ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2663] トランプ政権始動!
日時: 2017/01/12 15:24
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:tAcyNJuQ

就任記者会見でトランプの本領が出た。

それによると最大の公約(雇用の創出)を守るため、日本、メキシコ、中国などとの貿易の不均衡を指摘し、不法な移民の流入を防ぐためにメキシコ国境に壁(万里の長城アメリカ版)を造るという。

いやはや、結構なことである。
現代資本主義の盲点を突く政策に違いない。

アメリカではモンロー主義を取った時代がある。
モンロー主義とは、もともとヨーロッパ諸国のアメリカへの介入を許さないということであるが、そのうちにアメリカ孤立主義を思われるようになった。

現在、トランプは、何が何でもアメリカ国内の雇用を守るということである。
やってみればよい。

メキシコ、日本、中国からの輸入を抑制すれば、それだけ国内生産を喚起できる。
メキシコからの不法移民をなくせば、失業者が減らせる。

しかしながら、経済侵略をしている代表者はアメリカ、そのものである。
他の諸国も同じように孤立主義を敷けば、一番困るのはアメリカということになる。

まあね、トランプがどんなに騒いでも、グローバル化を目指す経済のシステムを止めることはできない。
政治が経済を抑えることはできない。

トランプがいくら騒いでも、脅してもメキシコ、日本、中国からの輸出攻勢は防げない。
なんとなれば、アメリカ国民がそれを望んでいるからである。

ただし、関税をかけて、それらの国の競争力を奪うことは政治でできる。
メキシコ国境に長城を築けば移民の流入は防げる。

万里の長城を造り、公共事業を増やせば、それだけでも雇用の創出になる。
挙句の果てに、長城を造る費用の一部をメキシコに負担させるだとさ。
何をやっても結果として雇用が増えればトランプ人気は出てくる。
民主党の馬鹿とは違い、やり手だよな。

馬鹿な話であるが、ある意味、これをやることが市場主義経済のシステムに風穴を開けることになる。
そういう意味で、トランプ政権の動向は実に興味のあるところである。

すでに、トランプはTPPには反対している。
言うこととやることは一致している。
であるので、どこかの国の政治屋とは違い迫力がある。
実行力がある。

我が国の馬鹿政治屋共が、建前と現実を使い分けるようなことはしない。
ただし、TPPを止めてもアメリカの雇用を守るために、あらゆる施策で日本を攻めてくるであろう。
日米、FTA貿易交渉もしてくるであろう。

日本も中途半端に恰好をつけるのではなく、日本版モンロー主義を発揮して日本の利益だけを強調することだ。
だが、その覚悟ができない、グローバル化経済に望みを託しているクソ共は、トランプの攻撃を防ぐことができないであろう。
TPPと同じ内容を日米間に限り押し付けてくるであろう。

さあ、どうするか。
トランプの登場により、
この掲示板の多くのスレッドで主張し続けている、資本主義の行き詰まりに対する課題満載の状況となっていくであろう。

世界各国が孤立主義の事も視野に入れ、グローバル化した経済のシステムを見直すことである。
メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: トランプ政権始動! ( No.1 )
日時: 2017/01/14 20:43
名前: 贅六@関西弁 ID:IeSUmoC2

Crazy Trump が何をしよるんか、実際に大統領の仕事を始めてみん事には、予測不能の事でもおますが、あのオッサンがボンボン花火を上げまくった程の事は出来んのや無いかと、ワテは思います。

あのオッサン、金儲けの才覚は持ってても、唯其れだけの男や無いかと思いまんねん。

要するに「大金持った、法螺吹きの、ハッタリ男」ちゅう訳ですわ。

その理由 @ 
外交が全然判ってぇへんので、外交について話した事が殆どおまへん。そやから、アメリカの内側だけに引っ込んでしまお、世界の諸問題に関わるのは止めてアメリカの事だけにかかずらわって行こう、世界の警察は止めや!ちゅうんですな。
此の事自体は、ワテとしたら歓迎すべき事ですわ。今までアメリカの権益の為にCIAなんかが他所の国の事に工作をし過ぎましたわなァ。その所為で物事が余計にややこし成った事は山ほどおますやないか! ショウムナイ事を、アメリカがせん様に成ったら世の中がどれほど平和に成る事か知れまへんで。

その理由 A
彼は表面的な現象だけを捉えて他人を責め、アメリカの劣化の理由と責任を他人に擦り付けるだけの男でおます。事実誤認だらけの男でおますわ。 何でもかんでも他人の所為にしてその是正を他人にさせると言いますが、例えば、メキシコとの間に壁を作り、その費用をメキシコに払わせるて云いますが、どうやって払わしますのん?

その理由 B
事実誤認で的外れな事を云う事が多すぎるんですな。日本が既にその殆どを負担してる米軍の駐留費を、「100%負担せなんだら、米軍を皆引き上げるぞ! もう守ったらへんぞ!」て云いますが、ワテが総理大臣やったら「今後駐留費はビタ一文拂わんよって米軍は全て引き揚げて呉れ!」て云いますわ。 その後の事は、日本独自の外交を何ぼでも遣り様がおます。
トランプのアホは、アメリカのアジア戦略における日本の重要性を何も解ってまへんのだす。

その他にも色々有りますが、書いてたらキリがおまへん。

例えば「韓国や日本に核武装させる事も検討の余地が有る」て云いましたが、彼が閣僚の国務長官に選んだティラーソンちゅう人物は、其れは有り得ないと否定してまっせ。 この頃大分ブレも見せてますしねぇ。

そんな、こんな、で、彼が言うた事が何処まで実行されるか判りまへんなァ。未だにTPP離脱て言うてるけど、此れもどうなるか信用出来まへん。ワテの個人的考えから言いますと、『トランプはん、絶対離脱しとくんなはれ!』て思いますねんけどな。
メンテ
Re: トランプ政権始動! ( No.2 )
日時: 2017/01/14 22:41
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BqGS53o.

トランプは見るからに野人。

彼がなりふり構わずアメリカの利益を追求しだすと、アメリカの陰の勢力もトランプを野放しにするでしょう。

何せ彼の言っていることは雇用の確保という経済の基本中の基本。

トヨタに1兆円の投資を言わせたり、フォードがメキシコで計画していた工場をアメリカに戻したり、即効性のある施策を打ち出している。

メキシコ故郷に万里の長城を築くなど確かに雇用を増やしそうだ。
それでいてアメリカ企業の海外進出は野放しにするだろう。
アメリカ経済界にとってはまたとない大統領が出てきたものだ。

ヒラリー、トランプがTPPに反対だと国内の世論は、それみたことかと、安倍を非難しているが、トランプなどは、そんなに可愛げのある奴じゃない。
TPPの代わりに日米FTA交渉をやり、TPP以上に日本に圧力をかけてくるだろう。

我が国のボンクラ政治屋などは財界の言いなりでグローバル化こそ、経済を発展させると思っているが、もはや単純なグローバル化をやっている時代ではない。

トランプは片方でしっかりと自国企業の保護に乗り出している。
断っておきますが、自国(アメリカ)企業だけに限ったこと。

こういう野人に対して似非インテリなどは、恰好の獲物。
鳩山、菅、岡田など民主党系の政治屋などは、子供扱いされるであろう。
そこへ行くと自民党には少しは野人タイプもいる。
安倍などは、どちらにも入らない単なるアホである。

自民党の擁護をしているようだが、そうではなく、日本の野党にはあまりにも野人タイプがいないということを嘆いている。
現在はしきりに選挙協力をして安倍自民党を倒そうと画策するなど、単なる数合わせ計算ばかりしているクソインテリの手法より取れない。

トランプは、日本にとって、ヒラリーよりもオバマよりも手の負えない大統領になるだろう。

日本でも、TPPについて、農林水産業の分野はどうしても入らない、医療保険も国民皆保険制度は譲らないと、はっきりと断ったうえで、参加してほしいかと、要求を突き付けるくらいの気概が必要。
そんな政党、政治家などはいないだろう。

「身を切らせて骨を断つ」くらいの覚悟があって初めて大敵と勝負できる。

身を守ることより考えられない、臆病者の日本に勝ち目はない。
メンテ
就任演説 ( No.3 )
日時: 2017/01/21 13:48
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:CD9xonSs

<米大統領就任式>トランプ新大統領「イスラム過激派を地上から根絶」 就任演説全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000000-maiall-n_ame
毎日新聞 1/21(土) 5:30配信

 第45代米国大統領に就任したドナルド・トランプ新大統領(70)の就任演説の全文は次の通り。

     ×     ×

 ロバーツ最高裁判所長官、カーター元大統領、クリントン元大統領、ブッシュ元大統領、オバマ大統領、米国の皆さん、そして世界の皆さん、ありがとう。

 私たち米国民は今、国を立て直し、すべての人々との約束を元に戻すという偉大な取り組みを始めたところです。今後の米国と世界が歩む道を共に決めていくことになります。私たちは難問や困難に直面するでしょう。しかし、その仕事を成し遂げるでしょう。

 私たちは4年ごとに秩序立ち、平和的な権力の移行を実現するプロセスのために集まります。オバマ大統領とミシェル夫人がこの移行を親身に手助けしてくれたことに感謝しています。彼らは素晴らしいです。

 一方で今日の式典は特別な意味合いがあります。なぜならば今日は単に一つの政権や政党から、もう一方の政権や政党に権力を移すのではなく、ワシントンDC(の支配階層)からあなた方、米国の人たちに移すのだからです。

 長い間、人々がコストを負担してきたのにもかかわらず、私たちの首都の一部の集団が見返りを奪い取ってきたのです。ワシントンは繁栄しましたが、人々はその富を共有できませんでした。政治家が豊かになりながらも、仕事は奪われて、工場は閉じられました。支配階層は自分たちだけを守り、国民を守りませんでした。

 支配階層の勝利は、皆さんの勝利ではありませんでした。彼らの成功は、皆さんの成功ではありませんでした。彼らが首都で祝っていたとしても、懸命に努力してきた私たちの家族への祝福はほとんどなかったのです。

 まさに今、ここから全てが変わります。なぜならこの瞬間が皆さんの瞬間、皆さんのものだからなのです。

 それは今日ここに集まった皆さんと、これを見ている皆さんのものです。今日は皆さんの日です。皆さんへの祝福です。

 そして、米国は皆さんの国なのです。

 重要なのは、私たちの政府をコントロールするのは政党ではなく国民だということです。

 2017年1月20日は、国民が再びこの国の支配者になった日として記憶されるでしょう。

 忘れられていた我が国の男性も女性も、もう忘れられることはないでしょう。

 今、皆があなたの声に耳を傾けています。

 何千万人もの皆さんは、世界の誰もが見たことのない歴史的瞬間の一部になりました。

 この運動の核心は、国は国民に仕えるものだという重大な信念なのです。

 国民は、子どもたちのために素晴らしい学校を、家族のために安全な地域を、そして、自分のためによい仕事を望んでいます。これらは善良な人たちの当然で合理的な要求なのです。

 しかし、大半の人たちは異なる現実に直面しています。貧困にあえぐ都市部の母親や子供たち。墓石のように国中に散乱するさびれた工場。潤沢な資金がありながら、才能がある若者を学ばせていない教育制度。多くの命や潜在的な可能性を奪ってきた犯罪やギャング、麻薬(のはんらん)。米国にとっての修羅場はここで、この瞬間に終わらせます。

 私たちは一つの国です。彼らの痛みは私たちの痛みなのです。彼らの夢は私たちの夢。彼らの成功は私たちの成功。私たちは一つの心、家、輝かしい運命を共有しています。今日の就任宣誓は、全ての米国民への忠誠の宣誓です。

 私たちは、この数十年間、国内産業を犠牲にして外国産業を潤わせてきました。米軍が嘆かわしいほどに消耗するのを許しながら、他国の軍を助成してきました。他国の国境を守りながら、自分たちの国境を守ってきませんでした。海外で数兆ドルを費やす一方で、国内インフラは荒廃し、衰弱しました。

 私たちの富や強さ、自信が地平線の向こうに消えたにもかかわらず、他国を豊かにしてきました。取り残された数百万の米国の労働者について考えることもなく、一つずつ、工場が閉ざされ国内からなくなっていきました。私たちの中間層の富が奪われ、世界中にばらまかれました。

 しかし、それは過去の話です。今、私たちは未来だけを見つめています。

 今日、この場に集まっている私たちが、あらゆる都市や外国資本、権力に関する新たな規則を決めていくのです。今日から新たなビジョンが我が国の規則となり、この瞬間から「米国第一」を追っていくのです。

 貿易、税金、移民、外交に関する全ての決定が米国の労働者や家族に利益をもたらしていくのです。他の国が私たちの製品を製造したり、私たちの会社を乗っ取ったり、私たちの職を奪ったりする破壊行為から国境を守らないといけません。私はあなた方のために全身全霊で戦い、決して失望させません。

 米国は再び勝ち始めるだけではなく、かつてないような勝利を収めるのです。私たちは仕事や国境(の管理)、富、そして夢も取り戻します。我々の素晴らしい国内をつなぐ新しい道路や橋、空港やトンネルや鉄道を建設していきます。私たちは人々を生活援助を受けるような状況から抜け出させて、職場に戻し、米国人の手と労働力を用いて国を立て直すのです。

 私たちは二つの簡単な規則にだけ従っていきます。それは米国の製品を購買し、米国人を雇うことです。私たちは世界の国々との間で友好と親善を求めていきます。ただし、全ての国が自らの利益を第一に求めていくという考え方に基づきます。私たちは自分たちの生活様式を他人に押しつけるわけではありません。しかし、(世界の)全員が見習うような例として輝かせていくのです。

 私たちは古い同盟を強化し、新しい同盟を築き、文明的な国々を結束させて、イスラム過激派のテロに対抗して、彼らを地球上から完全に根絶やしにします。

 私たちの政治の根幹をなすものは、米国への完全なる忠誠心となるでしょう。そして国への忠誠心を通して、お互いに尽くし合う心を再発見することになります。皆さんが心を開いて愛国心を持つ時、偏見が生まれる余地がなくなるでしょう。聖書は教えてくれます。「見よ。ともに団結して生きる。なんという恵み、なんという喜び」であると。

 私たちは率直に気持ちを述べなければなりません。受け入れられないことについて正直に議論しなければなりません。しかし、常に連帯の気持ちを忘れてはいけません。米国が団結する時、誰からも制止されない存在になるのです。恐れる必要はありません。私たちは常に守られ、これからも守られているからです。偉大な軍隊と警察が守ってくれるでしょう。そして何より神が守ってくれます。

 最後に、私たちはさらなる大きな夢を持たなければなりません。米国という国は、努力を続ける限り存続し続けるのです。もはや言葉だけで行動しない政治家は受け入れられません。彼らは常に泣き言を言い、何もしてきませんでした。意味のない話ばかりをする時間はおしまいにしましょう。行動する時が来たのです。私たちは失敗しません。再び力強く繁栄するのです。

 私たちは新たな千年紀の幕開けにいます。宇宙の謎を解き明かし、災害の悲惨さから地球を解放し、明日のエネルギーや産業、技術を利用する用意ができています。

 新しい国の誇りは私たちの魂を奮い立たせ、目標を高くし、分断を癒します。私たちの兵士が決して忘れなかった古い見識を思い起こす時です。それは黒人や白人、肌が褐色であれ、私たちにはみんな愛国者の赤い血が流れ、栄光ある自由を享受し、偉大な米国旗に敬意を払うことです。

 デトロイトの田舎の通りに生まれた子どもであれ、ネブラスカの風に吹きさらされた平原に生まれた子どもであれ、同じ夜の空を見上げ、同じ夢で胸をいっぱいにし、同じ偉大な神から生命の息吹を与えられました。

 近くの、遠くの、小さな、大きな全ての街で、山から山へ、海から海へ、全ての米国民の皆さんにこの言葉を聞いてほしいのです。

 あなたは2度と無視されることはないでしょう。あなたの声や希望、夢は米国民の運命を決定づけます。そして、あなたの勇気や善良さ、愛は永遠に私たちを導いてくれるでしょう。

 私たちは再び米国を強くするのです。米国を再び豊かにします。米国に誇りを取り戻します。米国を再び安全にします。そしてともに、米国を再び偉大な国にします。ありがとう、あなたに神のご加護を。米国に神のご加護を。


            ◇

トランプ大統領、TPP離脱を正式表明(声明全文)
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/20/trump_n_14287238.html?ncid=engmodushpmg00000004
he Huffington Post | 執筆者: Kazuhiko Kuze 投稿日: 2017年01月21日 03時26分 JST

アメリカ政府は1月20日(日本時間21日)、ホワイトハウスの公式サイトにトランプ大統領の通商政策を掲載し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱を表明した。また、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉にも言及し、メキシコやカナダが「アメリカ人労働者にとって公平な取引」を拒否した場合、NAFTAからの離脱を通告することを明らかにした。

公式サイトの声明全文は次の通り。

---

非常に長い間、アメリカ人はワシントンのエリート層のインサイダーの利益にかなった貿易協定を受け入れることを、この国の勤勉な男女に押し付けてきた。結果として、ブルーカラーの街や都市が閉鎖され、良い賃金の仕事が海外に流出するのを目の当たりにしてきた。その一方で、アメリカ人は貿易赤字を押し付けられ、製造拠点が打撃を受けた。

これまでの生涯で交渉してきた経験から、大統領は貿易に関してはアメリカ人労働者とビジネスを第一に考えるのが重要だということを理解している。厳格で公正な協定を結ぶことで、国家間の貿易が私たちの経済を成長させ、数百万の雇用をアメリカに戻し、苦しんでいる我が国のコミュニティを再び活性化させることができる。

この戦略は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱、そしていかなる新貿易協定も確実にアメリカ人労働者の利益に適うものにすることから始まる。トランプ大統領は、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉に力を入れる。仮にパートナー国がアメリカ人労働者に公正な取引をもたらす再交渉を拒否すれば、大統領はアメリカがNAFTAからの離脱を通告する。

さらに失敗した貿易協定を拒否し、改定すれば、その過程でアメリカは貿易協定に違反し、アメリカ人労働者に損害を与える国に制裁を課す。大統領は商務長官に指示し、すべての貿易協定違反を特定し、こうした悪用を終わらせるために連邦政府の資産売却にあらゆる手段を用いるように命じた。

こうした戦略を実行するため、大統領は最も厳格で、聡明な貿易チームを指名し、アメリカ人を最も優れた交渉人にする。非常に長い間、貿易協定はワシントンのエスタブリッシュメント(既得権益層)によって、そしてエスタブリッシュメントのために交渉されてきた。トランプ大統領は監視し、貿易政策が国民によって、そして国民のために実行され、アメリカ第一になるようにする。

公平で厳格な貿易協定によって、私たちはアメリカに雇用を取り戻し、賃金を上昇させ、アメリカの製造業を支援することができる。

(引用終わり)


政治家として、当たり前のことを率直に言っている。
そのトランプを非難する人が多い様である。

アメリカ中心のグローバル経済を望む連中、またはその傀儡が、何とかトランプを抑制する方向を掴もうとしているのだ。
そのトランプの言っていることも実に身勝手ではある。
今まで、アメリカのグローバル政策で世界中を散々な目に合わせておきながら、その限界を察して見れば直ちに自国の保護主義に帰っているだけであるのに。

イギリスのEU離脱も似たような現象。
グローバル化をまだまだ必要とする連中もいて、現在は混とんとしているが、グローバル化が無条件で受け入れられないという兆候が広まることは確かなようである。

トランプの施策によってアメリカは必ず変わると思う。
しかしながら、その変わり方が必ずしも他国にとって好ましいものであるとはならない。
しかしながら、このままグローバル化を続けていても結果は良いともならないのである。

何かを成そうとするその意気込みを買いたい。
少なくとも我が国は、大勢に倣おうとする臆病が先に立ち、自国の国民に対する責任を感じない、クソ政治屋共よりいないことを嘆く。

メンテ
Re: トランプ政権始動! ( No.4 )
日時: 2017/01/21 19:49
名前: 贅六@標準語 ID:z.F5/gRg

就任式の、トランプの演説を聴きましたが、相変わらず気に食わぬものに対する攻撃(口撃)ばかり。そして随所に矛盾だらけの論旨で、此れが痩せても枯れても「大国」であるアメリカの国を引っ張って行く「大統領」であるのかと、バカバカしさと恐ろしさに満ちた気持ちにさせられます。
彼は経済人(ビジネスマン)で有りながら、現代の世界経済の何たるかを全く意に介さず、我儘でエゴイスティックな事を放言し、他者を恫喝する事に終始して居ました。

本日早速「オバマケアー」を廃止すると言う「大統領令」を発し、低所得者の医療に対する希望を打ち砕いたのですが、彼は「オバマケアー」よりもっと良い制度を提供するとは言いながら、其れを国民の前に提示しないまま、前任者の制定した制度を瓦礫の様に砕いてしまったのです。
此の彼の行為は、まるでアフリカのジャングルに生息するチンパンジーの群れのボスの様な行為で、チンパンジーの♂は、自分が群れのボスに成ると、前のボスが♀チンパンジーに産ませた小猿を殺してしまいます。すると、♀猿は直ぐに妊娠可能な状態に成り、新しいボスの子を身ごもる事が出来るそうです。

トランプの今日の大統領令は、其れに似ているとも言えますが、何か世論の悪評に復習して居る様にも取れます。然し、其れにも当たって居ない様で、何となれば「オバマケアー」の破棄は、彼トランプを当選させた低所得層を痛烈に苛める事に成るからです。

事ほど左様に、此のトランプと言う人、支離滅裂、矛盾だらけ、が服を着て歩いて居る様なものです。

実にアホらしいと言うか、困った大統領ですが、斯う言う人(国)と付き合って行かねばならない世界は大変難しい事に成ったものです。願わくば、日本は此のクレージーな人に負けないで、毅然とした態度を取って貰いたいものですが、今の自・公政権では如何も其れは出来なさそうです。
メンテ
Re: トランプ政権始動! ( No.5 )
日時: 2017/01/21 22:34
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:e4/jJdG6

贅六さん、トランプもですがフィリピン大統領も同じような人間のようですね。
顔つきも似ています。
こういう連中が出てきたということに、何か意味があるような気がします。


ドゥテルテ大統領は大統領選の期間中から麻薬犯罪への厳しい取り組みを表明していた。ダバオ市長時代にも自警団による麻薬犯罪者の暗殺を黙認してきたとされ、その強硬な姿勢が国政レベルでも継続されるのかどうかが選挙戦の一つの焦点ともなった。

圧倒的な国民の支持を得て当選したドゥテルテ大統領は、国民が麻薬犯罪撲滅への期待を自分に託していると判断し、大統領就任直後から麻薬犯罪者の殺害を容認、いやむしろ報奨金などに言及して奨励している。

このため全国規模で警察官や自警団、そして一般市民による麻薬犯罪者や麻薬常習者の殺人が横行している。これまでに警察官によって700人以上が、自警団などによって1000人以上が銃撃などで殺害され、約60万人が殺害を恐れて警察に自首したという。

フィリピンのインターネットのニュースサイトには後ろ手に縛られ、目隠しをされた状態での殺害遺体と、それを取り巻く市民の様子が連日のように報道されている。

巻き添えで5歳の少女が殺害されるケースや麻薬とは無関係の犯罪者、無実の市民までもが殺されるなど、フィリピンはいま「超法規的殺人」が横行する無法状態となっている。

しかし、国民の大半は「麻薬犯罪者は殺されて当然」「これまでの対応が手ぬるいだけでこうした厳しい対策は効果がある」「麻薬被害の深刻さを知れば止むを得ない措置といえる」など積極的、消極的という度合の差こそあれ、ドゥテルテ大統領は世論調査でも80%近い支持を得ており、それが「英雄視」につながっている。

一方で国際社会の批判は厳しい。米国務省のトルドー報道部長は8月8日の会見で「麻薬関連容疑者らの大量拘束と超法規的殺害について懸念している。人権を守った法の執行を行うようフィリピンに強く求める」と表明した。

また8月18日には国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)も「国家は国民の生命を保障する法的義務がある」と法の支配を求めるなど、ドゥテルテ批判は拡大している。

こうした動きに対してドゥテルテ大統領は「国連からの脱退も検討しなくてはならない。(国連が)無礼なクソ野郎なら、我々は去るだけだ」と国連脱退まで示唆。もっとも直後に外相が脱退を否定したが、大統領のこうした過激な言動が、国民から「拍手喝采」を受けているのが現実なのだ。
メンテ
Re: トランプ政権始動! ( No.6 )
日時: 2017/01/22 18:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:h9jkXYc6

反トランプデモが盛り上がっているらしい。

トランプの政策で窮地に陥る移民を扇動している何かが存在する。
そうでなければ、自然発生的に、急激に、そんなに盛り上がるものではない。
反トランプデモは戦略的に失敗している。
理由はトランプは、まだ移民政策に着手していない。
就任直後は、どんな失敗も許すという時期に、これをもってきたのは時期的な失敗である。

また、やりすぎれば、白人主義者が頭をもたげてくる。
アメリカとは、そういう国。
トランプが主張しているのは、白人主義者の意をくんだもの。

結局は、トランプは、田中角栄と同じように、そのバイタリティで、グチャクチャ言っている民主党の連中を押しのけブルドーザーのように突き進むであろう。

トランプが本当に解決しなければならないアメリカの課題に気が付けばよいのだが、少なくとも当面は本来のアメリカ国民に歓迎される道を切り開いて行くであろう。


これに比べて、政権交代の為として、一時的な野合に過ぎない野党統一構想に開け暮れる日本の政治土壌のなんたる貧相なことよ。

メンテ
Re: トランプ政権始動!日本の政権もひっくり返って欲しい! ( No.7 )
日時: 2017/01/22 23:25
名前: 贅六@関西弁 ID:2dhSt8VY

天橋立はん、

あんさんは、野党統一構想 を野合や! と断じてはりますが、ワテはそうは思いまへん。

ワテの思いはナリフリ構わず「自・公政権」の勢いを削ぐ事、成ろう物なら自・公を政権の座から追い落とす事でおます。

「一夜の夢」に終わった「民主党政権」の時、期待も虚しゅう民主党の余りの不甲斐無さに、忽ち自民に政権の座を取り返されたんですが、考えて見たら国民もチョッと大人気無かったんだす。誰やてて、新米の時はオタオタするもんだす。民主党は将にその新米でオタオタしよったんだすわ。只、野田みたいなアホで二股膏薬は追い出したら良かったんだすなァ。

そやけどまァ、其れもウタカタノ夢と消え去った訳でおます。

で其処へ、今度の野党共闘とも言うべき連携だす。ワテは此れを強ゥ歓迎します。天橋立はん、考えてもみなはれ! 野党が連携して選挙を戦こぅた処で「政権交代」と行けまっか? 無理だすわなァ。そやけどワテは自民党を苛々さす事くらいは出来る、て思うし、あわよくば、自・公の議席を一つでも二つでも減らしたら成功や!て思うんだす。

ワテが何時も言うてるのは其処だすがな。与党野党の議席の拮抗を夢見てますねん。勿論自・公が政権の座から長期に亘って遠ざかる事がエエことでおますが、そうや無かったら議席の拮抗によって、政権に緊張感、庶民の為の政治をもうチョッと考えて施工する状況を招きたいんだす。
メンテ
トランプ政権始動!日本の政権もひっくり返って欲しい! ( No.8 )
日時: 2017/01/23 00:02
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:z2EiTwOA

>トランプ政権始動!日本の政権もひっくり返って欲しい!

私も、この際、そう思う気持ちで一杯です。

贅六さん、野党統合に関する、あなたの考えは阿修羅などでも大方の意見です。
また、性急に事を考えれば、とりあえずは、それ以外にはないでしょう。

そこへ行くと私は過激論者、しいて別の事を取り上げます。
阿修羅などでは反応はありませんでしたが、あなたは次の私の意見を、どのように考えられますか。

(新しい政治の流れを作るために)

自由党も民主党も一斉に解党して、それぞれ個人の資格に戻る。
その後に、政策の合うもの同士が寄り集まり、10人20人と小さくとも新しい政党を作る。

小沢の下に20〜30人も集まればよいでしょう。
その後に、各政党に連携ができないか模索する。
採取的には、自由党、民進党を解党して、3〜5の政党にまとめる。

そうすることによって。対象の全国会議員が何らかの理念の下に集まり、理念とは何かということを見直す。
この過程で、新しいリーダーが出てくるものと信じています。

野田や枝野の下に集まったような奴は少ないと思うが、そんな連中は相手にせず、本当に国民の為の政治を心がけるものを結集し、その姿勢の下にオリーブの木とやらを実践する。

この様にすれば数は50〜70人と少なくなっても、本当に信頼すべき政党が誕生する。
次の選挙では政権を取るところまでいかないとしても、真摯な努力を続けて行けば、やがて次の総選挙、その次くらいには政権を取ることができる。

国民も、そういう政党の出現を待っている。
ここまで来た民進党や自由党などの内容を引きずっていたのでは新しい政治のシステムはできない。

ただし、解党後の再結集に及んで、自分の選挙のために誰かとくっつくような連中が多いと、この限りではない。
こうして、野田、菅、枝野などなど、無用のものは排除して新しい政党を作る。

こうしてできた政党を育てて行く楽しみができるというもの。
それ以外にはないのでは。

各言う私も自民党に対する恨みは骨髄に達している。

メンテ
Re: トランプ政権始動! ( No.9 )
日時: 2017/01/24 10:02
名前: 贅六@関西弁 ID:JKcEr9WQ

う〜ん、其れも結構時間が掛かりますがな。其れやったら、既成政党を利用した方が話が早いんとチャイますか?

隠し事無しに正直に言いますが、日本の政党でブレる事が無いのは“共産党だけ”とチャイますか? そう言う事からも今度の野党共闘に共産党は必要でっせ! 第一あんた、政党助成金 貰ろォてへんのは共産党だけやおまへんか! 筋が通ってまっせ。

あんさんは共産党をエライ危険視してますが、其れはあんさんが金持ち階級やからでおます。 ワテみたいな貧困層は何にも怖い事おまへん。貧乏なワテは失うモノが無いからでおます。

話変わって、昨日、安倍のアホは、民進党の野田のアホに、トランプが大統領選に勝利した途端、押っ取り刀で駆けつけて「此れからも宜しゅう頼んます」ちゅうて頼んだけど、
野田=「トランプ大統領はTPP離脱の大統領令に署名した、安倍首相は“アメリカ抜きのTPPは意味が無い”と言っていたがこの事に付いて首相はどの様に対応するか?」と質問した事に対して、
安倍=「TPPの重要性に付いて、粘り強く説得して行く」ちゅう呑気な寝言を云うてました。

トランプが此の事を変更したら彼の大統領としてのアイデンテティが消滅してしまいます。そやから絶対彼は此れを変節しまへん。そないな事よりこの際アメリカ抜きの自由貿易協定とか、又は、極端に言いまして、腹癒せに中露及びアジア全域やEUとの貿易増進、経済交流を打ち出す事を考察して、アメリカを見放したったらエエのに、未だにアメリカのポチを遣ってますんや。

日本人は、アメリカに戦争で負けた所為で、完全にアメリカの従属者に成ってしもて、アメリカ以外に目が向きまへんねん。此れが日本のメンタリティの最も悲惨な悲劇でおます。

ワテはねェ、アメリカから“離脱”するんやったら、憲法改正も再軍備も容認します。日本はこの辺で完全に独立をして、自分の頭と足で歩かなあきまへんのや! そや無かったら日本は何時まで経っても12歳のガキでおまっせ! 

現代日本の政治屋は腑抜けばっかりでおます。アメリカのスカートに隠れて世渡りしてたら「楽で無責任に」生きられるもんやさかい、何時までもこの暮しが手放せられまへんのや。日本の政治屋は「政治家」ではおまへん。国費を騙し取るペテン師でおます。

彼奴らを覚醒さすには政界に「天変地異」を起こさなアカンのだす。その為の共産党を利用するんだす。その為には国民に目を覚まささなアキマへんけど、正直、此れが一番難問だすわ。
メンテ
共産党嫌い! ( No.10 )
日時: 2017/01/24 15:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:YQHJRCOI

贅六さんへ
ご意見をありがとうございます。
私が言った方法の他に、共産党を前提に政治改革を考えられているようですね。

>あんさんは共産党をエライ危険視してますが、

確かに共産党を非難していますが、逆に、一番期待しているのも共産党ですよ。
選挙の時にも結構、共産党に票を入れています。
民主党が政権を取る前の選挙では、民主党に票を入れてきましたが、自民党候補に入れるくらいなら、共産党を選びました。

ですが、日本共産党のマスクス・レーニン主義はいただけません。
その理由は「共産党は庶民の味方か」というスレッドで書いています。

私の思う(期待する)共産党は、マルクス・レーニン主義と決別した共産党なのです。
たとえば、イギリス労働党ですが、
マルクス主義を捨てればイギリス労働党のようになれます。
労働党はあくまでも自由主義経済を基調とする政党ですが、日本共産党はマルクス主義を捨てないので、本気で自由主義経済のなかで活動をしようとはません。
ですので、結果として経済の破壊、国家権力の独裁がはじまります。

(参考 イギリス労働党)

>1906年の結党以来、社会民主主義政党として労働者の生活の向上を唱え、失業保険の充実、社会保障制度の整備などに努めてきた。労働党が行った福祉政策の方向性を指して、「ゆりかごから墓場まで」という言葉が作られた。また、アトリー内閣では石炭や鉄道、通信などの重要基幹産業の国営化を行った。ただしフェビアン協会の影響力などもあり、党内で教条主義の影響力は限られ、キリスト教社会主義や社会改良主義の影響が強かった。また組織としては労働組合の組合員が事実上、自動的に労働党員となるなど、組合の影響力が非常に大きかった。

(日本共産党に期待する)

現在、日本共産党は30〜40万人の党員を持ち、機関誌「赤旗」の130万部(日曜版)を超す発行を続けています。
地方議員の数も数千人いる様の全国に、組織をもっています。
この共産党が、マスクス主義を捨てて、イギリス労働党のようになれば、連合の過半数、その他の労働者は共産党を支援することにやぶさかではなく、我々も、かつて民主党を支援したように熱烈に応援を惜しまない。

総選挙も、初めはならなくても、2回目には政権奪取は確実と見ます。
どうして、日本共産党は変わらないのでしょう。
歯がゆくて仕方がありません。

その元凶は、マスクス主義にあります。
あんなまがい物を綱領に掲げざるを得ないのじゃ共産党の凄惨な歴史からなのでしょうが、他国における虐殺の歴史を見れば、そのような体験は社会正義、大義の前に打ち捨てねばならないのに。



メンテ
Re: トランプ政権始動!就任演説は矛盾だらけや ! ( No.11 )
日時: 2017/01/25 10:20
名前: 贅六@関西弁 ID:loatqNpo

此のトランプの演説に歓声を上げてる、会場に集まった民衆もアホの代表でっせ!

ニッポンはこないなアホな奴の国に何で負けたんや ! 考えたら不思議でんなァ。

一言で云うたらニッポンは「アメリカの物量に負けた」へてから「一歩前に進んでた電子科学に負けた」其れに対して日本は旧態依然とした「精神論戦法」が災いした。勿論「物資も少なかったし」「科学技術も遅れてた」この差を日本の軍部は深刻に理解してなかったよって、最初の一発は相手にダメージを与えたけど、打たれ強い特性を持つアメリカに忽ち反撃されて、あっと言う間に形勢逆転、
留めの一発、いや、二発やけど、原爆でペシャンコにされた。

考えて見たら この前の太平洋戦争は、アホ(アメリカ)で金持ちの国、と、間抜け(日本)で貧乏な国と、の喧嘩沙汰遣ったんだすわ。

1945年夏、敗けたワテ等は敗因を徹底究明して、自らで自らの戦犯を裁き、今後の自分のアイデンテティを定めなアカンのやったんですが、敗戦時の日本の指導者もアホだしたよって、アメリカに尻尾振るだけで、自立精神を失い、他人に依り懸って生きる安楽を貪ったから、今の日本が有るんだすわ。

かないな日本人でおますが、此のトランプが大統領に成った事をチャンスに、絶対アメリカ離脱をせなあきまへん。何べbbも言いますが、絶対に!! 異聞の頭で考え、自分の足で歩かなあきまへん。今の日本人は、民族の誇りを完全に忘れてます。

日本の安全保障は、アメリカ抜きでは成り立たん! ちゅう声を聞くたんびに蕁麻疹が出るほど虫唾が走り、腹が立ちまっせ!
メンテ
戦争の話 ( No.12 )
日時: 2017/01/26 15:35
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:gdK8tZ7s

贅六さんは、終戦時の事を覚えておられる様子です。
私は終戦の20日ほどの生まれで、全く解りません。

それでも子供のころ自給自足の為か、家でも鶏を飼ったり、大根を造っている親の様子を覚えています。
おやつと言っても、買い食いスすることはほとんどなく、柿、梅、組、イチジクなど木になるものは、自分の家のものであろうが他人のものであろうが、取って食べていました。
ふき、セリ、わらびなど山菜とり、イナゴなども食べた経験があります。
常に野山を駆け巡る、子供のころの生活を現代の子供にも体験させたいものですね。

ところで戦争の話ですが、よくよく考えてみると、実に無謀な戦争をやったものです。
あのようなことをしていれば、アメリカでも勝てないでしょうね。

それと言いますのは、戦線の長さです。
アリューシャン列島から、満州、中国全域、インドシナ、フィリピン、南洋諸島まで含めると1万キロにもなるでしょう。
全戦線に物資を補給することすら、初めから無理な話で、到底全線で戦闘することなど不可能なものでした。

中国は内戦が始まっていたので、まだよかったですが、中国が一丸となって日本に対応していれば、とてもアメリカと戦争する余裕もなかったでしょう。
そんな日本軍をアメリカ軍が破るのは当たり前で、一時はともかく、勝てる見込みのない戦争でした。

アメリカ軍にしてみれば、日本との戦闘は、せいぜい1000qの範囲であり、ヨーロッパ戦線と言ってもアフリカを経由でイタリア、フランスへ行く軍隊の戦線の長さは数百q、大西洋から上陸する場合の戦線も1000qもなかったでしょう。
フランス解放後、ドイツに向かう場合でも合わせて1000〜2000qの戦線であったでしょう。

アメリカ軍は補給路の確保できないところでは戦闘はしません。
ナポレオンのロシア侵攻でも唐や宋が朝鮮を攻めても結局は敗退した事例などは軍事をつかさどる連中がしらないはずはなかったでしょうに。

まあ、蒙古だけは例外であった様です、彼らは征服した地を支配しようとはせず、略奪が目的の山賊のようなものであったので、軍隊自体が自給自足していて物資の補給路など必要なかったようですが。

このような状態であったので、
攻める方は好きなところを重点的に攻めればよいですが、守る方は全線を守っていなければなりません。
連合国は、初めから負けるとは思ってなかったでしょうね。

ドイツの場合も同じですが、太平洋戦争も初期の半年はなんとかやっていても、あとは勝てるはずのない戦いを続けていたということで、当時の軍部の無責任さに腹が立ちます。

戦国時代も経験し、日本は戦争と言うことに理解があったはずですが、どうしてこのようなことになったのでしょうね。
私の父親の兄弟も、先の戦争で2人戦死しています。

ですが結局は敗戦を経験することによって現代があり、感謝しなければと思っています。
今の政治屋も官僚も、先の戦争の大本営のように常識で考えられることを常識でやろうとしません。

日本の権力機構は今も昔も、変わらず脳味噌がくさった状況の様です。
軟弱姿勢と言われた江戸幕府の対応の方が、まだましですね。

メンテ
Re: トランプ政権始動! ( No.13 )
日時: 2017/01/26 12:30
名前: 贅六@関西弁 ID:6g6p4UAQ

トランプは続いて米・墨国境の壁を立てる事にサインしたそうでんなぁ。他人事ながらよう遣りまんナァ。

何でも、又聞きの話ですけど、「先ず我がとこで壁を立てる費用は出しといて、あとでメキシコへ請求するそうですけど、そんなん上手い事行きまっしゃろかねェ? どないな高等テクニックを使うんか知りまへんけど、メキシコが「わしゃ知らん!」ちゅうたらどないしまんねん? 
昔に遣った「米墨戦争」を又やる心算ですやろか? 其れこそ「大義名分」が立ちまへんで。ゴロツキの遣る事そのまんまですがな。

トランプは、「NAFTA」も見直しをする、て云うてまっさかい、隣国のカナダとメキシコを呼んで、「お前ら、ワシの言う事を聴かんかい!」ちゅうて脅しを掛けまんねんやろねェ。 こんなこと見てたら、此のトランプちゅう奴、まるで18〜9世紀のアメリカ西部の傲慢大牧場主みたいだすなぁ。 今までの経緯や約束事、世間体、なんか糞喰らえ! 我が身さえ良かったらエエんだす。

其れにねェ、トランプは、この前URを離脱した英国の「メイ首相」と会談するちゅうてますが、我儘勝手者同士良からぬたくらみをしよう、て思てますんやろなぁ。
メンテ
Re: トランプ政権始動! 今度は日本へ自動車の「不公平?」を言うて交渉しまんねんと! ( No.14 )
日時: 2017/01/26 13:43
名前: 贅六@関西弁 ID:6g6p4UAQ

 今の処、トランプのおっさんに誰も意見する奴が居てまへんのやろかねェ?

「大統領!其れは違いまっせ! 実情はこない成ってまっせ」ちゅうてね。なんぼアホで単純頭脳の「共和党」でも其れくらいリークする奴が居ってもエエやろ! て思いますが、大統領ちゅうたら絶大な権力を持ってるのは分かりますが、そないに怖いもんですのやろか?

ま、閣僚も未だみんな決まってない様やし、人材に難題を抱えてるちゅうのんが現実ですけど、暴君を諌める者が居らんちゅうのは困ったもんです。 そうは言いましても、一番問題は言われる側の日本の対応が気掛かりでおますなァ。

ところで、今日もトランプは日本の自動車の事は言うてましたけど、日米安保に関する米軍の駐留費の事は言いまへんだしたなァ。この問題はあんまり突いたらアカン、てワテの言うてる事が聞こえたんやろかねェ(笑)
メンテ
21世紀の万里の長城! ( No.15 )
日時: 2017/01/26 22:21
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:UJSnjRns

アメリカとメキシコ故郷の画像です。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%A8%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3%E5%9B%BD%E5%A2%83


アメリカとメキシコ国境は3200qあります。
上の画像のように術に壁が作られているところもあります。

もしも全国境に新しい壁、たとえば鉄筋コンクリート製の強固で長持ちするものを造ろうとすれば、高さを3.0mとして

3200q×10億円=3.2兆円必要です。
半分くらいを新設するとして1.5兆円。
おそらくは、2.0兆円を超える事業費となるでしょうね。
アメリカならば、5ヶ年計画で簡単にやれる事業でしょう。

公共事業の増発と、不法移民の根絶という効果は確実であり、これには誰も反対できないでしょうね。
しかしながら、不法移民をなくすことによって、アメリカで安価な労働力を失うという経済的な理由でこの政策に疑問を示す者がいます。

私は、ここのところに、この政策の一番の意義を見出します。
安価な労働力を求めて世界中を歩き回る資本の論理こそ、現代社会の問題なのです。

安価な労働力、グローバル化によってもたらされる消費者の目先の利益に拘っていては、結局は格差社会を広げることになるのです。
誰かが、現代至上主義経済の流れを阻止しなければなりません。

トランプは、そこまでの見通しでやっていないかもしれませんが、その効果は見ものではありませんか。
日本の安倍自民党など、国民の為と言いながら、それは口先だけで、本当に日本を、日本の国民を守ろうとする政策など考えていません。

GDPに対して僅か15%の輸出を増やすことが国民の為と思っています。
輸出を増やし一部の企業が繁栄するだけで、日本がよくなると思うのでしょうか。
昔は輸出する製品に多くの企業がかかわっていたので輸出が増えると国内景気も上向きましたが、今はそうではありません。
輸出製品などは一部の企業の先端技術を持った工場で生産されるのです。

半世紀前までは、従来の施策で良しとしても、グローバル化に備えた施策は全くなかったのが自民党政権の姿です。
それを基準に政治を考えることは止めにしましょう。




メンテ
トランプ新大統領 ( No.16 )
日時: 2017/01/26 22:53
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:UJSnjRns

翻って見れば、現代の市場主義経済、グローバル化に一番悩んでいるのはアメリカ国民かもしれない。

そのアメリカ国民が、トランプ新大統領の登場に、何かを期待したのかもしれない。

そこのところに興味が湧く。


贅六さん、あなたが指摘されているように、

トランプはに日本にとって決して好まし存在とはならないでしょうね。

ですが、私は上記の意味で、期待するというよりも、成り行きに興味を持っています。



メンテ
 「オバマ大統領のときと比べ、聴衆がスカスカだったと報道したのは、真っ赤な嘘でした。実は、超満員でした」 ( No.17 )
日時: 2017/01/27 00:40
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:SQZUZ/Tg

なにはともあれ、画像をご覧あれ。

CNN放送は、聴衆が集まりだした初期に映像を写し、それを放映してトランプの不人気ぶりを出そうとしたが、たのメディアは下のサイトのように真実を伝えました。

日本に限らず、アメリカでも偏向報道はあるようですが、そこはアメリカ、まだまだすべてのメディアが腐敗している訳ではないようです。

http://www.asyura2.com/17/kokusai17/msg/554.html
メンテ
Re: トランプ政権始動! ( No.18 )
日時: 2017/01/29 11:06
名前: 贅六@関西弁 ID:pQgUs4jM

OK! メディアの報道が嘘報道や言う事は分かった! そやけど、其れがどないした言うねん!

と、ワテは此の阿修羅の投稿者に云いまんナァ。この投稿でアメリカのメディアも作為的に嘘を吐く 、ちゅうことは分かったけど、此のトランプ、日を追って滅茶苦茶に成って行ってますがな。

此奴見てたら、まるで「殷の紂王」か「秦の始皇帝」でっせ。又は「ローマの暴君ネロ」ちゅうとこでんなァ。

秦の始皇帝は、北方の匈奴の侵入・来襲を防衛する為に万里の長城を築きよったけど、トランプは南方の安価な労働力からプアーホワイトを守るちゅう建前で、米・墨国境に壁を作るちゅうてます。
それとか、異教徒の悪だくみを白状さす為に、「水責め」ちゅう拷問をやる「紂王」か「ネロ」みたいな暴虐な独裁者だすわ。

ほんで、アメリカちゅう国が、何やら「アルカイダ」か「イスラム国」みたいに問答無用で今までの交易国を「敵国」と決め付ける信用出来んゴロツキの国に成って行く様でんなァ。

「America First」 ちゅう事は、手前勝手、傲慢、独裁、排他、等々これまでの真逆を行く政策ちゅう事で、またしても、今迄とおんなじ様に、世界に害毒を振り撒きよるんでんなァ 。
メンテ
Re: トランプ政権始動 カエルの国のサギの王様 ( No.19 )
日時: 2017/01/30 10:25
名前: 贅六@関西弁 ID:k9qNnmXo

此の所の、トランプ大統領の行動を見てたら、昔読んだ“イソップの寓話”やったかいな?標記の話を思い出しますわ。この噺違うバージョンのものも有る様ですので内容に違いが有ったら、御免やすなァ。

昔カエルの国は、毎日の様に揉め事が有って、来る日も、来る日も、落ち着かん毎日やったんです。

其処でカエル達は神様に「ワテ等に王様をお呉れやす!」ちゅうてお願いしたんやそうです。

神さまは、変えるの願いを聞き遂げて「案山子」を王様として差し遣わしましたんやそうです。

「案山子」は毎日田んぼの中で突っ立ってるだけで、何にもしまへん、雀が案山子の弓に止まろうが、烏が笠の上に止まろうが、素知らぬ顔で立ってるだけでおました。

カエル達は、此の王様は頼り無い(存在感が無い)て思い、神様に「あんな王様は厭や! もっとヤル気のある王様を呉れ!」てもう一遍嘆願しました。

神様はムカついて「不埒な奴メ! そんなら此れで如何や!」ちゅうて「鷺の鳥」を王様として遣わしました。

カエル達は「おゥ! 今度は存在感が有るなァ」ちゅうて喜びました。

ところが、この新しい王様は“遣る気”が有り過ぎました。

王様は早速カエル達を次から次と食べ始め、殆ど食べ尽くされてしもたんやそうでおます。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

此の所のトランプの、矢継ぎ早な「大統領令」の連発を見てて思い出したんはこの噺でおます。

トランプは、日本の自動車輸出の話を持ち出して、その不均衡を言い立てますが、全く現実を理解してまへん。

日本車が米国へ輸出される時は「2,5%の関税」を掛けられますが、アメリカから輸入するアメ車には関税がかかってまへんのだすわ。又、アメリカで売られてる日本車は殆どがアメリカで生産された車でおまして、日本車メーカーで働くアメリカ人労働者は何と130万人も居てますのや!

この事実を隠して日本を責めるトランプはんよ、おまえこそ「フェイク・ニュース」をばら撒いてるやないか! でおますわ。

他に、日本駐留の米軍“駐留費”も、75%にも上る費用を日本が負担してまんねん。その事実を把握せずに出鱈目を言うてるトランプはアジテーター、いや、大嘘吐きでんがな。

アメリカ人は、トランプのこのキャラクターを知ってか知らずか、この嘘吐きを大統領に選んだんでおますが、トランプがホンマに「サギの王様」に成らなんだらエエのですが、何やら不気味で危険な感じが拭い切れまへんなァ。
メンテ
カエルの国の話 ( No.20 )
日時: 2017/01/30 11:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:tHpRcZmU

カエルの国の話、
衆愚と独裁の比喩の様ですね。

我が国も少し頼りないですが安倍という独裁者を得たようです。
独裁者と言えば、ヒットラー。
彼は国内的にも独裁をしましたが、より大きな勢力を国外に向けました。
トランプは、このタイプの様ですね。

自動車の関税の話は知りませんでした。
それで日米貿易の品種について見てみましたら、日本からの輸出で断トツに多いのがやはり自動車の様です。
輸入は項目にも上がってきません。
輸入車と言ってもドイツ製が多く、アメ車はごく少ないのではないでしょうか。

トランプを見ていると、まあ、やり手の商売人ですよ。
政治家として交渉に言っても安倍などは、もてあそばれるだけでしょうね。

もはや人種の違いであり、幕末の武士の様な異様な気概で立ち向かわねば対等に交渉するなど考えられません。
武士道精神も大和魂も捨てた日本人はひたすらトランプの任期が終わることを願って耐え忍ぶだけでしょうね。

アメリカ人も当面はトランプに引きずられて拍手喝采をするでしょうが、いづれ歪が出てきて、大騒動するのではないでしょうか。
どちらにしても、ヒラリーが大統領になっても、いずれも身勝手なユダヤ系アングロサクソン。
ほおっておきましょうや。



メンテ
Re: トランプ政権始動! ( No.21 )
日時: 2017/01/30 21:41
名前: 贅六@関西弁 ID:k9qNnmXo

アメリカだけで済まんよって始末が悪い。 現実に日本でも 自動車、米軍駐留費、の問題が槍玉に上がってますし、トランプが
「ワイはTPPを離脱したよって二国間交渉で話をしよや無いか!」て云うたら日本が此れに堂々と正論をぶつけて、公平なウイン・ウインの条約又は協定を結んだら宜しいで! 安倍の言動を見聞きしてたら、此れが誠に頼り無い! 麻生や高村を始め、他の自民党の中に此れちゅう奴が居らんやおまへんか。またぞろ日本は対米隷属を一段と深めるんや無いか? て思たらホンマに不安でっせ!

其れに、アメ車の輸入が極少や言うのんは、殆ど物理的な理由だけで、関税や政治的意図が有っての事やおまへん。あんな糞デカイ車、岸和田のダンジリや無いけど、狭い日本の道で、遣り回しが難儀やし、ガソリンは食う、故障はしょっちゅうや、て云う車、なんぼヤクザの親分かてこの頃は敬遠して乗ってまへんがな。この頃気の利いたヤクザなら、ベンツかBMWに乗ってますわ。己らが碌でも無い車造りさらして、其れを恥じる事無く、他人ばっかり責めるちゅう此のトランプ、頭が可笑しい人間ですな。

今もテレビでトランプが言うてますが、この大統領令はまだほんの序の口で、まだまだもっと色々遣るで!と言うてます。 此れがアメリカの再建の始まりに成るのんか、又は、アメリカの衰退の始まりに成るのんか、ワテには予測が付きまへんが、内戦とまでは行かんけど、大っきな内紛が起きるやろと思いまっせ。アメリカが内政でモタモタしたら喜ぶのは、プーチン、と、習 近平、で、この機に乗じて世界の途上国を皆ワシの影響下に置いてまえ! て気合い入れてまっせ!

更に、トランプは「アメリカ・ファースト」て云いまして、外の事には手を引くちゅう様な姿勢に見られてますが、そないな事したらアメリカの軍産共同体との折り合いをどない付けるんやろ? 若しかしたらJ・F・ケネディの二の舞に成るんとちゃうか?なんてな事も邪推しますわ。その内、身内の共和党から刺客が送られるんとチャイますか? 共和党なら其れくらいの事は平気で遣りますわ。そんで、後はペンスが遣る事に成る。此のペンスも相当タチの悪い奴ですけどね。
メンテ
Re: トランプ政権始動! ( No.22 )
日時: 2017/01/30 22:03
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:CXUuslPs

>若しかしたらJ・F・ケネディの二の舞に成るんとちゃうか

トランプはしたたかな商売人、ケネディの様にはならないでしょう。

それに比べてオバマには失望しました。

登場した時にはアメリカは少しは変わると思ってましたが、全くの期待外れ、

ほとんどの政策は無消化のままになったでしょう。

まじめ一本のオバマでは、ケネディを暗殺した後ろの勢力に抵抗できなかったのです。

その点、トランプは結構やると思いますが、それは日本にとって、決して良いものではないことは確実でしょうね。

メンテ
Re: トランプ政権始動!これぞアメリカン・カオス ( No.23 )
日時: 2017/01/31 20:43
名前: 贅六@関西弁 ID:KkZ9mwio

ワテはオバマに付いて、そうは思いまへん。 彼奴はよう遣りよった! て思います。

タダ、議会が共和党優勢だしたよって、悉く政策の施行を阻止された訳で、自ずとオバマの限界が生じたんは、如何し様もおません。

ま、あの時既に共和党の“ネオ・リバ”が勢力を誇ってましたし、オバマの「下層階級を少しでも救済しよう!」ちゅう政策が自分勝手な富裕層や共和党勢力に邪魔されたんだすな。 何しろ富裕層は「我々が納めた税金で貧しい奴を養うなんて事はお断りだ!」と言う理論を振りかざして富裕層ばっかりの居住区を独立さ租や無いか! ちゅうてた位でっさかいねェ。 この時すでに「トランプ思想」が芽を吹いてたんだす、今にして思たらね。

もう今、トランプはシッチャカ、メッチャカ、で、アメリカを大いなるカオスの巷にしてるんだすな。前にも書いたと思いますが、トランプはチンパンジーの新しいボス宜しく、前のボスの子供を片っ端から殺して行ってるんだす。へてから自分の子供を産ませよ、て思てる様ですねんけど、余りにも性急な破壊は、トランプを大統領にした貧困層や中間層崩れの不満層にも決してエエ結果を齎さへん、てワテは思います。

トランプは「スクラップ&ビルド」を遣ってる積りやろけど、事を急ぎ過ぎますわなァ。壊す前に其れに取って代わるものを用意してから壊さなあきまへん。今のトランプは壊すばっかりだすがな。

その所為で今アメリカは大いなるカオスの中で徐々に沸点に達しようとしてるとワテには思えます。

てな事言いましても、素人もエエとこでっさかい、ワテは独断と偏見で言うてるだけでっけどね。どっちゃにしても何かひと波乱ある様な気がしまんナァ。
メンテ
Re: トランプ政権始動!トランプを弾劾せよ! ( No.24 )
日時: 2017/02/02 11:26
名前: 贅六@関西弁 ID:/z3Yq26k

トランプは、弾劾裁判に掛けられようとしてまっせ。

今や、トランプの周りには一握りの信奉者しか居てまへん。それと約半分のプアー・ホワイトと無知蒙昧な田舎の不満分子の連中、でおます。
で、日を追う毎に、暴虐で、独裁色、を強めるトランプに共和党の殆どが離反して行ってます。 トランプは共和党主流の主義、主張からドンドン外れて行ってるんで、此のままやったら共和党の正当な姿が損なわれる、ちゅうんだすな。

昨日の「BS1」でも放送してました、トランプの若い頃の“違法”や“違法すれすれ”の活動を見てたら、その気に成って調べたらなんぼでも弾劾に掛けるネタは有る、ちゅう訳だす。

然しまぁ、今度の選挙で図らずも判ったのは、アメリカちゅう国は品性下劣な我利我利亡者の大統領候補と、我が身の不満だけでアホな候補者の言うアジテーションを信じる、国民の半数以上の無知蒙昧な庶民が居てる、ちゅう事でおます。

安倍のアホはこんな怪しいトランプに会いに行くちゅうてまんのやが、折角首脳会談しても相手が直ぐ弾劾されたら何にもなりまへん。此れがホンマの“腫膿怪談”でおますなぁ。
メンテ
Re: トランプ政権始動! もう、こないな奴に付き合うのは止めまほ !  ( No.25 )
日時: 2017/02/02 12:07
名前: 贅六@関西弁 ID:/z3Yq26k

トランプ、トランプ、て、野蛮な国の下劣な強欲男に振り回されるのんはウンザリでんなァ。

トランプを大統領にしたのは、アメリカの「プアーホワイト」と「落ちぶれた中間層」の不満集団、ですやろ。それがトランプを大統領にする位ギョウサン居てた! と言う事はアメリカも水面上では景気回復の兆しが見えて来た、てな事が言われてますが、水面下ではヘドロがイッパイ溜まってて、トランプみたいなペテン師の言うお題目だけの選挙公約を信じるほど追いつめられてた、いや、トランプを見破る知性が無かった、ちゅう事ですやろ。 

まぁ、このあたり、日本の「貧困層」や「非正規労働者」みたいな無気力な根性無しと違ごォて、社会を変える為に、キッチリ投票行動に反映さすとこなんかは、やっぱりアメリカの方が自我意識や権利意識が確立してる訳で、見上げたもんだよ屋根屋のフンドシだすわ。日本の社会にこの位の行動力が有ったら、日本はもっと変わってた、て思いますわ。このあたりが日本の限界ですなァ。

その上、安倍が今度トランプに会いに行きまんねやが、アホな安倍の事でっさかい、ボコボコにされて帰って来よりまっせ。

え? 上手い事日本の権利を守って帰って来たらどないするねん、て?、どないもしまへん!そんな事当たり前の仕事ですがな。

あ、そうそう、安倍は政権運営が、上手い事行っても、行かいでも、次はもう首班を遣らん積りや! ちゅう噂がおますけど、此れも当節流行の「フェイク・ニュース」かもしれまへんな。

ワテは安倍なんかどうでも宜し、自民党がこの世から消えて無く成って欲しおますわ。
メンテ
Re: トランプ政権始動! 屁ェみたいな日米会談 ( No.26 )
日時: 2017/02/11 09:32
名前: 贅六@関西弁 ID:L3I..E8M

日米首脳会談の結果の声明が表明されましたが、屁ェみたいな在り来たりの内容でおましたなァ。

安倍はよっぽど“美味しいお土産”を持って行よったんだすやろ。

トランプは、自動車の話も、安保タダ乗りの話も、為替操作の話も、しまへんだした。此れチョッと可笑しいんとチャイますか?

あれだけ自信満々にまくし立ててましたのに、何か斯う“狂犬がレトリバーに成った”様ですがな。

穿った見方をしましたら、安倍の渡米の寸前に云われてた、又国会でも質問されて安倍がチョッと切れた、何千億円に上る米国インフラ整備の資金や、駐留費増額、の話は世間に公表せん、密約にしたんやと思いまっせ。此の「密約」は先祖の岸や佐藤の得意芸だしたし、抑々自民党の売国常套手段でおます。

今回の記者会見では、一応日本人を一定の安堵感に留めて置いて、安倍に対する石つぶての嵐を避けよった、と思えますわ。

日本の「評論家」て云いますか「識者」て云いますか「マスコミ全体」て云いますか、全部の“発言者”は「政権擁護派」ですよって、こんな深読みはしまへん。
況して日本のジャーナリズムは此れまでず〜〜っと「大本営発表」を鵜呑みにする報道しか遣ってまへんので、此れはオカシイて思て突っ込んだ取材をする事なんか、な〜〜んにもしまへん。

皆が寄ってタカって売国をせっせと遣ってる訳でおます。

自・公政権を作り出した有権者の皆はん、皆はんの投票行動でどれだけ住み良い日本に成るんか、日本が何時に成ったら真の独立国に成るんか、考えた事おますか?
メンテ
トランプ政権始動!→終焉まじか ( No.27 )
日時: 2017/12/21 19:01
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:JaBlAQvg

自国の中小零細企業を守る為にTPP参加には反対。
メキシコ国境に万里の長城を造り、公共事業を増やせば、それだけでも雇用の創出になる。
かつてのモンロー主義の復活の様な事を言い、アメリカ第一、アメリカの雇用を増やすと言うことで、アメリカの中産階級以下の層に気期待を持たせ大統領になった。

国際的にはアメリカ第一主義は好ましくなくても、アメリカを守ると言った意志の強さが売り物であった。
アメリカ自身が温床であったグローバル化を否認するような姿勢で大統領になった時、アメリカも変わるし、世界も変わると思った。

就任直後、TPP不参加を決めたまでは良かったが、TPPと言うグローバル化に警鐘を与えるものではなく、TPPに変りFTA貿易をがむしゃらに押し付けようとする姿勢。
国内の法人税を下げてアメリカ企業の国際競争力をつけようとするほか、メキシコ、日本の商品に対して関税を引き上げるなど、文字通りアメリカさえ良ければいいと言う事を丸出しで攻めてくる。

一方で、軍事力を楯にアメリカの利益をごり押しする。
アメリカ第一も、これでは世界から認められない。

可笑しいと思ったのは、地球温暖化対策の話し合い、パリ協定を離脱すると言うことだ。
アメリカの中産階級以下の雇用を確保すると言うことと、地球温暖化対策をすると言う事は同列で考える事ではない。

メキシコ国境に万里の長城を築くと言う話も、結局は予算の都合上は進んではいない。
今や最大の貿易相手国となった中国からの安価な商品の流入を防ごうと、半固定相場制を取っている中国に文句を言うも、強腰には出られない弱みがある。

日本など、アメリカ追従国や、弱小国には強い態度をしめすが、ロシアなどには機嫌をとる。
イギリス、フランス、ドイツなどにも強くは出られない。

そうこうしているうちに、突然、イスラエルの首都としてエルサレムを認めるなどと、今言わねばならない事はない事を言いだし、世界中から反駁を受けている。

何の為の政策か!
挙句の果てに、エルサレム問題を国連総会で議決することになって、アメリカに反対する国には援助をしない。
どの国が反対するか、調べるという様な発言を政府高官に言わせるなど、脅迫行為と言えるようななりふり構わない強権をちらつかせる。

イスラム教徒のアメリカ入国を拒否するはなしも、結果的に司法に認められなかったが、現代社会において信じられない発想であった。
多民族の集まりである、アメリカで、この様な事を言えば、関連する全ての民族の顰蹙を買う。

ここにきて世界中がトランプの何者であるかを知り、呆れ返った。
ここまで信用を落としたトランプは、もう御終いである。






メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存