ホームに戻る > スレッド一覧 > 過去ログ > 記事閲覧
[378] 参政員制度P
日時: 2009/11/24 19:13
名前: ミネ

ーーーーーーーーーーーー「参政員制度は衆愚政治になるのでは」ーーーーーーーーーーーーーー

印鑑登録証明を添付してまで参政員登録をし、テーマ毎に党を選びたい、一任ではなく吟味した政治意志を表現したいと考える方は、相当なモチベーションの持ち主と推定されます、好き嫌い、人気投票などではなく、本来のポピュリズムであって、一般的に言う「衆愚政治」の対極です。尚参政員登録に際して一定のテストを課して、合格者のみ参政員とすべきではという提案があります。参政員をステータスにするという案です。しかし選挙の立候補に資質が問われない以上、それは多分理解が得られないのではと考えています。

これまでの経験では、参政員制度を「衆愚政治」と批判される方の多くは、選挙さえ否定的で、彼独自の個別的政策を声高に主張される方が多いようです。多分そうした方々はデモクラシーそのものを否定し、独裁者による政治を期待されておられるのかも知れません。しかし素晴らしい個人は継続的に出る事はあり得ませんし、ネット時代です、歴史の逆行はあり得ません。

ーーーーーーー「セクトが大挙して参政員になれば心配だ」ーーーーーーーーーーーー

セクトの方も参政員登録は自由です。しかし登録すれば選挙権が閉鎖されます、当然そのセクトの議員は得票が減り、当選できなくなります。第一、議員に任せておけば全法案に関与頂けるのですが、参政員になれば5-7の議案にしか関われません。どちらが得かは一概には言えません。

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成