ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[314] 宗教とは何か
日時: 2009/10/30 11:44
名前: 天橋立の愚痴人間

「アメリカ研究<ピューリタニズム」スレッドでの返信ですが、宗教論として別のスレッドの方がよいと思いましたので立上げました。


「宗教とは何か」と言う問いに下記のような説明がある。

世界には日常の経験によっては証明不可能な秩序が存在し、人間は神あるいは法則とい
う象徴を媒介としてこれを理解し、その秩序を根拠として人間の生活の目標とそれを取り巻
く状況の意味と価値が普遍的、永続的に説明できるという信念の体系をいう。この信念は、
生き生きした実在感をもって体験として受け取られ、合理的には解決できない問題から生
じる知的、情的な緊張を解消し、人間に生きがい、幸福を与える役割を果たすものとして期
待されている。また、信念を同じくする人々が、教会、教団とよばれる共同体を形成する。


ただし、これは宗教の外見上(教団の存在)の概念については理解できるが、宗教そのものについての説明には乏しい。
概略すぎて申し訳けないが、歴史的に宗教のことを追ってみよう。

(呪術の段階)

宗教は最初、アニミズムやシャーマニズムと言う形で、生産の為の自然崇拝から始った。やがてそれが一神教とか多神教の形で神という概念を創り出した。
この段階では、個人及び生計を共にする小集団がその不安に対応するために宗教活動を行うのが中心であり、そのうち指導者が長老とか呪術者という形で出てくる。

(古代宗教の段階)

その後社会が発達し、人間の生活単位が部族から民族へ、さらに国家と広がるに従い宗教のあり方(宗教によせる気持)も複雑化し大規模となり、部族神、国家神の形をとることになる。
古代エジプト王国などは、その究極の形である。
此処では王は宗教上の最高権威でもあり、宗教は個人及び生計を共にする小集団の宗教的願いを包括しながらも統治の為の要素も宗教活動の中に入ってくる。
この時代の国家は純粋な宗教国家と言える。

続く
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 宗教とは何か ( No.28 )
日時: 2009/11/06 01:28
名前: 役立ちの住人

これからもこうした組織はたくさん出てくるでしょうね。

そこでの主張は、あまりにも幼稚な理論です。

たとえば、世の中の多くの人が、正義とは何か、といった質問にすらまともに答えられません。
多くの若者が、善悪を見抜けないのはもっともなような気がします。
メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.29 )
日時: 2011/06/28 12:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:CY.ZlSS2

このスレッドは「アングロサクソン研究」スレッドと共に「アメリカ研究<ピューリタニズム」スレッドの補足のために書いています。

すでに書いていますようにキリスト教は神とイエスと子の三位一体の思想に基づき、神と子(人間)の個人の関係を基調としています。

そこには多神教が説くような共生のための倫理感はありません。
神の教えを守ることが問題とされています。

であるので、神との対話以外のことについては自由裁量となります。
キリスト教を信じる人たちは一見、我々と同じような倫理感を持っているように思われ、伝道者の献身の前に大層優しい宗教に見えますが、一方十字軍の遠征など、安藤氏が指摘されているように残忍な行為も平気でやります。

そういうものが資本主義と結びついたときに、原理原則の背後で、どんなたくらみをも正当化することに不思議はありません。
これがアングロサクソン流であり、表面のキリスト教的博愛精神に誤魔化されてはいけないのです。

メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.30 )
日時: 2011/06/28 12:16
名前: 手塚 青山 ID:.llqgAmA

日本人なら 武士道 を勉強せい、日本人の矜持です。
メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.31 )
日時: 2011/06/28 12:23
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:CY.ZlSS2

手塚 青山 さん、

このスレッドでの意見であれば、少しは内容を見てからにしていただきたい。

何回も「武士道」に触れられていますが、武士道を何と認識されているのでしょうか。
正式に言う「武士道」とは、サムライのイメージでも、大和魂のイメージでもありません。

メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.32 )
日時: 2013/05/26 13:44:40
名前: 天橋立の愚痴人間

「当代世間騙し装置」スレッドで、文化論(宗教論)に話しが行っています。
現代社会の矛盾に対応するに、此処までのことを問題意識しなければならなくなっているのです。
過去の投稿の中の一例を転載します。
今は出て来られなくなった、役立ちの住人さんの意見で、アングロサクソン云々をするよりも、まず、我々自身が我々自身の生き方を捉えることの必要性を説いておられます。
このスレッドを始めから見直していただければ、なを、解りやすいと思います。
ですが、今から思えば、通り一遍の理想的、思想的な局面からの把握に偏り、もう少し、どろどろとした要素に踏み込む事ができていなかったように思います。
そこのところを、皆さんで続けていただきたく思います。

(再掲)

日時: 2009/11/03 02:01
名前: 役立ちの住人


常に絶対的な理想を意識する西洋思想は、排他的な価値観と、独立志向を同時に発揮し、ヨーロッパの多様性を現代にまで引継ぎ、国家間、民族間の競争と発展を支え続けたのに対して、
多様性を許容する東洋的な価値観は、統一国家の形成維持を助け、巨大権力の前に、個々の多様性を埋没させていったのは、非常に皮肉な結果であったといえます。

世界の最先進国であった古代支那とヨーロッパ諸国の今日に至るまでの、その後の歴史は、対外的な侵略行動でも対照的な行動を見せます。
中国政府の興味は、民衆の支配にのみ注がれ、アメリカ大陸を最初に発見した、中国の調査団は、学術資料としての価値以外に利用されなかったのに対し、
その後遅れてアメリカ大陸を発見した、ヨーロッパは、侵略に乗り出します。

中国を凌ぐ世界最大の国家を侵略によって達成したイギリスは、民族の多様性を包括できず、多くの独立国家を生み出すことになります。

多様性と排他性、相対する二つの価値観は、状況に応じて、全く逆の効果を発揮します。

日本の政治において、現状を理解し、国のあり方を考える上では、どうでしょうか?
単に排他性、寛容性が、言葉道理の効果を生むわけではありません。

さらにそれらを生み出す、根本的な価値、目標を明確に意識しない限り、私たちは、意思に反し、これらに操られてしまうことになるのです。

(終わり)
メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.33 )
日時: 2013/05/28 14:59:42
名前: 北川景子

宗教とは

宗教とは
一人で安定な心を保つ事ができない人々に対して
心のフォローをされる大切な心

じゃないでしょうか?
メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.34 )
日時: 2013/06/17 00:11:56
名前: 神道・・・天橋立の愚痴人間

神道について、

私は、今年から地元の神社総代をする事になり、なじみのない神道の事に関与させられています。
私の村(氏子の対象となる人口は2000人くらいです)には大小、4つの神社があります。
其のうちの一番大きな神社の総代で他の神社も総括する立場です。

その神社の創建の謂れは、450年頃と言われているので、大和朝廷成立以前かも知れません。
今でも春の例祭(村祭り)、節分祭、初午祭、村祈祷、厄除け祈願祭など、神道にまつわる行事を続けています。

最近では氏子として参加していただける家庭は300軒くらいに減っています。
特に若い方の神社、神道に対する理解は、あまり望めなくなっています。

それで私は、村祭りなどの行事を通して、氏神信仰などを紐解き、神社は皆様の生活とともに守り継がれてきたものであり、この地域の鎮守さんとして、氏子であろうが、氏子になっていただいてない人であろうが、神社の立場からは、宗教的に遺棄するする方以外は全て氏子の対象として見守り話しかけたいと常々表明してきました。

ところが、最近、この地方の神社総代が集まる会合がありまして、100名近く集まる、其の会合(総会)に出席したところ(人口4万人くらいの地域でも神社の社は200近く在るらしい)、いきなり天照大神がおわします伊勢神宮に向かって拝礼しろと言う事です。
まあ、神様の親分として、それでも敬意を表したところですが、続いて国家斉唱を言われると、もう神社総代など投げ出してやりたい気分となりました。

日頃、氏神信仰は、我々の共生のための心の拠り所と訴えてきた私にとって、国家神道のシステムに組み入れられていることは、今後、地元の神社を見守り、神社の賑わいを勧める気持ちが萎えてしまいました。

未だに政治に結びついている神道であっては、宗教として期待できないものであります。

このようなものが、日本の国の心では決してないと思います。
「大和魂」スレッドで、日本の心のルーツを探っていますが、神道とは、こんなものであってはならないと思いますし、神道の発祥の意味も、これとは違うと思います。

葬式仏教、国家神道など、日本の心は死んでしまっているようです。

メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.35 )
日時: 2013/08/18 15:54:54
名前: 現代の宗教心・・・天橋立愚痴人間

このスレッドのNo2のレスを再掲します。

古典的宗教観は、標題とNo1のレスで言っています。

日時: 2009/10/30 11:46
名前: 天橋立の愚痴人間

(現代の状況)

科学技術の発達は人間の不安感から多くの物を取り除いた。
疾病は医学により克服し(不死の病に取り憑かれたり永遠の生を求める場合は該当しないが)、生きる為の糧は概ね自由に手に入る。
地震、台風などにもシェルターを準備し国家が守ってくれる。

人々が宗教を要するのは、自らが心理的困難に直面したときだけであり、それも自然的脅威は殆どなく、自ら引き起こす精神的齟齬に起因する場合が多い。

この場合、宗教の入る隙間は個人的カウンセラーの領域に押し込められている。
どちらかと言えば、宗教を求める発端は個人的なものであるはずなので、それでも良いとも言える。
一方で世界宗教が現出した意義には、個人、国家の枠組みを超えた人間社会の安寧を求めることが大切な要素でもあると思うが、実はこの面でも現代の宗教のあり方が変容してきている。

実質的に巨大組織となった各教団は、その存在意義の為に活動することが目的となることが多い。
タリバンに代表されるように、イスラム教では、宗教国家そのものを目指し、他の宗教も少なからず政治的分野で発言力を持つ事で自分の教団組織の伸張を図ろうとしている。

宗教そのものの理念とは違っても、昔から宗教と国家の関係は排除できないものであった。
であるが、宗教そのものが変質してきている現在、政治、国家との関係もそれに応じて見直されているのであろうか。

現代の宗教自身が社会の変化に十分に対応できているとは思えない。そうであるなら単に政治、国家との関係を構築することに精力を注ぐのは間違っている。
創価学会などのありようが、それを一番物語っている。

総括として、現代の宗教は世界宗教が興った時のように、人間、及び人間社会に救済の手を差し伸べることを目的とした、清新な慈愛の精神に欠けるところがある。
欠けるというよりも、旧来の教義では人々を導けなくなってしまっているのではないか。
これは、宗教の側が変質すべきか、宗教を逸脱した人間の方が修正すべきか、そのことは別の問題として検証しなければならない。

最後に、表題のピューリタニズムのことであるが、アメリカ建国時のピューリタニズムはまだしも、現代社会において、単純にそれを引きずっていることが正解であろうか。
キリスト教の教義としてのピューリタニズムは、宗教的には生きているとしても、国家、今や世界との関係においては、それがより政治的、経済的に利用されているとも考えられる。

(引用終わり)


現在、イスラム圏で、テロ、暴動が続発しています。
背景に、イスラム教がなければ、起きるでしょうか。
宗教と政治と言う関係から、興味のあるところです。

それと次に、もう登場されなくなって久しい、役立ちの住人さんの、世界観を紹介します。


日時: 2009/11/03 02:01
名前: 役立ちの住人


常に絶対的な理想を意識する西洋思想は、排他的な価値観と、独立志向を同時に発揮し、ヨーロッパの多様性を現代にまで引継ぎ、国家間、民族間の競争と発展を支え続けたのに対して、
多様性を許容する東洋的な価値観は、統一国家の形成維持を助け、巨大権力の前に、個々の多様性を埋没させていったのは、非常に皮肉な結果であったといえます。

世界の最先進国であった古代支那とヨーロッパ諸国の今日に至るまでの、その後の歴史は、対外的な侵略行動でも対照的な行動を見せます。
中国政府の興味は、民衆の支配にのみ注がれ、アメリカ大陸を最初に発見した、中国の調査団は、学術資料としての価値以外に利用されなかったのに対し、
その後遅れてアメリカ大陸を発見した、ヨーロッパは、侵略に乗り出します。

中国を凌ぐ世界最大の国家を侵略によって達成したイギリスは、民族の多様性を包括できず、多くの独立国家を生み出すことになります。

多様性と排他性、相対する二つの価値観は、状況に応じて、全く逆の効果を発揮します。

日本の政治において、現状を理解し、国のあり方を考える上では、どうでしょうか?
単に排他性、寛容性が、言葉道理の効果を生むわけではありません。

さらにそれらを生み出す、根本的な価値、目標を明確に意識しない限り、私たちは、意思に反し、これらに操られてしまうことになるのです。

(引用終わり)

この中で言われています、西欧と中国(東洋)の違いは、一神教と多神教世界の違いであり、今尚、イスラム教圏では、宗教的なものが蠢いていて、世界を混乱させていますが、考えようによっては、民主主義の名の下に、多様性に埋没することが、本当に良いか、否かを考えねばならないでしょう。

少なくとも、世界を支配しようとしているのは、ユダ菌などと特定の集団を挙げずとも、金融資本主義のシステムそのものが、独裁者として我々の上に被さっているのです。
これに対する組織的な抵抗はしなくてよいのでしょうか。
必要と思いながら、それが出来ないのは何故でしょう。
金融資本の論理をも、無邪気に、多様性として受け入れているのではないでしょうか。

少なくとも、イスラムはそれを受け入れてないと思います。
彼等(アラーの神)の排他の論理に基づいて。
メンテ
テスト投稿 ( No.36 )
日時: 2013/08/29 22:05
名前: 天橋立の愚痴人間

やれやれですね!
メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.37 )
日時: 2013/08/30 19:09
名前: 天橋立の愚痴人間

UP
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存