ホームに戻る > スレッド一覧 > 過去ログ > 記事閲覧
[398] 選挙は無効な制度では
日時: 2009/12/05 19:54
名前: 松峰弘

転載です
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
国債金(借金)の事なんかこれっぽちも考えない各省庁、そこが出す予算案なんか、予算オーバ−になるのは当たり前で、それを審査する財務省も「金が足りなきゃ借金(国債発行)すればいい。返済は増税(国民負担)でまかなえ。」なのです。だから国の借金が増え続けるのです。
結局国債金は政府・各省庁の為に使われているのです。例えば、次の予算、歳入=税収40%+国債60%を均等に配賦したとすれば、歳出の60%が国債金だとわかります。となると議員・官僚・公務員の給料はその60%が国債金(借金)でまかなわれている事となり、大問題です。「給料を返せ」と国民は大合唱でしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし一向にマニフェストの「行政経費大幅削減」がなされる様子はありません。自治労からは「公務員賃金を下げるのなら過去の民主党議員の全ての不条理が表に
出るかも・・・」と脅されているのかも知れません。
脅しに屈せず13兆円削減を断行すれば支持率は一挙に上がるのでしょうが・・
共産党も含めて全ての議員は「役人に煙たがられれば仕事にならない」のを
ご存知なのです。国民の正義感と常識が議会に参加できる「参政員制度」のみが
窮状を開くでしょう
返信

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成