ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[889] 天皇制は必要か?
日時: 2011/01/01 12:00
名前: パパママ ID:3GabKqrk メールを送信する

今日の政治腐敗、官僚腐敗を根本から検証した場合、天皇制と言う無駄をどう裁くか?
政治と天皇制が全く無関係では無い事は明らかです。
まずはこの民主主義と謳っているにも関わらず天皇制の有無に関してタブーを打ち破るのが先決ではないだろうか?
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 天皇制は必要か? ( No.6 )
日時: 2011/01/02 01:40
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:DIuVJCPI

パパママさんは、元日だから遅くまで起きておられるのでしょうか。
私は今も仕事をしています。
仕事と言いますのはパソコンの前に毎日10時間は座っていて、息抜きに(息抜きには過ぎるのですが)ネットで戯れています。

>私には国民投票の結果を予測することは出来ません。天皇制を否定している私自身、実は国民投票の結果が怖いのです。なぜならそこには天皇教という妄信的宗教心が存在しているからです。

>それはオウム真理教を信ずる人々と全く同じ心理状態だと思うのです。

と言う言葉から、私と同じような観点から(結論は反対のようですが)社会を危惧しておられると思います。

>これは哲学でも道徳でもなく天皇制と言う制度です。国民が決めたであろう(歴史的な証拠は一切ありませんが)と思われる決まり事です。

と言われていますが、私は天皇制を政治的に見ないで、その哲学の範疇で捕らえています。

オーム心理教を含むカルト的な宗教が世界中に興る傾向があります。
近代民主主義は展開した結果、人々は自由になったと思う反面、自己責任の重圧に耐えられない人も沢山いると言うことです。

最近、無意味な犯罪が多発しているのも決して経済的な不遇のせいではないと思います。
小さいころから個人の確立を促され、返って各自が存在する位置を見失っているのです。
理想的な共産主義に憧れるのも、個としての厳しさを脱したいためと思います。

昔の人は、貧しいながら、不自由ながら、それなりに共に生きていると言う連帯感がありました。
困窮する人たちも、人生に迷った人たちも身近に同胞を見ることができたのです。
昔の環境から比べると、犯罪に走ったり自殺をしなければならない状況ではありません。

そうなのです、人間個人の精神はとても弱くできているのです。
今まで、そのことを補完してきたのは宗教であり、哲学でした。

ところは科学、医学の発達で、知的に賢くなった人々は、宗教教義も、哲学の説得も容易に受け入れなくなってしまいました。
さらに情報の発達は、知識だけは限りなく必要以上に増殖し自分自身の本来の生き様を省みる暇を与えません。

今後人々は、自分自身の心の弱さを内包しながら、物質的繁栄の中、さらには十分過ぎる余暇の消費に明け暮れることでしょう。

宗教なく、哲学なく、果たして人間は心の平衡を保って行けるのでしょうか。
現在、我々は昔の生活様式を知っております。
宗教も哲学も理解はできます。
そういう時代に住んできたからです。

100年200年先に、人々は本当に合理的精神だけでやって行けるのでしょうか。
近代合理主義は高々200年の歴史よりありません。
それを過信して将来のことを決めてよいのでしょうか。

私は人間そのものを探求しなければならないと思います。
天皇制云々は、考えるべきことの一部に過ぎませんが、合理的にそれを否定するまでに、なぜ世界中に今でも王室が残っているかも分析する必要があるのではないでしょうか。
王室、天皇家に対する思いの中で、否定的な考えはわかりますが、そうではなく効用としての価値の面も取り上げて考えることも必要ではないでしょうか。

これは仮定の話ですが、共生の象徴としての存在があったほうが人々がそこに拠る支えにもなるのではないかと思います。
オリンピックの表彰台の日の丸を見る喜びの感じを、すぐさま民族主義と結びつけることも無いかと思います。
ほとんどの方は、それ以前の共通した喜びを感じているはずです。
それが共生の象徴と思います。

しかしながら、こんなものが必要以上に強くなってもたまりません。
でも皆無と言うのも問題でしょう。
あなたは天皇制をどうあっても政治の分野で問題とされたいようですが、それならば、答えははっきりとしています。

人々は物質的に裕福になればなるほど、個人の人格が保障されれば保障されるほど孤独になって行くものと思います。
そういう社会で人々を連帯をつなぎとめるものとして何が考えられるのでしょうか。

久々に、愚劣な政治を離れて夢のある話をさせていただきました。
私の結論もまだ出ていないと考えてください。

メンテ
Re: 天皇制は必要か? ( No.7 )
日時: 2011/01/02 17:19
名前: パパママ ID:NN8YTOiY メールを送信する

天橋立の愚痴人間さん

>私は天皇制を政治的に見ないで、その哲学の範疇で捕らえています。

その哲学が国家の制度に組み込まれているのに疑問を持ちませんか?

私は宗教や哲学を否定してませんし、そのつもりもありません。
宗教や哲学、道徳、文化は人間が生きるうえで最低限必要な思想、思考だと思っています。
これらは知的生命体にとって不可欠な栄養素(食物ではない)だと考えています。
自由主義国家にせっかく生まれてきた訳ですからその選択も自由です。
国家が国民に強制すべきものではありません。

またその天皇制を維持させるがために、莫大な税金が使われています。
その取り巻きも含めると当然、それなりに税金が使われます。
これは無駄です。
国民が望んでいない思想統制に国民の税金が無駄に使われている、この矛盾がこの国を崩壊させていると思うのです。

天皇教を信仰している信者のみでの天皇崇拝で全て解決すると思います。





メンテ
Re: 天皇制は必要か? ( No.8 )
日時: 2011/01/02 18:01
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:DIuVJCPI

パパママ さん、

天皇制を批判されるのは良いとして、何でも、かんでも、諸悪の根源は天皇制にあるなどとは言われない方が良いと思います。

ちなみに現代社会の矛盾はグローバル化した資本主義の体制のために起きているのです。
青少年の無気力は、物資の氾濫と、あふれる情報の中で身分の生き様を見失っているからです。
官僚共の腐敗は政治がなっていないからです。

そのような事態を招いたのは、民主主義国家の場合、国民に責任があるのではありませんか。
天皇家が独裁制で君臨していたのならば、このことに関して天皇家を非難し、それこぞ焼き討ちをやって天皇家を滅ぼせば良いでしょう。

民主主義社会を享受していながら、自分自身の責任を全く思うことなく、すべてを天皇家の責任にするかえるとは卑怯ではありませんか。
メンテ
天皇制は不必要! ( No.9 )
日時: 2011/01/02 18:17
名前: 山西一郎 ID:rFtWtbEg

パパママさんへ:

《物事》が必要か不必要か・善か悪かを判断するには現時点における自己の価値判断で充分なのであり、物事の歴史的経緯などは、歴史上の権力者が自分達に有利な様に捏造記録したものなので考慮する必要が無く;

妄言:「個人の権利、自由の尊重、貨幣に価値を転換する風潮、個人の利益を確保するための競争原理の尊重、合理性など」で「人類は・・・発展、展開してきました」「その結果、人間性とか共生意識が希薄になっていることも否めません」などと過去の賛美や;

妄言:「人間を集団と見たとき、集団を意識するための象徴的な何かが必要ではないかということです」などと、「人間を集団と見」て客観的科学的に研究するために「集団を意識」する主観的「象徴」などの主客混合の似非論理は「必要ではな」く;

妄言:「SF映画の多くの作品に、皇帝がよく登場してき」ているのは「将来個人の権利が確立された結果、その共生のための機能をどこに見出しているかの問題と思」うなどと言う、支離滅裂無知蒙昧な論は、現在「個人の権利が確立され」ているのに、過去の支配階級の傍若無人な言動の快感ファンタジーで夢幻欲求不満解消を、現存在者の言動と錯乱視して、挙げ句の果てに人間「共生のための機能を」支配者に「見出しているかの問題」などと言い;

妄言:「不安定な人間の心を安定させるためには、つなぎとめるためには、カリスマという機能も我々の精神の中にあってもよいのではと思っています」などと言うのは、主体性無き精神異常な奴隷根性者の言(オウム真理教と同様)であるのです。

したがつて、パパママさんの言われる「共生する上で、天皇の存在は無意味です。共生とは個人の自立があって初めて成り立つものです」は正しく;

「国家による宗教(思想)の強制は個人を弱体化させます。社会主義国家の崩壊はまさしくその結果です。国家と言う共生を重んじたが為に個人がないがしろにされました」し、「世界的に見て日本は表向きは資本主義国家群に入るとは思うのですが、内情は国家社会主義を謳ったヒトラーとなんら変わりは無いのです」し;

妄言:「さらに情報の発達は、知識だけは限りなく必要以上に増殖し自分自身の本来の生き様を省みる暇を与えません」などと、「自分自身の」「本来の生き様」が既存しており、それを「省みる」ことや、「人間そのものを探求しなければならない」などと、大昔の宗教家、哲学者、道学者の言う様な観念論は;

妄言:「人々は物質的に裕福になればなるほど、個人の人格が保障されれば保障されるほど孤独になって行くものと思います」などと同様に、現代文化文明と人格権の否定をする極悪非道な人非人の理論なのであり;

天皇制の廃止は、”天(宇宙)は人の上に人を創らず”なので、日本人の奴隷根性の排除と、権利や経済の平等実現により達成できるのです。
メンテ
Re: 天皇制は必要か? ( No.10 )
日時: 2011/01/02 22:09
名前: パパママ ID:Ue5eOArk メールを送信する

天橋立の愚痴人間さん

>そのような事態を招いたのは、民主主義国家の場合、国民に責任があるのではありませんか。
だから一国民として天皇制に疑問を持っているわけですから、その疑問を投げかけている訳です。
その解決方法も書きましたよね?

>民主主義社会を享受していながら、自分自身の責任を全く思うことなく、すべてを天皇家の責任にするかえるとは卑怯ではありませんか。
全うしたいがために廃止すべきだ!と訴えている訳です。

単純な事です、天皇が存在しない日本を想像してください。
私には今まで頭の上に低く垂れ下がって重く澱んだ雨雲が、一気に散らばって雲ひとつ無い澄み切った青空が広がるような清清しい気持ちです。

現在の日本のカオスは全て天皇制の存在だと私は言い切ります。



山西一郎さん

色々と引用してくださって、解りやすいのか、解りにくいのか、ちょっと難しかったですが、

>天皇制の廃止は、”天(宇宙)は人の上に人を創らず”なので、日本人の奴隷根性の排除と、権利や経済の平等実現により達成できるのです。

と言う事で私とほぼ、同意見だと理解しました。

私は天皇制は廃止すべきだと思っています。
ただ、廃止すべきではない!と言う意見も当然あります。
だから、国民投票を早急に、速やかに、行うべきだと思っているのです。
それだけの事です。


メンテ
Re: 天皇制は必要か? ( No.11 )
日時: 2011/01/04 00:56
名前: 反戦主義者

正月三ヶ日の冬眠から覚めました。

皆様、新しい歳の初めにあたり、どちら様もご健勝と弥栄をお祈りいたします。

さて、天皇制について意見が闘わされているようですが、その制度の要・不要については、私個人としては積極的に「必用だ!」とは思いません。

古代社会に於いては、族長的な「王」として、日本の四つの嶋に棲む最も大きな部族の「長」が政治的な役割を果たし、実際に活躍もしたでしょうが、平安時代以後は殆ど権力の象徴として祭り上げられて居たに過ぎません。 ほぼ現代と変わらぬ存在だったのです。即ち神聖なる存在として利用されて来たのです。その最も極端な時代が明治維新から1945年の太平洋戦争の敗戦の時までの間で、薩長新政権が中央集権の為に無理矢理作り上げて来た「天皇神聖論」で、倒幕革命の完遂の為に採らねばならぬ方策だったのです。
それに利用された天皇家こそいい迷惑だったのではないでしょうか?

私が思うのは、本当はあの明治維新の時に天皇家を思い切り自由な存在にして上げた方が良かったのではないかと言う事です。 例えば英国を除く現代のデンマークやオランダやその他の王家の様にです。
ロシア革命の時の、ロマノフ王朝のニコライの一家は皆殺されてしまいましたが、あれは全く残酷な話で、生かして置いて一般市民並みに暮らさせても良かったと思います。

一旦閉めますが、時間を置いて続けます。
メンテ
Re: 天皇制は必要か? ( No.12 )
日時: 2011/01/04 10:54
名前: 反戦主義者

bP1の続きです、

まァ然し、フィクションですが「追憶」と言う映画で描かれていた様に、生かして置くとそれを利用したり、復活させようとしたり、する奴が出てきて面倒な事になるので、流血を好む白人達は新しくボスになったチンパンジー宜しく旧体制とその子孫を根絶やしにしてしまうと言うむごい事をするのが当然の姿だったのでしょう。 それは昔の日本の武家社会の頃も同様だったと思いますが・・・。

兎にも角にも日本の場合は、G・H・Qの過剰な思い込みも有って、戦後の日本人統治の為には、往時は希薄ながらも連綿と続いて来た日本人の天皇中心思想を、明治維新以後に新政府が強力に前へ押し出してきた天皇神聖主義を、利用した方が統治し易いと踏んだ結果の存続で、天皇家は良い様に利用されたのです。

今現代に於いても、引き続き天皇家は利用されていて、宮内庁と言う腐敗官庁や一部の政治家、右翼の殻をかぶった暴力団等が、事ある毎に恭しく持ち出しているのです。

で、結論として今からでも遅くありません、天皇制と言うものが且って存在したと言う事を認めながら、天皇家をもっともっと自由に暮らせる様にして上げる事、それには天皇を国事に関与させない事と共に、天皇を含む皇族一族を一般人並に事業を興すか就職して貰い、稼いだお金で生活してもらう。住まいは今の皇居にして此れは無償で差し上げ、葉山や那須の御料地は国に返還して頂き、従って宮内庁は解散、皇宮警察は警視庁に統合して規模を縮小、等をすれば下らない陰口を叩いて天皇一家を悩ませる、皇族や華族それに宮内庁の女官等のババァ達に色々言われる事も減るでしょう。案外ご当人方はこう言う事の方が好ましいと思って居られるかも知れませんよ。

そうなると、天皇家は株式会社を設立、皇居を有料の公園にしてお金を稼ぐ事も出来ますし、何処かの企業に勤めて給料を貰う事も出来ます。
銀座あたりのお店でひょっこり出会い、「やァ、おはよう御座います、お元気ですか?」なんて言葉を掛け合う事も出来ると思うのです。

重ねて私が言いたいのは、徒に天皇家に反感を持つより、先ず国として天皇家を自由な存在にして上げれば、国家予算の消費も減るし国民も天皇制を気にしなくて済むと思うのです。
メンテ
Re: 天皇制は必要か? ( No.13 )
日時: 2011/01/04 14:45
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:lFNnU/IQ

反戦主義者さん、

お目覚めですか、という方が宜しいか、はやり、おめでとうございます、でしょうか。

正月そうそうの天皇論も「おつ」なもので良いかと思っていましたが、あらぬ方向の天皇論になってしまっています。

>天皇家は株式会社を設立、皇居を有料の公園にしてお金を稼ぐ事も出来ますし、何処かの企業に勤めて給料を貰う事も出来ます。

これは、良いですね。
そうなれば、私も天皇になりたいものです。

で、なければ、天皇になどなりたくもないですが。
まあ、天皇論は長いスパンでやりたいものですね。
メンテ
民主怨念の中心地永続初夢か? ( No.14 )
日時: 2011/01/04 15:55
名前: 山西一郎 ID:fB72kbfM

正月ボケの妄言>「住まいは今の皇居にして此れは無償で差し上げ」る事は:

世界大戦の戦争犯罪人として処刑に相当し、自覚もしていた昭和天皇の子孫が、日本の首都・東京の中心に国民の血税と押収により所有維持して来た現皇居を、国有財産として押収処分しなければ;

日本の無責任国家体制の中心家族に対する末代まで続く、《天皇陛下バンザイ!》と叫んで死なされた何百万国民の親族の怨念が、民主国日本の無責任体質に対しても永続する事であり;

形成された資産を相続すると言う事は、資産形成の人間搾取記憶も相続する事でもあるので、「差し上げ」るべきでは無いのです。

メンテ
Re: 天皇制は必要か? ( No.15 )
日時: 2011/01/04 22:39
名前: パパママ ID:LDIt2pMw メールを送信する

反戦主義者さん

>さて、天皇制について意見が闘わされているようですが、その制度の要・不要については、私個人としては積極的に「必用だ!」とは思いません。

消極的に不必要だ!と言う結論ですよね?

まずは廃止すると言う意見の方が多いようですね。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存