ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1818] エジプト情報、謀略情報が露骨に行われる時代に成った
日時: 2013/08/21 05:27
名前: グッキー ID:iJD2RPkM

http://japanese.irib.ir/component/k2/item/38501-%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E3%81%A7%E6%83%85%E5%8B%A2%E4%B8%8D%E5%AE%89%E3%81%8C%E7%B6%99%E7%B6%9A
塀の上に居る兵士が銃を撃っています

エジプトで何が起きているのか、謀略報道が入り荒れ見方が錯綜しています

エジプト、軍の影にかすむ革命
弾圧されるムスリム同胞団、イスラム政治勢力の危機
http://www.diplo.jp/articles13/1308egypte.html
ル・モンド

アメリカの“暗殺部隊大使”エジプトに到着、そして大量殺戮開始
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-12ca.html

エジプト情勢:プーチンは軍支持、オバマは迷っている
http://rockway.blog.shinobi.jp/
ーーーーーーーーーーーー

曰く、モルシ側近が欧米に軍事介入を求めた
曰く、モルシ、シシの最後の会談で、モルシが「そんなことをしたらアメリカが許さない」と言った。
曰く、モルシがシリアに軍を送ろうとし、それに反発した軍がクーデターを起こした。
曰く、経済失政に国民が怒った。政策など行う時間も無かったでしょう。
曰く、エジプト国民は同胞団をテロリストだと言っている。

1300万人のモルシ罷免要求署名
日本で数千万の署名を集めることを考えたら分かるでしょう。
1千数百万人の反政府デモ
日本で数千万人のデモを起こそうと考えたら分かるでしょう。
就任1年の何もしていない大統領にそんなに反対が集まるわけもなし。

ほとんど嘘臭い情報が前々から乱れ飛んでいます。
こんな嘘臭い情報が世界に乱れ飛ぶのはCIA、モサドが関与しているからでしょう。


実際に起きたことは何か
軍、最高裁判所の旧ムバラク勢力が権力を握った。
軍、治安部隊が同胞団を弾圧している。
欧米は口先だけは非難するが容認の構え

世界はもはやインチキ臭い謀略情報を流し、
露骨に謀略を行う時代に成ってしまった。
整合性がおかしいなと思ったら確認してみることです。
出所の怪しいものばかりです
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 欧州は腰砕け ( No.16 )
日時: 2013/08/30 17:36
名前: グッキー

英国及びその他のNATO諸国 シリア爆撃を拒否
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_30/120451702/
タグ: 政治, 中東, 米国, NATO, シリア, 軍事紛争, 英国, 記事一覧, 国際

30.08.2013, 09:00

英国のハモンド国防相は「シリアへの軍事干渉に、英国政府は参加しない」と述べる一方で「英国が参加を拒否しても、シリア当局に対する武力行動は、やはり行われるだろう」との見方を示した。
この英国国防相の声明は、29日から30日にかけての深夜、英国議会が、シリアでの軍事作戦に関するキャメロン首相の提案を、賛成272、反対285で斥けた後、出されたもの。

 投票は勧告的性格を持ったものだが、キャメロン首相は「軍事行動開始を望まないとする議会の意志は明らかであり、自分はしかるべく行動する」と述べた。

 一方、NATOの米国の同盟諸国も、しかるべき国連安全保障理事会決議なしに主権国家シリアに対する戦争に参加する事を、一つまた一つと拒否し始めた。ブリュッセルの消息筋がイタル-タス通信記者に伝えたところによれば、少なくともNATO加盟12カ国がすでに、国連安全保障理事会がそれを承認しない場合は、シリアに対する軍事作戦には参加しないとしている。

−アサド大統領「シリアは勝利する。西側との対立は過去のものとなる」−

 そうした状況にもかかわらず、新聞「ワシントン・ポスト」がホワイトハウス・スポークスマンの発言を引用して伝えたところでは、同盟諸国の支持が無くても、米国のオバマ大統領は、シリアへの制限的な軍事攻撃を認める用意がある、との事だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

これだけブーイングが強ければ欧州諸国は加われないか。
安倍だけポチだから付いていきそう。

オバマは世界の暴君に成るのか?
ろくな奴にノーベル平和賞をやらない。
メンテ
Re: 31日国連調査団引き上げ ( No.17 )
日時: 2013/08/31 13:27
名前: グッキー

31日国連調査団引き上げ

アメリカ一人じゃまさかやらないだろう。
やったら暴君ネロ

平穏無事に過ぎてくれますように
メンテ
Re: シリアテロリスト 化学兵器を運搬中爆発と自供 化学兵器はサウジのバンダル王子から ( No.18 )
日時: 2013/08/31 22:17
名前: グッキー

http://rockway.blog.shinobi.jp/
シリア反政府勢力:化学兵器攻撃は自分たちが行ったと認める
http://www.infowars.com/rebels-admit-responsibility-for-chemical-weapons-attack/
【8月30日 Paul Joseph Watson Infowars.com】

 ダマスカス郊外のゴウタ地区にいるシリアの反政府グループはAP通信のデイル・ガヴラクに対して、先週の化学兵器事件の責任は自分たちにあると認めた。この事件では欧米側がアサド政権の軍によるものとしているが、事件はサウジアラビアによって供給された化学兵器の操作を反政府グループの者たちが誤ったために起きた事故の結果であるという。

 「ゴウタ地区の医者、住民、反政府側要員とその家族らとのインタビューから、多くの人々は、反政府グループの者たちがサウジアラビアの情報長官であるバンダル王子から化学兵器を受け取ったということと、その者たちによって致死性ガスによる攻撃が行われたと考えている」とガヴラクは書いた。

 反政府グループの者たちはガヴラクに対して、彼らは化学兵器を取り扱うに際して充分な訓練は受けておらず、更にはそれが何かということを告げられてもいなかったと語った。これらの兵器はアルカイダ系テロリストのジャバト・アル・ヌスラに渡されることになっていたようだ。

 「我々はこれらの兵器にとても興味があった。そしてまずいことには、この兵器の扱い方を間違ったものがいて、爆発を引き起こしてしまったのだ」と、Jと名乗る一人の要員がガヴラクに語った。

 彼の話は別のYという女性要員の話と似ていいる:「彼らはこれらの兵器が何か、どう扱うかなど語らなかった。我々はそれが化学兵器だとは知らなかった。我々はそれがまさか化学兵器だとは思わなかった」

 反政府グループ要員の父親でアブ・アブデル・モネイムという者がガヴラクに対して、「息子は二週間前に来て、運ぶように言われている兵器について、それがなんだと思うかと言っていた」と語り、それが「管のような形をしている」と語ったが、他の者たちは「大きなガスボンベみたい」だと言っていた。この父親はサウジアラビアの戦士でアブ・アイェシャという者が兵器を供給した、と言っている。

 アブデル・モネイムによれば、この兵器はトンネルの中で爆発し12人の反政府勢力の者たちが犠牲になったという。

 「インタビューした12名以上の反政府戦士らは、彼らの給料はサウジ政府から来ていると言っていた」とガヴラクは書いている。

 この内容が正しければ、アメリカのシリア攻撃への動きと完全に矛盾することになるだろう。デイル・ガヴラクの信頼性は非常なものだ。彼はAP通信の中東特派員を20年間やってきており、その他にも、NPRの仕事をし、さらにBBCニュースに記事も書いている。

 この話が最初に掲載されたウェブサイトである Mint Press(現在はこの記事のため膨大なアクセスがあり、その結果ダウンしている)は、ミネソタ州のキチッとしたメディアである。ミネソタ・ポスト紙が昨年このグループを紹介した。

 サウジアラビアが反政府グループに化学兵器を供給しているという話は、サウジがシリアのアサド大統領への支持をやめなければ、来年のソチでの冬季オリンピックにテロ攻撃を仕掛けるとロシアを脅したことを考えれば、驚くべき話ではない。

 オバマ政権は今日、アサドの政府軍がこの化学兵器攻撃の背後にいる、ということを証明するため、情報活動で得た内容を明らかにすることになっている。アメリカの高官らは、ニューヨーク・タイムズ紙に、アサド大統領とこの攻撃とを直接結び付ける「決定的証拠」はない、と言っているにもかかわらずだ。

 アメリカの情報関連高官らは、AP通信に対して、アサドの犯罪行為を証明するという情報は「決定打」にはならない内容のものだ、と語った。

 今週初めに我々が報じたように、盗聴された情報はシリアの国防省が、シリア化学兵器課に攻撃の数時間後に、問い合わせする電話を何度もかけてパニック状態であったということが示されているが、それはアサド大統領が命令したものではなかった、ということを示唆しているものだ。
メンテ
Re: オバマは議会に下駄を預けた ( No.19 )
日時: 2013/09/01 12:54
名前: グッキー

オバマはやはり米国単独でやるとは決められず、
議会に下駄を預けた。
9日から議会が開くが、議会も責任を取りたくなく逃げちゃうかなww
なら、まずは目出度し目出度し

サウジのバンダル王子を国際指名手配したい。
化学兵器なんて使ってとんでもない奴だ。

メンテ
Re: エジプト情報、謀略情報が露骨に行われる時代に成った ( No.20 )
日時: 2013/09/01 14:42
名前: ryu


 サウジのバンダル王子ですか、まあ、”キチガイに刃物”ならず”キチガイに危ないおもちゃ”ですな。(怒; 
メンテ
Re: シリア、ヤル気かいな ( No.21 )
日時: 2013/09/04 09:52
名前: グッキー

米国のシリア軍事介入、下院指導部が支持表明


ううっ
どうしてもやりたいみたいだよ

イランはシリアに死活的利益を有する。
ロシアはシリア、イランに死活的利益を有する。
中国はイランに死活的利益を有する。

イランは、イランーシリアーヒズボラの同盟が崩壊するのを見ていられないだろう。
次は自分の番だから。
元々、シリアの内戦はイランに標的を定めてのもの。

世界が戦争の時代に入ろうとしている
メンテ
Re: エジプト情報、謀略情報が露骨に行われる時代に成った ( No.22 )
日時: 2013/09/04 20:15
名前: 天橋立の愚痴人間

UP
メンテ
Re: シリア どっちに転ぶか ( No.23 )
日時: 2013/09/04 21:12
名前: グッキー

米議会上院、シリアに関する決議案で合意
http://japanese.ruvr.ru/2013_09_04/120716521/
タグ: 政治, 北米・中南米, 米国, シリア, 中東和平, 中東諸国, 軍事紛争, 化学兵器, 記事一覧, 国際

4.09.2013, 09:21
印刷する 知り合いにメールで教える ブログに書く
сенат конгресс сша сирия рассмотрение военная операция керри Хейгел Демпси менендес
Photo: EPA
米国上院外交委員会でシリアに関する決議案が採択された。会議にはジョン・ケリー国務長官、チャック・ヘーゲル国防総省長官、マーティン・デンプシー軍統合参謀本部議長も参加した。
軍事オペレーションの遂行期間は60日、ただし一ヶ月の延長が可能、とされた。また、地上戦は禁止とされた。

「地上戦は行われない。市民戦争には加担しないと、大統領が明確に意思表示している。大統領が求めているのは、バシャール・アサドが化学兵器を使用する可能性を除去するための制裁である」とケリー国務長官。

一方でケリー長官は、「シリアに関する決議は、将来における地上作戦を除外するものではない。戦略的国益を守るために、今後オバマ大統領に、様々な決断が必要になってくる可能性があるからだ」とも述べている。

ケリー長官によれば、米国は軍事オペレーションにNATOが加わる可能性を検討しているという。7日、ヴィリニュスで、欧州諸国の外相たちと会談する予定であるという。

この法案の審議は本日(4日)中にも、非公開会議で行われる。

−シリア攻撃の場合でも オバマ大統領のノーベル平和賞剥奪はなし

またこの問題における米露協力については、ケリー長官は、米国はモスクワとの関係を損ねないよう注意深く行動しなければならない、と指摘した。5日から6日にかけて開催されるG20サンクトペテルブルグ・サミットにおける一連のコンタクトを通じて、ロシアがシリア問題における立場を変化させることに望みを置いている、と長官。

上院外交委員会のロバート・メネンデス議長は、米国の手元には、平和市民に化学兵器を使用したのは他ならぬバシャール・アサド政権であるということを示す確たる証拠がある、疑問の余地はない、と強調している。

−シリア問題と米議会:生かすべきか生かさざるべきか

リア・ノーボスチ、イタル・タスなど公開リソースより
ーーーーーーーーーーー

http://japanese.ruvr.ru/2013_09_03/120683925/
シリア問題と米議会:生かすべきか生かさざるべきか

タグ: 政治, 北米・中南米, 中東, 米国, シリア, 解説, 国際
アルチョーム コーブジェフ
3.09.2013, 17:17
印刷する 知り合いにメールで教える ブログに書く
США Америка ГР Капитолий Вашингтон Конгресс США
Photo: The Voice of Russia
米国議会は対シリア軍事オペレーション遂行の合目的性について決定を下そうとしている。現在のところ、上院議員諸氏の考えはちょうど半々に分かれている。しかしバラク・オバマ大統領政府は、最大限の賛同を得るために、代議士たちへの根回しを始めている。もっとも、攻撃は、議会の承認がなくても可能ではある。しかし、議会の承認は、オバマ大統領にとっては極めて重要なのだ。国連もNATOも、英国さえも、米大統領を支持してくれてはいないのだから。
米国議会上院の外交委員会は3日、シリア攻撃の合目的性について審議を行った。軍事オペレーション遂行の承認を求めて上院議員らに回付された文書によると、攻撃の目的は、シリア政府が化学兵器を使用する危険性を除去することだという。しかし現状、その課題が本当に米国の国益に合致するのかという点について、疑問視している議員も多い。たとえば共和党のアラン・グレイソン議員は、米国は「10年あるいはそれ以上の長きにわたる戦争に巻き込まれかねないような、軍事的な冒険主義」を自らに許すべきではない、としている。米国政治が専門のロシア人学者フョードル・ヴォイトロフスキイ氏は次のように語る。

「米国議会議員らは、有権者を失望させないということを第一にしている。そして、最近の世論調査を見る限り、米国社会にはこの問題に関するコンセンサスが存在しない。シリアへの軍事干渉について、大衆の支持はないのである。むしろ反対派のほうが、数量においてはるかに優勢である。複数の世論調査に徴するに、米国市民の60%から70%が軍事干渉に反対である。したがって、議員らも賛成には回りにくい。有権者からの突き上げが怖いのである」

統合参謀本部議長のマーティン・デンプシー氏は、既に自身の消極的な立場を表明している。シリア攻撃は贅沢な希望であるというのが氏の考えだ。第一に、国家予算に余計な負担をかけるし、第二に、攻撃に引き続いて何が起こってくるか予想不可能だ、と。



シリア攻撃の必要性について、本当のところ、ケリー国務長官やヘーゲル国防総省長官はどのように考えているのだろうか。それを理解するためには、議会での多数決の行方を注視する必要がある、とヴォイトロフスキイ氏。

「私はまた、ケリー長官もヘーゲル長官も、ともに上院議員出身であるとうい点に注意したいと思う。ジョン・ケリーにいたっては、上院国際問題委員会の議長を務めていたのだ。この両名は議会の中で強い影響力をもっている。決議の採択にどれだけの時間がかかるかということは、ケリー・ヘーゲル両名の立場に深く依存するのだ。彼らは本当に、シリアに対して即刻軍事行動をしかけることを望んでいるのだろうか。それとも、対面を汚さないために、また政治的な手段を使って、軍事行動を回避することを望んでいるのだろうか」

なお、ロシアの代議士たちに、米国の国会議員らと会談を持つ意向があることを指摘しておきたい。対話を通じて、シリア問題に関して俯瞰的な立場をとるよう、米国の議員らに訴える狙いだ。

なお、米国の最も近しい同盟国である英国であるが、ワシントンにとってはとんだサプライズ、対シリア・キャンペーンは英国議会の大多数の反対投票で否定されてしまった。NATOも参加に消極的である。ラスムセン事務局長は「シリア政権に対する国際的なリアクションの中にNATOが占める役割を見出すことが出来ない」と語っている。
ーーーーーーーーーーーーー

シリア問題、どうなるのか
やれば90日の空爆で収まらないだろう。

イランの近隣外交政策はイランーシリアーヒズボラで出来ている。
アサド政権が倒されたら完全な外交政策の崩壊だ。
それにシリアは昔からの同盟国だ。
必ずアサド政権を助けようとするだろう。
正面からぶつからないためには義勇兵だろう。

近隣を巻き込んだ長期的紛争になる。
サウジやバーレーンは2年もデモが継続しているし、
政権が安定を保てるか疑問。
トルコはクルド人問題に火が付くかも知れない。
レバノンやヨルダンもイラン派、欧米派に分かれて争うかも。
色々紛争を抱えているのでパンドラの箱だ。

まあ、パンドラの箱を開けるのは怖いだろう。
しかしアメリカ政府は「シリア政府が化学兵器を使った」などと
因縁をつける凶悪政府だ。常識では推し量れない。
メンテ
Re: シリアー次はイラン ( No.24 )
日時: 2013/09/05 19:18
名前: グッキー

単独で進めるより議会を抱き込んだ方が安全と判断したオバマ
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/
Paul Craig Roberts 2013年9月1日 戦争を開始する独裁的権限は、自らの権限だと主張しながらも、議会の承認無しに、アメリカを戦争に進ませるのは弾劾されるべき違反だということを指摘する160人以上の下院議員の書状を受け、戦争犯罪の掩護役をしてくれる国が皆無で、傀儡イギリス政府や、NATO傀儡諸国すらも...
» 続きはリンクへ


ウェスリー・クラーク元アメリカ陸軍大将が語る中東問題の真相」
http://www.youtube.com/watch?v=5ePR-KBvaX8
ーーーーーーーーーーーーーー

議会がどう結論を出すか
何しろ凶悪政府だからなー

次はイランというのは分かっている。
中国はイランから大量の原油を輸入している。
中国軍の将官が、イランが攻撃されたら核戦争も辞さずとか言ってたなー
ロシアも下腹に米軍基地が出来るのは面白くない。

クルド問題もある
イラクのクルド人は、シリアのクルド人が攻撃されたら助けに行くと言っていた。
トルコのクルド人もどうするのか

ユーゴ式の空爆を考えているんだろうけど、
イラン、ロシアと後ろ盾が付いているのでは簡単に行きそうに無いけどなー
メンテ
Re: アメリカ、この邪悪な存在! ( No.25 )
日時: 2013/09/05 19:04
名前: 平和ボケもん

西アジア、中東、北アフリカ、に於けるアメリカの行動は総てイスラエル絡みの行動ですから、其処に大義など無いでしょうね。

と言う事は、アメリカは最早WASPの国ではなく、その資金力の故にユダヤ人に操られている国と成っているのです。そしてそのユダヤ人は、マネーの力によって世界支配を目論んでいると見てもよいような現在の状況です。

人類はその歴史の進行段階で貨幣を生み出し、その貨幣が物資の交換を盛んにし、資本主義を生み出し、その資本が暴走してマネーゲームを起こし、俗に言う「新自由主義」などと呼ばれる究極のエゴイスト集団を誕生させたのですが、

拝金主義的「ユダ癌」に侵されたアメリカは、此のままで済むのでしょうかねぇ? 

最終的にマネーが世界を支配するのか? やがて、虐げられている矛盾に堪えかねた階層の暴発が起きるのか、無知な私には判りませんが、何か「歴史の退行」を見せられている様で、薄気味悪く不安な気持ちがして成りません。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存