサド政権の弱体化を画策していたと報じました。「彼のやっていることはまさに、1980年代に彼がレーガン政権に協力して演じた役割の再現です。彼は当時アフガニスタンのムジャーヒディーン・ゲリラに資金や武器を橋渡し、ニカラグアではCIAに協力してコントラ支援に動いていたのですから」と、ウォールストリート・ジャーナルのアダム・エントゥス記者は言います。「いろんな意味で、バンダル王子のおなじみの役回りと言えます。CIAのベテランたちが彼の復帰に躍り上がって喜ぶ様子にはあきれてしまいます。彼らが喜ぶ理由は、バンダルを知る外交官の言葉を借りれば、王子はアラビア語で言う「ワスタ」、つまりコネの力による絶大な影響力を持っているからです。彼の小切手は不渡りにはならない。つまりサウジ家の金庫から直接届けられるということなのです」
ーーーーーーー

世界で国連の承認無き戦争は違法行為だという声が、政府レベルから出てきたのは
重要なことだ。プーチンに感謝したい。
違法行為ということは違法行為を行った者は訴追される恐れが有るということ。
当然、今まで見たいに簡単に戦争は起こせない。
世界の多くの国が反対し、米議会までも反対すれば、それに反して戦争を行えば
訴追される恐れが高いということだ。

傲慢に成ってあまりにもあからさまな嘘を言いシリア攻撃をしようとした。
世界の多くの人がそれに呆れ果てた。
自業自得だろう。

議員も下手に戦争賛成票を投じれば訴追される恐れが有るということだ。
そして反対をするものが多くなれば多くなるほど、訴追を恐れて賛成しずらくなる。

このリンク先に写真の有るバンダル王子を国際指名手配して捕まえたい。
こいつを吐かせれば芋づる式に、オバマ、オランド、キャメロンを逮捕できるのでは
ないか。
メンテ
Re: 恥と論理を忘れた人々 欲望と利害、感情により論理は創られる ( No.32 )
日時: 2013/09/10 17:02
名前: グッキー ID:eqoiQxx.

ゾンビー支配: オバマとケリーは、一体なぜ、新たな戦争を始めようと躍起になっているのか?

Paul Craig Roberts

2013年9月8日

ゾンビー支配: オバマとケリーは、一体なぜ、新たな戦争を始めようと躍起になっているのか?

Paul Craig Roberts
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-16ba.html
2013年9月8日

本当の狙いは何だろう?

二日前、G20サミットで、世界で最も重要な国々によって、ホワイト・ハウスの阿呆に与えられた警告にもかかわらず、一体なぜオバマ政権は戦争犯罪を行おうと躍起になっているのだろう?

一体どのような強力な利益団体が、ホワイト・ハウスの阿呆を、アメリカ国民の意思から外れて、国際社会の警告から外れて、違法な行動をするよう押しやっているのだろう?

イギリスのデービッド・キャメロン首相が認めざるを得なかった様に、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したという決定的な証拠は誰も持っていないことを、オバマ政権は認めた。それなのに、オバマは卑しむべきジョン・ケリーを送り出し、アサドが化学兵器を“自国民に対して”使用したというビデオを基に国民と議会を説得させようとした。

ビデオが示しているのは、死者と苦悶する人々だ。ビデオは誰がやったかを示してはいない。オバマ政権の主張は有り得ない。責任を示すいかなるものにも依拠していないのだ。オバマ政権の主張は、根拠のない主張にすぎない。

根拠のない主張だけに依拠して、世界を戦争に引きずり込むとは、一体どれ程邪悪な人物なのだろう?

世界最悪の二人の嘘つき、オバマとケリーは、アサドがやったのだと言うが、二人はそれを証明できないことを認めている。二人はそれが本当であって欲しいと願っているので、それを二人は信じたがっているのだ。嘘は明言されていない二人の狙いに役立つのだ。

もしオバマとケリーがシリアを攻撃したい本当の理由を国民に語るようなことがあれば、二人は職を追われるだろう。

気の触れた、残虐なイスラエル政府と、オバマ政権内部で第五列を務める、イスラム教嫌いのイスラエルのネオコン工作員で構成される、ごく少数の主戦論者群のお役に立とうと固く決心した、あらゆる品位が欠如し、高官となるべき知性と人間性に欠ける二人の人物以外、何も理由無しに、全世界が、どういう影響があるか予想もつかない戦争の瀬戸際にたたされている。

ロシア政府は、攻撃をしたのは、アルカイダとつながる侵略者のアル・ヌスラだということを決定的に証明する証拠を、国連に提出した。“反政府勢力”が化学兵器を持っているという決定的証拠もある。更に、評判の高いジャーナリストも、アル・ヌスラ戦士の名と、発言も直接引用して、サウジアラビアが、適切な扱い方の説明無しに、アル・ヌスラに化学兵器を渡し、アサド政権にぬれ衣を着せる為に、サウジが提供した兵器を、アル・ヌスラが使用する前に、それが暴発したと報じている。

ともあれ、死者はもたらされており、彼等は不幸だが、オバマが、イラク、アフガニスタン、リビア、ソマリア、パキスタン、イエメン、エジプトや、シリアで引き起こした死者が不幸なのと同じだ。オバマに責任がある、確認済みの死者数は、オバマが、証拠も無しに、アサドのせいにしている確認済みでない死者の数の何倍も多い。

議論の余地のない事実は、シリアの死者は、リビアに対し、アメリカ政府が使用したのと同様の外部勢力を用いて、アメリカ政府がシリア侵略を始めたがゆえにおきたことだ。ともあれ、死者は発生しており、死者は、犯罪人オバマ政権によるものだ。犯罪人オバマ政権がシリア政府を打倒しようとしていなければ、化学兵器や他のいかなる手段による死者はなかったろう。これは、アメリカ、イスラエル、アメリカ内のイスラエルのネオコン第五列とホワイト・ハウス、そして、イスラエル・ロビーに買収され、金を貰って支配されている欧米マスコミによって引き起こされた戦争なのだ。

アサドが戦争を始めたわけではない。シリア政府はアメリカとイスラエルが送り込んだ外部勢力によって攻撃されているのだ。

シリアにおける、アサドへの国民の支持は、アメリカにおけるオバマ、イギリスにおけるキャメロン、フランスにおけるオランド、ドイツにおけるメルケル、イスラエルにおけるネタニヤフへの支持より遥かに高いのだ。

ホワイト・ハウスの阿呆は、まるで、ぜんまいが巻かれたおしゃべり人形であるかのように、アサドの証明されていない“化学兵器使用は、世界の安全保障にとっての脅威だ”という愚にもつかない言明を繰り返している。

読者の皆様よ、ホワイト・ハウスの阿呆の他、一体誰が、シリアが世界の安全保障にとっての脅威だなど信じる程、驚異的に愚劣だろう?

もしシリアが、イラクが“世界の安全保障にとっての脅威”だったように、イランが“世界の安全保障にとっての脅威”だとされているように、“世界の安全保障にとっての脅威”なのであればアメリカ合州国は一体どういう超大国なのだろう? こうした馬鹿げた、感情的な主張にだまされる為には、国民のIQは、どれだけ低くなければならず、どれほど知的障害でなければならないのだろう?

オバマの主張を、阿呆自身に向けてみようではないか。オバマがシリアを攻撃するのが、一体なぜ世界の安全保障にとっての脅威でないのだろう? 単に彼がそうしたいがゆえに、そして、単に果てしない嘘で、アサドを悪魔のように描き出したがゆえに、単にオバマが、気の狂ったイスラエル政府と、事実上、イスラエル工作員であるネオコン国家安全保障顧問の全くの傀儡であるがゆえに、そして、単にナショナル・パブリック・ラジオを含む、プロパガンダ省が、あらゆるオバマの嘘を、あたかも真実であるかのように繰り返すがゆえに、オバマが、シリアを攻撃する権限など存在しないのだ。

超大国が、思い付きで行動して、ある指導者と、ある国を悪魔の様に描き、アメリカが、過去12年間に、7回行ったような大量破壊を行った場合、国際的安全保障にとっての脅威にはならないのだろうか? 無辜なのに、悪魔の様に描かれている、何百万人もの“必要欠くべからざる、例外の国アメリカ”“世の光”による犠牲者がいる。

イスラエル・ロビーのプロパガンダ省に過ぎないアメリカのマスコミなど無視しよう。議員とアメリカ国民が、オバマに尋ねるべきことは、一体なぜ、ホワイト・ハウスは、イスラエル・ロビーしか代表しないのかということだ。

イスラエル・ロビー以外の誰も、シリア攻撃を支持していない。

オバマは一体なぜ、アメリカ政府の12年間の実績に、もう一つの戦争犯罪を加えようとしているのだろう? アフガニスタン、イラク、リビア、ソマリア、パキスタン、イエメンや、エジプトで、何百万人もの人々の生活や前途を破壊するだけで十分ではないのだろうか? 一体なぜ、シリアや、オバマの戦争が広がって行く他の国々で、更に何百万人もの人々の命を奪い、前途を破壊するのだろう?

オバマ、ケリー、そして狂ったネタニヤフや、そのネオコン第五列はゾンビーだというのが答えかも知れない。

Paul Craig Robertsは、元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えていた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでい る。
ーーーーーーーーーーーーー

恥と論理を忘れた人々
欲望と利害、感情により論理は創られる
メンテ
Re: イカサマ戦争は敗北したか? ( No.33 )
日時: 2013/09/11 05:51
名前: グッキー ID:vM4h94Ec

アメリカ上院、シリア攻撃決議案の採決を延期
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/40020-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%B8%8A%E9%99%A2%E3%80%81%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%94%BB%E6%92%83%E6%B1%BA%E8%AD%B0%E6%A1%88%E3%81%AE%E6%8E%A1%E6%B1%BA%E3%82%92%E5%BB%B6%E6%9C%9F
フォントサイズ フォントサイズの縮小 フォントサイズの拡大 印刷 Add new comment
アメリカ上院、シリア攻撃決議案の採決を延期
アメリカの上院で、シリア攻撃を認める決議案の採決が延期されました。

採決は当初、11日水曜に行われる予定でした。
ロイター通信によりますと、アメリカ上院のハリー・リード院内総務は、9日月曜、採決を延期することを発表しました。
これは、アメリカのオバマ大統領が、シリアの化学兵器を国際的な監視の下に置くことを提案したロシアの計画は軍事行動を停止させる可能性があると述べた後で発表されたものです。
アメリカのケリー国務長官も、9日、記者会見で、「シリアの化学兵器の廃絶は同国に対する軍事攻撃を停止させる可能性がある」と述べました。
ロシアのラブロフ外務大臣は、同日、モスクワでシリアのムアッリム外務大臣と会談し、シリアの化学兵器を国際的な監視の下に置くことを提案しました。
この提案はまもなくシリア政府の歓迎を受けました。
オバマ大統領とロシアのプーチン大統領は、10日火曜、このロシアの計画に関して協議しました。
アメリカの他、中国、フランス、ドイツ、イギリス、国連事務総長もロシアの計画を支持しています。
ラブロフ大臣は10日、「ロシアはまもなくシリアと協力し、シリアの化学兵器の問題を解決するための提案を提示する」と語りました。
また同時に、シリアにおける化学兵器の使用に関して、国連調査団の調査を完成させる必要性を強調しました。
さらに、「シリアでこの種の兵器を使用した人々を処罰すべきだ」と語っています。
ーーーーーーーーーーーーー

潮目が変わったような気がする。
世界の多くの国が国連決議の無いシリア攻撃は国際法違反と言い、
はっきりアメリカ支配に反旗を翻した。
世界の多くの市民もシリア攻撃に反対し反旗を翻した。

アメリカ下院でも166名の議員が議会の決定の無い戦争は憲法違反という
書簡を大統領に送った。
これは今まで無いことで、アメリカではほとんど全会一致で大統領の戦争を
支持するのが通例だった。

これは世界の多くの市民の声が勝ったんだと思う。
いくらなんでもこんなイカサマ戦争は許せないと。
でもまだ気を許せない。何しろキチガイだから。

しかし新自由主義に対する戦いはまだ始まったばかりだ。
メンテ
Re: アメリカは戦争をしたいのか?したくないのか? ( No.34 )
日時: 2013/09/11 19:32
名前: グッキー ID:vM4h94Ec

ロシア・トゥデイ、「シリア武装勢力は、イスラエルへの攻撃の準備が整う」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/40015-%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%87%E3%82%A4%E3%80%81%E3%80%8C%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%AD%A6%E8%A3%85%E5%8B%A2%E5%8A%9B%E3%81%AF%E3%80%81%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%94%BB%E6%92%83%E3%81%AE%E6%BA%96%E5%82%99%E3%81%8C%E6%95%B4%E3%81%86%E3%80%8D
フォントサイズ フォントサイズの縮小 フォントサイズの拡大 印刷 Add new comment
ロシア・トゥデイ、「シリア武装勢力は、イスラエルへの攻撃の準備が整う」
ロシアのニュース専門局・ロシアトゥデイが、「シリアの武装勢力は、イスラエルに化学兵器での攻撃を行うための準備が整っている」と報じました。

ロシア・トゥデイは9日月曜、「ある情報筋がロシア・トゥデイに対し、シリアの武装勢力はイスラエルに対する化学兵器を使用しての挑発攻撃を計画中である、と伝えてきた」としています。
シリア政府は、「アメリカの軍事介入の阻止を目的とし、シリアの化学兵器庫に対する国際的な監視という、ロシア政府の提案を受諾した」と表明しました。
アメリカは、シリア政府が同国民に対し化学兵器を使用したという主張のもと、対シリア軍事措置に対する国際社会の支持を取り付けることに努めています。
アメリカ政府は、シリア政府による化学兵器の使用を裏付ける決定的な証拠を有していないことを認めている一方で、シリア軍が同国の首都ダマスカス近郊に対する化学兵器での攻撃の責任者である、と主張しています。
ーーーーーーーーーーーー

ロシアがアメリカのシリア攻撃の口実を、なし崩し的に取り去った。
アメリカは表向きはこれに賛成して攻撃を中止せざるを得まい。
これだけ世界の反対が強いのだから当然のことだろう。

しかしアメリカ政府の本音は、シリア攻撃をしたいのか?
したくないのか?

そして戦争をしたいのなら記事のような謀略が考えられる。
これは簡単な謀略だ。
今まで反政府軍はイスラエルに挑発砲撃を繰り返して来た。
それを科学砲弾に変えれば良いこと。
それでシリア政府が化学兵器を使ったと言い、イスラエルが空爆をし
その空爆に欧米も加わるというシナリオだ。

アメリカの今までのゴロツキ的な因縁のつけ方から見て、
アメリカは戦争をしたいように思えるのだが。
メンテ
Re: エジプト情報、謀略情報が露骨に行われる時代に成った ( No.35 )
日時: 2013/09/12 01:42
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:9ymeHZIE

UP
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存